SIMフリーiPhoneとは | ロック解除のメリット・デメリット、方法を解説

キャリア端末に比べ格安で利用でき、注目されているSIMフリー版iPhoneについて「そもそもSIMとは何か?」といった基本的なところから丁寧に解説します。自分でSIMロックを解除する方法についても解説します。iPhoneユーザーは、特に参考にしてください。

SIMフリーiPhoneとは | ロック解除のメリット・デメリット、方法を解説

SIMフリーiPhoneとは

SIMフリー端末を使えば、あまり費用をかけずにキャリアを選択できます。SIMフリー端末なら、海外旅行中に現地のSIMを使って、通信費を安く済ませられるのも魅力です。最近はSIMロック解除のiPhoneも注目されています。

しかしこれまで、勧められるままに端末を購入していた人には、「SIMとは何か」「SIMフリーのメリットは何か」をよく知らない人もいるでしょう。

そこで、まずSIMの基本的特徴を解説し、SIMフリーiPhoneの登場や、利用のメリット・デメリットについて解説します。

SIMとは

SIM(SIMカード)とは、「Subscriber Identity Module Card」の略です。簡単にいえば、通話やデータ通信に必要なICチップをさします。SIMには、端末の電話番号や、契約者情報が記録されています。

これまで、SIMは、購入段階で契約したキャリアしか使用できませんでした。これがいわゆる、SIMロックと呼ばれる状態です。端末に制限がかかっています。

最近はこのSIMロックを解除できる端末が増えています。また、iPhoneもSIMロック解除できるものが出てきました。SIMロック解除の端末は、SIMフリー版(SIMフリー端末)と呼ばれ、どのキャリアのSIMも自由に使えます。

SIMフリー版のiPhoneは、転売防止のために一時は販売停止されたものの、今では販売が再開されており、AppleStoreから購入できます。

SIMフリーiPhone登場の背景

それでは、SIMフリー版のiPhoneはなぜ登場したのでしょうか?その背景について簡単に解説します。

大手携帯キャリアによるSIMロック

そもそもSIMロックとは、ドコモ、ソフトバンク、auの大手携帯キャリア3社が、自社の契約者を他のキャリアに流出させないために設定したものです。

3社は、iPhoneの本体価格を大幅に下げる代わりに、ユーザーと2年契約を結び、顧客を長期に渡って確保していました。これに対し、SIMフリー端末は契約から2年以内でもキャリアを乗り換えられるため、顧客流出につながります。顧客流出を防ぐために考案されたのが、SIMロックでした。

SIMロックされた端末を「キャリア版」と呼ぶのはこのためです。

SIMロック解除が義務化

先述のように、2015年5月以降のiPhoneは「SIMロックを解除した状態で販売すること」が総務省によって義務化されています。その背景には、格安SIM業者の「MVNO」を通信業界に参入しやすくする目的があるとされています。

MVNOは「Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)」の略で、携帯電話の通信インフラを他社から借りて、格安でユーザーに提供している事業者のことです。

MVNOが販売しているSIM(格安SIM)を挿入した端末は、大手携帯キャリアのSIMと比べて低価格でかつ契約の縛りも少ないため、安くiPhoneを利用したい人にとっては非常に便利です。

政府は通信費が高額となっている業界の活性化とともに、2020年の東京オリンピック開催によって海外からの観光客が増えることを見越し、安く使えるMVNOの活性化を急いでいます。このため、SIMロック解除の義務化へ踏み切ったといわれています。

SIMフリーiPhoneのメリット

SIMフリーiPhoneの背景について解説したので、続いてSIMフリーiPhoneを利用するメリットとデメリットを見ていきましょう。まずは、メリットについてです。

格安SIM

SIMフリーにすることで、MVNO提供の格安SIMを利用できます。

大手携帯キャリアの利用料は、月額数千円はかかりますが、MVNOで月額1,600円程度の利用料に抑えることも可能です。

無料通話やパケット量の選択もでき、毎月の利用状況によって最適なプランを選択できるのは魅力です。

海外SIMカードの簡単利用

SIMフリー版ならば、海外に行く際、現地でSIMカードを購入・レンタルしてすぐに利用できます。

空港でのSIM販売も、増えており、現地の回線で快適に通話やデータ通信ができます。キャリア版でも、海外データ通信サービスは提供されていますが、現地でSIMカードを購入・レンタルした方が割安です。

売却が高額

SIMフリー版iPhoneは、どのキャリアでも使用できる優位性からキャリア版よりやや高額で売却可能な点もメリットです。端末を頻繁に買い換える人は、使わなくなった端末を高く売れます。買取価格が、約5,000円違うこともあるほどです。

SIMフリーiPhoneのデメリット

続いて、デメリットについて解説します。

購入時の割引なし

大手携帯キャリアは、通話やデータ定額プランに加入してもらう代わりに、端末の値段を割引いています。SIMフリー版iPhoneでは、この割引を受けられません。

たとえば、Apple Storeから端末を購入する場合、大手携帯キャリア実施の「実質0円」のような契約はできません。SIMフリー版を手に入れるには、端末購入料金がかかります。

手数料なし分割払いが困難

キャリア版のiPhoneは、実質0円でなくとも、利息を抑えて分割で払えることが多いです。そのため、まとまったお金がなくてもその場で端末を手にできます。

しかし、SIMフリー版を購入する場合、利息なしの分割ではなくローンとして扱われます。キャンペーンによっては、無利息でローンを組めるケースもあるようですが、基本的に一括で購入するか、手数料が発生するローンで購入するか、しかありません。

キャリアの動作保証なし

大手携帯キャリアは、SIMフリー版iPhoneについて動作の保証を明言していません。

キャリア版のiPhoneは、初期設定やトラブルの際にサポートを利用できます。一方、SIMフリー版はMVNOの選択や手続きを自分でやる必要があり、トラブルの対処も基本的に自分でやらなければなりません。

SIMフリー版は、iOS大型アップデートによる不具合が報告されているほか、通信速度が遅くなるなどの支障をきたすことがあるといわれています。大手携帯キャリアの回線を使えても、パケット定額を外れて高額な請求が届く場合もあります。

iOS12最新アップデート情報まとめ | 新機能や対応機種、リリース時期【iPhone・iPad】 | ボクシルマガジン
iOS12最新アップデートは、iOS11後継となるiPhone/iPad向けにリリースされるメジャーアップデートだ...