PC(パソコン)版LINEで改行する方法 | 送信ミス誤送信を防止する設定

最終更新日: 公開日:
PC(パソコン)版LINE(ライン)で改行できずに誤送信してしまった経験のある方は多いでしょう。本記事では、PC版LINEでの改行の仕方やコマンド設定を変更する手順、誤送信を避けて正しく改行する方法について解説します。
PC(パソコン)版LINEで改行する方法 | 送信ミス誤送信を防止する設定

PC版LINEでの改行の仕方

PC(パソコン)版LINEの改行の仕方は、デフォルトでは「Shiftキー」を押しながら「Enterキー」を押す組み合わせです。

 PC版LINEでの改行の仕方

改行したLINEの投稿

PC版LINEの良さはすらすらとタイピングできるところにあるので、改行が必要なたびにShiftキーを押さなければならないのは、地味にストレスが溜まる作業になります。

しかし、LINEアプリ内で「その他」→「設定]→「トーク・通話」→「Enterキーで送信」のチェックを外せば、Enterキーでの誤送信をなくせます。

本記事では「Enterキー」のみで改行できるPC版LINEの設定方法について説明します。

PC版LINE「Enter」キーのみで改行する方法

PC版LINEを「Enter」キーのみで改行する手順は次のとおりです。

  1. PC版LINEを起動して「…」アイコンから「設定」を選択する
  2. 設定からトークを選択する
  3. 送信方法を「Alt+Enter」に変更する
  4. 「Enterキー」のみで改行できているか確認する

多くのアプリケーションがEnterキーで改行できるため、ついEnterキーだけを押してしまい、意図せず中途半端なメッセージを送信してしまうことも考えられます。

そこで、Enterキーだけで改行ができるように、LINEの設定を変更する方法も覚えておきましょう。

1. PC版LINEを起動して「…」アイコンから「設定」を選択

PC版LINE設定

PC版LINEを起動して画面左下の「…」アイコンをクリックし、ポップアップから「設定」を選択してください。

2.設定からトークを選択

PC版LINEの設定画面

設定のポップアップが表示されるので、左の項目一覧からトークを選択します。

3.送信方法を「Alt+Enter」に変更

PC版LINEの送信方法変更

Windowsの場合、送信方法の項目でAltキー+Enterキーを選択します。この設定に変更後、Altキー+Enterキーを押したときだけメッセージを送信できます。

Macの場合、Commandキー+Enterキーで設定可能です。

4.「Enterキー」のみで改行できているか確認

改行設定変更の確認

実際のトーク画面で設定が反映されているか確認し、「Enterキー」のみで改行ができれば設定完了です。

Windows 10で改行設定を変更する方法

Windows10のLINE改行設定

Windows10の場合は、LINEの画面左下にある「歯車アイコン」をクリックし、「設定」から「トーク・通話」を選択してください。

送信方法の設定

送信方法という項目があるので「Altキー+Enterキー」の方にチェックを入れましょう。これでEnterキーを押してもメッセージは送信されず、改行が可能になります。

Windows 8でもLINEの改行に対応

以前までLINEの改行設定は、Windows 10やMacのみの対応となっており、Windows 8で改行するにはメモ帳を利用しコピペ方法しかありませんでした。

しかし、現在(2020年3月時点)ではWindows 8でも上記の設定でLINEの改行ができるようになっています。

ただし、Windows 8用のLINEではなく、通常のWindows版のLINEをインストールして使用する必要があります。

公式サイトのWindows版をダウンロードすれば、Windows 8環境下でも互換性に問題なく改行が可能です。現在はWindows 10が主流になりつつありますが、Windows 8を使っている方は、ぜひ参考にしてください。

LINEで改行できずに誤送信を減らすには

これまで説明してきた方法によって、メッセージの作成途中にテキストを送信してしまう可能性を減らせるはずです。

しかし、だれにでも「うっかり」で中途半端な文章を送信してしまうミスはあるもの。次のようなちょっとした工夫で、ケアレスミスをなくすのも一つの方法でしょう。

メモ帳/テキストエディタを使う

Windowsの場合、すべてのプログラムからアクセサリを選択するとメモ帳のツールがあります。これをちょっとしたメモに使っているユーザーも多いでしょう。

このメモ帳を積極的に活用してLINEの送信ミスを減らす方法は、単純ながらも非常に効果的です。

具体的には、相手に送りたいメッセージを事前にメモ帳で作成し、それをLINEに貼り付けて送信するだけです。これによって、Enterキーによる送信ミスをなくせます。他にも文字数カウンターサイトなどを利用したり、別のテキストエディタを利用したりする方法も考えられます。

こういった方法で改行したメッセージの送信が可能ですが、やはり面倒に感じる人も多いでしょう。その場合は、設定を変える、Shiftキー+Enterキーに慣れるといった方が楽かもしれません。実際に試してみて、どちらの方法がよいか自分なりに判断しましょう。

PC版LINE使い方の基本を知りたい方は次の記事もあわせてお読みください。

PC版LINEの改行の仕組みを理解しよう

PC版LINEの改行時の注意点と仕組みについて解説してきました。多くのアプリでEnterキーは改行を意味しますが、PC版LINEなどは、Enterキーを押すとそのままメッセージが送信されてしまいます。

これを避けるためには、正しい改行方法(Shiftキー+Enterキー)に慣れるか、設定を変更する必要があります。また、事前にメモ帳などでメッセージを作成してコピペする方法もあります。

誤送信リスクを回避するためにも、自分にとって使いやすい改行コマンドを選びましょう。

LINEを使う人ならLINE MOBILEで月額料金が超お得に

LINE MOBILE

月のスマホ利用料が気になるなら、最安月額500円から利用できるLINE MOBILEを。
LINE MUSICやLINEで送受信する動画や画像、インスタグラム、ツイッターなどのデータ通信量はカウントされません。

もちろん、余った容量の繰り越しやプレゼントも可能。SIMカードの差し替えだけの簡単乗り換え!
今なら、支払いにも使えるLINEポイント3,500ポイントプレゼント中!

>>>今すぐ料金シミュレーション

今さら聞けないLINE使い方の基本【完全ガイド】

LINEトーク初心者向けマニュアル

LINEの通話機能を徹底解説!

続々登場!LINE便利機能の使い方

PC(パソコン)版LINE使い方ガイド

LINEの裏技・テクニック・豆知識まとめ

※順次追加予定

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。