インシデント管理ツールの関連情報

コピー完了

記事TOP

インシデント管理ツールおすすめ比較14選!無料・フリーソフトあり - 機能と選び方

最終更新日:(記事の情報は現在から256日前のものです)
インシデント管理ツールとは、システムやセキュリティ関連の問題や障害に対する迅速な対応と解決を行うためのツールです。ヘルプデスク、顧客対応、プロジェクトなどさまざまな業務において使用されます。おすすめのインシデント管理ツールを、無料トライアルや無料プランを含めて比較・紹介します。

【厳選】おすすめインシデント管理ツールをまとめてチェック!
インシデント管理ツールの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめインシデント管理ツールの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひインシデント管理ツールを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

インシデント管理ツールとは

インシデント管理とは、システムやセキュリティ関連の問題や障害に対する迅速な対応と解決を行うためのプロセスです。インシデント(Incident)は、ハッキングなどのセキュリティインシデントのほか、ユーザーからのエラーやトラブル報告といった事案も含みます。

インシデント管理ツールは、さまざまなインシデントに関する正確な情報を収集し、迅速かつ適切な対応を管理して、サービスを正常な状態に復旧させるためのツールです。情報システムやカスタマーサポート、ヘルプデスクといった部署で多く活用されています。

インシデント管理ツールには、ITサービスマネジメント(ITSM)における成功事例をまとめたガイドブック、ITIL(Information Technology Infrastructure Library)に準拠したツールもあります。

\料金や機能を資料で比較する!/

重大インシデントに関する、情報セキュリティやセキュリティ診断ツールについて詳しく知りたい方は、ぜひ次の記事も参考にしてください。

情報セキュリティとは?3要素・対策 - 企業と個人に潜む10大脅威
情報セキュリティは、システム環境を取り巻く脅威から情報資産を守り、正常に維持することを目的にしています。情報セキュ...
詳細を見る
セキュリティ診断(ぜい弱性診断)とは?手法や種類・メリット・おすすめサービス
セキュリティ診断は、WebアプリケーションやWebサイト、サーバーやネットワークのサイバー攻撃へのぜい弱性を調べる...
詳細を見る

インシデント管理ツールの選び方

インシデント管理ツールを選ぶ際は、次の流れで確認しましょう。

  • インシデント管理ツールの導入目的を確認する
  • インシデント管理ツールの機能を確認する
  • インシデント管理ツールを導入する際の注意点を確認する
  • インシデント管理ツールの料金・価格相場を確認する

インシデント管理ツールの導入目的を確認する

インシデント管理ツールの導入を検討する際は、まず導入目的を明確にしましょう。主な導入目的は次のとおりです。

導入目的 詳細
トラブルや問い合わせにすばやく対応したい 問い合わせ管理系のツールがおすすめ
トラブルをメンバーに共有し、解決に向けた進捗管理をスムーズに行いたい プロジェクト管理系のツールがおすすめ

インシデント管理ツールの機能を確認する

インシデント管理ツールでできること、利用できる機能は次のとおりです。上記の導入目的・課題をどのように解決できるか記載しているため、必要な機能を洗い出しましょう。

【問い合わせ管理系ツールの基本的な機能】

機能 詳細
問い合わせ一元管理機能 メール・電話・SNSなど複数の問い合わせチャネルを集約し、発生したインシデントの管理を行う機能
問い合わせ振り分け・分類 インシデント内容や問い合わせ内容を経路ごとに分類し、必要に応じてオペレーターへ振り分ける機能
FAQ作成 問い合わせ内容と回答を記録してFAQナレッジベースを作成する機能
対応状況可視化 インシデント対応が遅れている問い合わせを明確化したり、分担している問い合わせ内容を分析して負荷がかかっているオペレーターを発見したりする機能
顧客情報管理 顧客情報をデータベース化して管理する機能

