skype×zoom×Whereby徹底比較 - 目的別おすすめWeb会議ツール

最終更新日:
Web会議で人気のサービス「skype」「zoom」「Whereby(旧:appear in)」それぞれの特徴や価格・機能を比較します。さらに、より精度の高い会議を実現するためのテレビ会議システムについても解説。各拠点との会議やテレワーク関連で導入を検討している企業の方はぜひ参考にしてください。

Web会議システムとは

Web会議システムとは、参加するメンバーがインターネットを介して音声や映像、チャットなどで会議をするためのシステム全般をいいます。専用のアプリをダウンロードして利用するものと、ブラウザから直接利用可能なものがあり、1対1のコミュニケーションはもちろん、複数人での情報共有に便利なシステムです。

skype」「zoom」「Whereby(旧:appear in)」はすでに多くのユーザーを抱える代表的なビデオ通話システムであり、ビジネスでも利用されています。

3サービスの特徴や違いを整理しつつ、ビジネス向けのWeb会議専用ツールを紹介します。

skype・zoom・Wherebyの基本情報

それでは、まず「skype」「zoom」「Whereby」それぞれの基本情報をみていきましょう。

skype - Microsoft

skype 画像出典:Microsoft/skype

skypeは、世界中で多くの人が活用しているビデオチャットツールです。使ったことはなくても、名前は聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか。

Microsoft officeアカウントと接続でき、画面や画像・ファイルの共有も可能なため、skypeを会議に活用している企業も数多くあります。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットを使った無料のグループビデオ通話も利用可能となっています。また、誰でも簡単に操作ができるUIも高く評価されています。

zoom - Zoom Video Communications

zoom 画像出典:zoom公式サイト

zoomは、クラウド上でのWeb会議やメッセージング機能などを統合したコミュニケーションプラットフォームです。

無料でも最大40分、最大100人までのグループ会議を行えるうえ、1対1のミーティングは時間制限なく使えます。アプリインストールが必要なぶん通信が安定しており、モバイルアプリも使いやすく評判。ウェビナー向けプランがあり、新型コロナウイルス感染拡大の影響により注目度が急上昇しています。

Whereby(旧:appear in)- Whereby

Whereby 画像出典:Whereby公式サイト

Wherebyは、ブラウザ上Web会議を行えるサービス。主催者が発行したURLをクリックするだけで、ユーザー登録をしていない参加者とも会議を行える利便性が特徴です。

無料アカウントでは同時に4人まで、プランによっては同時に12名の会議参加も可能で、スクリーンの共有や会議室(チャットルーム)のロック、カスタマイズなどの便利な機能を多く備えています。こちらもパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットからも利用可能です。

3製品の機能・料金比較

skype、zoom、Wherebyについて、具体的な機能と料金を比較してみましょう。

skypeの料金プラン

skypeの場合、同じskype同士ならば通話料金がかかることはありません。基本的に無料で利用できます。どこから何時間通話しても無料なので、国際電話の代わりに活用する人や企業が多いです。

利用できる機能も多く、通話のほかにチャットとしての利用や電話会議に使えますが、同時に会話できる最大参加人数は25人までとなっています。なお、携帯電話や固定電話を対象に通話する場合は料金が設定されており、月額払いの場合は月671.5円で5.60円/分で通話可能となっています。

zoomの料金プラン・機能

zoomの各プランの料金と機能は以下のようになっています。

プラン 月額料金 利用可能な機能
基本プラン サインアップは無料 参加者100人までホスト可能、無制限の1対1ミーティング、グループミーティング(40分まで)、ミーティング数の制限なし、オンラインサポート、ビデオ会議機能、ウェブ会議機能、グループコラボレーション機能
プロ 1,679円 すべての基本機能、全ミーティング規模時間制限無し、ユーザー管理、管理者機能コントロール、レポーティング、スケジューラーの指定、Skype for Business(Lync)相互運用など
ビジネス 2,239円 すべての基本機能、専用電話サポート、管理用ダッシュボード、業務用導入のオプション、カスタムメール、クラウド記録トランスクリプトなど
企業 2,239円 すべての基本機能、最大1,000名の参加者、無制限のクラウド保存、専用おカスタマーサクセスマネジャー、エグゼクティブ事業レビューなど

企業用のプランでは生産性を向上させるための管理マネジャーなどが利用可能ですが、基本無料のプランでも100人までホスト可能で、1対1でミーティングを行うだけなれば無料のままで十分活用できます。

Whereby(旧:appear in)の料金プラン・機能

Wherebyの各プランの料金と機能は以下のようになっています。

プラン 月額料金 利用可能な機能
無料プラン(個人向け) サインアップ無料 ミーティングルーム1室(参加者4人まで)、モバイルからのアクセス可能、ルームロック、スクリーン共有、セキュリティ(秘密)会話可能
プロプラン(フリーランス向け) 9.99ドル フリープランのすべての機能、ミーティングルーム×3(参加者12名)、プレミアムサポート、録音機能(プラス5ドル)
ビジネスプラン(スモールビジネス向け) 99.99ドル プロプランまでのすべての機能、パーソナル&チーム専用ルーム、複数ユーザー・複数管理者、カスタムドメイン、録音機能、カレンダー統合、優先サポート

