iPhoneに音楽を入れる方法 | iTunesを利用する・しないパターン別解説 - 削除はどうする?

iPhone端末に音楽ファイルを取り入れる方法について解説します。iTunesや専用のアプリを用いた方法など、iTunesを使わずにだれでも簡単にできる方法を説明するので、iPhoneユーザーの方はぜひ参考にしてください。

iPhoneに音楽を入れる方法 | iTunesを利用する・しないパターン別解説 - 削除はどうする?

iPhoneに音楽を入れて、いつでも聞けるようにしたいと思っている方は多いはずです。しかし意外にも多くのiPhoneユーザーが音楽ファイルを端末に取り入れる方法について知らないようです。

本記事ではiPhoneに音楽を入れる方法について、iTunesを用いて音楽を入れる方法と用いずに入れる方法の2つを解説し、つい音楽ファイルを入れすぎてしまった場合の削除方法も説明します。

パソコンからiPhoneに音楽を入れる方法

まず、CDの楽曲と音楽ファイル(mp3/AAC/WMAなど)をiPhoneに入れる方法を、それぞれ解説していきます。

CDからiPhoneへの音楽の入れ方

まず、CDをiTunesにインポートするには必ず光学ドライブが必要となります。光学ドライブが付属していないパソコンの場合は、外付けの光学ドライブなどを別途用意してください。

光学ドライブ

そのうえでiTuneを起動しCDをドライブに挿入。自動で楽曲のデータが表示され、iTunesに取り込むかどうか確認するダイアログが表示されます。

インターネットに接続していれば自動的にアルバム名や曲名などが表示されるので、問題なければ「はい」を選択すればすぐに取り込めます。

もし取り込み確認のダイアログが表示されなければ、画面右側の「読み込み」から取り込みを行ってください。取り込みが完了したらCDを取り出し、曲をiPhoneに転送します。

準備が完了したら、USBケーブルでiPhoneと接続し「ミュージック」を選択してください。「音楽を同期」の画面が表示されるのでチェックをいれて「適用」または「同期」を選択。これで楽曲がiPhoneに転送されます。

音楽ファイルをiPhoneに入れる方法

iTunesを利用してパソコン内の作成済み音楽ファイル(mp3/AAC/WMAなど)をiPhoneに入れるには、iTunesの「ファイル」から「ライブラリに追加」を選択し、iPhoneにインポートします。

「ファイル」→「ライブラリに追加」と選択し、音楽ファイルやフォルダを右クリックし「開く」を選択。フォルダを選択した場合は、その中のすべてのファイルがライブラリに追加されます。

また、iTunesのウィンドウに複数の音楽ファイルを直接ドラッグ&ドロップで取り込めます。

厳密には、それぞれの音楽ファイルがコピーされてiTunesのフォルダに取り込まれ、元のファイルはパソコン内にそのまま残ります。万が一取り込んだファイルを削除してしまっても、元のファイルに影響はありません。

iTunesで音楽を購入する方法

CD音源がなく、パソコン内に音楽ファイルもない場合はiTunes Storeから楽曲を購入する方法が早いです。iPhoneからもパソコンからも手軽に利用できますが、購入の際には「Apple ID(iTunes アカウント)」が必要となります。

詳しい購入手順とやり方

以下のプロセスにしたがって手に入れたい楽曲を購入してください。

購入したい楽曲を選択

まずiTunes Storeのアプリを起動します。はじめに「おすすめ」の楽曲が表示され、右側の「ランキング」をタップすると多くのユーザーに購入されている楽曲がランキング形式で表示されます。

それから左上部にある「ジャンル」を選択するとJ-POPやR&B、クラシックなどのジャンルの絞りこみを行えます。

また、画面下部の「検索」をタップすると検索窓が表示され、気になるキーワードの検索も可能。検索窓の下には最近のトレンドワードが表示されるので、こちらも参考にしてください。

楽曲をダウンロード購入

購入したい楽曲やアルバムの金額表示部分をタップすると、曲やアルバムのタイトルとアカウント、価格がポップアップで表示されます。実際に購入する場合は「支払い」をタップしてください。

サインイン画面が表示されるので、Apple IDのパスワードを入力し「サインイン」をタップすると楽曲をダウンロード購入できます。