【問い合わせ管理系ツールの特定の課題・用途・業界に特化した機能】

機能 詳細
ロック 対応中のインシデントに対し、他人が作業しないようロックがかかる機能
分析・レポート よくある問い合わせや対応時間を集計し、レポート化する機能
構成管理 アプリケーションやサービスを可視化し、変更による下流への影響を確認できる機能
承認フロー インシデント対応に対して、ダブルチェックや承認をスムーズに行える機能

【プロジェクト管理系ツールの基本的な機能】

機能 詳細
進捗可視化 プロジェクトの進捗をカレンダー、ガントチャートなど各種形式で一元管理できる機能。
顧客情報管理 顧客情報やプロジェクト内容を管理する機能
アラート 返信や対応期限が迫っているタスクに対しお知らせする機能
共有 プロジェクトメンバー同士が情報やファイル共有をできる機能
タスク管理 プロジェクト全体やメンバー個人が抱えているタスクを可視化する機能
スケジュール 案件の進行スケジュールを作成・管理する機能

【プロジェクト管理系ツールの特定の課題・用途・業界に特化した機能】

機能 詳細
分析・レポート プロジェクトの進捗や稼働率などを分析、レポート化する機能
ワークフロー 申請・承認をスムーズに行える機能

インシデント管理ツールを導入する際の注意点を確認する

インシデント管理ツールを導入する際、失敗しないために次の項目も確認しておきましょう。

確認事項 詳細
ITILへの準拠 ITサービスマネジメントのガイドブックであるITILに準拠しているか確認しておきましょう。
セキュリティ 顧客情報やトラブルについてを管理をするため、セキュリティ対策がされているかをしっかりと確認しておく必要があります。
外部ツール連携 CRMやチャットツールなどすでに利用しているツールとの連携ができるか事前に確認しておきましょう。
サポート体制 導入時や導入後に何かあった場合にすぐに対応してもらえる体制かを確認しておきましょう。

インシデント管理ツールの料金・価格相場を確認する

インシデント管理ツールの料金は、月額従量課金タイプか月額固定費用タイプか、また、クラウド型かオンプレミス型かで異なります。必要な機能と要件が搭載されているサービスの料金を確認しましょう。

問い合わせ管理系ツールのクラウド型の費用は、従量課金タイプの場合は契約1ユーザーごとに月2,500円〜8,400円、固定費用タイプの場合は、月5,000円〜100,000円とツールによって大きく異なります。

プロジェクト管理系ツールの費用のクラウド型の費用は、従量課金タイプの場合は契約1ユーザーごとに月1,000円前後です。

どちらのツールも、初期費用やオンプレミス型の費用は導入人数や機能によって異なります。また、オプション機能を利用する場合には別途費用がかかる場合があります。気になるツールは公式サイトから見積もり依頼や相談の問い合わせをしましょう。

問い合わせ対応系インシデント管理ツール比較

顧客からの問い合わせや対応状況に関する進捗を管理するタイプのインシデント管理ツールとして、代表的なおすすめツールを比較・紹介します。

Re:lation - 株式会社インゲージ

Re:lation
Re:lation
BOXIL SaaS AWARD Winter 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 初期費用・月額料金無料のフリープランあり
  • IP電話、ECカート、CRM、SFA、ビジネスチャットなど幅広いツールと連携
  • 監査ログ機能をはじめとしたセキュリティ対策機能が充実

Re:lationは、株式会社インゲージ社が提供している問い合わせ対応系のインシデント管理ツールです。メール・電話・LINEなどの10種類のチャネル経由の問い合わせを一元管理して、対応状況を可視化できます。承認機能で問い合わせ対応をダブルチェックしたり、対応内容を評価したりするための機能も備わっているので、新人教育や対応状況の分析に関心がある企業も満足できるツールです。

Re:lationの料金プラン・費用

初期費用 月額料金 無料トライアル
50,000円~ 12,800円~ 10日間

Re:lationの評判・口コミ

ボクシルでの評判
3/5
一つの代表アドレスへの返信を複数名が行う場合に一つの受信トレイを複数名でラベルを付けたり管理をしながら対応ができる。Gmailに近い操作感なのでGmailを利用した経験があれば簡単に導入することができる。
5/5
●人が行った作業は、意識の散漫やうっかりが原因で必ずミスが発生する。タイトルの事案に備え、仕組みで防止してくれるツールを探していたところ、出会ったサービス。 ●ITの力でミスや抜けを検知してくれる為、安心材料になっている。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/01/02
利用アカウント数 : 2件〜10件
業界 : マスコミ/広告/デザイン/ゲーム/エンターテイメント系

