Gmailが届かない・送信できない3つの原因と対処法 - スマホ設定方法

最終更新日: 公開日:

Gmail(ジーメール)が届かない、送信できないケース3つとその原因とは?Gmailを使用していてメールを送信できなかったことはないですか。Gmali送信エラーになって届かない問題の解決策、対処法を解説します。

Gmailが届かない・送信できない3つの原因と対処法 - スマホ設定方法

Gmailが受信できない・送信できないケースと原因を解説

Gmailを使用しているとまれに遭遇する「メールが届かない」という問題。滞りないコミュニケーションが何よりも大切なビジネスにおいて避けたいもの。

Gmailが届かない(送れない)原因と、その対処法を解説します。

Gmailが届かないケースとその原因(1)

エラーが表示され、送信できない時の原因

メール送信直後にエラーが表示されてしまう現象は、スマホのGmailアプリからドコモなどのキャリアメールに送信した際に起こりがちです。

受信者側のメールアドレスが、メールで使用可能なアドレス名のルールに反していないか確認しましょう。

例1:xxx.@docomo.ne.jp
例2:xx..x@docomo.ne.jp

上記のように「@」マークの前に「.(ピリオド)」が付いている時は、おそらくアドレス名が原因です。

エラーが表示され、送信できない時の対処法

対処法は以下のようにWebデスクトップ版のGmailを使用し、「@」以前の部分を「””」で囲うことです。(注:スマホのGmailアプリでこの方法を実行しても効果はありません。)

「”xx..x”@docomo.ne.jp」

Gmailが届かないケースとその原因(2)

送信はできるが、メールが届かない時の原因

メールを送信できたのに届かないという場合は、受信者側のGmailの設定が原因である可能性が高いです。アドレス帳に未登録のアドレスからのメールだと、自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられてしまいます。
(Gmailでは特に設定していなくても、初期設定でこのようになっている場合があります。)

送信はできるが、メールが届かない時の対処法

この場合は受信者側に迷惑メールフォルダを確認してもらい、アドレスを登録してもらうしかありません。メールを送信できた以上、相手側には届いていると思って間違いないです。しかし初めてのメールや重要なメールの場合は特に、別途電話などで確認するのが確実です。

Gmailが届かないケースとその原因(3)

送信できるが、エラーメールが返ってくる時の原因

3つ目はGmailを使用している方ならおそらく一度は経験のある、「送信はできるけど、なぜか後で英語のエラーメールが返ってきてしまう」という問題です。

この場合の原因は、1. メールアドレスが間違っている、もしくは2. 添付ファイルの容量が大きすぎるかのどれかです。

送信できるが、エラーメールが返ってくる時の対処法

【1. メールアドレスが間違っている】
この場合返信メールに”unknown user”や、”Host unknown”と表示されます。このケースの方は、送信先のメールアドレスが間違っていないかもう一度確認しましょう。

【2. メールアドレスは正しいのにエラーメールが返ってくる】
相手側の携帯電話でメール受信拒否設定されている場合があります。この際は、相手側の設定で、許可リストにアドレスを登録してもらうしかありません。

【3. 添付ファイルの容量が大きすぎる】
この場合は、”Message size exceeds fixed limit”、もしくは”Message size exceeds maximum value”という返信メールが返ってきます。この場合は画像ファイルの画質を少し下げたり、複数のメールに分割したりして送信してみてください。


ここまでは主にパソコンで届かない原因を解説してきましたが、スマホで届かない場合はどうすればいいのでしょうか。

AndroidとiOS(iPhone)に分けて解説していきます。

スマホで届かない場合は?

最後にスマホでgmailが届かない場合について、iPhoneとAndroidそれぞれのケースについて説明しておきます。

iPhoneの場合

アカウント登録の再設定が必要?

iPhoneでGmailを受信している場合、Gmailのアカウントをiphoneに設定し、端末のメールアプリによって送受信をしていることがほとんどでしょう。

そこで「メールを取得できません」といったアラートが表示され、メールが受信されないという不具合が生じることがあります。その場合は、Gmailのアカウントを再設定する必要があります。以下の手順で再設定をしてみてください。

  • [設定]から「メール」をタップ
  • Gmailの「アカウント削除」を選択
  • アカウントの削除を確認したら、「アカウントを追加」をタップしGmailを選択
  • 名前とメールアドレス、パスワードを入力し、設定を完了
  • 再度メールアプリを立ち上げ、受信ができるかどうか確認

Androidの場合

アプリの同期エラー

Android版のGmail アプリが同期エラーを起こしている場合、新着メールが届かない、メールを読めないといった不具合が起こることがあります。

その場合は、まず端末がインターネットに接続しているか確認し、再起動やアプリの更新をしてみましょう。こういった基本的な対応で改善されるケースが多いです。それでも直らないという場合は、以下を試してみてください。

設定を確認

  • Gmail アプリを開き、メニューアイコンをタップ
  • [設定] をタップ
  • 複数のアカウントを利用している場合は、メールが届いていないアカウントを選択
  • [Gmailの同期] のチェックボックスがオンになっているかどうか確認

Gmailアプリの同期設定によって新着メールが届かない状態になっていることも考えられますから、メニューアイコンからアプリの同期設定を確認してみてください。

パスワードを確認

パソコンでGmailを開き、ログイン可能かどうかを確認してみましょう。特に以下のエラーが起こるような場合は、正しいユーザー名およびパスワードが入力されているか確認する必要があります。

  • ユーザー名とパスワードが拒否されました」と表示される
  • 「認証情報が無効です」と表示される
  • 何度もユーザー名とパスワードの入力を求められる

Gmailのデータを消去

端末内のGmaildのデータをいったん削除してみることで、正しくメールを受信できるようになる場合もあります。

まず上述の手段で解決できるかどうか試してみて、それでもダメな場合は以下の手順でデータを消去してみましょう。

  • 端末の「設定」をタップし、「アカウント」の「Google」を選択
  • 右上にあるメニューから「アカウントを削除」をタップ
  • 削除を確認したら、再度Googleアカウントを設定し直す

それでも届かない場合は?

これらの手段を試してみて、それでもメールが届かないという場合は、迷惑メールのフィルター設定を確認してみましょう。

キャリアごとの迷惑メール設定を見直そう

ドコモやau、ソフトバンクの各キャリアで迷惑メール対策をしているために、メールが届かないというケースも考えられます。

特にキャリアメールを利用している場合、そのキャリア以外からのメールを受信しないという設定がデフォルトになっていることがあり、そのためにGmailからのメールが受信できないケースが多いです。

その場合、キャリアメールの迷惑メール設定を確認し、gmail.comからのメールを受信対象とするように変更する必要があります。キャリアごとの詳しいメール設定に関しては、各キャリアの公式サイトを参照してください。

Gmailが届かないケース3つと原因のまとめ

以上、Gmailでメールが届かない、もしくは送れない場合の原因と対処法を3つ紹介しました。

メールは便利な連絡手段ですが、100%確実かというとそうでもありません。エラーが起きた時は原因と対処法をしっかり確認し、対応しましょう。

Gmailの使い方徹底解説【完全ガイド】

Gmailアカウントの基本 | 作成・設定・使い方

Gmailの裏ワザ/テクニック