iPhone標準カメラの使い方 | 実は高性能?機能・テクニック - ほぼ無音での写真撮影方法も

iPhoneのカメラは、綺麗で質の高い写真を撮影できる基本性能を備えています。最新機種のiPhone XSなどでは、「ボケ」をコントロールする機能まで搭載しました。そんなiPhoneカメラの使い方、写真編集方法などのテクニック、機能などをまとめて紹介します。

iPhone標準カメラの使い方 | 実は高性能?機能・テクニック - ほぼ無音での写真撮影方法も

撮影における基本テクニック

iPhoneのカメラはとても高性能であり、上手に活用すれば非常に綺麗な写真を撮影できます。上手に撮るための撮影テクニックを紹介します。

3つの撮影方法

iPhoneのカメラを使った撮影方法には「通常の撮影」「バースト撮影」「インカメラの撮影」の3つがあります。

通常の撮影

カメラ画面の下にあるシャッターボタンをタップすれば、写真撮影もしくはビデオ撮影を開始できます。横方向での撮影時には、音量ボタンをシャッター代わりに利用可能です。ビデオ撮影を終了するには、もう一度シャッターボタンをタップします。

バースト撮影

バースト撮影とは連写のことです。カメラのシャッターボタン、もしくは音量をボタンを長押しすれば、その間連続して撮影されます。動きものなどを撮影する際に有効な撮影方法であり、写真アプリで管理できます。

インカメラ撮影

インカメラとはiPhoneの前面に搭載されているカメラのことです。自撮りなどの際にシャッターボタンがタップしやすくなるため便利です。カメラの切り替えアイコンをタップするだけで、操作方法は背面カメラと変わりありません。

ピントの合わせ方

iPhoneのカメラにはオートフォーカス機能が搭載されているため、充分に明るい場所などではピント合わせを意識する必要はありません。しかし、特定の被写体にピントを合わせたい場合は、その場所をタップすればフォーカスできます。

明るさの調整

iPhoneの場合、写真の明るさである露出の設定はピントの合っている箇所にあわせて自動調整されます。手動で露出の設定を変更したい場合は、タップした箇所に表示される露出調整アイコンを上下にスライドさせます。

ピントと明るさの固定

ピントと明るさの調整は上述したやり方で完了です。

しかし、カメラの向きなどを変えてしまうと設定したピントや明るさは無視され、再び自動調整を始めてしまいます。設定したピントや明るさを保持したければ「AE/AFロック」を有効にします。

「AE/AF(自動露出/オートフォーカス)ロック」を実行するには、ピントを合わせたい箇所を長押しするだけです。AE/AFロックされた状態での露出調整は可能なものの、ピントは固定されたままになります。

ズームでの撮影

iPhoneのカメラでズームイン・ズームアウトをするには、ピンチ操作で拡大・縮小します。ピンチ操作するとスライダーが表示されるので、それを操作しても拡大・縮小できます。デュアルカメラのiPhoneでは円型のズームメニューで操作できます。

フラッシュのオン/オフ

iPhoneカメラにはフラッシュ機能が搭載されています。この機能は、メニューの「フラッシュマーク」をタップして「自動」「オン」「オフ」の切り替えが可能です。自動にしておけば暗い場所を判別して自動でLEDフラッシュが焚かれます。

セルフタイマーの使い方

iPhoneカメラには、集合写真の撮影などに便利なセルフタイマーが搭載されています。メニューの「タイマーマーク」をタップすると「オフ」「3秒」「10秒」から選べ、フラッシュを連動させるのも可能です。

写真撮影時の画像加工

iPhoneには、撮影時に適用できる10種類のフィルターが用意されています。メニューの「フィルターメニュー」をタップするか、上にスワイプすれば選択メニューが表示されるため、好きな効果を選んで撮影するだけです。

Live Photos(ライブフォト)の使い方

iPhone 6s/6s Plus以降で利用可能な機能がLive Photosです。Live Photosは、カメラアプリ上部メニューの「Live Photosボタン」をオンにすることで撮影でき、シャッターボタンを押した前後1.5秒ずつ、合計3秒の動画と音声を保存します。