メールディーラー - 株式会社ラクス

メールディーラー
メールディーラー
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 複数のメールアドレス、チャットや電話、大手モールのメッセージを一元管理
  • テンプレートや承認機能により対応品質を標準化
  • アドレスごとの対応履歴を時系列で表示

メールディーラーは、株式会社ラクスが提供する問い合わせ対応系インシデント管理ツールです。受信メールの対応状況に応じ、ステータスを自動振り分けし、誰がどのメールに対応しているのかをリアルタイムで共有できます。

編集中のメールは自動ロックされるため、二重対応を防止。顧客情報と複数窓口からの問い合わせを紐づけでき、担当者や返信時間などの角度で集計と分析ができます。

メールディーラーの料金プラン・費用

初期費用 月額料金 無料トライアル
50,000円~ 35,000円~ あり

メールディーラーの評判・口コミ

ボクシルでの評判
5/5
各顧客ごとに効果的なインシデント管理が可能です。誰がいつどのような対処を行ったのか、そしてその結果が透明に残ります。また、サポート期限が近づくと自動的にメール通知が届くので、気が付かないうちにサポートが終了するといった問題を未然に防ぐことができます。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/11/15
利用アカウント数 : 11件〜30件
業界 : メーカー/製造系
5/5
問い合わせメールを一元管理することで対応の遅れやミス、誤送信が減ります。メール対応を効率化することで顧客満足度が上がりますし、同時に会社の信頼を高めていくことも可能です。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2022/05/18
利用アカウント数 : 11件〜30件
業界 : IT/通信/インターネット系

LMIS - 株式会社ユニリタ

LMIS
LMIS
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 導入社実績150社以上・継続率99%※1
  • ITILに準拠したヘルプデスクやインシデント管理に対応
  • 100種類以上のレポートテンプレート※2でサービスを分析、改善をサポート

LMIS(エルミス)は、問い合わせ管理やFAQ、障害などの情報を一元化し、統合的な対応窓口を構築できるインシデント管理ツールです。ITILに準拠したヘルプデスクを中心に、ITサービスマネジメント(ITSM)を実現、インフラの異常検知やトラブルの影響の限定、管理、分析が可能です。

顧客管理や契約管理に対応するCRM機能を実装し、サービスの提供状況をダッシュボードから確認できます。問い合わせが多い顧客や、変更要求が多い顧客などの分析に利用できます。

※1:BOXIL掲載資料参照(2022年12月閲覧)
※2:LMIS公式サイトより(2023年5月閲覧)

LMIS(エルミス)の料金プラン・費用

初期費用 月額費用 無料トライアル
300,000円~ 100,000円~(25ユーザー) あり

LMIS(エルミス)の評判・口コミ

ボクシルでの評判
4/5
従来は個別にExcelで管理していたイベントを統合して一元管理することが可能になりました。 また、エスカレーションされたインシデントについて複数のチームで情報を共有することが可能となって作業効率化や導入効果を感じることが出来ています。
4/5
担当者に関する情報を簡単かつ包括的に管理し、情報共有によって業務効率と品質が向上しました。画面レイアウトと項目のカスタマイズが可能で、社要望に合わせて容易にカスタマイズできるのが優れています。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/11/25
利用アカウント数 : 51件〜100件
業界 : 小売/流通/商社系

Zendesk - 株式会社Zendesk

Zendesk
Zendesk
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2023
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • SNS、電話、メールなどの各チャネルの問い合わせを集約
  • 対応状況を可視化するサポートチケット管理システム
  • よくある質問をまとめたナレッジベースを構築できる

