iPhoneの動作が重い!対応策12選 - メモリ解放・見直すべきアプリと設定【スマホ】

最終更新日: 公開日:
新品で購入したiPhoneも次第に動作が重くなり、「なぜか重い」という経験はないでしょうか。原因はさまざまですが、メモリ解放やアプリ・iOSの設定を見直すことで改善が期待できます。再起動や初期化、キャッシュの削除など、効果的な対応策について詳しく解説します。
iPhoneの動作が重い!対応策12選 - メモリ解放・見直すべきアプリと設定【スマホ】

iPhoneが重くなる原因

新品のiPhoneを買ってしばらく使っていると、iPhoneの動作が重くなってしまい困った…iPhoneユーザーの方なら、一度はこのような経験があるのではないでしょうか。

iPhoneの動作が重くなる原因はさまざまですが、多くの場合、次のような理由が挙げられます。

  • iOSのアップデート
  • キャッシュ
  • アプリの利用

これらが単独、もしくは複合的に影響している場合もあり、正確な原因の特定は困難です。したがってiPhoneの動作が重いな…と感じた場合には、複数の方法を試してみるのが有効な手段です。

iPhoneの動作が重くなってきたと感じた方が、iPhoneの動作を改善するために試すべき、いくつかの方法を解説します。

iPhoneが重いときの対応策(アプリ編)

iPhoneが重くなる原因のひとつが、アプリを起動させすぎているということです。アプリを終了させる、再インストールするといった対策を取ると、動作が重いiPhoneを改善できる場合があります。

(1)アプリを完全終了させる

まず、使っていないアプリは完全に終了させましょう。

起動されたアプリはメモリ上に作業領域を確保するので、多くのアプリを起動しているとメモリが不足してしまい、動きが遅くなってしまいます。

アプリを完全終了させるには、いずれかの方法で行えます。

  • iPhone11/iPhone Xの場合(ホームボタンがない機種)
1.画面下から上方向にスワイプして途中で指を離す
2.左右にスワイプして終了したいアプリを表示させる
3.該当するアプリを上にスワイプ
  • iPhone8以前の機種(ホームボタンのある機種)
1.iPhoneのホームボタンを素早く二度押しする
2.終了させるアプリ画面を下から上にスワイプ

特に、SafariやChromeといったWebブラウザのアプリはメモリ消費量が大きいので、使っていないアプリは終了させましょう。

(2)メモリを解放させる

次に試したいのが、メモリを解放することです。一度にiPhoneのメモリ解放を行うアプリはAppStoreに多数リリースされていますが、公式のアプリではないため、まずはiPhoneの機能でメモリを解放してみるようにしましょう。

次の動作を行って再びホーム画面が表示されれば、メモリ全体が解放されます。

1. ホーム画面で電源ボタンを長押し
2. 「スライドで電源オフ」の画面が表示されたら、ホームボタンを押し続ける

ただし、最新機種であるiPhone11を含むiPhone X以降の機種はホームボタンがありません。そのため、まず仮想ホームボタンを表示させる必要があります。次の手順にしたがって仮想ホームボタンを設置してメモリの解放を行いましょう。

1.設定メニューの一般から「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」をオン
2.カスタムアクションのいずれかに「メニューを開く」を設定する
3.設定メニューの一般から「システム終了」を開く
4.「スライドで電源オフ」の画面で仮想ボタンからカスタムメニューを表示
5.「ホーム」ボタンを長押しする

メモリを解放すると作業途中のアプリも終了してしまうため、事前に保存しておくようにしましょう。

(3)アプリを再インストールする

TwitterやFacebookなどクラウド上にデータが保存されているアプリは、キャッシュのデータが大きくなりすぎてしまい、iPhoneの動作を重くしている場合があります。その場合は、アプリを再インストールしてみると、動作が軽快になる場合があります。アプリの再インストール方法は次のとおりです。

1. ホームボタンでアプリのアイコンを長押し
2.「Appを並べ替える」のメニューをタップ
3. アイコンの右上に表示される「×」をタップ
4.削除確認のメッセージが出るので「削除」をタップ
5. AppStoreで再度アプリをインストール

上記の動作を行うとアプリを再インストールできます。iOS13まではアプリを長押しして「×」マークをタップするだけでOKでしたが、iOS13から「Appを並べ替える」をタップする操作が増えています。

アプリを削除する場合、LINEなどバックアップを取っていないとデータが消えてしまうものがあるので注意しましょう。

iPhoneが重いときの対応策(設定編)

前述したアプリでの対応策以外にも、設定を見直すことでiPhoneの動きが改善される場合があります。

(4)キャッシュのクリア

Safariの場合

Safariの場合、ブラウザはCookieやキャッシュ、閲覧履歴が蓄積され負担をかけてしまっている場合があります。次の方法でキャッシュを削除すると動作が改善する場合があります。

