LINEトーク履歴を機種変更時に引き継ぐ方法 | iPhone・Android機種別に解説

iPhoneやAndroid端末の機種変更を行った際にLINEを元どおりに引き継ぐ方法を解説します。メッセージやトーク履歴をそのまま引き継げるため、機種変更の予定がある人はぜひ引継ぎや復元方法を覚えておきましょう。※初回公開日:2018年10月5日

LINEトーク履歴を機種変更時に引き継ぐ方法 | iPhone・Android機種別に解説

iPhoneやAndroidの新しい端末を手に入れた際に問題となるのがデータの引継ぎでしょう。特にLINEのように、これまでのトーク履歴を引き継げなくて困ることもあるかもしれません。

そのために、スマートフォンを機種変更する際に必要となるLINEデータの引継ぎ方法について知りましょう。引き継げるデータを確認したうえで、いまの端末での事前準備が必要です。

どのデータが引き継げるのか?

端末の機種変更で引き継げる、引き継げないLINEのデータは次のとおりです。

【引き継げるデータ】

  • プロフィールに関する情報
  • タイムラインの内容
  • アルバムなどに投稿した情報
  • 友だちリスト
  • Keepに保存したデータ
  • 購入済みのスタンプや着せかえを使う権利
  • LINEゲームなど連動アプリのデータ
  • 課金アイテムの購入履歴

【引き継げないデータ】
トーク履歴

ほとんど情報は端末が変わっても問題なく引き継げますが、注意すべきはトーク履歴。トーク履歴は別途バックアップが必要です。ただし、iPhone同士、Android同士など同じOSでなければ引き継げないので注意しましょう。

また、トーク背景や通知音設定などは同じOSであっても引き継げません。すべてのデータを引き継げるわけではないのでその点は覚えておきましょう。

LINEアカウントを引き継ぐ

まずLINEのアカウントの引き継ぎ方法を解説します。旧端末での事前準備が必要なので、必ず状態を確認してください。

事前にトークのバックアップをすること【要注意】

LINEの中でも非常に重要なデータがトークです。トークのバックアップを取る方法を知りたい方は、次の記事もあわせてお読みください。

LINEトーク履歴のバックアップ・復元方法 | iPhone/Android機種別に解説 | ボクシルマガジン
LINEトークをバックアップ・復元する方法を解説!iPhone版とAndroid版それぞれ解説しますので、お使いの...

旧端末での事前準備

アカウントの引継ぎを行うには、事前準備が必要です。

旧端末が使えなくなる前に、LINEに登録している「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」を確認しておきましょう。なるべく最新のものに更新することをおすすめします。友だちタブから「設定(歯車マーク)」→「アカウント」で確認できます。

2019年2月25日以前にアカウントを登録した方はパスワードを登録していない可能性があります。パスワードが登録されていないとデータを引き継げません。パスワードが登録されているか必ずチェックしてください。

また、新端末が新しい電話番号になる(電話番号を変更する)場合は、旧端末で「引き継ぎの許可」をONにしておき、一定時間(36時間)内に新端末で引き継ぎの設定を行う必要があります。「設定(歯車マーク)」→「アカウント引き継ぎ設定」で「アカウントを引き継ぐ」をONにしておきましょう。

新しいスマホで引き継ぎ

電話番号の変更がない場合

新端末でLINEアプリをインストールしたら、電話番号を入力します。続いてSMSに届いた認証番号を入力(Android端末では自動入力されます)、自身のアカウントだと確認できれば、旧端末で設定しておいたパスワードを入力。画面の案内にしたがって確認を進めれば引き継ぎ手続きは完了です。

出典:LINEプレスリリース

電話番号の変更がある場合

新しい電話番号の端末へと引き継ぐ場合、まず手元に旧端末があれば、登録電話番号を変更しておきましょう。以後の手続きは「電話番号の変更がない場合」と同じです。

手元に旧端末がない場合、LINEアカウントを引き継ぐには、パスワードを設定していることが前提となります。新端末でLINEアプリをインストール、起動したら、電話番号入力、認証番号入力を行います。「おかえりなさい、◯◯!」と表示された場合は「いいえ、違います」を選びます。

次に、「アカウントを引き継ぎますか?」の画面で「アカウントを引き継ぐ」をタップ。登録していた電話番号またはメールアドレスと、パスワードを入力し、画面の案内にしたがって認証手続きを進めます。

トークを引き継ぐ

アカウントの引き継ぎは上述の方法でOKですが、アカウントのみの引き継ぎではトーク履歴は引き継がれません。そのため、トーク履歴を引き継ぐ場合は旧端末でデータのバックアップをとっておく必要があります。

以下でiPhone・Androidそれぞれの旧端末によるバックアップの方法について解説します。

iPhoneでバックアップ

iPhone端末の場合、トーク履歴のバックアップはiCloudを用いるのが一般的です。まず端末がiCloudに接続されているか確認するために「設定」アプリを起動し、ユーザー名をタップしてください。

「iCloud」をタップし、一覧からiCloud Driveをオンにします。Apple IDとパスワードを求められた場合は、入力してそのままサインインしてください。

なお、この時点で通信方法がモバイルデータ通信になっている場合は、Wi-Fi環境でバックアップを行うよう変更しておきましょう。データのバックアップは大容量のデータ通信が必要になるケースがありますから、Wi-Fi環境下で行うことが推奨されます。

iCloud Driveをオンの状態で「設定(歯車マーク)」から「トーク」→「トークのバックアップ」を選択し「今すぐバックアップ」をタップします。これでiCloud Driveにデータがバックアップされます。

データのバックアップが完了しました。

iPhoneで復元

iCloudへのバックアップが完了したら、トーク履歴を新端末で復元します。まず新端末でもiCloud Driveがオンになっていることを確認してください。方法は旧端末と同じです。

LINEアカウントの引き継ぎ同様、新端末でLINEアプリを起動したら「ログイン」を選択し、登録してあるメールアドレスおよびパスワードを入力すると旧端末でLINEを使えなくなる旨のメッセージが表示されます。問題なければ「OK」をタップしてください。

上述のように電話番号の認証画面になりますから、入力して「番号認証」をタップしましょう。SMSで認証番号が送られてきますから、同じように取得した4桁の番号を入力します。

すると「トーク履歴の復元」が表示されますから「トーク履歴をバックアップから復元」をタップしてください。これで復元作業は完了です。

途中、年齢確認に関する表示やサービス向上のための情報利用に関するお願いなどが表示されることがありますが、適宜選択してください。このあたりはトークの復元には関係ありません。