iPhone機種変更時のバックアップと復元方法 - データ移行 | LINE・Suicaに注意

最終更新日: 公開日:
iPhone機種変更時に必要となるデータの移行方法をはじめ、バックアップや復元方法、LINEのトーク履歴やSuicaなどの注意点について写真付きで解説します。iOS12.4以降、データの移行は簡単になりましたが、バックアップの重要性に変わりはありません。正しいやり方をしないとデータが消えてしまうのでしっかりと覚えておきましょう。
iPhone機種変更時のバックアップと復元方法 - データ移行 | LINE・Suicaに注意

iPhone機種変更時のデータ移行は重要

これまでiPhoneの機種変更の際には、データ移行のためのバックアップが必須とされていました。

しかし、iOS12.4から「iPhoneから転送」という機能によって、iPhone端末同士を近づけるだけで必要なデータの移行が可能になっており、必ずしもバックアップをとる必要がなくなっています。当然、最新機種であるiPhone11(※工場出荷時からiOS13インストール済み)も同様です。

ただ、移行するデータが大きい場合には従来どおりの方法でバックアップをとる方が有効な場合もあるので、しっかりとバックアップをとったうえで慎重にデータを移行する必要があります。

そこで本記事では、iPhone11への機種変更の場合に便利なデータ移行方法と、iPhoneデータのバックアップの準備および復元方法、LINEのトークバックアップやSuicaなどの気を付けたいポイントについて解説します。

iPhone11へのデータ移行

まずは現時点での最新機種であるiPhone11(iOS13)へのデータの移行方法について説明します。

以下で解説するように、従来どおりPCにバックアップデータを読み込む方法や、iCloud経由でデータの転送を行うこともできますが、もっとも簡単なのは「iPhoneから転送」機能を使うことです。

新旧端末を近づけるだけで、旧端末から新端末にデータの移行ができます。

データの移行条件

旧端末から新端末にデータを直接転送するためには、次の条件を満たす必要があります。

  • 移行元がiOS11以降であること(※iPhone同士でデータ転送するためにiOSを12.4以降の最新のものにアップデートする必要がある)
  • 移行先のiPhone容量が移行元の容量以上であること
  • Wi-Fi環境が利用できること

データを移行するだけであれば、自宅にWi-Fiルーターがなくても端末同士を近づけるだけで移行が可能です(※Bluetooth がオンになっている必要あり)。ただし、容量のあるアプリをダウンロードするケースなどは、モバイル通信料がかなり増えてしまう可能性があるのでWi-Fi環境があった方がよいです。

データの移行手順

次の手順でデータを移行します。

  1. 新端末の電源を入れて、旧端末の近くに置く
  2. 旧端末にクイックスタート画面が表示されるので、Apple IDを確認して「続ける」をタップ(※「続ける」が表示されない場合、Bluetoothのオンを確認)
  3. 新端末に表示されるアニメーションを旧端末のカメラに収める。ファインダーの中央に収まるようにする
  4. 「新しいiPhoneの設定を完了」と表示されればOK
  5. 旧端末のパスコードを新端末に入力する
  6. 新端末の画面の案内にしたがって「Face ID」(Touch ID)を設定する
  7. 「iPhoneから転送」「iCloudからダウンロード」の2つの選択肢が表示されるので、「iPhoneから転送」を選択
  8. iPhoneデータの移行が開始される。途中で端末の充電が切れないように、どちらも電源につないだままにしておく

転送が完了すると、次にインストールされているアプリが新端末にダウンロードされます。新端末の容量が足りない場合、再度リセットされてしまうので端末の容量には気をつけましょう。データの移行はこれだけでOKです。

iPhoneのバックアップ準備

このように、iOS12.4以降は端末同士で直接データを転送することが可能で、必ずしもバックアップは必要としなくなりました。しかし、データ容量が多い場合やWi-Fi環境が使えない場合などは、従来どおりバックアップをとる方が有利なケースもあります。

まずはiPhoneをバックアップする際に必要になる準備について解説していきます。ID・パスワードの確認などが必要になる場合が多いです。

ソフトウェアアップデート

はじめにソフトウェアを最新のiOSにアップデートしましょう。

iOSが古いままだと、機種変更時のアプリの引継ぎがうまくいかない場合もあります。必ず最新バージョンに更新しましょう。iPhoneの「設定」>「ソフトウェアアップデート」>「今すぐインストール」でアップデートできます。

iOSのソフトウェアアップデート手順

アカウント情報の記録

機種変更時にはアカウント情報をどこかに記録しておきましょう。Windowsのメモ帳をはじめ、メモアプリにアカウント情報をまとめるのも良いですが、iTunesにバックアップする方法もあります。

AppleIDとパスワードの確認

機種変更時にはまずAppleIDとパスワードを確認しましょう。忘れた場合は、iPhoneの「設定」>「(自分の名前)」をタップすれば、AppleID(メールアドレス)が表示されます。パスワードを忘れてしまった場合は、Appleサポートからリセットができます。

