熱狂的ファンをつくる接客チャット・CRM「チャネルトーク」

チャネルトーク

更新日 2023-11-08
匿名のユーザー
ユーザー
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:2件〜10件
投稿日:2022/10/19
4/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
オンラインでの顧客対応は方法が増え続け複雑化する一方ですが、チャネルトークを利用したチャット対応はシンプルかつ効果的だと思います。 Slackと連携しておけばチャット対応が発生すると同時にSlackへ通知が入るので、対応の機会を逃さずキャッチできます。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
メールでの顧客対応は対応に遅れが出れば出るほど購買意欲の低下につながり、電話対応には労力がかかるにで顧客対応をもっと楽に、そしてスピード感のある方法に変更したいと常々考えていました。 チャネルトークはまず使い方が簡単です。また、シンプルなチャット対応といっても商品リンクが押しやすいボタン表示になったり、チャット画面から遷移することなく商品の販売まで進めることができたりと、シンプルながらコンバージョン達成に向けて細部まで作り込まれています。 今のところチャット対応はメールよりも電話よりも対応に使う労力が少ないうえに商品の販売につながる確率が高くチャネルトークに導入効果は十分に実感できています。
このサービスの良いポイントはなんですか?
  • リアルタイムチャットで購買熱が冷めないうちに対応できます。
  • チャットからの流れでチャット利用者のメールアドレス、電話番号を自然に収集できています。
  • 翻訳機能を使って英語圏の顧客へも問題なくチャット対応が可能です。
このサービスの改善点はなんですか?
  • アナリティクス機能が少ない。
どのサービスと連携して使用していますか?

同じカテゴリのサービスと比較

チャネルトークと気になるサービスの2社比較や、複数のサービスを選択して比較・資料請求できます