1. 「設定」アプリからSafariを選ぶ
2.「履歴とウェブサイトデータを消去」をタップ

これでSafariのキャッシュを削除できます。

LINEアプリの場合

LINEアプリもキャッシュデータが溜まりやすいので、定期的にキャッシュをクリアすることで端末の動作が軽くなることがあります。

1.LINEアプリの「友達」タブの左上にある歯車(設定アイコン)をタップ
2.「トーク」→「データの削除」と進む
3.「キャッシュデータ」にチェックが入っているのを確認して「選択したデータを削除」をタップ
4.確認メッセージが表示されるので「データを削除」をタップ

これでLINEアプリのキャッシュデータの削除ができます。

(5)キーボードの予測変換のクリア

キーボードの入力がもたつく場合は、学習機能によって蓄積される予測変換のデータが影響している可能性があります。データをリセットすると、キーボードに関する動作は改善する場合が多いようです。

1. 「設定」アプリから「一般」「リセット」に進む
2. 「キーボードの変換学習」をリセットをタップ
3. パスコードを入力
4. 「辞書をリセット」をタップ

上記の動作を行えばキーボードの予測変換はリセットされます。この際予測変換候補のデータはリセットされてしまいますが、自分で登録したユーザー辞書は削除されないため、リセット前に確認しておきましょう。

iPhoneのリセット機能については以下の記事で詳しく解説しています。

(6)バックグラウンド更新のオフ

iPhoneにインストールされているアプリは自動で更新される場合があり、この動作がiPhoneの動作に影響を与えている場合があります。更新する必要がないアプリはバックグラウンド更新をオフにすることでメモリの負荷を軽減させられます。

1. 「設定」アプリから「一般」にすすむ
2. 「Appのバックグラウンド更新」にすすむ
3. 更新が不要なアプリはオフにする

上記の動作を行うことで、バックグラウンド更新がオフになります。データ通信料やバッテリー消費の節約にもつながるので、ぜひ試してほしい方法です。

(7)視差効果を変更

iPhoneでは画面の切り替わりや壁紙が奥行きがあるように表現する視覚効果が搭載されています。これらをオフにすると、端末そのものへの負担を軽減できる場合が多いようです。

1. 「設定アプリ」から「一般」→「アクセシビリティ」に進む
2. 「視差効果を減らす」をオンにする

上記の動作を行うことで視差効果が減少し、端末への負担を減らせます。

また、「動作」の項目で「クロスフェードトランジションを優先」をオン、「メッセージエフェクト自動再生」と「ビデオプレビューの自動再生」をオフでアニメーション動作を減らせるので、さらに負荷がかかりにくくなります。

(8)透明度を下げる

iPhoneのドッグやフォルダには背景が透ける効果が施されています。こうした効果は端末に負荷をかけている場合が多く、透明度を下げると動作が改善する場合があります。

1. 「設定」アプリから「一般」にすすむ
2. 「アクセシビリティ」から「画面表示とテキストサイズ」→「コントラストをあげる」に進む
3. 「透明度を下げる」をオンにする

上記の動作で透明度を下げられます。見た目がある程度変化しますが、動作が大幅に改善する方法の一つなので、ぜひ試してみることをおすすめします。

(9)iCloudとの同期をオフ

iCloudは定期的にデータをバックアップしてくれる便利な機能ですが、その反面メモリを消費し動作を重くしている可能性があります。

1. 「設定」アプリから「ユーザー名」→「iCloud」を選択
2. 「iCloudを使用しているApp」から同期の必要がないデータをオフに

上記の方法で同期の必要のないアプリの同期をオフにできます。

iPhoneが重いときの対応策(システム・ハードウェア編)

上記の方法を試しても動作が改善しない場合は、再起動や初期化といった方法を試してみましょう。

(10)再起動

iPhoneは長い間電源が入りっぱなしだとキャッシュが蓄積されて、動作が重くなってしまう場合があります。常に電源を入れておく人も、次の方法で定期的に再起動をかけましょう。

  • iPhone 11/iPhone Xの再起動
1.音量調節ボタン(上げる、下げるどちらでもよい)とサイドボタンを同時に押し続ける
2.電源オフスライダが表示されるので、スライドをドラッグして電源を切る
3.サイドボタンをAppleのロゴが表示されるまで長押しして電源を入れる
  • iPhone 8/7/6の再起動
1. 本体右上のボタンを長押し
2. 「スライドで電源オフ」を右にスライド
3.サイドボタンを Appleのロゴが表示されるまで長押し

