2020年体育の日がスポーツの日に変わる?| 由来・英語表現を解説

最終更新日: 公開日:
1964年の東京オリンピック開会式開催日を記念し、「体育の日」が制定されました。2020年の東京五輪開催期間中には1年限りで日付を移動し、「スポーツの日」へと改称することが決まっていました。しかし、東京五輪延期により「スポーツの日」はどうなるのか疑問に思っている方もいるはずです。本記事では2020年の体育の日がいつか、由来、また英語表現など、体育の日について詳しく解説します。
2020年体育の日がスポーツの日に変わる?| 由来・英語表現を解説

体育の日とは

体育の日は「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨として制定された祝日です。10月の第2月曜日と定められており、スポーツ施設の中には施設の使用料を無料、あるいは割引にする、イベントを行うところもあります。

当初は10月10日だった体育の日ですが、「ハッピーマンデー制度」により2000年から10月の第2月曜日へと改められました。

ハッピーマンデー制度は、公務員や中規模以上の企業を中心に週休2日制が浸透したことから、月曜日を国民の祝日とすることで土曜日と日曜日を合わせた3連休とする制度。これにより、成人の日などとともに体育の日も毎年日付が変わることとなったのです。

体育の日の由来

体育の日は、1964年に開催された東京オリンピックに由来しています。

1964年10月10日、東京オリンピックの開会式が行われました。これを記念し1966年、国民の祝日に関する法律に基づき10月10日を「体育の日」としました。

法律では「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨としており、各種スポーツに関するイベントが行われるほか、運動会を開催する学校も多くみられます。

体育の日2020年はいつ?

例年通りであれば体育の日は、10月12日(月曜日)です。しかし2020年は、東京オリンピックの開会式予定日に合わせて7月24日へ移動します。

体育の日はスポーツの日に変更

2017年、超党派の国会議員で構成されるスポーツ議員連盟により、体育の日を「スポーツの日」に変更する改正法案が提出されました。この法案は2018年6月に参議院本会議で可決・成立し、東京オリンピックが開催される2020年以降は「スポーツの日」に改めることとなりました。

1964年の東京オリンピックに由来する「体育の日」から、2020年の東京オリンピックから「スポーツの日」に変わります。2020年では、10月の2週目から7月24日に変更することで、東京オリンピック開会式当日を祝日にする狙いがあります。

スポーツの日が7月24日になるのは、東京オリンピックの影響であるため、オリンピック後は10月の第2月曜日に戻ります。

東京オリンピックに合わせた祝日変更

2020年の東京オリンピック開催に合わせて、1年に限った祝日の移動が決定しています。

2020年に限り、7月24日のオリンピック開会式の前日と当日、そして8月9日の閉会式の翌日を祝日とします。7月第3日曜日の「海の日」を開会式前日の23日に、10月第2月曜日の「体育の日」を24日の開会式当日に、8月11日の山の日を閉会式翌日の8月10日にあてます。

通勤や通学の混雑を抑えて、選手や関係者、要人の移動に伴う交通規制や観光客による混雑を緩和させられることを目的としているものの、祝日を1年限りで変更した例はなく、経済活動への影響が大きいとして慎重な検討を求める意見もあります。

祝日名 2020年の変更内容
海の日 7月の第3月曜日(2020年は7月20日)→7月23日に
体育の日(スポーツの日) 10月の第2月曜日(2020年は10月12日)→7月24日に
山の日 8月11日→8月10日に

東京オリンピック延期により体育の日はどうなる?

2020年における3つの祝日は、東京オリンピックに向けて日程を変更していました。しかし、新型コロナウイルスの影響により東京オリンピックは延期されています。

政府・与党は、東京オリンピック延期に伴い、海の日、体育の日、山の日は2021年も2020年のように変更する方針であると発表しています。また、2020年はオリンピックが行われませんが、国民生活への影響を考慮し、移動後の日程のままにしておくそうです。

体育の日を英語でいうと?

そんな体育の日ですが、英語では「Health-Sports Day」あるいは「National Sports Day」といいます。

訪日外国人が増加し続けるなかで、外国の方に日本について質問を受けることもあるでしょう。たとえば東京オリンピックについて質問を受けた時に、英語で体育の日とその由来について説明できると、よりコミュニケーションが弾むかもしれません。

体育の日まとめ

体育の日は、1964年に行われた東京オリンピックの開会式を記念して1996年、10月10日に定められました。その後、2000年より毎年10月第2月曜日へと変更。土日合わせて3連休となったことで、イベントなどを通じてよりスポーツに親しみやすい祝日となりました。

2020年には、東京オリンピック開会式当日の予定だった7月24日へ1年限定で移行するほか、2021年も開会式の日程にあわせて日付けを調整する見込みです。また、2020年以降「スポーツの日」と名前を改めることが決まっています。

体育の日は英語で「Health-Sports Day」あるいは「National Sports Day」といいます。外国人観光客にも説明できると、コミュニケーションが弾むきっかけになるかもしれません。