iPhoneストレージの容量不足解消法10選 | 確認・削除するには

最終更新日: 公開日:
iPhone端末のストレージ容量不足を解消する方法について解説します。基本となる写真や動画やキャッシュの削除やクラウドサービスを利用した方法など詳しく説明します。日ごろスマホの容量不足に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。
iPhoneストレージの容量不足解消法10選 | 確認・削除するには

iPhoneのストレージ容量不足を解消するには

スマホの容量不足を解消するためには、まず端末のストレージ容量をどの程度使っているのかを確認する必要があります。

iPhoneにおける容量の確認方法、手順は次のとおりです。

iPhoneで確認する方法・手順

ホーム画面から「設定」→「一般」と進みます。

「情報」と進めば、本体の空き容量が確認できます。

iPhoneのストレージ容量が少なくなると起きること

端末のストレージが容量不足になると、アプリやOSのアップデートが不可能になったり、重要な写真やファイルの保存ができなくなったりします。

また、全体の動作も重くなり、場合によっては何度も再起動が生じるケースもあります。

そのため、安定した端末運用のためには、定期的にストレージを整理して容量不足を解消する必要があります。

iPhoneのストレージ容量不足を解消する

それでは、スマホのストレージ容量を解消する方法を紹介します。

iPhoneは、Androidと違ってSDカードを変えることで容量を増やすという方法が取れないため、端末内のデータを減らすか、外部のストレージサービスなどを利用します。

(1)キャッシュを削除する

もっとも基本的な方法は、端末で使用しているブラウザのキャッシュを削除することです。

キャッシュとは、SafariなどのWebブラウザを利用した際の履歴など、利用頻度が高いデータを一時的に保存しておくシステムをいいます。

このデータが溜まることでストレージ容量を圧迫しますから、定期的に削除する必要があります。

iPhone端末の場合は「設定」→「Safari」と進み「履歴とWebサイトデータを消去」をタップすればキャッシュを削除できます。

ちなみにAndroidの場合は「本体設定」→「ストレージ」→「キャッシュデータ」→「OK」でキャッシュが削除可能です。

(2)アプリのキャッシュを削除する

それぞれのアプリごとに保存されているキャッシュの削除ができます。

特にLINEやTwitterなどのSNSアプリやマップなど日常的に利用するものは、意外に多くのキャッシュが溜まっていますので、定期的に削除して容量を解放してあげましょう。iPhoneの場合は各アプリのキャッシュは「書籍とデータ」として表記されています。

アプリのキャッシュを削除するには、それぞれのアプリ内の設定から行ってください。

(3)アプリをもう一度インストール(再インストール)する

アプリによってはキャッシュする方法がないケースもあります。その場合は、一度アプリを端末から削除し、再度インストールすることで、溜まった分のキャッシュがクリアになります。

(4)使わないアプリはアンインストールする

スマホのアプリは非常にバリエーションが多く、いろいろなアプリをインストールしてしまいがちです。

しかし、たくさんのアプリをインストールするとストレージを圧迫してしまいます。すでに飽きてしまったり、長い間利用せずにいたりするアプリは、積極的に削除のをおすすめします。

特に、アプリは容量のみならずダウンロードしたデータやキャッシュが多いため、多くのストレージ容量を占めています。定期的にアプリの整理をして容量を解放してあげましょう。

iPhoneからは「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」と進み、削除したいアプリを選択します。

「Appを削除」をタップすれば当該アプリをアンインストールできます。

ちなみにAndroidの場合は「設定アプリ」→「アプリと通知」と進み、削除したいアプリを選択→「アンインストール」でOKです。

(5)写真・動画を整理整頓する

日ごろストックしている写真や動画の整理整頓も重要です。

スクリーンショットや連続で撮影した写真など、すでに必要なくなった写真や動画は積極的に削除するようにしましょう。もう必要ないものを整理整頓することで、手っ取り早くストレージ容量の確保が可能です。