無料プランは最大参加者4名まで可能で、ルームロックも可能なため少人数での会議は無料で問題ないでしょう。複数の管理者で会議ルームを活用したい場合や優先的にサポートを受けたい場合はビジネスプランがおすすめです。

目的別skype・zoom・Whereby選び方

結局のところ3サービスはどういったシーンに適していて、どう選べばよいのでしょうか。

既存ユーザーが多いskype

skypeは、個人向けビデオ通話の先がけともいえるサービス。各SNSが通話に対応する前から世界中で使われており、アカウント所持者が多く、使い慣れている人も一定数います。利用障壁は低いでしょう。

固定電話や携帯電話番号への発信、ビデオ通話の録画もでき、ビジネスシーンも想定した基本的な機能が備わっています。

多拠点で安定接続するならzoom

zoomはビジネス利用が前提のサービス。PC用あるいはスマートフォン用のアプリをダウンロードして利用するインストール型なので、接続が安定しています。また多拠点での同時接続や、拠点間の常時接続もでき、規模の大きな会議にも利用可能。

ブラウザでも利用できますが、安定した接続を優先するなら、アプリ利用かつ有線ネットワークがおすすめです。

スモールスタートに最適なWhereby

Wherebyはブラウザで利用するサービス。ネットワーク環境さえあれば接続できるので、端末を選びません。アカウント登録が必要なのは会議室(チャットルーム)開設者のみ。参加者はアカウントがなくてもよく、商談や打ち合わせに気軽に使えます。

無料アカウントは同時接続数が4回線に制限されるものの、小規模事業所や個人利用には十分でしょう。スモールスタートに最適です。

より精度を高くするならWeb・テレビ会議システム

少人数の打ち合わせや商談ならskypeやWherebyでまかなえるし、zoomならウェビナー(セミナーの配信)にも利用できます。そうはいっても、接続が不安定、品質や接続数が不十分、などのデメリットを感じることもあるでしょう。

そこで検討したいのが法人向けのWeb会議システムや、テレビ会議システムです。zoomの有料プランも広く利用されています。

Web会議システムとテレビ会議システムの違いは?

Web会議システムはだれでも気軽に導入できるのがメリットですが、テレビ会議は専用の設備や回線が必要になる代わりに、高度な設備によってより実際に相対して行う会議に近い感覚を得られます。また、インターネット障害などが起こると利用できなくなるWeb会議より安定した運用が可能です。

Web会議システムとテレビ会議システムの違いについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

Web会議システムとテレビ会議システムどちらを選ぶべき?

Web会議システムは各々のPCから参加する、テレビ会議システムは会議室に据え置いたモニターを通じて接続する、という点が大きな違いといえます。

Web会議システムは、1対1あるいは少人数のミーティングに適しており、画面を共有しながらのコミュニケーションに長けています。ただしWi-Fiの品質次第では接続が安定しない、PCの性能により機能を十分に使えない可能性がある点がデメリットです。

一方テレビ会議システムは、より高品質かつ安定した通信を行えるほか、多くはセキュリティも高度。導入にはそれなりのコストがかかるものの、複数人が集まる会議室どうしで打ち合わせを行いたい、機密事項を扱いたい、といった場合に有効です。

とはいえ、クラウド型のテレビ会議システムが増え、Web会議とテレビ会議の両方を扱うベンダーもあります。かけられるコストや参加人数などを照らし合わせて自社に適した方を選ぶとよいでしょう。利用シーンや用途・目的によって使い分けるのがベストです。

Web・テレビ会議システム比較

ボクシルでは、Web会議システム、テレビ会議システムの口コミを見て検討できる比較表や、サービス資料を無料で一括ダウンロードできます。

注目のWeb会議システム、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめWeb会議システムをまとめてチェック!
Large
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

Web会議システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。移動コストの削減、会議しながら資料を共有、話しながら表情を確認するなどさまざまな目的で導入されるWeb会議システムの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

注目のテレビ会議システム、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめテレビ会議システムをまとめてチェック!
Large
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
各社資料をまとめて無料DL

テレビ会議システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。移動コストの削減、会議しながら資料を共有、話しながら表情を確認するなどさまざまな目的で導入されるWeb会議システムの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

資料共有に特化したツールならペーパーレス会議システムもご覧ください。

Web会議ツールはコミュニケーションの促進にも

代表的なビデオ通話サービスである「skype」「zoom」「Whereby」の比較とともに、より高精度な会議を実現できるWeb会議システム、テレビ会議システムについて解説してきました。

基本的にはどちらのシステムも生産性の高い会議を実現できるので、自社のビジネス規模や目的、参加人数などに合わせて最適なシステムを選択するようにしましょう。また、テレワークや在宅勤務中の従業員とのコミュニケーション促進にも役立ちます。ぜひ無料トライアルなどを活用して検討してみてください。

関連記事
テレワーク導入に緊急助成金 - 厚労省100万、東京都は250万、新型コロナ対策で
リモートワークに必須のツール - 実施企業が選ぶおすすめ
オンライン商談ツールとは | システム比較
Web面接システムとは | 無料ツール・注意点・服装やマナー


Web会議システム、テレビ会議システムをまとめて比較、検討したい方は、下記ボタンより資料をまとめて無料ダウンロードいただけます。ぜひご利用ください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Web会議システムの資料を無料DL

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
テレビ会議システムの資料を無料DL

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

WEB会議システム
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
エイネット株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事