機内モードとは | Wi-Fiは使える?海外・国内でも役立つ活用方法ベスト7

最終更新日: 公開日:
機内モードを単に電波を遮断する機能だと思っている方も多いようですが、バッテリー消費を抑えたり、Wi-Fiだけ使えるようにしたりなど、意外な使い方やメリットもあります。その活用方法をまとめ、概要やメリットなどと一緒に紹介していきます。
機内モードとは | Wi-Fiは使える?海外・国内でも役立つ活用方法ベスト7

機内モードとは

機内モードとは、データ通信を遮断するための機能で、飛行機の離着陸の際に周囲の重要な機器に悪影響を及ぼさないためのものです。電話回線やWi-Fi、GPS、そして機器によってはBluetoothなどの電波を遮断し、安全な飛行機の離着陸に寄与します。


また、最近ではNFC(Near Field Communication)と呼ばれるワンタッチで機器認証ができる近距離無線通信技術も機内モードで遮断できる点が注目されています。

「飛行機の中で使う機能だ」という印象があり、「なんとなくマナーモードに近い機能」という認識が多いようです。実際には、バッテリーや通信量の節約などに非常に役立つモードなので、活用方法を知っておきましょう。

機内モードでもWi-Fiは使える

機内モードは電波を遮断する機能のため、飛行機内でなくても電波を利用したサービスの利用ができなくなります。ただし機内モードにしてもWi-Fiの接続は可能で、たとえ飛行機内でも航空会社が許可している場合は、個別に有効にすれば自由に使えます。

機内モード中にWi-Fiを設定する方法

Wi-Fiを個別に有効化するには、まず「設定」から「Wi-Fi」を選択します。

機内モードが有効の場合、Wi-Fiはオフの状態になっていますが、下記の画像のように個別にオンにできます。

これで機内モードの状態で無線LANを利用できます。

機内モード、Wi-Fiにつないだら何ができる?【Q&A】

航空会社が許可している場合は使えるWi-Fi。Wi-Fiをつないだ場合、何ならやっても問題ないかを解説します。

通常の電話は発着信できますか?

通常の電話は契約している会社の回線を利用しているため、たとえWi-Fiがつながっていても発着信はできません。

SMSは送受信できますか?

SMSも電話と同様に契約している会社の回線を利用して送受信しているため、Wi-Fiがつながっているだけの状態では利用できません。

メールやInstagram、Youtubeなどその他アプリは使えますか?

機内モードでWi-Fiがつながってさえいればメールの送受信をはじめ、InstagramやYoutubeなどのアプリも問題なく利用可能です。

LINEの無料通話は使えますか?

機内モードでもWi-Fiがつながってさえいれば通常のメッセージのやり取りだけでなく、無料通話も可能です。

Skypeの無料通話は使えますか?

機内モードでもWi-Fiがつながってさえいれば、無料で通話が可能です。

Bluetoothも使える

Bluetoothも同じ要領で使えます。「設定」から「Bluetooth」を選択しましょう。

同じように機内モードではオフの状態になっているため、下記の画像のように個別にオンにすればOKです。

機内モードの活用方法ベスト7

それでは、機内モードは具体的にどんな場面で使えるのか、その7つの活用方法とメリットについて説明していきます。

海外での通信費用を抑えられる

機内モードは海外での通信費を抑えるのに有効です。通信料金のトラブルを回避するために、機内モードにして端末に余計な通信をさせないようにしましょう。

上述の方法でWi-Fiのみ利用できる状態にできますから、現地のフリーWi-Fiが有効な場所でのみ通信する、またはレンタルWi-Fiに接続するといった使い方をおすすめします。

最近のスマートフォンや携帯電話は、自動で海外基地局からの電波を利用できるようになっているため、設定をしなくてもネットに接続できます。

ただ、いわゆるキャリアの通信量定額制の契約適用外がほとんどのため、帰国してから通話や通信料金が非常に高くなってしまう可能性があります。

充電速度改善・バッテリー消費を抑える

機内モードでは余計な通信をしないことにより、充電速度が向上したりバッテリーの消費を抑えられたりします。特に災害時は充電切れになってしまい困ることも考えられるので、機内モードは非常に重要です。

また、余計な電波をキャッチしないので通常よりも素早く充電可能で、災害時やすぐに外出したいのに充電が足りない…という場面にもおすすめです。

通信状況の改善

電波がつながりにくいときに機内モードをオンオフすることで、通信が改善することがあります。

しっかりアンテナが立っている状態であっても、なんとなく通信状態が悪いと感じた経験のある人も多いでしょう。一度機内モードに設定してから戻してみると通信状況がスムーズになるケースがあります。

