プロジェクト管理・工数管理の関連情報

Miro
の料金・機能・導入事例

最終更新日 : 2024年06月12日 10:52
SaaS AWARD受賞実績
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 初期設定の容易さNo.1
サービスの説明

Miroのおすすめポイントは、1,000以上のテンプレートを活用できる点と、さまざまなニーズに対応できる機能が搭載されている点です。

進捗管理やアイデア出しのテンプレート、フレームワーク、マインドマッピング、ワイヤフレーム、ブレインストーミング、分析、UIUXデザイン、アジャイル開発に役立つテンプレートなどを1クリックで利用可能です。

UIが優れておりメニューは日本語に対応しています。会議の生産性向上を支援するファシリテーション機能も多く搭載されているため、会議や研修、オンラインワークショップ、大学の授業まで広く「オンラインでの共同作業」に使われています。

付箋や付箋の自動グルーピング、投票、ビデオチャット、アイスブレイクテンプレート、スタンプ、タイマーといった機能や、SSO、Microsoft 365やGoogle Workspaceなど豊富なアプリケーション連携で業務の効率化を助けます。また、フローチャートやスイムレーン、計画用ロードマップなど情報の可視化に役立つフレームワークや作図機能を活用した図面管理も可能です。

サービス画面 / UI

Miroのスクリーンショット1
Miroのスクリーンショット2
Miroのスクリーンショット3
Miroのスクリーンショット4
Miroのスクリーンショット5
Miroのスクリーンショット6
Miroのスクリーンショット7
インセプションデッキ
プロジェクト宣言やインセプションデッキも、テンプレートやタイマー機能を使って楽しくチームで取り組める。
ガントチャートやWBS
ビジネス部門のユーザも直感的に書き込める優れたUX。チームメンバーを選ばない自在なやり方を選択できる。
バックログ、要件定義、議事録
議論の過程を構造化して表現。データソースも簡単に添付できるので、途中参加メンバーもキャッチアップが早い。 要件や機能のアイディア出しも、付箋を自動でグルーピングするスマート機能など、議論の拡散と収束まで支援してくれる。
デイリースタンドアップ、ふりかえり
毎日使っても2年分を超える豊富なアイスブレークやふりかえりテンプレートは、日々のアジャイル開発現場で心理的安全性を高めるのに役立つ。
キックオフのアクティビティ
初めて顔を合わせるチームでも、楽しく自己開示できるアクティビティをテンプレートから選んで進行を滑らかに。
トレードオフスライダー
テンプレートでもオリジナルでも、やりたいことを自在に叶えられる、分かりやすくてフレキシブルなUI。
アジャイル開発を支援する専用ツール群
Figma連携、ワイヤフレーミング、チーム全員でプランニングポーカーできる「工数見積」、ガチャを実現する「ルーレット」、コードブロックなど、開発現場のペインを解消する機能が充実!
Miroのスクリーンショット1
Miroのスクリーンショット2
Miroのスクリーンショット3
Miroのスクリーンショット4
Miroのスクリーンショット5
Miroのスクリーンショット6
Miroのスクリーンショット7
画像をクリックすると左側に表示されます

料金プラン一覧

無料プランあり
Free
プラン価格
月額/ユーザー
初期費用
最低利用人数
最低利用期間

メンバー数に制限がなく、無料でMiroを始められるプラン

Starter
プラン価格
月額/ユーザー
初期費用
最低利用人数
最低利用期間

より生産性の高いコラボレーションを叶えるボード数無制限のチーム向けプラン

Business
プラン価格
月額/ユーザー
初期費用
最低利用人数
最低利用期間

高度な機能とセキュリティを備え、チーム以外のメンバーとの拡大したコラボレーションを可能にするプラン

■料金
20ドル/メンバーあたり月額
※月間払い

■Starterプランの全機能+以下の機能
・チームやクライアントごとにボードを無制限で使用できる、プライベートで安全なワークスペースが無制限

・非公開ボードやチームボード上で、ゲスト数の制限を受けずにチーム外のメンバーと安全にコラボレーションログインが必要です

・BPMN、UML、AWS、Google、Azure、Ciscoなどから2,000件以上の高度なダイアグラム作成図形を使って、プロセスやシステムを簡単に視覚化

・Miroのスマート会議で、コンテンツ管理、アジェンダ設定、小グループセッションや投票などのアクティビティーの実施を図るためのさまざまなツールを使用して、会議やワークショップの効率を向上

・OKTA、OneLogin、Auth0などを通じたシングルサインオン(SSO)を使用して、安全で簡単なアクセス

・メンバー数1名から

■主な機能
・編集可能なボード数
無制限

・Miroのテンプレート

・カスタムテンプレート

・非公開ボードの共有

・ボードのエクスポート
アドバンス

・インテグレーション
基本ツールに加えJira、Confluence

・投票

・タイマー

・プロジェクト

■高度なコラボレーション
・ビデオチャット

・Miroスマート会議

・Miroスマートダイアグラム

■コラボレーションでの役割
・メンバー

・ゲスト

・ビジター

■管理とコントロール
・ボードの手動バックアップ

・ボード履歴

・一つのアカウントで全チームを管理

・チーム規模でのアプリ管理

■開発プラットフォーム
・REST APIs

・WebSDK

・リアルタイムでの埋め込み

・ディベロッパーチーム

■セキュリティ
・GoogleやOffice 365、Slackを使用した認証

・SAMLシングルサインオン(SSO)

■サポートとアフターケア
・ヘルプセンターのナレッジベース

・メールでのサポート

・選べる支払方法

Enterprise
プラン価格
月額/ユーザー
初期費用
最低利用人数
最低利用期間

サポート体制やセキュリティおよび管理機能を備え、組織全体でMiroを活用してビジネスを成長させるプラン

■料金
要問合せ

機能ごとの評価

連携サービス

Google Workspace
Microsoft 365
Asana
Jira

Miroの口コミ・評判

4.29
レビュー分布
(62)
(93)
(12)
(1)
(0)
従業員規模
1~10
(47)
11~30
(20)
31~100
(26)
101~500
(34)
501~
(40)

レビューを書いてみませんか?

