SIMフリーiPhoneとは | ロック解除方法・メリット - 大手キャリアは保証・割引なし?

キャリア端末に比べ格安で利用でき、注目されているSIMフリー版iPhoneについて「そもそもSIMとは何か?」といった基本的なところから丁寧に解説します。自分でSIMロックを解除する方法についても解説します。iPhoneユーザーは、特に参考にしてください。

SIMフリーiPhoneとは | ロック解除方法・メリット - 大手キャリアは保証・割引なし?

そもそもSIMとは

SIM(SIMカード)とは、「Subscriber Identity Module Card」の略です。簡単にいえば、通話やデータ通信に必要なICチップのことを指します。SIMには端末の電話番号や、契約者情報が記録されています。

これまで、SIMは購入段階で契約したキャリアのものしか使用できませんでした。これがいわゆるSIMロックと呼ばれる状態です。

SIMフリーiPhoneとは

最近は上記のSIMロックを解除できるスマートフォン端末が増えています。また、iPhoneでもSIMロック解除できるものが出てきました。そのiPhoneをSIMフリーiPhoneと呼んでいます。

SIMロック解除の端末はSIMフリー版(SIMフリー端末)と呼ばれ、どのキャリアのSIMも自由に使えます。

SIMフリー版のiPhoneは転売防止のために一時は販売停止されたものの、今では販売が再開されており、AppleStoreから購入できます。

SIMフリーiPhone 登場の背景

SIMフリー版のiPhoneはなぜ登場したのでしょうか?その背景について簡単に解説します。

大手携帯キャリアによる顧客流出防止策

そもそもSIMロックとは、ドコモ、ソフトバンク、auの大手携帯キャリア3社が自社の契約者を他のキャリアに流出させないために設定したものです。

3社は、iPhoneの本体価格を大幅に下げる代わりにユーザーと2年契約を結び、顧客を長期に渡って確保していました。

SIMフリー端末は契約から2年以内でもキャリアを乗り換えられるため、顧客流出につながります。顧客流出を防ぐために考案されたのがSIMロックでした。SIMロックされた端末を「キャリア版」と呼ぶのはこのためです。

SIMロック解除が義務化

2015年5月以降のiPhoneは「SIMロックを解除した状態で販売すること」が総務省によって義務化されました。その背景には、格安SIM業者の「MVNO(Mobile Virtual Network Operator = 仮想移動体通信事業者)」を通信業界に参入しやすくする目的があるとされています。

MVNOとは携帯電話の通信インフラを他社から借りて、格安でユーザーに提供している事業者のことです。

MVNOが販売しているSIM(格安SIM)を挿入した端末は、大手携帯キャリアのSIMと比べて低価格でかつ契約の縛りも少なく、安くiPhoneを利用したい人にとって非常に便利です。

政府は通信費が高額となっている業界の活性化とともに、2020年の東京オリンピック開催によって海外からの観光客が増えることを見越し、安く使えるMVNOの活性化を急いでいます。このため、SIMロック解除の義務化へ踏み切ったともいわれています。

SIMロック解除の方法

それでは、端末のSIMロック解除について具体的な方法や条件を解説します。

店頭で約3,000円ほどの手数料を支払えばロックは解除してもらえます。大手携帯キャリアのウェブサイトから自分で解除可能です。まずは、自分のiPhoneがSIMロックされているか調べましょう。

SIMロック解除の確認方法

SIMロックの確認方法について最も確実なのは、契約しているキャリアのショップに出向くことです。

自分で解除されているか見分ける方法もあります。他キャリアのSIMカードを挿入して、iPhoneの情報画面にキャリア名が表示されていれば、SIMロックは解除されています。他のキャリアのSIMカードがある場合は簡単に確認できるので、ぜひ試してみましょう。

SIMロック解除の条件

キャリア別のSIMロック解除の条件について解説します。2015年5月以降に発売された端末で、かつ購入から一定期間経過しているならば、各キャリアでSIMロック解除をできます。

auの場合

auの場合、SIMフリー対応端末の購入日から100日が経過していればロック解除が可能です。

また、代金一括払いで端末自体の支払いが終了していればすぐに解除できます。分割払いが終わっていなかったり、購入サポートが適用されたりしている場合は、端末の購入から100日経過しなければSIMロックを解除できないので注意が必要です。

ドコモの場合

ドコモの場合、代金一括払いなら購入してすぐにSIMロックの解除が可能です。分割払いでも精算がすべて終わっていれば即日解除できます。

分割払いが終わっていなければ、端末の購入から100日以内は解除できず、101日目以降から解除できるようになります。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクでも一括払いで端末を購入している場合や分割支払いが完了している場合は、支払いを確認でき次第、すぐにSIMロックを解除できます。

分割払いの精算が終わっていなければ、他のキャリア同様、端末購入日から100日以内は解除できません。101日目以降に解除が可能になります。

もしソフトバンクを解約している場合、解約後90日以内ならばSIMロック解除できますが、ソフトバンクショップにしか依頼できません。