写真が3秒間動くという不思議な効果が得られるモードであり、保存したLive PhotosはiPhoneの壁紙としても利用できます。

HDR(ハイダイナミックレンジ)の使い方

HDRとは明るい場所と暗い場所のバランスを取り、人間の眼で見るのに近い写真を生成する機能のことで、iPhoneのカメラでも利用可能です。

メニューの「HDR」をタップすると「自動」「オン」「オフ」から選べ、オンにしてシャッターボタンをタップすれば、常にHDR効果が適用された写真が撮れます。

一眼カメラのように撮れる「ポートレート機能」

ポートレート機能とは、高価な大口径レンズとフルサイズ一眼カメラで撮れる、被写界深度の浅い「印象的な写真」を、iPhoneで実現するものであり、デュアルレンズを搭載したiPhone XS/XS Max/X/iPhone 7 Plus/iPhone 8 Plusで利用できます。

ポートレートモードをオンにするには、起動したカメラのシャッターボタン上をスライドして「ポートレート」を選択します。

撮影対象との距離を調整し、黄色の「被写界深度エフェクト」が有効になった時点で、シャッターボタンをタップすれば完了です。

撮影後の編集機能

iPhone XS/XS Maxのポートレートモードで撮影した写真は、編集後に「ボケ」量を調整するのも可能です。

写真アプリを起動して、ポートレートモードで撮った写真を選択し「編集」をタップします。ボケ量調整用のスライダーが表示されたら、好みのボケになるようスライドさせて調整します。

また、iPhone XS/XS Max/XR/X/iPhone 8 Plusのポートレートモードで撮った写真を写真アプリで開くと、5つの照明エフェクトも追加できます。ボケ量調整と同様、編集をタップしたら写真の下辺りを長押しし、好みのエフェクトを適用できます。

綺麗な正方形の写真が撮れる「スクエア」機能

LINEtwitterinstagramfacebookなどのSNSでは、正方形や真円のプロフィール写真が使われることが多く、縦横比が1:1になるiPhoneカメラのスクエア機能は、こうしたケースに非常に使いやすいでしょう。

スクエア機能を使うには、シャッターボタン上にあるモードを「スクエア」に切り替えて撮影するだけです。

もちろん、通常モードで撮影した写真を「スクエア」に編集するのも簡単です。写真アプリで選択した写真の「編集」をタップし「リサイズ」>「縦横比」をタップします。

ポップアップから「スクエア」を選択し、チェックマークをタップすれば完了です。

ハッシュタグとは | インスタグラム・ツイッター・Facebookでの使い方 - 付け方やメリットは? | ボクシルマガジン
ハッシュタグとは、投稿をカテゴライズして検索を容易にするキーワードです。インスタグラムやツイッター、Faceboo...

景色をいっぺんに撮れる「パノラマ」機能

広々とした景色を横いっぱいに撮影する「パノラマ写真」もiPhoneのカメラで撮影可能です。撮影方法は、シャッターボタン上にあるモードを「パノラマ」に切り替えて撮影するだけです。

しかし、撮影モードを切り替えるのが簡単だとしても、実際にうまく撮影するには少しばかりのコツも必要です。

表示されている黄色線を水平に保ち、上下がぶれないように脇を締め、ゆっくりとした腰の回転で左から右へ移動させます。ちょうどいい場所まで移動したら、シャッターボタンを押して撮影を終了させます。以下は、iPhone 5sでそのように撮影したパノラマ写真です。

この例では横方向へのパノラマ写真を撮影していますが、iPhoneを上下方向に動かすことによって、縦長のパノラマ写真を撮影するのも可能です。

時間を一気にまとめる「タイムラプス」機能

映画などで、日の出から日の入りまでを高速再生したような動画を目にした方もいるでしょう。あれが「タイムラプス」です。実際には1秒に1回、1分に1回など、間隔を置いて撮影した写真を高速で再生する機能であり、iPhoneのカメラでも撮影可能です。

以下のiPhone 5sでの例のように、パノラマ機能と同様、シャッターボタン上のモードを「タイムラプス」にして撮影するだけです。

タイムラプス自体が、長時間の流れを圧縮して見せるものであるため、クルマに固定してドライブの様子を撮影するなどで大きな効果を発揮するでしょう。

ゆったりと流れる「スロー」機能

タイムラプスとは逆に、1秒間に120コマ以上の動画を撮影し、1秒間60コマ以下で再生することでスローモーション効果を得られるのが「スロー」機能です。

以下のiPhone 5sのようにiPhoneで撮影が可能です。タイムラプス機能と同様、シャッターボタン上のモードを「スロー」にして撮影するだけです。

撮影後は、速度を自在に変更して再生できるため、スポーツのフォームを撮影して分析するなどにも役立ちます。