コピー完了

記事TOP

オンプレミス型のプロジェクト管理ツールおすすめ5選!クラウド型との違い

公開日時:
記事公開時点での情報です。
プロジェクト管理ツールを選ぶ際は、機能や料金だけでなく導入形態も確認しましょう。同じツールでもクラウド型とオンプレミス型に分かれているものもあり、自社に合った形態を選ぶことで、運用コストの削減や業務の効率化が実現します。プロジェクト管理ツールの導入形態について解説し、おすすめシステムを比較します。

プロジェクト管理ツールとは、スケジュールやタスクをまとめて管理できるツールです。ほかにも、メッセージや作業時間の集計など、さまざまな機能を搭載したものがあります。自社に必要な機能の揃った、扱いやすいツールを導入することで、よりタスク管理を効率よく行えます。

プロジェクト管理ツールを導入する際は、機能や料金だけでなく、導入形態にも注目しましょう。一般的に、プロジェクト管理ツールはオンプレミス型とクラウド型に分かれます。

\ 失敗しないシステム導入のために! /

オンプレミス型のプロジェクト管理ツールがおすすめの企業

大規模なチームで進めるプロジェクトや、工数の多いプロジェクトを円滑に進めるために欠かせないのが、プロジェクト管理ツールです。

プロジェクト管理ツールの導入形態にはクラウド型とオンプレミス型の2種類あり、それぞれの特徴とおすすめの企業規模は次のとおりです。

項目 クラウド型 オンプレミス型
特徴 ・導入費用が安い
・オンライン環境で利用可能
・システム環境はベンダー依存
・導入費が高い
・セキュリティが強固
・カスタマイズ性が高い
おすすめ企業規模 ・ベンチャー企業
・中小企業
・大企業
・大企業

オンプレミス型のプロジェクト管理ツールの特徴

オンプレミス型はCD-ROMやWebから、PC・サーバーなどの端末にインストールして使うシステムです。ダウンロードして使うシステム全般を指し、クラウド型に対してオンプレミスと呼ばれるようになりました。

オンプレミス型のプロジェクト管理ツールは、基本的にシステムの入った端末か、ツールをインストールした端末に接続された端末からでないと扱えません。クラウド型のような、Webを介したリアルタイムなデータ連携もできません。

一方で、通信環境の影響を受けずに使えるメリットもあります。インターネット通信がない環境では使えないクラウド型と違い、オンプレミス型はオフラインでも使えます。もちろん、通信環境が悪くなったり動作が遅くなったりすることもありません。

クラウド型のプロジェクト管理ツールの特徴

クラウド型とは、Webを通して利用できるサービスやシステムのことです。クラウド型のプロジェクト管理ツールは、PCやスマートフォンなど、Webにつながる端末を介して操作します。

よって、クラウド型のプロジェクト管理ツールを利用する場合、端末で行った操作やシステムにアップロードしたファイルなどは、Web上でリアルタイムに反映されます。メンバー同士が離れた場所にいても、Web上のシステムを通して、共同作業が可能です。

>>クラウドサービスとは?種類別に徹底解説・比較・関連記事一覧

オンプレミス型のおすすめプロジェクト管理ツール5選

代表的なプロジェクト管理ツールの中から、オンプレミスに対応したおすすめのプロジェクト管理ツールを比較して紹介します。

タスクワールド(Taskworld) - タスクワールド・ジャパン

タスクワールド 画像出典:タスクワールド公式サイト

  • クラウド、オンプレミスの両方に対応
  • 作業時間の集計やメッセージなど、多彩な機能
  • タスクの表示形式が豊富

タスクワールドは、クラウドとオンプレミス、両方に対応したプロジェクト管理ツールです。オンプレミス版では、プロジェクト数もゲストユーザー数も無制限で利用できます。

タスクごとの作業時間を集計してグラフにしたり、ツール内でメッセージのやり取りをしたりできます。作業時間のデータを業務効率化に役立てられる、1つのツールでタスク管理もコミュニケーションも完結するなど、使い勝手の良いツールです。

機能 詳細
アプリ対応
個人利用
ガントチャート機能
テンプレート機能
導入形態 クラウド、オンプレミス
連携サービス Google Drive、Dropbox、Outlookなど
対応言語 日本語、英語、フランス語、韓国語、中国語、インドネシア語など他多数
無料プラン なし
無料トライアル ◯(期間は要問い合わせ)

Backlog - 株式会社ヌーラボ

  • オンプレミス版はファイル容量無制限
  • 優先度の高いタスクを明確にする
  • タスクを親子関係ごとに一覧表示

Backlogは、ファイル容量無制限のオンプレミスバージョンも選べる、プロジェクト管理ツールです。プロジェクトの進め方や各タスクの担当者を明確にしながら、進捗を管理できます。

各タスクには細かなToDoリストや期限、優先度や担当者など、さまざまな情報を登録できます。タスクがマイルストーンのどのフェーズにあるのかも登録できるため、プロジェクト全体の中で「今、何をすべきか」をはっきりさせやすいです。親子関係にあるタスクを一覧表示でき、各タスクの担当者やステータス、期限が見やすくなります。

機能 詳細
アプリ対応
個人利用
ガントチャート機能
テンプレート機能
導入形態 クラウド、オンプレミス
連携サービス Slack、ChatWork、Redmineなど
対応言語 日本語
無料プラン なし
無料トライアル 30日間

[fixed-sentence-services-463-button]

マンモスプロジェクト - パラダイスウェア株式会社

  • オンプレミスや専用仮想サーバーに対応
  • 5つのプロジェクト管理方式
  • プロジェクトマップ方式で、タスクの相関性を俯瞰する

マンモスプロジェクトは、オンプレミスやAWS上での専用仮想サーバーなど、さまざまな環境での導入ができるプロジェクト管理ツールです。もちろん、クラウド型も提供しています。