Zendeskは、Zendesk社が開発・提供している問い合わせ対応系のインシデント管理ツールです。さまざまなチャネル経由での問い合わせをサポートチケット管理システム上で一元管理できるのはもちろんのこと、問い合わせの自動振り分け、質問内容の集計や分析、対応状況の一覧表示が可能なのでオペレーターの管理職向けの機能も充実しています。

また、質問事例を保存してナレッジベースを構築、テンプレートによるAI回答機能も搭載されているので、問い合わせ対応業務自体の削減効果も期待できます。

Zendeskの料金プラン・費用

初期費用 月額料金 無料トライアル
無料 49ドル/エージェント(年払い)~ あり

Zendeskの評判・口コミ

ボクシルでの評判
4/5
Zendeskの導入により、法人向けソフトウェアサポートが大きく変革しました。以前は自社システムを使用していましたが、Web対応とヘルプサイトの構築が可能になり、ユーザーサービスの質が向上しました。利用者数に基づく課金システムも合理的で、コストパフォーマンスが高いです。ただし、添付ファイルのサイズ制限や追跡機能の不足は改善点です。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/12/13
利用アカウント数 : 11件〜30件
業界 : IT/通信/インターネット系
4/5
Zendeskの導入により、以前はExcelで行っていた手間のかかる問い合わせ管理が大きく改善されました。タグを使った問い合わせの分類やステイタス管理が容易になり、対応漏れが減少しました
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/12/04
利用アカウント数 : 11件〜30件
業界 : IT/通信/インターネット系

Jira Service Management - アトラシアン株式会社

Jira Service Management
Jira Service Management
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 定型返信や担当者の自動割り当てで問い合わせ対応をサポート
  • 入力フィールドや選択肢などが設定された問い合わせ画面のテンプレートを搭載
  • 1,000以上のアプリケーションと連携しカスタマイズ可能

Jira Service Managementは、アトラシアン株式会社が提供する、無料で使えるITサービスマネージメント(ITSM)ソフトウェアです。インシデント管理やサービスデスク機能を搭載し、提供したITサービスの運用支援やフィードバックに利用できます。

サービスデスクの問い合わせフォームをテンプレート利用でき、メールやチャットを含むサービスリクエストの一元管理や変更管理、アセット管理なども可能です。自動生成される応答時間や件数に関するレポートが状況確認に役立ち、モバイルアプリからも利用できます。

※出典:アトラシアン「Jira Service Management」(2023年6月21日閲覧)

Jira Service Managementの料金プラン・費用

初期費用 月額料金 無料トライアル
無料 無料(3エージェントまで)〜 あり

Jira Service Managementの評判・口コミ

ボクシルでの評判
4/5
社内の各部門や案件ごとに専用のプロジェクトを立ち上げ、それぞれのプロジェクトを柔軟にカスタマイズしていくことが可能です。この仕組みにより、会社全体のタスクが一目で可視化され、自分の担当事項を俯瞰して確認し、優先順位を設定することが簡単に行えます。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/11/15
利用アカウント数 : 101件〜200件
業界 : 小売/流通/商社系
4/5
チケット機能を使って社内外のプログラムメンバーと同じ課題を管理、情報共有することがとても便利である。 チケットが起票されると同時に、関係者にメールで自動通知を送信できる機能が非常に便利である
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/01/21
利用アカウント数 : 101件〜200件
業界 : メーカー/製造系

Freshservice - OrangeOne株式会社

Freshservice
Freshservice
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • グローバルで顧客満足度No.1評価のITIL準拠サービスデスクツール
  • インシデント管理や社内問い合わせ、SaaS管理などを一元化
  • カンバン形式やタスク形式でプロジェクトの進捗を管理

Freshserviceは、OrangeOne株式会社が提供するITIL準拠のサービスデスクツールです。メールや電話、Slackなど複数チャネルからの情シスへの問い合わせ、インシデントを一元管理できます。

FAQやチャットボット機能を搭載する社内ポータルによって、従業員による自己解決を支援、SaaSアカウントの契約や利用状況の把握も自動化できます。対応状況やタスクの進捗状況も可視化できるので、業務の抜け漏れを防止可能です。