削除が難しい場合でも、バックアップをとったり、以下で紹介するクラウドサービスを利用したりすることで、端末にストックしておく写真や動画の容量を減らせます。

(6)メッセージアプリの古いメッセージを削除

メッセージアプリのデータも、容量を圧迫する原因となることがあります。必要なメッセージだけ保存して、他は極力削除することをおすすめします。

「設定」から「メッセージ」を開き「メッセージの保存期間(あるいは「メッセージを残す」)」の項を確認しましょう。もし「無期限(あるいは消去しない)」になっていたら「30日間」や「1年」に設定しなおしましょう。

(7)余計なディスク使用量増加を防ぐ

iPhone端末では、余計なアプリなどを削除することでストレージ容量を減らすことも重要ですが、ますは余計な容量増加を防ぐ工夫も必要です。

特にiPhone6s以降の機種には「Live Photos」という機能があり、これは写真をとるときに前後の1.5秒が動画として保存される機能で、写真を1枚撮影するごとに動画が自動的についてきます。

必要なく取っているのであれば、オフにすることで無駄な容量の増加を防げます。

また、HDRという機能がオンになっている場合、加工された写真が通常の写真とは別に保存されます。そこでHDRのみを残すように設定することで、無駄な容量増加を防ぐことが可能になります。

「設定」→「カメラ」と進んで「通常の写真を残す」をオフに設定しましょう。

(8)「最近削除した項目」を削除する

写真を削除しても容量が減らない場合、「最近削除した項目」内のデータが削除されていない可能性があります。写真のデータは削除して30日経過すると、自動で端末内から完全に削除されますが手動での削除も可能なので定期的に削除しておきましょう。

「写真」アプリをタップし、下にある「アルバム」タブを選択してください。

「最近削除した項目」を選択し「選択」→「すべて削除」すればOKです。

(9)音楽データを調整する

聞く頻度が低い音楽データはiPhone上には残さないことで容量を確保できますが、アップルが提供しているクラウドサービスである「iTunes Match」を利用する方法もあります。

これによってミュージックのライブラリがiTunes Matchのライブラリに置かれるため、iCloudからストリーミング再生というかたちで音楽を聴けます。楽曲をダウンロードするとデバイスに保存されるため容量を消費しますが、こういった方法にすれば容量を節約しながら音楽を楽しめます。

(10)外部クラウドサービスを利用する

最後にクラウドサービスを利用することで必要なデータを外部に保存する方法を紹介します。クラウドサービスの利用で余計な端末容量を使わずに済み、日常的に使わないものは端末から削除可能になります。

基本的に無料で利用できるサービスを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Googleドライブ

Googleドライブは、Googleが提供するオンラインストレージサービスで、Googleのアカウントさえあれば、だれでも15GBまで写真や文書ファイル、音楽、動画など、さまざまなデータを保管できます。スマホはもちろん、タブレットやPCのどれからでも自由にアクセスできるため、いつでも必要なときに必要なデータを使用でき便利です。

Googleフォト

Googleフォトは、Google が提供しているフォト ギャラリーです。Googleアカウントがあれば、だれでも撮影した写真や動画の保存や整理ができ、フォルダやタグ付けなども自由自在です。ファイルは自動的にバックアップされますから、目的のファイルの共有も簡単にできます。写真であれば容量無制限で保存可能です。

Dropbox

Dropboxは、あらゆる作業や作品、成果に関するデータを1か所にまとめることをコンセプトに開発されたクラウドストレージサービスです。スマホやPCから自由にアクセスでき、大容量のデータをスムーズに共有できるのが特徴です。

無料で使えるのは2GBまでですが、Dropboxを知り合いに紹介すると容量を増やせます。1紹介あたり500MBで、最大32名(合計16GB)まで利用可能です。有料プランも個人向けとグループ向けで4種類があり、どれもリーズナブルな料金でストレージサービスを利用できます。

iCloudフォトライブラリ

iCloudフォトライブラリは、iPhoneユーザーにおすすめのクラウド写真ライブラリです。無料で5GBまで利用できます。容量を追加する場合は、50GBが130円/月、200GBが40円0/月、2TBまでが1,300円/月となっています。iCloudへのサインインだけで利用可能です。

