コピー完了

記事TOP

金融業界向け電子契約システムおすすめ比較!解決できる課題

最終更新日:(記事の情報は現在から401日前のものです)
BOXILでは、金融業界向けにおすすめの電子契約システムを、金融業界で役立つ機能とともに紹介します。また、金融業界でよくある課題について、電子契約システムでどのように解決できるのか解説します。

【厳選】おすすめ電子契約システムをまとめてチェック!
電子契約システムの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめ電子契約システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的な電子契約システムを含むサービスを徹底比較しています。ぜひ電子契約システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

金融業界で活用できるの電子契約システムの機能

電子契約システムとは、契約書を電子化してやりとりするシステムです。電子契約システムには電子署名機能だけでなく、契約書作成や承認ワークフローのような機能があります。金融業界では、非対面での契約締結や契約書類の一元管理などの機能によって、業務効率化ができたりコスト削減を解決できたりします。

ドキュサイン・ジャパンの調査によると、2022年の金融業・保険業での電子契約導入状況は55%と半数を超えています。2021年度の調査では32%だったので、金融業界では今後も導入が増加していくと考えられます。

【比較表】電子契約システム比較!おすすめサービスの選び方・料金 2024年最新
電子契約サービスの代表的システム徹底比較!料金や口コミをはじめ「相手方もアカウント登録が必要か」「当事者型か立会人...
詳細を見る

※出典:PR TIMES「電子契約/電子署名の利用率は1年で約2倍に ― ドキュサインが『電子署名レポート2022』を公開」2022年8月2日公開(2023年5月18日閲覧)

金融業界における契約の課題

金融業界では、融資や保険商品の販売などを行う必要があり、それにあたって契約業務にまつわる課題が発生することがあります。普段の業務で解決すべき課題はどれか、確認してみましょう。

書類作成・押印の手続きが多く、業務効率が悪い

金融業界では、契約書や証明書などの書類を作成することが多く、その点が課題になっています。また、紙の契約書では印紙税がかかるため、コストも高くなります。さらに、郵送や保管にも時間やスペースが必要で、業務効率が低下する場合もあります。

電子契約で印紙税が不要になる理由は?収入印紙と課税文書の基礎知識
印紙税とは、商取引の契約書や請負契約書、領収書などに「収入印紙」を貼ることで納める税金です。契約書の記載金額によっ...
詳細を見る

テレワークや非対面取引に対応できない

金融業界では、法的な証拠力やセキュリティのため紙の契約書を使うことが多く、その点が課題になっています。また、コロナ禍によって非対面での契約手続きを望む顧客が増えており、契約機会の減少や遅延につながる可能性があります。

金融業界の課題を電子契約システムで解決できる理由

金融業界では、「書類作成・押印の手続きが多く、業務効率が悪い」「テレワークや非対面取引に対応できない」など契約業務に関する課題がありますが、電子契約システムを使えばそれらの課題も解決できます。契約業務の課題を解決できる理由を、電子契約システムの機能や詳細とともに説明します。

ペーパーレス化で業務を効率化できる

電子契約システムは、ペーパーレス化を実現することで金融業界に多い書類作成や郵送などのコストや時間を節約できます。 電子契約ではタイムスタンプや本人確認など、契約書の真正性を高める機能が備わっているため、顧客からの信頼も向上するでしょう。

電子契約で印紙税が不要になる理由は?収入印紙と課税文書の基礎知識
印紙税とは、商取引の契約書や請負契約書、領収書などに「収入印紙」を貼ることで納める税金です。契約書の記載金額によっ...
詳細を見る

非対面で契約を行える

電子契約システムは、非対面でも契約が可能です。 新型コロナウイルスの影響で対面契約が難しくなっている今、これは大きなメリットです。 また、顧客の利便性だけでなく、金融機関側も事務作業や経費の削減にも期待でき、モバイル端末に対応したサービスもあるので、場所や時間に制限されずに契約手続きができます。

金融業界向け電子契約システムおすすめ比較

金融業界に特化した電子契約システムや金融業界にて導入されている電子契約システムを紹介します。自社に導入するシステム選びの参考にしてください。

【特典比較表つき】『電子契約システムの資料17選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『電子契約システムの資料17選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

クラウドサイン - 弁護士ドットコム株式会社

クラウドサイン
クラウドサイン
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

クラウドサインは、スマートフォンやパソコンから簡単に契約書を作成・送付・署名・保管できる電子契約システムです。複数部署管理機能で、書類の編集やキャビネットとの紐付けの権限を細かく設定できます。よって、契約業務を厳密に管理しながら、コストと時間を削減できるサービスです。

金融業界だけではなく、官公庁・自治体や士業でも広く導入されており、デジタルトランスフォーメーションをしたいならおすすめのサービスです。

ドキュサインの電子署名 - ドキュサイン・ジャパン株式会社

ドキュサインの電子署名
ドキュサインの電子署名
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

ドキュサインの電子署名は、世界中で利用されているグローバル対応の電子契約システムです。ただ署名するだけではなく、企業ロゴやブランドカラー設定も可能なため、法的な信頼性や効力を確保しながら、業務効率や顧客満足度を向上させられます。

金融業界だけではなく、不動産業界や医療業界でも広く導入されており、業務効率化やコスト削減をしたいならおすすめのサービスです。

ONEデジDocument - リーテックス株式会社

ONEデジDocument
ONEデジDocument
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 機能満足度No.1
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

ONEデジDocumentは、金融機関と同水準の厳重な本人確認を実施している電子契約システムです。国の指定機関であるTranzax電子債権株式会社への利用者登録をしています。ワンタイムパスワードや二要素認証機能もあるため、セキュリティが充実しています。

金融業界だけではなく、建築業界や飲食業界でも導入されており、デジタルトランスフォーメーションを推進したいならおすすめのサービスです。

金融業界向け電子契約システムで業務効率化しよう

電子契約システムは、契約書を電子化してオンラインでやりとりできるサービスです。金融業界で契約業務に悩んでいる場合は、電子契約システムを導入することで、業務効率化やコスト削減ができるためおすすめです。

電子契約システムでは業界を問わず、電子署名やタイムスタンプの機能で契約書の法的効力や安全性を確保できるメリットもあります。非対面や遠方の顧客ともスピーディに契約を締結できるため、顧客満足度の向上にもつながります。

金融業界向け電子契約システムを導入する際には、金融機関の業務プロセスに合わせてカスタマイズできるかや、金融機関向けのセキュリティ対策が施されているか確認し、金融業界で導入実績の多いサービスを選びましょう。

また、金融業界では電子契約システムに関連して、次のようなサービスも導入されています。あわせて検討してみてください。

新選び方ガイド:電子契約システム導入ガイド_20240322.pptx (2).pdf
電子契約システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
電子契約システムの最近更新された記事