2025年問題とは | 超高齢社会で起こりうる日本の医療や介護の問題と対策

最終更新日:
公開日:
2025年問題とは?進行し続ける後期高齢者の増加、それに伴う社会保障費、医療費の負担額増加に対して、私たち自身はどう対応していくべきでしょうか。超高齢社会となる日本において、2025年までに起こりうる問題を挙げながら解説します。

2025年問題への個人や地域でできる対策

2025年問題に対して、個人や地域レベルで施行できる対策は次のとおりです。

  • 年金対策
  • 医療費対策
  • 両親などの介護対策
  • 将来のための貯蓄と投資

それぞれの対策について説明します。

年金への対策

年金の実質的破綻はだれの目にも明らかです。したがってこれから私たちに必要なのは「現金」となるでしょう。家庭内フリーキャッシュの準備により、年金がもらえなくなったとしても生活していけるような財を確保することが必要です。

医療費への対策

超高齢化で医療費や介護費が激増することになり、それを支える若い世代の負担額は激増します。今のうちからある程度の資金を確保し、将来を見据えた資金繰りをする必要がありそうです。

両親などの介護対策

介護が必要な両親がいる場合は、高齢者の行動に注意を払いつつも、必要以上に干渉せず、自分から身体を動かすように促すことが大切です。それが高齢者の筋力維持につながり、寝たきり状態になるのを防ぎます。

また、介護が必要になったときのことを考えて準備をしておくことも大事です。
たとえば、介護の役割分担を考えておく、住宅のバリアフリーリフォームを行うなど、高齢者が元気なうちに対策を講じておけば、いざというときに慌てずに済むでしょう。

将来のための貯蓄と投資

家庭内フリーキャッシュをいかに多く準備しておくかが重要だと述べましたが、場合によっては制度が変わってお金が引き出せないことも考えられます。

有価証券のまま保有するよりも、現金にして持っていることが大事かもしれません。換金性の悪い不動産や生命保険にお金を換えるのは、避けたほうが良いでしょう。

2025年問題に対してどう立ち回るか

これから起こりうる問題に対して、政府も多くの対策を打ち出していくと思われますが、やはり自分自身の将来のことは自分で責任を持って準備しておくべきです。

そのためにも2025年問題を理解し、これからどう生活していくべきか、一度考慮する必要があります。

さらに、2025年問題よりも深刻と言われている「2035年問題」や「2040年問題」などもあるので、本記事を参考にできることから対策するといいでしょう

▼あわせて読みたい

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事