コピー完了

記事TOP

ロボティクスとは | 急成長するロボット関連産業の現状・背景・未来

最終更新日:
公開日:
ロボティクスとは「ロボット工学」のことをさします。AIや労働力不足によって一躍注目を浴び、急成長を続けているロボティクス業界。現状やこれからの進退、なぜ注目されているのでしょうか?背景を解説します。

ロボティクスとは

ロボティクスとはロボット工学のことを指し、大まかにいえばロボットに関する技術を研究する学問になります。

この記事では、そんなロボティクスの現状と、発展について解説していきます。ロボティクスについて初めて知る方も、現状を確認したい方も必見の記事です。

ロボット工学の概要

一口にロボット工学といってもさまざまな分野に大別されます。以下はその一例です。

  • 手足など機構や設計に関する分野
  • 外界情報の認識・知覚に関する分野
  • 運動や行動、制御に関する分野
  • 人工知能をはじめとした知能に関する分野

ロボット工学といったときにはこれらをひとまとめにしている場合が多いです。

そもそもロボットとは

ロボットという単語の明確な定義は、いまのところありません。本記事では便宜上、ロボットを以下のように定義して、話を進めていきます。

高度な機械の一種であり、センサなどで自他の状況を把握し、コンピュータ制御で「動く」もの

代表的なものとしては、産業用ロボットなどがあります。これらは今も徐々に数を増やしつづけ、人間の作業に取って代わるような進化を遂げている最中にいます。

ロボティクス関連業界の現状

ロボティクス関連業界の現状について解説します。

世界ロボティクス市場規模は2021年に25兆円

IT専門調査会社のIDC Japanによれば、世界ロボティクスおよびロボティクス関連支出額はアジア太平洋地域を中心に加速度的に増加し、2021年には2,307億ドルにも拡大するとされています。

(出典:IDC発表資料から作成)

ロボティクス関連業界とは

ロボティクス関連事業を行う企業群が「ロボティクス関連業界」です。

現在のロボットは、インターネットにつながったセンサーからビッグデータを収集、AI(人工知能)で処理して動作、という流れが一般的です。

ロボティクス関連業界では、これらのテクノロジーを開発したり、普及しやすいように改善したりしています。


ビッグデータの分析には、人間が行ったほうがよいケースもあります。ビッグデータであっても、ロボットと人間のどちらが分析すべきかよく考えるようにしましょう。

ロボティクス関連業界が伸びているワケ

ロボティクス関連業界が伸びている理由は大きく2つあります。

ロボット需要自体の拡大

少子高齢化に伴い、労働力不足が加速しています。また、労働力の需要が高まっているため、人件費も上昇傾向にあります。よって、人間の労働力に頼らずにすむ、ロボットに注目が集まっているというわけです。

技術の進歩・関連部品価格の下落

また、ロボット自体が改善されている点も、業界発展の要因としてあげられるでしょう。技術の汎用化や、量産化による価格下落が傾向としてみられます。

ロボット関連業界の現状

インターネット化とAIの進歩によって、ロボット活用の土台が整いつつあります。

そもそも、インターネットとAIはロボットとつながりが深いといえます。技術力の進歩、部品の低価格化のみならず、このインターネットとAIがロボット活用の土台整えているといえるでしょう。