※出典:「Freshservice」(2023年6月21日閲覧)

Freshserviceの料金プラン・費用

初期費用 月額料金 無料トライアル
要問い合わせ 2,600円/担当者(年払い)~ 21日間

Freshserviceの評判・口コミ

ボクシルでの評判
3/5
紙媒体や電子媒体での管理が適当で、膨大な量と多様な管理方法に追いつくのが難しかった状況でしたが、Freshserviceを導入することで、管理を一元化し、効率的な運用が可能になりました。
投稿者プロフィール
利用状況 : 現在は利用していない
投稿日 : 2023/11/15
利用アカウント数 : 31件〜50件
業界 : IT/通信/インターネット系
4/5
フォームをすぐに作成することができる。操作がとても簡単で分かりやすい。ただし、フォームで申請したあとの裏側の動作は定義できず、応用がきく動作はできないので業務がシンプルで高機能を、求めないのならベストバイになりえる。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/06/14
利用アカウント数 : 1000件以上
業界 : メーカー/製造系

WEBCAS mailcenter - 株式会社WOW WORLD

WEBCAS mailcenter
WEBCAS mailcenter
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • オペレーター登録数は無制限
  • 経過時間に応じて案件を自動で色分け
  • クラウド・パッケージの選べる提供形態

WEBCAS mailcenterは、WOW WORLD社が提供している問い合わせ対応系のインシデント管理ツールです。メールに関するインシデント管理に特化しており、二重返信防止、問い合わせ内容分類、テンプレート機能など返信業務に必要な機能はひととおりそろっています。個人情報漏えい防止のために操作ログをダウンロードしたり、操作権限を設定できたりします。

WEBCAS mailcenterの料金プラン・費用

初期費用 月額費用 無料トライアル
300,000円~ 5,000円~ あり

※クラウドサービス(ASP型)の価格

WEBCAS mailcenterの評判・口コミ

ボクシルでの評判
4/5
問い合わせメール対応代行などの、特定のメールをグループで対応する時に便利なツールです。テンプレート挿入や承認機能など、利用者側の目線に立った機能が搭載されており、とりあえずこれを使えば目的は達せられる安心感があります。セキュリティ面でもかなり堅くなっているため、一旦WEBCAS e-mailを使ってみるぐらいの安定のソフトと言えるのではないでしょうか。
投稿者プロフィール
利用状況 : 現在は利用していない
投稿日 : 2022/10/19
利用アカウント数 : 11件〜30件
業界 : サービス/外食/レジャー系
5/5
当社では、顧客からの問い合わせメールの対応にこちらのサービスを活用しております。数年利用しておりますが、対応漏れや二重対応等のミスが無くなり大変満足しております。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/06/23
利用アカウント数 : 1件
業界 : IT/通信/インターネット系

ServiceDesk Plus

  • 安価でありながらサービスデスクに必要な機能が揃っている
  • 日本語、英語をはじめとした30か国語に対応
  • ITIL適合の認証「PinkVERIFY」を取得

ServiceDesk Plusは、ゾーホー社が提供しているITSM・インシデント管理ツールです。社内の従業員サポート、社外のコールセンター業務、ナレッジベース管理などさまざまな業務に活用できるカスタマイズ性の高さが特徴です。ITILに準拠したタスク管理が行え、柔軟にカスタマイズできるので導入目的に合わせた使い方が可能です。

ServiceDesk Plusの料金プラン・費用

初期費用 年間費用 無料トライアル
- 485,000円~ あり

プロジェクト管理系インシデント管理ツール比較

プロジェクト管理系のインシデント管理ツールには、タスク管理、グループウェアとの連携など、メンバー間のコミュニケーションを促進する機能が求められます。代表的なツールや無料で使えるツールを比較・紹介します。

Jira Software - アトラシアン株式会社

Jira Software
Jira Software
BOXIL SaaS AWARD Winter 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 1人から20,000人規模のソフトウェア開発にも使用できる
  • 10人までのチームなら無料のフリープランあり
  • Jira Automationで繰り返すタスク・プロセスを自動化