タスクやプロジェクトの管理方式が多彩で、リスト・カンバン・ガントチャート・カレンダー・プロジェクトマップの5つの表示形式を切り替えながら使えます。

プロジェクトマップ方式はプロジェクト管理ツールの中でも珍しく、タスクを自由に配置し、それぞれを自由に紐付けてタスク管理が可能です。タスク同士の相関性を俯瞰できるため、スケジュールの再調整にも役立ちます。

機能 詳細
アプリ対応
個人利用
ガントチャート機能
テンプレート機能 要問い合わせ
導入形態 クラウド、オンプレミス
連携サービス Skack、Chatworkなど
対応言語 日本語、英語
無料プラン
無料トライアル ◯(期間は要問い合わせ)

Redmine - ファーエンドテクノロジー株式会社

  • オンプレミスからクラウドへの移行も可能
  • チケット式、マイルストーン式のタスク管理
  • グループウェアとしての機能も充実

Redmineはクラウド・オンプレミスの両方に対応し、オンプレミスからクラウドに切り替え可能なプロジェクト管理ツールです。

チケット式のタスク管理ができ、ガントチャートやカレンダーでのプロジェクト管理にも対応しています。チケットをマイルストーンごとに分け、より細かく進捗を管理可能です。Wikiや社内ニュースなどの機能も搭載しているため、グループウェアとしても使えます。

機能 詳細
アプリ対応
個人利用
ガントチャート機能
テンプレート機能
導入形態 クラウド、オンプレミス
連携サービス 要問い合わせ
対応言語 日本語、韓国語など
無料プラン なし
無料トライアル 30日間

JIRA - アトラシアン株式会社

  • オンプレミス版の無料トライアルが可能
  • タスクやメンバーの稼働状況を一元管理
  • ソフトウェア開発に特化したプロジェクト管理ツール

JIRAはクラウドだけでなく、オンプレミス版の無料トライアルもできるプロジェクト管理ツールです。使用感や機能に納得してから、自社に最適な形式で導入できます。

タスクや各メンバーの稼働状況を見やすい画面で管理でき、進捗管理もパフォーマンス改善も、情報を俯瞰しながら行えます。ソフトウェア開発に特化してプロジェクトを管理でき、ナレッジマネジメントや開発ワークフローなどの開発ツールとの連携も可能です。

機能 詳細
アプリ対応
個人利用
ガントチャート機能
テンプレート機能
導入形態 クラウド、オンプレミス
連携サービス 要問い合わせ
対応言語 日本語、韓国語など多数
無料プラン ◯(クラウド版)
無料トライアル 7日間


クラウド型のプロジェクト管理ツールを知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

また、ガントチャート作成機能をメインに探している方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

オンプレミス型のツールを導入する際の注意点

プロジェクト管理ツールに限らず、オンプレミス型のシステムを導入するときには、いくつか気を付けるべきことがあります。

まず、基本的にオンプレミス型は、クラウド型に比べて料金が高いです。クラウド型のような月額料金は発生しないものの、システムを購入するときの初期費用が高く、クラウド型の倍以上の初期費用がかかることもあります。

また、オンプレミス型はWebを介した共同作業やデータ共有ができないことにも注意すべきでしょう。1拠点でプロジェクトを進める場合はそう困りませんが、離れた拠点同士で作業をする場合は、ファイル共有や進捗管理の工数が多くなりやすいです。

最後に、オンプレミス型ではシステムの保守にも手間がかかります。最新バージョンがリリースされたときや、不具合が改善されたときは、都度アップデートしなければなりません。一方、Web上にシステムのあるクラウド型では、上記のような保守はサービス提供会社がWebから行ってくれます。

プロジェクト管理ツールは自社に合った形態で導入する

プロジェクト管理ツールを選ぶときには、機能や料金、操作性だけでなく、導入形態にも目を向けましょう。

たとえば、複数拠点で1つのプロジェクトを進めるような場合や、他社やフリーランスなどと協力して進めるプロジェクトに、オンプレミス型は向いていません

どんなに機能が優れていても、ファイルや情報の共有に時間がかかっては、スムーズな進捗は見込めないでしょう。自社の企業規模や仕事の進め方をよく考え、扱いやすいツールを選ぶことが大切です。

自社に合ったツールを探すときは、多くの情報を集め、各システムを比較してみるといいでしょう。プロジェクト管理ツールの導入を検討する際は、ボクシルの無料でダウンロードできる資料を参考に情報収集し、気になるサービスを比較してください。

\ 失敗しないシステム導入のために! /

関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

プロジェクト管理・工数管理
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
プロジェクト管理・工数管理の最近更新された記事
プロジェクト管理のおすすめアプリ4選!選び方や導入するメリットも
プロジェクト管理ツール比較おすすめ14選 無料プランあり!テレワークに最適
タスク管理&ToDoリスト管理ツール・アプリ比較 | 無料から使えるタスク共有サービス
工数管理ツールおすすめ比較 | 無料から使えるプロジェクト管理ツール
ガントチャートツール無料(フリー)おすすめ8選 | アプリケーションの有無も解説
個人利用におすすめのプロジェクト管理ツール4選!選び方や利用するメリットも
Backlog・Redmine・Trello・Asana・Jiraを比較 | 料金や評判
無料のプロジェクト管理ツール5選!導入に失敗しない選定ポイント
時間管理ツール比較18選【有料・無料】 - タイムトラッキングを行うべき理由とは
プロジェクトマネージャー(プロマネ)とは?意味 - 良いPMになるための役割・条件・スキル・資格