Amazonプライムフォト

Amazonプライムフォトは、Amazonプライム会員用の写真ストレージサービスで、プライム会員なら無制限で写真をストックできます。スマホから自動で保存・アップロード可能です。プライム会員なら、ぜひ利用してみましょう。

快適にスマホを利用しよう

スマホのストレージ容量不足を解消する方法について説明しました。スマホの容量を確保することで、頻繁に表示される容量不足のアラートや動作の重さから解放されます。

特に日ごろさまざまデータを端末にストックする傾向にある人は、知らず知らずのうちにストレージを圧迫し、それが原因で動作が重くなっている可能性があります。快適にスマホを利用するために、本記事で説明したような容量不足の解消策、防止策を試してみてください。

待たずに買える!最新iPhoneを公式オンラインショップで購入する方法

「新しいiPhoneが欲しいけど、並ぶのは嫌だし、お店まで行く時間もない…」と悩むアナタは、公式オンラインショップでの購入がオススメです。

キャリアが運営するオンラインショップなので、偽物や不具合のあるiPhoneを購入する危険性もありません。

docomoオンラインショップ

docomoオンラインショップは、店頭で必要な契約時の事務手数料が無料とお得に購入できます。

また「質問したいけど、コールセンターにつながるまで待たされるのが嫌だな…」という人向けにチャットで相談できるサービスも用意されています。いつでも気軽に相談できます。

さらに購入時にはdポイントを1ポイント=1円で利用して、端末やオプション品の購入ができます。

\最新iPhoneを買ってdポイントを1%溜める/

auオンラインショップ


auオンラインショップは、2,500円以上の購入で送料無料です。さらに最短で購入の翌日には届きます。

「急に壊れてしまったけど店に行く時間はない・・」と急ぎの人にはピッタリです。

他にも、auユーザー限定の「三太郎の日」や「auスマートパス」でお得に買物もできます。

\三太郎の日&auスマートパスでお得に使える/

Softbankオンラインショップ


Softbankオンラインショップでは、Tポイントを使ってiPhoneを購入できます。

さらに、ヤフーショッピングでのポイントがいつでも10倍です。お得にネットショッピングできます。

\ヤフーショッピングのポイントがいつでも10倍/

月600円~!お得にiPhoneが使えるLINEモバイル

「iPhoneは使いたいけど、端末料金や月々の使用料は抑えたい」

というアナタは、格安SIMサービスがおすすめです。わずか月600円~で利用できるので、日々の固定費削減にもつながります。

LINEモバイル

LINEモバイルは、電話を使用しないなら月600円~、電話を使っても月1,100円~利用できるサービスとなります。

数年前に販売されたiPhone7は、29,800円〜から購入可能です。最新のiPhoneを持っている場合は、LINEモバイルのSIMカードに差し替えるだけで利用できます。

\月600円~でiphoneを使える/

iphoneを保険で守る!年間最大10万円まで修理費用が補償される!(1契約で3台まで)

モバイル保険は、端末の修理費用が最大10万円まで補償されるスマホやタブレット用保険です。

月々700円の保険料で1契約で3台まで補償され、修理時に負担金(免責金)は0円となります。

iphone用の「AppleCare+」の場合、修理時にサービス利用料で数万円請求されたり、利用上限回数が決まっていますが、モバイル保険は無制限で利用できる点もメリットです。

今さら聞けないiPhoneの使い方徹底解説【完全ガイド】

iPhoneの機種変更基本ガイド

iPhoneの最新機種・最新iOS徹底解説

iPhone便利機能の使い方

iPhone裏ワザ・テクニック・アクセサリーまとめ

※順次追加予定