Jira Softwareは、アトラシアン社のプロジェクト管理系インシデント管理ツールです。フリープランであれば10名まで無料、スタンダードプランにしても1ユーザーあたり月額7.75ドルと安価に導入できるのが特徴です。自動化機能により効率的なプロジェクト管理が可能となるだけではなく、SAML SSO、2段階認証などが搭載されており、セキュリティの強固さにも定評があります。

Jira Softwareの料金プラン・費用

初期費用 月額料金 無料トライアル
無料 無料(10ユーザーまで)~ 7日間

Jira Softwareの評判・口コミ

ボクシルでの評判
4/5
Jira Softwareは、プロジェクトのタスク管理に必要な機能を完備しており、使いやすさいです。タスクの親子関係を効果的に管理できるだけでなく、メール通知設定も可能なため、課題の誤解や見落としによる対応漏れが減少しました。
投稿者プロフィール
利用状況 : 現在は利用していない
投稿日 : 2023/11/05
利用アカウント数 : 51件〜100件
業界 : IT/通信/インターネット系
4/5
タスク、工数、プロジェクト管理などが一元化され、画面切り替えや連携がスムーズで、操作も非常に快適です。また、起票時などのタイミングでSlackへの連携も可能なので非常に便利です。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/11/11
利用アカウント数 : 101件〜200件
業界 : 小売/流通/商社系

Asana - Asana Japan 株式会社

Asana
Asana
BOXIL SaaS AWARD Winter 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • スタートアップから大企業までさまざまな規模の企業への導入実績
  • ルーチン作業を自動化して、業務を効率化できる
  • ワークフローをカスタマイズしてさまざまなプロジェクト・課題に対応できる

Asanaは、Asana社が提供しているプロジェクト管理系のインシデント管理ツールです。プロジェクトの遂行状況をリアルタイムでモニタリングし進行のためにリスクを速やかに発見、排除できます。カレンダー機能でメンバーの活動状況をチェックしたり、チームの仕事量を管理したりする機能もあるのでチームのリソース管理、メンバーの労務管理にも活用できます。

Asanaの料金プラン・費用

初期費用 月額料金 無料トライアル
無料 無料~ -

の評判・口コミ

ボクシルでの評判
5/5
プロジェクト管理ツールとタスク管理ツールのいいとこ取りをしている非常に優れたツールだと感じる。中でもPremium機能にあるタイムライン機能は最高。ガントチャートとしても使えるし、関連性の紐付けでプロセスフローとしても使える。ボトルネックとなっている箇所がGUI上で見てわかるというのは素晴らしい。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2021/06/21
利用アカウント数 : 2件〜10件
業界 : IT/通信/インターネット系
5/5
プロジェクト管理が視覚的かつ効果的に行えます。タスクの一覧表示や期限、担当者の明確な指定が可能で、これによりプロジェクト全体の概要を簡単に把握でき、利便性が大きく優れています。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/12/03
利用アカウント数 : 51件〜100件
業界 : メーカー/製造系

monday.com - 株式会社ギャプライズ

monday.com
monday.com
BOXIL SaaS AWARD Winter 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 作業、プロセス、ツール、ファイルなどを一元管理
  • ワークフローを簡単に自由にカスタマイズできる
  • カレンダー、ガントチャート、ワークロードなどさまざま表示方法に対応

monday.comは、daPulse社が開発、提供しているプロジェクト管理系インシデント管理ツールです。インシデント管理に必要な機能が搭載されているのはもちろん、顧客情報、案件情報を入力すればCRMやSFAの代替ツールとして使用できます。専門的なIT知識は不要で直感的に使用できます。