LINEの既読を付けずに読める

機内モードを利用してLINEに既読をつけずにメッセージを読む方法を覚えておきましょう。

まず、LINEが起動していないかを確認し、機内モードに設定します。

LINEを起動して既読状態にしたくない相手とのトーク画面を開き、メッセージを確認しましょう。

ただ、iPhoneの場合は機内モードをオフにした瞬間に既読がつくため、既読になってもいいタイミングで機内モードを解除するようにしましょう。

サッと通信をオフにする

会議や映画館、動画撮影時など、一瞬だけ通信をオフにしたいという場面は日常生活で意外に多いものです。

そういったときに機内モードにすればわざわざ電源を切らなくても、着信が鳴ったりバイブ音が響いたりすることはありません。電源オフに比べてすぐに設定できるので、映画や会議のはじまりなど時間がないときに有効です。

インスタグラムを使って画像編集も

インスタグラムを利用している方は、機内モードで画像を編集し、そのまま保存もできるので便利です。

やり方は簡単で、機内モードにして通信が行われないようにしてからインスタグラムを普通に起動し、そのまま画像の編集をするだけです。

画像を編集し終わり、シェアする場面になると「インターネット接続がありません」と表示され、続いて「接続状況が改善された時に~」という表示が出てきますから、あとは「×」印をタップして表示を消去すればOKです。

これで画像を投稿せずに編集でき、他の写真と一緒に保存できます。

【番外編】子供に持たせるときにも

子供に端末を持たせる際にも、余計な操作をしないように機内モードにしておくのが有効です。

インターネットにつながることはなくなるため、有害なサイトにアクセスしたり、誤って課金したりする可能性がなくなります。

ただし、スマホでネット検索をするような年齢の子供の場合は、機内モードの解除方法も知っていることが多いため、あくまでも興味本位で端末をいじってしまうような小さな子供のための対策と考えるのがよさそうです。

機内モードの設定方法

最後に、それぞれの端末の機内モードの設定方法について簡単にまとめておきます。機内モードの設定自体がわからないという方は、ぜひ参考にしてください。

iPhone

iPhone端末の場合は、まずホーム画面を下から上にスワイプするとコントロールセンターが開きますので、そこから飛行機のアイコンをタップすれば機内モードとなります。

「設定」から「機内モード」のオンオフも可能です。

Android

Android端末の場合、クイック設定ツールを使えば簡単に機内モードにできます。

ディスプレイの上から下に2回スワイプすることでクイック設定ツールが表示できますので、そこから飛行機のアイコン(下に機内モードの表示がある)をタップすればOKです。

または「設定」から「その他の設定」→「機内モード」でもオンオフが可能です。

PC

ノートパソコンでも機内モードの設定が可能です。ただし、パソコンの場合は設定に時間がかかる場合があるため、できれば搭乗する前に設定しておいた方がよいでしょう。

Windowsの場合

「設定」から「PCの設定変更」をクリックします。すると「PC設定」が表示されますから、ワイヤレスを選択して機内モードの切り替えを行ってください。

なお、Window8以降の場合は、「Fn」と「F2」キーの同時押しで機内モードの設定をショートカット可能です。

Macの場合

Mac環境の場合は「システム環境設定」の「ネットワーク」を選択し、Wi-FiとBluetoothを無効化します。これで他の端末の機内モードと同じ状態になります。

ガラケーの場合は?

いわゆる「ガラケー」の場合も機内モードに設定できる端末は多くありますが、機種によって設定方法が異なるため、お使いの「機種名+機内モード」で検索してみましょう。

機内モードを上手く活用しよう

機内モードの役割と設定方法、そして意外な使い方やメリットについて説明しました。長い間スマホを使っている人でも、機内モードが具体的にどういう機能なのか理解していないケースは少なくないようです。

単に余計な電波を遮断するだけではなく、バッテリーの消費を抑えたり、充電を加速したりなど、知っておくと便利な使い方ができるほか、LINEやインスタグラムでも活用できる便利なモードです。日ごろ飛行機に乗らない人でも、この機会に使い方を覚えて有効活用してみてください。

今さら聞けないiPhoneの使い方徹底解説【完全ガイド】

iPhoneの機種変更基本ガイド

iPhoneの最新機種・最新iOS徹底解説

iPhone便利機能の使い方

iPhone裏ワザ・テクニック・アクセサリーまとめ

※順次追加予定