AppleIDの確認手順

SNSアカウントの情報を記録

SNSのアカウント情報(主にIDとパスワード)を記録します。TwitterやFacebookをはじめ、使用しているアカウント情報はすべて記録しておきましょう。記録しないと機種変更後にログインできなくなる恐れがあります。

LINEやゲームアプリの情報を記録

引継ぎの準備をします。現在のiPhoneで使用しているゲームやサービスは、機種変更にほとんどが引き継ぎを必要とします。漏れのないように注意しましょう。

LINE

LINEは、機種変更前のiPhoneで以下の準備を行います。

  1. 「その他」→「設定」を選択
  2. メールアドレスを登録、またはFacebookと連携
  3. 「その他」→「設定」を選択
  4. 「アカウントを引き継ぐ」を選択、設定をオン

1.「その他」→「設定」を選択
2.メールアドレスを登録、またはFacebookと連携

LINEの機種変更手順1

3.「その他」→「設定」を選択

LINEの機種変更手順2

4.「アカウント引き継ぎ」>「アカウントを引き継ぐ」を選択、設定をオン


機種変更を行ったら新しいiPhoneで以下の設定を行います。

  1. LINEアプリをインストール、ログイン
  2. 電話番号認証
  3. SMSに届いた認証コードを入力
  4. 「アカウントを引き継ぐ」を選択

ここまで手続きを行うと、機種変更前のiPhoneではLINEが使えなくなります。

ゲームアプリ

ゲームアプリの引継ぎは各アプリ内の説明をよく確認しましょう。コードが必要な引き継ぎもあります。

特に注意が必要なのは、購入したコインや貯めてきたアイテムです。機種変更で記録やデータを引き継げてもコインやポイントは引き継げないゲームがあります。この場合、コインやポイントは使い切った方が良いでしょう。

Suicaやクレジットカード

Suicaやクレジットカードも引継ぎが必要です。Suicaは1台のiPhoneでしか登録できないので、注意が必要です。機種変更前のiPhoneでデータを削除して、新しいiPhoneに登録しましょう。

iPhoneのバックアップ手順

機種変更で重要なのはiPhoneのバックアップで、PCとiCloudどちらかを利用する方法があります。

iPhoneをバックアップ手順(PC・iTunes)

PCでバックアップを取る方法は、以下のとおりです。

  1. PCとiPhoneを接続
  2. iTunesを起動
  3. パスコードを入力
  4. 左上のデバイスのマーク選択
  5. 「このコンピュータ」を選択
  6. iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れて「今すぐバックアップ」を選択

1.PCとiPhoneを接続
2.iTunesを起動
3.iTunesの利用状況によってはパスコードを入力

iPhoneのバックアップ手順(PC・iTunes)1

4.左上のデバイスのマーク選択

iPhoneのバックアップ手順(PC・iTunes)2

5.「このコンピュータ」にチェックを入れて、「今すぐバックアップ」を選択

iPhoneのバックアップ手順(PC・iTunes)3

6.「バックアップを暗号化」を選択(推奨)

iPhoneをバックアップ手順(iCloud)

  1. Wi-Fiをオン
  2. 「iCloud」をタップ
  3. 「iCloudを使用しているAPP」以下がすべてオン
  4. 「iCloudバックアップ」を選択
  5. 「iCloudバックアップ」を選択し「今すぐバックアップを作成」を押す
  1. Wi-Fiをオンにしておく
  2. 「iCloud」を選択

iPhoneをバックアップ手順(iCloud)1

3.「iCloudを使用しているAPP」以下すべてをオン

iPhoneをバックアップ手順(iCloud)2

4.「iCloudバックアップ」を選択
5.「今すぐバックアップを作成」を押す

iPhoneのバックアップ復元方法

続いて、iPhoneのバックアップ復元方法を解説します。PCかiCloud、バックアップを取ったどちらかを利用して復元作業を進めます。

iPhoneのバックアップ復元方法(PC・iTunes)

PCの場合は、バックアップを取ったiTunesで復元します。まず自動で同期しないように設定しましょう。

  1. PCでiTunesを起動
  2. 「iTunes」→「環境設定」を選択
  3. 「デバイス」を選択
  4. 「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない(P)」にチェックを入れ「OK」を選択

1.PCでiTunesを起動

iPhoneのバックアップ復元方法(PC・iTunes)1

2.「iTunes」→「環境設定」を選択

iPhoneのバックアップ復元方法(PC・iTunes)2

3.「デバイス」を選択

iPhoneのバックアップ復元方法(PC・iTunes)3

4.「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れ「OK」を選択

iPhoneのバックアップ復元方法(PC・iTunes)4

自動で同期しないように設定できたら、以下の復元方法を行います。

  1. パソコンとiPhoneを接続
  2. (iTunesとの設定によっては)iPhoneの画面の「このコンピュータを信頼しますか?」で「信頼」を選択
  3. 「iTunesバックアップから復元」を選択
  4. Apple IDとパスワードを入力
  5. タブをクリックして、復元したいバックアップを選択
  6. 「続ける」を選択

