LINEメンション(@名前)とは?使い方・特定の相手へ通知・リプライとの違い

最終更新日: 公開日:
コミュニケーションアプリのLINE(ライン)で使われるメンションの意味とは?この記事では、LINEの機能である「@(アットマーク)」を使って相手を指定してメッセージを送るメンションを解説します。基本的な使い方や注意点、リプライ機能との違いについても説明します。
LINEメンション(@名前)とは?使い方・特定の相手へ通知・リプライとの違い

LINEのグループトークでは、特定の友だちに振った話題が他のコメントに紛れてスルーされてしまったり、自分への質問のコメントですら見逃してしまったりすることは少なくありません。

そんな状態を避けるため、LINEにはメンション機能が実装されています。

これは簡単にいえば、メッセージを送るときに読んでもらいたい相手を指定する機能で、スマホのプッシュ通知を通して相手に気づいてもらいやすくなります。

この記事では、LINEのメンション機能について詳しく解説します。

メンションとは?SNSでの意味

そもそも、メンションとは「ちょっと言っておく」や「話に出す」「名をあげる」といったニュアンスの英語です。

それが転じて、Twitter(ツイッター)などのSNSでは「@ユーザー名」の形式で相手を指定してメッセージを送る機能のことを「メンション」と呼んでいます。

LINEのメンション機能とは

LINEにおけるメンション機能は、グループ内で個人を指定してメッセージを送ることを「メンションを送る」と表現し、やり方も他のSNSとほぼ一緒です。

メンションは「相手にメッセージをすぐ読んで欲しい」ときに便利な機能で、トーク内で埋もれがちな話題や、個人的な質問などをメンション機能を使って送ることで、相手から確実にリプライ(返事)をもらえます。

LINEでメンションする方法

それでは、メンション機能の基本的な使い方について、グループトーク・タイムラインに分けて詳しく解説していきます。

グループトークにおけるメンション

グループトーク内でメンションを送るには、まずコメントする際に「@」を入力します。すると、そのグループに加わっているユーザーの一覧が表示されますから、そこからメンションしたい相手を選択します。

「@相手の名前 メッセージ」の形式でメッセージを送ればメンションできます。

メンションが完了しました。

メンションを受けた側は「メンションされました」というプッシュ通知が届きます。

メンションの「通知」における注意点

メンション機能は相手に確実にメッセージを見てもらうために便利な機能ですが、注意事項が2つあります。

メンションしても通知されない

設定によっては、LINEでもメンションができない場合があるので注意しましょう。

その主な原因は、メンションを送る相手がLINEの「通知をオフ」にしていることです。相手にメンションが通知されないという場合には、LINEの通知がオフになっていないか確認しましょう。

メンションの通知が多くて困る

自分へのメンション通知が多すぎるという場合は、通知をオフにする設定ができます。

通知をオフにするには、まずトークルームの画面右上にあるアイコンをタップし、表示されるメニュから「通知オフ」を選択すればOKです。

解除した場合は同じ方法で「通知をオン」にしてください。トーク画面から自分のメンションを確認できますから定期的にメッセージを確認すればメンションを見逃すことはありません。

メンション機能とリプライ機能の違い

メンションとよく似た機能で、今年7月のアップデートで実装されたLINEの「リプライ」機能の使い方や、メンションとの違いについて説明します。

LINEのリプライ機能とは

リプライ機能は、返信先のメッセージを指定して返信できる機能で、相手の文章を引用しつつメッセージを送れます。

グループトークでは、少し相手への返信が遅れてしまうと、いったいどのメッセージに対して返信したのか判断できなくなることがあります。

そこでリプライ機能を使うことで、相手は何に対する返答なのかがすぐにわかるため、トークルームが混乱せずに済みます。

リプライ機能はLINEのバージョン8.9.0以降に実装されており、たんにトークルーム内のメッセージに対してそのまま返信する「リプライ(反応)」とは違う新しい機能です。

リプライの使い方

リプライを送るには、まずリプライしたいメッセージを長押しします。

表示されたメニューから「リプライ」をタップします。

メッセージ入力欄の上にリプライするメッセージと相手の名前が表示されますから、このままメッセージを入力して返信すればOKです。

リプライが完了しました。

メンションとの違い

最後に、リプライとメンションとの違いをまとめておきましょう。

上述のように、リプライは返信したい相手と「特定のメッセージ」を指定して送るものです。トーク上には、リプライされたメッセージが引用された状態で表示され、相手に通知はいきません。

それに対してメンションは、メッセージを送りたい相手のみを指定して送るものです。トーク上にはメッセージの前に「@相手の名前」が表示され、相手が「通知オフ」の設定にしていない限り、通知がいきます。

いわばリプライはトーク内でどのメッセージへの返信なのか一目瞭然にするための機能であり、メンションは自分のメッセージを送る際、すぐ読んでほしい相手を指定する機能であるといえます。

双方の目的を理解して、上手に使い分けましょう。

LINEのメンション機能を理解して活用しよう

LINEのメンション機能の概要と使い方、そして新しく実装されたリプライ機能との違いについて説明しました。

どちらも適切なタイミングで上手くコミュニケーションをとるための機能であり、特にトークルームが煩雑になりがちなグループトークでは重宝する機能です。

適切なタイミングで適切な相手に確実にメッセージを届けるために、ぜひ使いこなせるようにしてください。

LINEを使う人ならLINE MOBILEで月額料金が超お得に

LINE MOBILE

月のスマホ利用料が気になるなら、最安月額500円から利用できるLINE MOBILEを。
LINE MUSICやLINEで送受信する動画や画像、インスタグラム、ツイッターなどのデータ通信量はカウントされません。

もちろん、余った容量の繰り越しやプレゼントも可能。SIMカードの差し替えだけの簡単乗り換え!
今なら、支払いにも使えるLINEポイント3,500ポイントプレゼント中!

>>>今すぐ料金シミュレーション

今さら聞けないLINE使い方の基本【完全ガイド】

LINEトーク初心者向けマニュアル

LINEの通話機能を徹底解説!

続々登場!LINE便利機能の使い方

PC(パソコン)版LINE使い方ガイド

LINEの裏技・テクニック・豆知識まとめ

※順次追加予定

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。