monday.comの料金プラン・費用

初期費用 月額料金 無料トライアル
無料 無料(2ユーザーまで)~~ 14日間

monday.comの評判・口コミ

ボクシルでの評判
4/5
UIのデザインがシンプルなのでどのボタンで何ができるかが直感的に理解できます。またタスクの作成やダッシュボード内での移動も簡単なので使う人のリテラシーを問わず、普通にパソコンを使える人なら誰でも使うことができます。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/11/16
利用アカウント数 : 11件〜30件
業界 : IT/通信/インターネット系
3/5
スプレッドシートを用いたプロジェクト管理と比較して、このツールはその使い勝手やユーザーインターフェースが圧倒的に優れています。高速な対応が求められるプロジェクトシーンで、タスクのアサインからの経過時間も明確に表示されるため、タスクの遅延が許されません。SlackやGmailとの連携も非常にスムーズで、情報の確認漏れや対応の失念を大きく減少させることができます。
投稿者プロフィール
利用状況 : 現在は利用していない
投稿日 : 2023/09/25
利用アカウント数 : 2件〜10件
業界 : IT/通信/インターネット系

Backlog - 株式会社ヌーラボ

Backlog
Backlog
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2023
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • プロジェクト管理に必要な機能をオールインワンで搭載
  • カンバン、Wiki、ガントチャートなど作業を効率化させる機能が充実
  • 担当者・期限を管理してミスをなくす工夫が盛り込まれている

Backlogは、ヌーラボ社が提供しているプロジェクト管理系のインシデント管理ツールです。チーム内での円滑なコラボレーションを実現するためにプロジェクト管理、タスク管理、バージョン管理、作業効率化などに必要な機能が搭載されています。Web制作、システム開発をはじめとして、官公庁、銀行を含むさまざまな業界・業種への導入実績があります。

Backlogの料金プラン・費用

初期費用 月額料金 無料トライアル
無料 49ドル/エージェント(年払い)~ あり

Backlogの評判・口コミ

ボクシルでの評判
4/5
自社内での開発と営業のやり取り管理だけではなく、お客様と導入支援チームのやり取りなど、使いようによっては、いろいろな使い方が可能で、利用シーンが多いシステム。システム上で管理することで、ブラックボックス化を防ぐことが可能で、進捗の見える化や、コミュニケーションの効率化ができる。
投稿者プロフィール
利用状況 : 現在は利用していない
投稿日 : 2023/12/05
利用アカウント数 : 501件〜1000件
業界 : コンサルティング・専門サービス
4/5
複数の会社が参加するプロジェクトでのタスク管理がわかりやすいです。期日などを決めればガントチャートにもなるので、お互いのプロジェクト進捗を可視化できる点が良い点だと思います。ただ、ファイルのアップロード制限や検索のしづらさなど、不便に感じる部分もちらほら
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/12/04
利用アカウント数 : 2件〜10件
業界 : IT/通信/インターネット系

kintone - サイボウズ株式会社

kintone

  • 100種類以上のアプリで業務を効率化
  • 必要なアプリを直感的に作成でき、チーム内で共有して使える
  • 通知やスレッドを使って迅速にインシデント情報を共有

kintoneは、サイボウズが提供する業務の効率化と改善に役立つクラウドサービスです。問い合わせ管理やタスク管理、プロジェクト管理、懸案管理、不具合見える化パックといったインシデント管理に役立つアプリのほか、100種類以上のアプリが用意されています。必要なアプリはドラッグ&ドロップで自由に作成できます。

アプリに溜めた各データには指示やアドバイス、コメントを書き込め、条件を絞り込んで一覧画面で表示できます。最新情報の通知機能や変更履歴で、インシデント管理を効率化可能です。

kintoneの料金プラン・費用

初期費用 月額費用 無料トライアル
無料 780円/ユーザー~ 30日間(スタンダードコース)

完全無料のインシデント管理ツール

インシデント管理ツールの中には、完全無料やオープンソースのツールも存在します。代表的なOSSツールは「Redmine」です。

Redmine

Redmine
Redmine
BOXIL SaaS AWARD Winter 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • オープンソースなのでニーズに合わせてカスタマイズできる
  • 月額8,000円からのクラウド版も用意
  • プラグインが充実している

