iPhone画面録画とキャプチャの音声設定 | 動画撮影機能の使い方・XSの性能まで

公開日:

iOS11以降で、静止画だけでなく動画キャプチャが可能に。iPhoneや、MacとWindowsを使った画面録画の方法、通知音や環境音などの内部・外部の音の録音設定も紹介します。また、一般的なビデオ撮影の方法から、iPhone XSの優れたビデオ撮影性能についても紹介します。

iPhone画面録画とキャプチャの音声設定 | 動画撮影機能の使い方・XSの性能まで

実は、iPhoneはiOS11以降の機能で、静止画ではなく画面キャプチャを保存できる画面録画という機能が搭載されるようになりました。

画面録画機能の使い方、その際の音声の録画設定を詳しく解説します。

また、iPhoneでの基本的な動画撮影方法や、先日発売された最新iPhone、XSの動画性能がいかに優れているかなども解説していきます。

iPhoneの画面を録画する方法

iPhone本体画面録画

iPhoneの画面録画はスクリーンショット機能を使って撮影できます。まずは以下の準備ができているか確認しましょう。

  • iOS11以上にアップデート
  • コントロールセンターに「画面収録」を追加

iPhoneで「設定」>「コントロールセンター」>「コントロールをカスタマイズ」と開きましょう。「コントロールを追加」の中から、「画面収録」を追加してください。

実際に録画をするときには、「コントロールセンター」から録画のボタンを押して開始しましょう。再度押すと停止し、録画が完了します。

また、撮影した動画はデフォルトで内蔵されている「写真」アプリから編集できます。

Macを使って画面録画する方法

MacのQuickTime Playerを使って、iPhoneの画面録画が可能です。

QuickTime Playerを使って画面録画する場合は、以下のように操作します。

  1. iPhoneをLightningケーブルでMacと接続
  2. MacでQuickTime Playerを起動
  3. 「ファイル」>「新規ムービー収録」を選択
  4. カメラをiPhoneに切り替え
  5. 「録画」をクリックして開始

3. 「ファイル」>「新規ムービー収録」を選択

4. カメラをiPhoneに切り替え

QuickTime Playerを使って撮影した動画はMacに保存されます。iPhoneに動画を残したい場合は、以下の方法で転送してください。

MacからiPhoneに動画転送する方法

MacのQuickTime Playerを使って撮影した動画をiPhoneに転送するにはいくつかの方法があります。その中でも最も手軽にできるAirDropを使う方法を解説します。

AirDropを使って動画を転送するには、次のような流れで行います。

  1. MacでFinderを開き、「AirDrop」を選択
  2. iPhoneで「設定」>「一般」>「AirDrop」と開き、「すべての人」を選択
  3. MacのFinderでiPhoneに転送したい動画をiPhoneのアイコンにドラッグ&ドロップ

2. iPhoneで「設定」>「一般」>「AirDrop」と開き、「すべての人」を選択

Windowsを使って画面録画する方法

iPhoneの画面録画は、実はMacだけでなくWindowsでも撮影できます。Macとの違いは、ミラーリング用のソフトが必要になることですが、それほど難しいものではありません。

LonelyScreenを使う方法を紹介していきます。

1.AirPlay Receiver on Windows and OSXからツールを入手して起動
2.録画するiPhoneとPCを同じWi-Fiネットワークに接続
3.iPhoneでAirPlayを起動
4.録画ボタンを押して録画

WindowsからiPhoneに動画を転送する方法

Windows PCで撮影した動画はPCに保存されるので、必要に応じてiPhoneに転送しましょう。転送するにはiTunesを使います。

  1. PCでiTunesを起動
  2. 撮影した動画をドラッグ&ドロップでiTunesに追加
  3. iPhoneをLightningケーブルでPCに接続
  4. 「ムービー」タブから転送したい動画を選択して同期を実行

画面録画中の音声設定・操作

画面録画中に音声が入ると困ることもありますよね。

一方で、操作音や音量を適切に設定することも、思い通りの動画を撮影するためには欠かせません。

外部の音声

iPhone本体の音声のみを録画するときは、コントロールセンターから画面収録のボタンを長押ししましょう。この操作により、マイクオーディオのONとOFFを切り替えられます。

OFFにすることで外部の音声は録音されません。自動でONにはならないので、終わったら手動でONにすることを忘れないようにしましょう。

スマートフォン内部の音声

録画をするうえでは、スマホ内部の音声は録音したくないことも多いのですよね。

マナーモードをオンにすると、着信音などの内部の音は録音されなくなります。

マナーモードではなく音量をゼロにした場合は、録音されてしまうので注意しましょう。

通知音や操作音

おやすみモード内の通知設定を「常に通知を表示しない」にしても、スマホの通知音や操作音はビデオ録画で録音されなくなります。

おやすみモードの詳しい設定方法などについては、以下の記事を参考にしてみてください。

iPhone「おやすみモード」設定・活用方法 | 使い方・手順・注意点を徹底解説 | ボクシルマガジン
通知音やアラーム音を鳴らしたくない場合、おやすみモードの設定をおすすめします。おやすみモードの設定方法やオン/オフ...

録画音量の調節

音量の調整は、iPhone本体に搭載されている音量ボタンで可能です。音楽を聞いているときのように、自身で設定しましょう。

iPhoneでビデオを撮影する方法

次にiPhoneに標準搭載されているビデオ撮影の方法や、ビデオ撮影モードでできることなど、詳しい使い方を解説していきます。

iPhoneでビデオを撮影する方法

  1. 「カメラ」アプリを起動する
  2. 下のスライドを「ビデオ」にする
  3. 赤い撮影ボタンを押して撮影を開始する
  4. 撮影ボタンを再度押して撮影を終了する

撮影したビデオは「写真」アプリで確認できます。

音量ボタンでもビデオを撮影できる

iPhone側面にある音量ボタンは、シャッターボタンの代わりになります。+(プラス)を押すと撮影開始し、-(マイナス)を押せば撮影が終了します。

ビデオ撮影モードでできること

iPhoneのビデオ撮影では標準アプリとは思えないほど機能が充実しています。

ズーム機能

撮影中にスライダを左右に動かすことで自由にズームインやズームアウトができます。

アウト/インカメラ切り替え

右下のカメラアイコンをクリックすることで、アウトカメラとインカメラを自由に切り替えられます。

フラッシュ切替

左上の雷のようなアイコンをクリックすると、暗いところで役立つフラッシュの設定が出てきます。「自動」「オン」「オフ」の3つに切り替えられるので、適宜選択しましょう。