Microsoft Officeファイルが開けないときの8つの対処法 | Windows10 Excel,Word,PowerPoint

最終更新日: 公開日:
Windows 10でエクセル(.xlsx)やワード(docx)などのオフィスファイルが開けない時の対処法とその手順を8つ紹介します。もし開けないときはこちらの手順を試してみてください。
Microsoft Officeファイルが開けないときの8つの対処法 | Windows10 Excel,Word,PowerPoint

Windows 10でエクセルなどのオフィスファイルが開けない時の対処法8選

Windows 10へ無償アップグレード後に「エクセルファイルを開けない」という不具合の対処法を紹介しましたが、エクセルファイルのみならずワードやパワーポイントなどでも開けないという不具合が続出しているようです。

1. Officeを修復

エクセルなどのファイルが開けないときは何らかの原因でオフィスソフトのデータが破損しており、オフィスソフト自体に問題があるかもしれません。以下の手順を実行してみてください!

手順

「スタートメニュー」を右クリック

メニューから「コントロールパネル」を選択

「プログラムと機能」をクリック

プログラム一覧から「Microsoft Office」を探し右クリック

メニューから「変更」をクリック

ダイアログが表示されるので、「修復」を選択し実行

修復後パソコンを再起動

以上でオフィスソフトの修復が完了。変更が反映されるように再起動を欠かさず行いましょう。

2. 保護ビューを外す

オフィスソフトの保護ビュー(セキュリティ機能)が過剰に設定されているのかもしれません。エクセル、ワード、パワーポイントの各ソフトで以下の手順を実行し、保護ビューを外しましょう!

手順

各ソフトを起動

「ファイル」をクリック

「オプション」をクリック

「セキュリティセンター」をクリック

「セキュリティセンターの設定」をクリック

「保護ビュー」をクリック

表示された3つのチェックボックスを外す

以上で保護ビューの設定が外れました。これで保護ビューにより引っかかっていたファイルは開けるようになるので試してみましょう。

3. ファイルのブロックを解除

この対処法は外部から送信されたファイルが開けないときに有効です!

手順

「ファイルエクスプローラー」を起動

任意のファイル上で右クリック

「プロパティ」をクリック

表示されたダイアログ下部に、「このファイルは他のコンピューターから取得したものです。このコンピューターを保護するため、このファイルへのアクセスはブロックされる可能性があります。」とあるので、横にある「ブロックの解除(K」にチェックを入れます。

「適用」をクリック後、「OK」をクリックして完了!

これで外部から送信されたファイルのブロックが解除されるので、ファイルが開けるかどうか試してみてください!

4. ファイル制限設定の確認

「ファイル制限機能の設定」でドキュメントやテンプレートに制限がかかっている場合、その種類のファイルを開くことや、保存ができないことがあります。

そんなときは次の方法でファイル制限の状態を確認し、必要に応じて設定を変更しましょう!

手順

各ソフトを起動

「ファイル」をクリック

「オプション」をクリック

「セキュリティセンター」をクリック

「セキュリティセンターの設定」をクリック

「ファイル制限機能の設定」をクリック

「ファイルの種類」一覧に表示されたファイルのチェックを外す!

「ファイルの種類」の一覧で、各ファイルに対して「開く」あるいは「保存」するのチェックボックスがオンになっていると、そのファイルを開いたり保存したりすることができません。

このチェックを外すことで当該ファイルの制限設定が解除されますので、これでファイルが開けるかどうかを確認しましょう。

5. Google Driveにアップロードしてから開く

Windows10にアップグレード後、PC端末上でエクセルファイルが開けないときには、Google Driveにアップロードしてから開くという方法もあります。

互換100%とまではいきませんが、これで大体のエクセルファイルが開くはずです!

ちなみにワードファイルならばGoogle Driveアクセルした後にGoogle Docsを作成しエクセルファイル同様にメニューからファイルをインポートしてください。

Google Drive以外では、ZOHOというサービスでエクセルファイルを開ける可能性もあります。

6. 無料オフィスソフトを使用

Microsoft Officeと互換性のある無料ソフトオフィス、Open OfficeとLibre Officeでもエクセルファイルを開ける可能性があります。しかし、こちらはレイアウトが崩れることもあるので注意しましょう。

7. Microsoft Officeを更新

Windows10でMicrosoft Officeのアップデートを確認してみてください。もしアップデートの通知があるのならば更新してみましょう。Windows10でエクセルファイルが開かないバグの対処がされ通常通り開けるかもしれません。

8. レジストリの操作

エクセル2013がWindows7互換モードで動作しているとWindows10でエクセルファイルを開けないようなので、レジストリの削除を行います。

互換モードについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

Microsoft Officeにおける直近の問題と修正プログラム

以上の対策をとっても改善されない場合、あなたのパソコンではなくMicrosoft Officeのバグに起因して問題が発生しているかもしれません。最近の Office の問題に関する修正プログラムと解決策にて、直近の不具合をとりあげているのでこちらも参照するとよいでしょう。

印刷できない場合は?

さまざまな要因によって、Officeファイルがプリンターで印刷できないこともあります。そういう場合の対処法についても知っておきましょう!

プリンターの問題を解決

プリンターのトラブルシューティングで改善するケースがあります。以下の方法でプリンタのチェックをしてみましょう!

「コントロールパネル」を開く

「トラブルシューティング」をクリック

「プリンター」をクリック

これでプリンターのチェックを行えます。

ドライバの更新をする

Windows7からWindows10にアップグレードした場合など、プリンターに新しいドライバーが必要なケースがあります。以下の方法で「ドライバーの更新」をしてみましょう。

「スタート」を右クリック

「デバイス マネージャー」をクリック

「プリンター」をクリック

一覧から使用したいプリンター選んで右クリック

「ドライバーの更新」をクリック

これでドライバーの更新を確認できます。更新したら印刷できるか試してみましょう!

通常使うプリンターに設定する

通常の印刷で使用するプリンターに設定されていない場合、印刷ができないことがあります。その場合、以下の方法で使用したいプリンターを通常使うプリンターとして設定しましょう!

「スタート」をクリック

「Windowsシステムツール」をクリック

「コントロールパネル」¥をクリック

「表示方法」が「カテゴリ」になっていることを確認

「デバイスとプリンターの表示」をクリック

使用したいプリンターのアイコンを右クリック

一覧から「通常使うプリンターに設定」をクリック

これで印刷時に使うプリンターとして設定されます。まれに「このプリンターを通常使うプリンターに設定すると、Windowsは通常使うプリンターの管理を停止します」といったアラートが表示されることもありますが、気にせず「OK」をクリックしてください。

設定したプリンターから印刷できることを確認しましょう。

Windows 10でエクセルなどのオフィスファイルが開けないときの対処法まとめ

エクセルなどのファイルが開けないときはまず今回紹介した対処法を試してみましょう。いずれかの方法でエクセルファイルを開けるでしょう。

オフィスソフトやファイル自体の設定を変更するので、根本的な改善へとつながるはずです。

【番外編】Windows10の不具合に関する対処法などの記事集