KDDI 仮想PBXサービスとBlueBean&N-LINEのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
SFA連携
未対応
ささやき機能
未対応
全通話録音
未対応
自動応答機能
未対応
着信拒否機能
未対応
スクリーンポップアップ機能
未対応
コールフロー設定
未対応
オペレーター分散機能
未対応
分析機能
未対応
SFA連携
情報なし
ささやき機能
利用可能
全通話録音
利用可能
自動応答機能
利用可能
着信拒否機能
情報なし
スクリーンポップアップ機能
利用可能
コールフロー設定
利用可能
オペレーター分散機能
利用可能
分析機能
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
10,000-
情報なし
利用料
(月額)
10,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
未対応
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
BlueBean&N-LINEの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
スマートフォンで固定電話番号の発着信
会社の固定電話番号をスマートフォンでもご利用できます。これにより、不在時の代理応答や取次業務を削減することができます。また、内線として電話ができるので通話料も無料になります。
2.
所有から利用へ
面倒な運用・保守もKDDIで管理することができます。従来のPBX集中管理 (IPセントレックス) では必要であった、内線接続用データ回線は不要となります。所有するだけから利用ができます。
3.
コミュニケーション連携
グループウエアやウェブアドレス帳、ビデオ会議、IMを連携し、企業内のコミュニケーション環境を統一化し、簡単に管理することができます。これにより、業務効率化、生産性向上が実現できます。
詳細を確認
1.
クラウド型CTI『BlueBean』&秒課金格安電話回線『N-LINE』
最も重要なことは、トータルで任せられるか。 「CTI×電話回線×サポート」その全てを提供します。 そもそもクラウドCTIというものは、電話回線もセットで用意をしなければならないものです。コールセンターシステムの運用において重要なのは、システムが高機能であることはもちろんですが、月々のランニングコストをいかに安く抑えるか。ここでいうランニングコストは、CTIシステム利用料と、テレマ営業に使う電話の通話料金の両方を指します。 私どもはソフツー社開発の高機能CTI「BlueBean」と、秒課金の格安回線「N-LINE」をセットで提供しております。 システム利用に関する料金は、開発元からの直販と何ら変わりませんが、私どもはもともとコールセンターを長く運営し、このシステムを活用してきた為、他社とは比較にならないほど現場に寄り添った手厚いサポートが可能です。1名~2名での、本当に最小限のスタートからでもしっかり対応します。コール業務が初めてという事業責任者様や、既存のCTIからの移行がご不安な担当者様にとっては、強い味方となるはずです。
2.
『BlueBean』CTIに必要な機能全てを標準装備。格安最強CTI。
『BlueBean』は、1名~2名の最小規模テレマチームから、10~50名の中規模コールセンターまで、CTIシステム構築の際に必ずと言っていいほど名前が挙がる、高機能クラウド型CTIです。アウトバウンドとインバウンドの両方に対応しており、一般的にCTIに求められる機能は、ほぼ全て標準で搭載をしていると言えるでしょう。 ●主な特徴 【1】クラウド型は設備投資不要。必要なのはネットに繋がったパソコンとヘッドセットだけ。拠点を選びません。 【2】INにも対応。IVR(音声自動応答)や着信ポップアップ、オペレーターのスキルによる着信振分などは標準提供。 【3】充実したレポート機能を搭載。業務日報や報告書の作成スピードUP。責任者様が早く帰れるためのご提案が可能。 ●アウトバウンドテレマにおける最重要機能「プレディクティブコール」 ・BlueBeanの大きな特徴として、「プレディクティブコール」があります。これは1度に1人のオペレーターが最大3箇所に同時に発信をし、繋がったお客様のみを自動的に繋げるという機能があります。BtoCで精力的に営業電話を架けたい、もしくは少人数で最大限の効果を得たいというお客様にオススメです。コネクト率の高いBtoBテレマ業務では、発信倍率を1倍に設定し、1社ずつではありますが連続で発信する事も可能。通話と通話の間のオペレーター作業量は限りなく少なくできます。もちろん、1件ずつ見込み客を選択して発信する「プレビュー発信」も可能です。 【BlueBean機能一覧】 ●業務管理 ・複数業務(商材)対応 ・顧客情報項目設定 ・オペレーター画面カスタマイズ ・顧客対応履歴項目作成機能 ●CRM(顧客情報管理) ・顧客情報検索 ・顧客情報インポート機能 ・架電禁止情報インポート機能 ●アウトバウンド(発信) ・プレビュー発信(プレビューコール) ・プレディクティブ発信(プレディクティブコール) ・発信リスト管理 ・再架電管理 ●インバウンド(受電) ・IVR機能(音声自動応答)・顧客画面転送 ・着信時顧客情報ポップアップ ●インバウンド・アウトバウンド共通 ・ACD機能(スキルベースルーティング) ・全通話録音 ・内線通話 ・転送設定 ・留守番電話(ボイスメール) ●管理者・オペレーター管理 ・管理者アカウント発行 ・オペレーターアカウント発行 ・リアルタイムモニタリング ・休憩・離席時 画面ロック ・集計・レポート ・ACDレポート出力機能 ・オペレーターレポート ・顧客情報レポート ・発着信履歴
3.
『N-LINE』は秒課金。毎月の電話代を、競合他社よりもお安く。
秒課金形式もかなり普及してきましたが、コールセンター業界では未だに3分単位での課金が基本となっており、たった10秒~20秒、30秒ほどの通話でも3分8円などといった課金がされていることになります。アウトバウンドテレマにおいては、平均通話時間は35秒~50秒と言われています。3分の通話料金が課金されるのは、あまりに無駄です。 私どもでは秒課金の通話料の中でも、最安クラスの料金を提示いたします。 現在利用中の電話回線の利用料金や、他社様が提示された通話料金とも比較してお選びいただけるよう、 スタート時通話料金については柔軟に対応をさせていただきます。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
2人
最低利用期間
3ヶ月
1人〜50人の会社におすすめ
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
未対応
Android
未対応
スマホブラウザ
未対応
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。