Redmineは、オープンソース(OSS)のプロジェクト管理系のインシデント管理ツールです。クロスプラットホームOSSなので、エンジニアさえいれば環境に合わせてカスタマイズ可能。充実したプラグインを組み合わせることによって、自社に最適化されたプロジェクト管理ツールにカスタマイズできます。無料といってもタスク管理、スケジュール管理、情報共有など必要な機能はひととおり搭載されています。

Redmineの評判・口コミ

ボクシルでの評判
4/5
タスク管理や、インシデント管理の定番ツール。各タスクをチームで共有しながら、チケットという形で管理、割り当てが可能。WEBベースで操作できるため、チームや社内で簡単に共有が可能。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/09/15
利用アカウント数 : 31件〜50件
業界 : IT/通信/インターネット系
5/5
インシデント管理を行うために必要な入力項目が設計でき、ステータス管理や期日を管理することが可能となる。また、蓄えたインシデントを照会することで過去同件などを探すことが可能で非常に利便性が高い。
投稿者プロフィール
利用状況 : 利用中
投稿日 : 2023/02/20
利用アカウント数 : 51件〜100件
業界 : IT/通信/インターネット系

インシデント管理ツール活用のメリット

インシデント管理ツールを活用するメリットは次のとおりです。業務効率化、ミスの削減、再発防止の観点からも導入が求められます。

さまざまなチャネルの対応を一元管理できる

インシデントはさまざまなチャネルで発生します。問い合わせならばメール、電話、SNSなどさまざま場所で発生して、どこかのチャネルの管理ができていない場合、対応漏れや遅れからクレームにつながったり、機会損失が発生したりする恐れがあります。

インシデント管理ツールを活用し、チャネルを一元管理すればこのようなチャネルの管理ミスによるトラブルを防止できます。

データ入力、事務作業の手間が省ける

たとえば、プロジェクト管理をする際に日報にタスクの進行状況を記載、それをもとにプロジェクト管理者がタスクの進行状況をExcelに転記といったオペレーションを組むと、Excelへの転記の段階で入力ミスが起こる可能性があり、時間もかかります。

インシデント管理ツールを活用すればこういった手間やミスも削減できます。

状況を可視化、ミスや遅れを発見しやすい

システムによりインシデント対応の進捗状況を可視化すれば、ミスや遅れを発見しやすくなります。また、コメント機能で申し送りすれば、対応の際の注意点もわかるので、引継ぎミスで発生するトラブルも防げます。

インシデントの再発と重大インシデントの防止

インシデント管理ツールで、インシデントの原因を調査・分析することで、インシデントの再発防止のための改善策を導き出せます。また、重大インシデントにつながるシステムエラーや不具合を早期に検出することで、システムダウンやサイバー攻撃のリスクを低減できます。

Excelによるインシデント管理表で十分?

企業によっては、Excelやスプレッドシートによる「インシデント管理表」を使って、インシデント管理を行っていることもあります。ただし、Excelやスプレッドシートによるインシデント管理には限界があります。

対応状況のリアルタイム共有、プロジェクトなどに関する履歴・バージョン管理は困難で、複雑な処理はできません。また、他システムとの連携も難しいので、業務を効率化させようとしても早期に限界がきます。

ヘルプデスク業務やチームコラボレーションを効率化・促進したいのであれば、Excelで管理するよりも、無料・フリープランのあるインシデント管理ツールで管理するべきです。

比較検討して組織に合ったインシデント管理ツールを選ぼう

インシデント管理ツールは、問い合わせへの対応状況を可視化できる、プロジェクトの進捗を管理できるといったメリットがあります。問い合わせ業務やプロジェクト管理を効率化したい組織、重大インシデントのリスクを低減させたい企業におすすめのサービスです。選定の際は次のポイントに注意して選ぶのをおすすめします。

  • 導入目的を明確にする(問い合わせ対応/プロジェクト管理)
  • 自動化機能を使って効率化できるか
  • 導入コストや無料トライアルの有無
  • ITILへの準拠

インシデント管理ツールに関して深く検討したい方は、サービス資料を請求し比較するとよいでしょう。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超