製品に関するあなたの意見や感想を自由に公開できます。サービス向上に役立つ、さまざまな意見や感想を投稿してください。

口コミサマリー

Miroの良い評判・口コミ
UIが分かりやすく、直感的に操作ができるため、今までに使ったことのないメンバーでも導入時の負担が少ない
リアルタイムで複数人での操作が可能で他の人の操作状況がわかる
豊富なテンプレートやアイコンで、視覚的にわかりやすいボードが作成できる
Miroの改善点
モバイルアプリがデスクトップ版と比べて一部機能が使えない(?)点は改善してほしい
直感的な操作性を重視しているだけあり、検索しないと使い方が分からない機能がある
大きなダッシュボードで操作ができるため、ディスプレイが小さい時には隠れてしまう情報の把握が難しい場合もある
ピックアップ 口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
メーカー/製造系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:31件〜50件
投稿日:2024/06/08
5/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
様々な用途に対応したテンプレートが豊富にあるので、プロジェクト計画からブレインストーミングまで、あらゆる業務に使えます。クラウド上で操作でき、メンバーが同時に書き込めるので、大きな模造紙を囲んで話し合っているような感覚で、アイデアを出し合えます。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
プロジェクトの全体像を把握するのが大変でした。情報が文書に散らばっていたため、進捗状況を理解するのに時間がかかったんです。Miroを導入してからは、状況が一変しました。プロジェクトの流れを表現できるので、一目で把握できるようになりました。ワークフローも可視化できるので、誰がどの仕事を担当しているかも明確になり、連携もスムーズに行えるようになりました。
匿名のユーザー
ユーザー
メーカー/製造系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:1件
投稿日:2024/06/09
4/5
在籍確認
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
オンラインでグループワークがあるワークショップをやる時にみんなで一斉に作業、アイディア出しなどができて、画面で表示されるのが便利。一部使いづらい点もあるので4点にしました。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
オフラインだと紙やホワイトボードを使ってみんなが自由に書き出したりしていたが、最近だとオンラインワークショップなども増えてきて、そうした時に紙やホワイトボードの代替となるものが欲しかった。miroはそれを実現してくれるツール。
匿名のユーザー
ユーザー
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:11件〜30件
投稿日:2024/05/27
4/5
在籍確認
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
会社でグループ内の情報共有に活用しています。他にもマイクロソフトのTeamsなども使っていますが、Teamsで提供されている「ホワイトボード」と違って、Miroのダッシュボードは遠距離のメンバーの同時編集にも非常にサクサク使うことができ、全体の活動を一瞥できるのが非常にわかりやすくて良いです。逆に、タイムラインなどの時系列の把握はほかのツールのほうが向いていると感じます。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
①導入前の課題 他のグループウェアでチームを作って情報を共有していたが、テキストでのコメントがどんどん埋もれてしまい、時間とともにメンバーのステイタスが見えなくなっていた。また、Teamsのホワイトボードはまだまだ必要な機能を充足していなかった。 ②導入後の効果 ダッシュボードを用いて、それぞれのタスクの進捗具合を各メンバーが自由に更新することができ、一瞥するだけで全体の俯瞰が可能になった。
匿名のユーザー
導入推進者
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:11件〜30件
投稿日:2024/05/22
4/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
デザインや操作性にこだわって作られているので見やすさや使いやすさなどはぴかいち。その分汎用性などはそこまで強くないのでどんな会社にも当てはまるというよりはピンポイントに必要な会社や部署で輝くツールだから
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
導入前はPCに元から入っていたり適当に拾ってきたツールを使って各々でデザインなどを作っていたが認識の共有ができていないため苦労した。そこでミロを導入したらミロを使って図表を作成することで部署内や他部署に共有する際とてもわかりやすくなったことを自他ともに実感した。導入時思いきって部署内で統一したことでより良い効果を生むことができたと思う
匿名のユーザー
ユーザー
コンサルティング・専門サービス
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:1件
投稿日:2024/05/20
5/5
在籍確認
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
チーム全体の生産性が向上し、プロジェクトの進行がスムーズになりました。一方で、Miroの機能を最大限に活用するためには、初期設定やトレーニングが必要ですが、それ以上の価値を提供してくれるツールといえます。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
①ブレインストーミングやアイデア共有は、主にホワイトボードや紙ベースで行われていました。これにより、会議終了後にアイデアをデジタル化する手間がかかり、共有が遅れがちでした。 ②オンラインホワイトボード上でリアルタイムにアイデアを共有・整理できるようになりました。これにより、会議の効率が向上し、終了後すぐにデジタルデータとして保存・共有が可能になりました。

Miroの提供会社

ミロ・ジャパン合同会社
IT/通信/インターネット系
東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井タワー12F
代表者名
五十嵐 光喜
資本金
従業員規模
31~50人
企業URL
https://miro.com/ja/blog/
設立年月

資本金
企業URL
https://miro.com/ja/blog/
レビューを書いてみませんか?

製品に関するあなたの意見や感想を自由に公開できます。

サービス向上に役立つ、さまざまな意見や感想を投稿してください。

プロが教える後悔しない選び方
プロジェクト管理・工数管理ツールの選び方ガイド20240418.pptx.pdf
かんたん30秒!一括資料請求
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非ご掲載ください。※ 2024年3月時点