iPhone機種変更時のデータ移行とバックアップ、復元方法や準備のやり方 | LINE・Suicaに注意

最終更新日: 公開日:
iPhone機種変更時に必要となるデータの移行方法をはじめ、バックアップや復元方法、LINEのトーク履歴やSuicaなどの注意点について写真付きで解説します。iOS12.4以降、データの移行は簡単になりましたが、バックアップの重要性に変わりはありません。正しいやり方をしないとデータが消えてしまうのでしっかりと覚えておきましょう。
iPhone機種変更時のデータ移行とバックアップ、復元方法や準備のやり方 | LINE・Suicaに注意

iPhone機種変更時のデータ移行は重要

これまでiPhoneの機種変更の際には、データ移行のためのバックアップが必須とされていました。

しかし、iOS12.4から「iPhoneから転送」という機能によって、iPhone端末同士を近づけるだけで必要なデータの移行が可能になっており、必ずしもバックアップをとる必要がなくなっています。当然、最新機種であるiPhone11(※工場出荷時からiOS13インストール済み)も同様です。

ただ、移行するデータが大きい場合には従来どおりの方法でバックアップをとる方が有効な場合もあるので、しっかりとバックアップをとったうえで慎重にデータを移行する必要があります。

そこで本記事では、iPhone11への機種変更の場合に便利なデータ移行方法と、iPhoneデータのバックアップの準備および復元方法、LINEのトークバックアップやSuicaなどの気を付けたいポイントについて解説します。

iPhone11へのデータ移行

まずは現時点での最新機種であるiPhone11(iOS13)へのデータの移行方法について説明します。

以下で解説するように、従来どおりPCにバックアップデータを読み込む方法や、iCloud経由でデータの転送を行うこともできますが、もっとも簡単なのは「iPhoneから転送」機能を使うことです。

新旧端末を近づけるだけで、旧端末から新端末にデータの移行ができます。

データの移行条件

旧端末から新端末にデータを直接転送するためには、次の条件を満たす必要があります。

  • 移行元がiOS11以降であること(※iPhone同士でデータ転送するためにiOSを12.4以降の最新のものにアップデートする必要がある)
  • 移行先のiPhone容量が移行元の容量以上であること
  • Wi-Fi環境が利用できること

データを移行するだけであれば、自宅にWi-Fiルーターがなくても端末同士を近づけるだけで移行が可能です(※Bluetooth がオンになっている必要あり)。ただし、容量のあるアプリをダウンロードするケースなどは、モバイル通信料がかなり増えてしまう可能性があるのでWi-Fi環境があった方がよいです。

データの移行手順

次の手順でデータを移行します。

  1. 新端末(iPhone11)の電源を入れて、旧端末の近くに置く
  2. 旧端末にクイックスタート画面が表示されるので、Apple IDを確認して「続ける」をタップ(※「続ける」が表示されない場合、Bluetoothのオンを確認)
  3. 新端末に表示されるアニメーションを旧端末のカメラに収める。ファインダーの中央に収まるようにする
  4. 「新しいiPhoneの設定を完了」と表示されればOK
  5. 旧端末のパスコードを新端末に入力する
  6. 新端末の画面の案内にしたがって「Face ID」(Touch ID)を設定する
  7. 「iPhoneから転送」「iCloudからダウンロード」の2つの選択肢が表示されるので、「iPhoneから転送」を選択
  8. 利用規約への同意や、ApplePayの設定などを行う
  9. iPhoneデータの移行が開始される。途中で端末の充電が切れないように、どちらも電源につないだままにしておく

転送が完了すると、次にインストールされているアプリが新端末にダウンロードされます。新端末の容量が足りない場合、再度リセットされてしまうので端末の容量には気をつけましょう。データの移行はこれだけでOKです。

iPhoneのバックアップ準備

このように、iOS12.4以降は端末同士で直接データを転送することが可能で、必ずしもバックアップは必要としなくなりました。

しかし、データ容量が多い場合やWi-Fi環境が使えない場合などは、従来どおりバックアップをとる方が有利なケースもあります。

そこで以下では、iPhoneのバックアップについて解説します。バックアップの取り方にはPCに接続してiTunesを使ったやり方とiCloudを使用する方法の2種類ありますが、どちらも記事後半で紹介します。

まずはiPhoneをバックアップする際に必要になる準備について解説していきます。ID・パスワードの確認などが必要になる場合が多いです。

ソフトウェアアップデート

はじめにソフトウェアを最新のiOSにアップデートしましょう。

iOSが古いままだと、機種変更時のアプリの引継ぎがうまくいかない場合もあります。必ず最新バージョンに更新しましょう。iPhoneの「設定」>「ソフトウェアアップデート」>「今すぐインストール」でアップデートできます。

iOSのソフトウェアアップデート手順

アカウント情報の記録

機種変更時にはアカウント情報をどこかに記録しておきましょう。Windowsのメモ帳をはじめ、メモアプリにアカウント情報をまとめるのも良いですが、iTunesにバックアップする方法もあります。

AppleIDとパスワードの確認

機種変更時にはまずAppleIDとパスワードを確認しましょう。忘れた場合は、iPhoneの「設定」>「(自分の名前)」をタップすれば、AppleID(メールアドレス)が表示されます。パスワードを忘れてしまった場合は、Appleサポートからリセットができます。

AppleIDの確認手順

SNSアカウントの情報を記録

SNSのアカウント情報(主にIDとパスワード)を記録します。TwitterやFacebookをはじめ、使用しているアカウント情報はすべて記録しておきましょう。記録しないと機種変更後にログインできなくなる恐れがあります。

LINEやゲームアプリの情報を記録

引継ぎの準備をします。現在のiPhoneで使用しているゲームやサービスは、機種変更にほとんどが引き継ぎを必要とします。漏れのないように注意しましょう。

LINE

LINEは、機種変更前のiPhoneで以下の準備を行います。

  1. 「その他」→「設定」を選択
  2. メールアドレスを登録、またはFacebookと連携
  3. 「その他」→「設定」を選択
  4. 「アカウントを引き継ぐ」を選択、設定をオン

1.「その他」→「設定」を選択
2.メールアドレスを登録、またはFacebookと連携

LINEの機種変更手順1

3.「その他」→「設定」を選択

LINEの機種変更手順2

4.「アカウント引き継ぎ」>「アカウントを引き継ぐ」を選択、設定をオン


機種変更を行ったら新しいiPhoneで以下の設定を行います。

  1. LINEアプリをインストール、ログイン
  2. 電話番号認証
  3. SMSに届いた認証コードを入力
  4. 「アカウントを引き継ぐ」を選択

ここまで手続きを行うと、機種変更前のiPhoneではLINEが使えなくなります。

ゲームアプリ

ゲームアプリの引継ぎは各アプリ内の説明をよく確認しましょう。コードが必要な引き継ぎもあります。

特に注意が必要なのは、購入したコインや貯めてきたアイテムです。機種変更で記録やデータを引き継げてもコインやポイントは引き継げないゲームがあります。この場合、コインやポイントは使い切った方が良いでしょう。

Suicaやクレジットカード

Suicaやクレジットカードも引継ぎが必要です。Suicaは1台のiPhoneでしか登録できないので、注意が必要です。機種変更前のiPhoneでデータを削除して、新しいiPhoneに登録しましょう。