Gmail(Google)アカウントにログインできない時に確認すべき6つの解決方法

最終更新日: 公開日:
ビジネスの場で意外と使う機会が多いのがGoogle(グーグル)が提供しているGmail。Gmailアカウントを作成したのはいいものの、ログインできない…そんなときに試したい6つの解決法を大公開!
Gmail(Google)アカウントにログインできない時に確認すべき6つの解決方法

Gmailにログインできない!

「パスワードを忘れてしまった。」「使っていないアカウントを再び使いたい!」「なぜか突然ログインできなくなってしまった。」などさまざまな理由でGmailにログインできなくなってしまった皆さま。

ご安心ください。Gmailにログインできなくなった理由別に解決方法をご紹介します。

また、番外編としてGoogle のサービスを使いこなす活用事例、裏ワザ集をまとめているので、そちらも是非ご覧ください。

あわせて読みたい!

その1ー1:Gmailのユーザー名が違う(電話番号)

基本的にGoogleアカウントのユーザー名はGmailアドレスであることが大半です。まずはアカウント欄にご自身のGmailアドレスが入っているか確認してみてください。

それでもユーザー名が異なる場合はGoogleのアカウント復旧ページから申請を行うことができます。以下に電話番号を使う場合の手順を紹介します。

STEP1:電話番号入力

Googleのアカウント復旧ページに移動し、入力画面にアカウントを作る際に設定した電話番号を入力します。

電話番号を入力して「次へ」をクリック

もし設定していなかった場合は、こちらからサポートページに飛んでください。また、この記事の「その6:アカウントを乗っ取られた」ではサポートページに飛んだあとの行程を紹介してますので、必要であればご確認ください。

STEP2:氏名を入力

アカウント登録時に設定した氏名を入力してください。

姓名を入力し「次へ」をクリック

STEP3:確認コードを配信

記入した電話番号宛に確認コードを「配信」

STEP4:確認コードを入力

最初に入力したメールアドレス宛に確認コードが届きますので、そのメールを確認し、入力してください。

「確認コード」を入力して「次へ」

STEP5:アカウントを選択

電話番号に紐付いているアカウントが一覧で表示されるので、ログインしたいアカウントをクリックします。

ログインしたいアカウントを選択

STEP6:パスワードを入力してログイン

アカウントにパスワードをいれればログインが完了します。

パスワードを入力

その1ー2:Gmailのユーザー名が違う(メールアドレス)

続いて再設定用のメールアドレスを使う方法を紹介します。

STEP1:再設定用のメールアドレス入力

Googleのアカウント復旧ページに移動し、入力画面にアカウントを作る際に設定した再設定用のメールアドレスを入力します。

STEP2:氏名を入力

アカウント登録時に設定した氏名を入力してください。

STEP3:確認コードを入力

最初に入力したメールアドレス宛に確認コードが届きますので、そのメールを確認し、入力してください。

STEP4:アカウントを選択

メールアドレスに紐付いているアカウントが一覧で表示されます。ログインしたいアカウントをクリックして選択しましょう。

ログインしたいアカウントを選択

STEP5:パスワードを入力してログイン

パスワードを入力しアカウントにログインできれば完了です。

パスワードを入力

その2:Gmailのパスワードが違うor忘れた

パスワードが違う場合は下記の3点を試してみてください。

✓「半角英数」で間違いなく入力できているか(capsLockがオフになっているか)
✓別アカウントのパスワードを使っていないか
✓ブラウザのキャッシュとCookieを削除してからもう一度ログイン

それでもパスワードが分からない場合にはGoogleのパスワードアシスタンスページでパスワードの変更を行ってください。

その3:別のGmailアカウントにログインしてしまう

別のアカウントにログインしてしまう場合は下記の3点を試してみてください。

✓「半角英数」で間違いなく入力できているか(capsLockがオフになっているか)
✓別アカウントのユーザー名、パスワードを使っていないか
✓ブラウザのキャッシュとCookieを削除してからもう一度ログイン

アカウントが切り替わったまま戻せないか、別のアカウントでログインしたい人は、別記事でアカウントの切り替え方を紹介しているので参考にしてください。

その4:Gmailアカウントを削除してしまった

そもそもアカウントを削除してしまったという方、実は解決方法があります。Googleのサポートページのアカウント サポートから復旧できますので試してみてください。

手順は「その6:アカウントを乗っ取られた」と同じ方法ですので、こちらを確認しながらやってみてください。

その5:Gmailアカウントをロックされてしまった

アカウントをロックされてしまう理由のほとんどは、Googleで規定された範囲を超えた異常なアクティビティが検出されたことにあります。解除されるまでに は1 分~24 時間かかり、この時間を短縮する方法はありません。

異常なアクティビティの例としては、メールの送信や読み取りを自動で行うブラウザ拡張機能やソフトウェアを使用していることがあげられます。今後はそれらの使用を控え、解除まで待ちましょう。

その6:Gmailアカウントを乗っ取られた

アカウントを乗っ取られてしまった場合、仮想通貨を購入されてしまったり、大量のスパムメールを自分のアドレスから送られてしまったりといった被害が起きてしまいます。被害拡大を防ぐために早急に対処する必要があります。

STEP1:メールアドレスを入力

Googleのサポートページに移動し、ログインに使用するメールアドレスを入力します。

STEP2:パスワードを入力

覚えている限りで良いので、パスワードを入力します。

STEP3:アカウントを作成した年月を入力

正解でなくても良いので、覚えている大体のアカウント作成の年月を入力します。

STEP4:パスワードを変更

設定したい新しいパスワードを設定します。この際またアカウントを盗まれないように、分かりづらいパスワードを設定するようにしてください。


普段から乗っ取りなどには気をつけていたいですよね。「セキュリティが心配」「セキュリティを強化したい」という方の強い味方があります。ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)というものです。WAFについてはこちらの記事を参照してみてください。

その他のログインできない時の解決法

以上の6つの解決策からでもログインできなかった場合は、以下のリンクからGoogleのヘルプページにてさらに細かい解決策が提示されていますので、そちらをご確認ください。

Gmailヘルプ「アカウントにログインできない」

Googleヘルプ「Google アカウントにログインできない」

Gmailアカウントにログインできなくても焦る必要はなし

今回はGmailアカウントにログインできない時の解決法を、お悩み別にお話しました。Googleはアカウントを削除してしまった場合や乗っ取られてしまった場合でも、手厚い復旧サポートがありますので安心ですね!ただし自分でもしっかりとしたパスワードや2段階認証を利用し、対策をしておくことも重要そうです。

Gmailの使い方徹底解説【完全ガイド】

Gmailアカウントの基本 | 作成・設定・使い方

Gmailの裏ワザ/テクニック

働き方改革での活用や人材不足の解決に!

働き方改革や人材不足の解決策として注目されているクラウドサービスについて知りたいという方もいるのではないでしょうか。

こちらの記事では、クラウドサービスの人気カテゴリのシェア・市場調査の徹底解説や、無料トライアルありのサービス一覧をまとめています!常に最新版にアップデートしていますので、ぜひご覧ください。