1.パソコンとiPhoneを接続
2.(iTunesとの設定によっては)iPhoneの画面の「このコンピュータを信頼しますか?」で「信頼」を選択
3.「iTunesバックアップから復元」を選択
4.Apple IDとパスワードを入力

iPhoneのバックアップ復元方法(PC・iTunes)5

5.タブをクリックして、復元したいバックアップを選択
6.「続ける」を選択

iPhoneのバックアップ復元方法(PC・iTunes)6

iPhoneのバックアップ復元方法(iCloud)

iCloudで復元する方法も簡単です。iPhoneを初期化し、iCloudにログインすると自動でバックアップデータを復元してくれます。

  1. 「iCloudバックアップから復元」を選択
  2. Apple IDとパスワードを入力してサインイン
  3. 利用規約を確認し、「同意する」を選択
  4. iCloudのバックアップから、復元したいデータを選択

1.「iCloudバックアップから復元」を選択
2.Apple IDとパスワードを入力してサインイン

iPhoneのバックアップ復元方法(iCloud)1

3.利用規約を確認し、「同意する」を選択
4.iCloudのバックアップから、復元したいデータを選択

iPhoneのバックアップ復元方法(iCloud)2

iPhone機種変更は慎重に

iPhoneの機種変更に伴うデータ移行と、バックアップ・復元方法について解説しました。最新のiPhone11を含め、iOS12.4以降は「iPhoneから転送」機能によって簡単にデータの移行が可能です。

ただしバックアップが完全に不要となったわけではなく、大量のデータを移行する際にはiTunesやiCloud経由の方がよいケースもあり、バックアップが必要となる可能性もあります。バックアップをとる際には、少しのミスでもデータがすべて飛んでしまうこともあり得るので、一つひとつ丁寧に行いましょう。

機種変更時に必要なパスコードの確認方法は以下の記事で詳しく解説しています。

待たずに買える!最新iPhoneを公式オンラインショップで購入する方法

「新しいiPhoneが欲しいけど、並ぶのは嫌だし、お店まで行く時間もない…」と悩むアナタは、公式オンラインショップでの購入がオススメです。

キャリアが運営するオンラインショップなので、偽物や不具合のあるiPhoneを購入する危険性もありません。

docomoオンラインショップ

docomoオンラインショップは、店頭で必要な契約時の事務手数料が無料とお得に購入できます。

また「質問したいけど、コールセンターにつながるまで待たされるのが嫌だな…」という人向けにチャットで相談できるサービスも用意されています。いつでも気軽に相談できます。

さらに購入時にはdポイントを1ポイント=1円で利用して、端末やオプション品の購入ができます。

\最新iphoneを買ってdポイントを1%溜める/

auオンラインショップ


auオンラインショップは、2,500円以上の購入で送料無料です。さらに最短で購入の翌日には届きます。

「急に壊れてしまったけど店に行く時間はない・・」と急ぎの人にはピッタリです。

他にも、auユーザー限定の「三太郎の日」や「auスマートパス」でお得に買物もできます。

\三太郎の日&auスマートパスでお得に使える/

Softbankオンラインショップ


Softbankオンラインショップでは、Tポイントを使ってiPhoneを購入できます。

さらに、ヤフーショッピングでのポイントがいつでも10倍です。お得にネットショッピングできます。

\ヤフーショッピングのポイントがいつでも10倍/

月600円~!お得にiPhoneが使えるLINEモバイル

「iPhoneは使いたいけど、端末料金や月々の使用料は抑えたい」

というアナタは、格安SIMサービスがおすすめです。わずか月600円~で利用できるので、日々の固定費削減にもつながります。

LINEモバイル

LINEモバイルは、電話を使用しないなら月600円~、電話を使っても月1,100円~利用できるサービスとなります。

数年前に販売されたiPhone7は、29,800円〜から購入可能です。最新のiPhoneを持っている場合は、LINEモバイルのSIMカードに差し替えるだけで利用できます。

\月600円~でiphoneを使える/

iphoneを保険で守る!年間最大10万円まで修理費用が補償される!(1契約で3台まで)

モバイル保険は、端末の修理費用が最大10万円まで補償されるスマホやタブレット用保険です。

月々700円の保険料で1契約で3台まで補償され、修理時に負担金(免責金)は0円となります。

iphone用の「AppleCare+」の場合、修理時にサービス利用料で数万円請求されたり、利用上限回数が決まっていますが、モバイル保険は無制限で利用できる点もメリットです。

今さら聞けないiPhoneの使い方徹底解説【完全ガイド】

iPhoneの機種変更基本ガイド

iPhoneの最新機種・最新iOS徹底解説

iPhone便利機能の使い方

iPhone裏ワザ・テクニック・アクセサリーまとめ

※順次追加予定