iPhoneの再起動と強制再起動の方法・やり方 | 解決しない場合の対処法も【11/X/8/iPad/iPod touch】

最終更新日: 公開日:
iPhoneを使っていると動作が不安定になったり、フリーズしてしまったりすることがあります。このときに有効な対応策は「iPhoneの再起動」です。しかし、再起動ができないときに使う強制再起動などの方法もあります。それぞれの手順を解説していきます。
iPhoneの再起動と強制再起動の方法・やり方 | 解決しない場合の対処法も【11/X/8/iPad/iPod touch】

iPhoneを使っていて、フリーズしたり、動作が不安定になったりしたことはありませんか?

通信が不安定な場合は機内モードへ切り替えれば直ることもありますが、こうしたケースで有効なのが「iPhoneの再起動」です。パソコンの調子が悪かったり、フリーズしたりする場合は再起動で直ることが多いですが、iPhoneも同じで、再起動することによって不具合が解消されるケースが多いです。

そこで、フリーズや動作が不安定になった場合に、どのように再起動すればいいのかを具体的に説明していきます。

iPhoneの再起動

iPhoneの再起動の方法は、最新機種であるiPhone11を含むiPhone X以降の端末とiPhone 8以前で少し違います。それぞれを解説していきます。

iPhone XまたはiPhone 11の再起動方法

iPhone XおよびiPhone 11の場合は、以下のような流れで再起動を行います。

  1. サイドボタン(スリープ/スリープ解除ボタン)と音量ボタン(上側または下側)を同時にスライダが表示されるまで押し続けます。
  2. スライダをドラッグして端末の電源を完全に切ります。
  3. サイドボタンをAppleロゴが表示されるまで押し続けます。

iPhone 8以前/iPad/iPod touchを再起動

iPhone 8やiPadなどの場合は、以下のような方法で再起動を行います。

  1. 上部のボタン(またはサイドボタン)をスライダが表示されるまで押し続けます。
  2. スライダをドラッグしてデバイスの電源を完全に切ります。
  3. デバイスの電源が切れたら、上部のボタン(またはサイドボタン)を再び、今度はAppleロゴが表示されるまで押し続けます。

iPhone 8以前/iPad/iPod touchにて電源オフのスライダを表示 1. 上部のボタン(またはサイドボタン)をスライダが表示されるまで押し続けます。

iPhone 8以前/iPad/iPod touchにてスライダで電源をオフ 2. スライダをドラッグしてデバイスの電源を完全に切ります。

iPhoneを強制再起動する方法

フリーズして通常の方法でiPhoneを再起動できないケースに陥った人や、ホームボタンがまったく操作を受け付けない、あるいは端末がフリーズしてしまって何の操作もできないといった場合はどうでしょうか。

こういった場合の最終手段として「強制再起動」という方法があります。ただし強制再起動を行うと、以下のような2点の弊害があるので注意しましょう。

  • 開いていたファイルなどは閉じられず、データも保存されない
  • ファイルやOSが壊れて、復元が必要になる場合がある

iPhone11/iPhone X/iPhone 8を強制再起動

まず、iPhone11やiPhone X、iPhone 8を強制再起動する方法を見ていきましょう。

  1. 音量を上げるボタンを押してすぐ放す
  2. 音量を下げるボタンを押してすぐ放す
  3. サイドボタン(従来のスリープ/スリープ解除ボタン・電源ボタン)を電源が切れるまで長押しする
  4. Appleのロゴが表示されたらボタンを放す

iPhone 7以前のiPhoneを強制的に再起動する方法

次にiPhone 7や、それ以前のiPhoneを強制再起動する方法を見ていきましょう。強制再起動の方法は、iPhone 7とそれより前の機種で若干異なります。

iPhone 6s/6s Plus/SE ホームボタンとサイドボタン(電源ボタン)を同時に、Appleロゴが表示されるまで長押し
iPhone 7/7 Plus 音量ボタン(ダウン)とサイドボタン(電源ボタン)を同時に、Appleロゴが表示されるまで長押し