AIはなにかと話題になりますが、必ずしもAIを使わなければならないわけではありません。単純作業やらせるだけならむしろRPAのほうが便利でしょう。

次の記事ではRPAについて解説しているので、ご覧になってはいかがでしょうか。

ロボティクス関連業界の今後

ロボティクス関連企業の業績見通しは良好で、株価も中期的に堅調に推移されると期待されます。

ロボティクス関連企業の株価は、活躍の場の拡大や、各国の政策的な後押しなどを背景に、世界株式を上回って推移してきました。今後もこの傾向は続いていくでしょう。

ロボットの活躍分野とその背景

ロボットの活躍が現在のように期待されはじめた背景と、実際に活躍できる分野にはどのようなものがあるか説明します。

ロボット産業の進化

ロボット産業の進化の背景について、外せない重要なポイント3つを解説いたします。

ロボットによるフリー・オートメーション

「ロボット産業」と聞いて思い浮かびやすいのがFA(フリーオートメーション)です。

技術の進歩により、ロボットのこなせる作業がどんどん多くなるだけでなく、新興国の労働コスト増加によって、FAの需要はさらに高まっています。

AI(人工知能)の実用化

人工知能「AI」は急速な広がりを見せています。

AIに対する取り組みは、チェスなど娯楽的なものにとどまりません。

具体的には、人の会話データを蓄積してコールセンターのサポートを行うロボット、高齢者福祉施設で活躍するレクリエーションが得意な会話ロボットなどがいます。

このように、実用化の例は多くあり、今後も多岐にわたる分野で活躍が期待できます。

下の記事では、コールセンターのサポートができるロボットを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

生活密着型ロボットの活躍

「ルンバ」に代表される家庭用ロボット掃除機や、無人飛行ロボット「ドローン」など、ロボットは実用化に伴いどんどん身近なものになっております。

近年は、危険な現場や介護・医療現場でも活躍しており、「ロボットがいなければ生活できない」という未来が近いうちにやってくるでしょう。

ロボットの活躍が期待される分野

今後ロボットの活躍が期待される分野について説明します。

産業労働分野

自動車や電子部品を生産する工場の現場で使用されています。重量物の運搬や、霧散している塗料の吸引など、肉体的負担の大きい労働環境で活躍しています。

このような分野は、労働者への大きな負荷から作業ミスを誘発する恐れがあり、品質安定の面からもロボットが適しているとされます。

介護分野

介護にもロボットが用いられています。 しばしば「福祉ロボット」や「ロボット介護機器」「次世代福祉機器」などと呼ばれています。

現在、国を挙げて介護ロボットの開発・普及を後押ししていますが、政府は特に重点的に開発をすすめる分野として6分野13項目を挙げています。これからの社会高齢化にむけてますます発展が期待される分野です。

医療分野

手術を補助する機械装置や内視鏡に取って代わる微小ロボット(マイクロマシン)、また患者ロボットと言われる主に医療関係者のシミュレーションや訓練に使われるロボットなどもあります。これらも高齢化社会に向けて需要がますます高まっていく分野です。

ロボティクス関連株やファンドの躍進

ロボティクス関連業界が成長するにしたがって、それらに関連した株やロボティクス関連企業を取り扱ったファンドが成長しています。

ロボティクス産業分野の株価

技術の進化とともにさまざまな分野での活躍が期待されているロボティクス関連業界ですが、このため、ロボティクス関連市場は2025年まで年率10%の成長が続くと予想されています。

まさにイノベーションを体現した投資テーマといえるロボティクス。中長期的な成長テーマとして目を離すことができないでしょう。

ロボティクス産業企業への投資ファンド登場

ロボティクス産業企業に投資するファンドが現在続々登場しています。代表的なものとして以下のファンドがあげられるでしょう。

グローバル・ロボティクス株式ファンド

世界各国の株式の中から、成長が期待されるロボティクス関連企業の株式を中心に投資しているファンドです。産業用やサービス用など、ロボットを製作する企業のみならず、ロボット関連技術であるAIやセンサーに携わる企業にも投資しています。

ロボット・テクノロジー関連株F-ロボテック-

日本を含む世界のロボット関連企業の株式に投資しています。

「高度な技術力」「強力な経営陣」「価格決定力および業績上方修正の可能性」などを考慮して選定した組入候補銘柄の中から、アクサ・インベストメント・マネージャーズの企業調査機能などを活用し、ポートフォリオを構築しています。

iTrustロボ

このファンドは、主に日本を含む世界のロボティクス関連企業の株式に投資しています。特徴としてピュリティ(事業全体に占めるロボティクス関連事業比率)を重視した運用を行うことで、よりロボティクス関連事業の高い成長を取り込める企業に投資しています。

ロボティクス関連業界のこれから

さまざまな分野において需要があり、ますますの発展が期待されるロボティクス業界。先進国における働き手の減少、少子化、高齢化社会などの社会問題を解決する一助になる可能性もあります。これからのさらなる飛躍に注目です。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
経営企画・マーケティングの最近更新された記事