上記の動作で再起動が行われます。

(11)iPhoneの初期化

再起動の他には初期化するという方法もあります。この場合キャッシュなどのデータを削除するため動作がかなり改善することが多いようです。

1. 「設定」アプリから「一般」→「リセット」と進む
2. 「すべてのコンテンツと設定をリセット」をタップ
3.「iPhoneを消去」→再度「iPhoneを消去」でiPhoneの初期化が開始

バックアップを取り復元する手間もあるので、さまざまな方法を試して改善しなかった場合に試してみるようにしましょう。

(12)バッテリーの交換

iPhoneを長い間利用しているとバッテリーが劣化し、動作を重くすることがあります。

製品限定保証やAppleCare+の対象場合無料で交換してもらえます。補償対象外の場合は、iPhone11(Pro、Pro MAX)やiPhoneX(XS、XR)の場合は7,400円,、iPhoneSEまでなら5,400 円の費用がかかります。

長く利用している端末の場合はバッテリー交換も検討してみるとよいでしょう。

重たくなったiPhoneの動作を軽くして快適に

iPhoneの動作が重たい場合アプリや設定など、さまざまな対応策があります。原因を特定するのは難しいので、まずは紹介した方法を一つひとつ試してみることをおすすめします。

iPhoneのようなスマートフォンは、仕事やプライベートを問わず日常生活に必要不可欠なツールです。iPhoneが重くなる原因と対策を理解し、ストレスなく快適にモバイルを活用していきましょう。

待たずに買える!最新iPhoneを公式オンラインショップで購入する方法

「新しいiPhoneが欲しいけど、並ぶのは嫌だし、お店まで行く時間もない…」と悩むアナタは、公式オンラインショップでの購入がオススメです。

キャリアが運営するオンラインショップなので、偽物や不具合のあるiPhoneを購入する危険性もありません。

docomoオンラインショップ

docomoオンラインショップは、店頭で必要な契約時の事務手数料が無料とお得に購入できます。

また「質問したいけど、コールセンターにつながるまで待たされるのが嫌だな…」という人向けにチャットで相談できるサービスも用意されています。いつでも気軽に相談できます。

さらに購入時にはdポイントを1ポイント=1円で利用して、端末やオプション品の購入ができます。

\最新iPhoneを買ってdポイントを1%溜める/

auオンラインショップ


auオンラインショップは、2,500円以上の購入で送料無料です。さらに最短で購入の翌日には届きます。

「急に壊れてしまったけど店に行く時間はない・・」と急ぎの人にはピッタリです。

他にも、auユーザー限定の「三太郎の日」や「auスマートパス」でお得に買物もできます。

\三太郎の日&auスマートパスでお得に使える/

Softbankオンラインショップ


Softbankオンラインショップでは、Tポイントを使ってiPhoneを購入できます。

さらに、ヤフーショッピングでのポイントがいつでも10倍です。お得にネットショッピングできます。

\ヤフーショッピングのポイントがいつでも10倍/

月600円~!お得にiPhoneが使える格安SIMランキングTOP3

「iPhoneは使いたいけど、端末料金や月々の使用料は抑えたい」

というアナタは、格安SIMサービスがおすすめです。わずか月600円~で利用できるので、日々の固定費削減にもつながります。

1位:LINEモバイル


LINEモバイルは、電話を使用しないなら月600円~、電話を使っても月1,100円~利用できるサービスとなります。

数年前に販売されたiPhone7は、29,800円〜から購入可能です。最新のiPhoneを持っている場合は、LINEモバイルのSIMカードに差し替えるだけで利用できます。

\月600円~でiPhoneを使える/

2位:楽天モバイル

楽天モバイルに乗り換えれば、docomo/au/softbakで使っているiPhoneで使えます。

3年契約・月額1,480円(2GB+10分かけ放題)で利用できる点もメリットです。さらに楽天IDがあれば、月々の利用料金の1%がポイントとして貯めれます。

楽天カード発行のポイントキャンペーンも利用すれば、さらに楽天モバイルをお得に利用もできます。

>>>楽天カードの詳細をチェックする

\月1,480円~(10分かけ放題)でiPhoneを使える/

3位:UQモバイル

UQモバイルは、電話を使わない(データ通信専用)プランは月980円~、電話を使えるプランは2台目以降から月1,480円~で利用できます。

データ容量が月3GBとLINEモバイルの3倍あります。インターネットの利用が多いアナタはUQモバイルがおすすめです。

iPhone7も分割で購入できますし、お持ちのiPhoneにUQモバイルのSIMを差し替えて利用できる点は、LINEモバイルと同様です。

\月3GBが980円~でiPhoneを使える/

今さら聞けないiPhoneの使い方徹底解説【完全ガイド】

iPhoneの機種変更基本ガイド

iPhoneの最新機種・最新iOS徹底解説

iPhone便利機能の使い方

iPhone裏ワザ・テクニック・アクセサリーまとめ

※順次追加予定