iPhone着信音作成・設定変更方法 | iTunesから変換・アプリでも - 鳴らないときの対処法

公開日:

iPhoneはアプリやiTunesを使用すれば、自分の好きな楽曲を簡単に着信音として設定できます。iTunesを使って変換する方法、おすすめの着信音作成アプリ、ダウンロードサイトを使って好きな曲を着信音に設定する手順から、 着信音が鳴らない原因について詳しくも解説します。

iPhone着信音作成・設定変更方法 | iTunesから変換・アプリでも - 鳴らないときの対処法

iPhoneの着信音は変えられる

日本でのシェア率が6割を超えているiPhoneですが、着信音を初期設定のままにしている方も多いのではないでしょうか?

iPhoneでは着信音を変更できないと思っている方もいるかもしれませんが、お気に入りの着信音を作成すれば簡単に設定できます。電話や、メールの通知音を好きな音楽に変えてみましょう。普段の通知音が鬱陶しい!という方も必見です。

着信音を変える方法には以下の4つの方法があります。それぞれについて解説していきます。

  • iPhoneに入っている既存の曲から着信音を作成・設定
  • PCで着信音作成ツールを利用して着信音を作成・設定
  • iPhoneで着信音作成アプリを利用して着信音を作成・設定
  • 着信音をダウンロードもしくは購入して設定

iTunesに入っている既存の曲を変換して着信音を作成・設定

自分のiTunesに入っている曲を使って、着信音を設定できます。まず、 iTunesに接続し、着信音にしたい曲および曲の情報を選択します。

次に着信音の秒数を指定します。たとえば、曲冒頭から30秒のところまでを着信音にしたい場合は、開始に「0:00」、停止をチェックし、「0:30」と入力します。

入力完了したら「OK」を

ファイル→変換→AACバージョンを作成と進みましょう

指定した着信音がiTunes上にあることを確認します。

Finderで表示を選択し、拡張子を変更

作成した着信音を、元の拡張子である「.m4a」から「.m4r」へ変更してデスクトップに置きます。

iTunesのサイドバーにある「着信音」を開き、デスクトップにある作成した着信音ファイルを移動させます。iTunesの着信音にコピーが作成されているのを確認できたら、iPhoneをつなぎiTunesの「着信音」タブを開きます。「着信音を同期」にチェックを入れると、作成した着信音がiPhoneで使用できます。

これでPCによる設定は終了です。実際に着信音を使うためには、iPhoneで着信音設定をする必要があります。

設定→サウンドと触覚→着信音と進み、着信音が設定されていることが確認できたら、設定完了です。

iPhoneで着信音作成アプリを利用して着信音を作成・設定

アプリを利用して着メロを作成し、iTunesと同期させる方法もあります。曲の好きな部分を切り取るだけなので、サビの部分などを簡単に着信音にできます。

代表的な着信音作成アプリに着信音メーカーがあります。

無料でダウンロードでき、曲を選択し、再生箇所・再生時間を設定するだけの人気の着信音サイトです。また、画像付きの操作ガイドがあるので、操作もわかりやすく簡単です。

まず、アプリを起動させ、右上の「+」ボタンから作成をタップします。

「曲選択」をタップ後、「ミュージックを選択」ボタンから曲を選びます。

着信音の「開始時刻」と「曲の長さ」を指定します。

「フェードインと「フェードアウト」の設定を決めて、 右上の「作成」ボタンをタップすると音源が完成します。

ここまででIPhoneでの設定は終わりです。

次に作成した着信音をiTunesを通してiPhoneに登録していきます。これからの作業はPCでの作業になります。

iPhoneをPCに接続すると、iTunesの左上付近にiPhoneのアイコンが追加されるのでタップしてください。

左のメニューからファイルの共有→着信音アプリ→着信音ファイルを選択、「保存先…」をクリックします。

着信音ファイルを任意の場所に保存します。

着信音ファイルをドラッグ&ドロップでデバイスの着信音に追加します。その後、iPhoneに着信音が自動同期されます。

最後に、iPhone側で、設定→サウンドと触覚→着信音と進み、作成した着信音のファイルが追加されていれば完了です。

PCで着信音作成ツールを利用して着信音を作成・設定

iTunesを使わずに、直接iPhoneの着信音に設定できるツールとしてAnyTrans for iOSがあります。

AnyTrans for iOSはiOSデバイスのデータの双方向転送や、バックアップができるソフトです。iTunesより操作が簡単で同期時間も短時間で済むので、iPhone初心者の方におすすめです。またiTunesを同期する必要がないため、曲が上書きされて消えてしまうなどのリスクを回避できます。

まず、PCにAnyTrans for iOSをインストールして起動させ、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

ホーム画面の中央右にあるボタン2つのうち、下の赤く囲ったボタンをクリックします。

オーディオから着信音を選択します。

右上にある追加ボタンをクリックします。

着信音にしたい曲を任意のファイルから選択します。

着信音が生成されたことを確認します。

PCでの設定はここまでです。

iPhone上に着信音があることを確認しましょう。

設定→サウンドと触覚→着信音と進み、着信音が設定されていることが確認できたら、設定完了です。

着信音をダウンロード・購入して設定

iPhoneの着信音は、専用サイトからダウンロードもできます。無料サイトも多数あり、iTunesストアからもダウンロードできます。着信音に使いたい曲を検索しやすいので、お気に入りの曲がすぐに見つけられます。おすすめの着信音サイトを紹介するので、気軽に着信音を変えてみてください。

zedge.net

ダウンロードはこちら

多数の着信音を取り揃えている人気のダウンロードサイトです。曲はカテゴリ別に分かれていて検索しやすく、ダウンロード以外にもメールに添付送信やQRコード読み取りも可能です。

mob.org

ダウンロードはこちら

アーティスト別に検索ができるので、着信音に使いたいアーティストが決まっている場合は、mob.orgが使いやすいでしょう。着信音だけでなく、壁紙やゲームもダウンロードできます。

iPhone着信音泉

ダウンロードはこちら

個性的な着信音にしたい場合は、iPhone着信音泉がおすすめです。着信音以外にも「電話です」、「Yes we can!」などアラーム用の音声ファイルが多いダウンロードサイトです。取り揃えている音源は個性的ですが、日本語で書いてあるのでなじみやすくわかりやすいサイトです。