コピー完了

記事TOP

ガントチャートツール徹底比較!フリー(無料)サービスも紹介

最終更新日:
ガントチャートの全てが知りたい!そもそもガントチャートって何?フリーのツールがほしい!オススメのサービスを教えて!プロジェクト管理をエクセルでしたい!すべての声に応えます!有料&無料のガントチャートソフトを徹底比較!

ガントチャートツールでムダなくプロジェクトを管理しよう

プロジェクトを成功させるためには、進捗や全体のスケジュールをしっかりと把握・管理することは欠かせません。その大きな助けとなるのがガントチャートと呼ばれる進捗管理ツールです。

この記事では、ガントチャートがさくっと作れるWebサービスを紹介します。

そもそもガントチャートとは?

ガントチャートとは、企業のITシステムやWebサービスを開発する際の工程管理に用いられる表のことです。

ガントチャートをうまく活用することで「プロジェクト内にどのようなタスクがあって」「いつまでに何をやるべきなのか」をメンバーが簡単に把握できる状態を作り、無駄なくプロジェクトを管理できるのがメリットです。

photo credit : Masaqui

縦にプロジェクト内のタスクを、横に日付を入れ、各タスクのスケジュールを棒グラフのような形で可視化します。

こうすることでどのようなタスクが存在していて、各タスクをいつからいつまでに進めていくべきなのか、その全体像を容易に把握できます。

ガントチャートの大きなメリットは、プロジェクトのスケジュールを1枚の表をぱっと見るだけで把握できることでしょう。

これをチームのメンバーに共有することで、1人1人がプロジェクトの方向性を踏まえた上で各タスクに効率的に取り組めます。

少し形式が異なりますが、工程管理や生産管理の現場でも同様のシートが使われることも多く、その際には工程表という名称が使われるのが一般的です。

まずはここから! 定番ガントチャートツール5選

ガントチャートを使ってみたいけど作るまでがすごく大変そうだと思われる方もいらっしゃるでしょう。そこでここからは簡単にガントチャートが作れるサービスを紹介していきます。

Backlog(バックログ)

1万社以上に導入されている国産のプロジェクト管理ツール。よいコラボレーションを生み出すツールとして開発されたこともあって、コミュニケーションを促進するための機能を備えていることが特徴です。

そのためファイル共有やWiki、バージョン管理など幅広い機能を備えており、その1つとしてガントチャートの作成・管理機能も含まれています。

ペーシックプランが月額2400円から提供されており、シンプルにガントチャートを利用するだけではなく、チャット連携やバーンダウンチャートなど複数人でのプロジェクト管理を効率化したい方におすすめなサービスです。機能やストレージの大きさでプランが5つにわかれており、どれも無料トライアルが可能です。

\30日無料お試し実施中/

Brabio!(ブラビオ)

シンプルながら非常に強力なのがBrabio!。5人までであれば無料で使えるのも大きなメリットです。

簡単にガントチャートが作成できるのはもちろん、エクセルやGoogleスプレッドシートで自作した場合と違い、各タスクの進捗管理の共有や達成率の表示なども同一画面上で行えるためプロジェクトの進み具合も即座に把握できます。

そして何より自分で1からチャートを作るよりもはるかに簡単!作成に時間をかけたくないという人、エクセルは苦手という人にももってこいです。

Jooto(ジョートー)- 株式会社PR TIMES

Jooto(ジョートー)- 株式会社PR TIMES 画像提供:PR TIMES

  • ドラッグ&ドロップで操作がシンプル
  • ガントチャートで全体像と進捗を一覧化
  • 外部ツールへエクスポート

Jootoは、かんばん方式で直感的に扱えるプロジェクト管理ツールです。プロジェクト別にボードを作成し、付箋を貼るような感覚でタスクを入れていきます。タスク単位で進捗を管理しつつ、ダッシュボードで複数プロジェクトも管理可能。SNS感覚で利用できるコミュニケーション機能も備えています。

4名まで無料のフリープランと、1ライセンス417円(税別/月額)〜のスタンダードプラン、同980円〜のエンタープライズプランを用意。規模に応じたプランを選べます。

みんなでガント.com

とりあえずガントチャートを試してみたい! そんな方に向いているのが「みんなでガント.com」です。面倒な会員登録が不要というだけでなく、30日間の試用期間つきで、気軽にお試しできます。日単位でのガントチャートはもちろんのこと、時間単位の管理を行いたいという声にお応えしして、30分単位でガントチャートが作成可能です。

Zoho Projects

クラウド型プロジェクト進行管理ツールZoho Projects(ゾーホー・プロジェクト)は、マイルストーンやタスクリストのほか、当該タスクの完了・未完了の割合、依存関係など、プロジェクトの詳細を確認できるガントチャートを作成可能。期限を過ぎた項目は赤く強調して表示し、スケジュールの変更調整もドラッグ&ドロップ操作で簡単に行えます。また、タスクにカーソルを合わせるとその詳細が表示されワンクリックで編集できます。

5ユーザー、2プロジェクトまで永久無料で利用できる無料プランと有料プランが用意され、有料プランは月額2,400円(税別)から利用できます。

ガントチャートを作れる10の管理ツール

イノピーエム - 株式会社クラウドワークス

イノピーエム - 株式会社クラウドワークス 画像出典:イノピーエム公式サイト

イノピーエムは、工数を可視化し、プロジェクトの進行状況や損益を管理するツールです。

GoogleカレンダーやOutlookカレンダーと連携、ドラッグ&ドロップで直観的に操作可能。スマートフォンからも入力でき、工数管理の効率化を実現します。入力データをもとに自動でレポートやグラフを作成し、働き方を可視化します。メンバー設定や項目設定を細かく変更できる、管理機能も充実しています。

Gantter

海外のガントチャート作成ツールGantter。日本語に対応していないというのが1つのネックにはなりますが、無料で使えるのが利点です。

他のサービスに比べて細かい機能が少なく非常にシンプル。ガントチャートを作ってスケジュールを管理できればそれで十分という方には使い勝手がいいサービスといえるでしょう。

Wrike(ライク)

こちらもチームで仕事をする際の手助けをしてくれる、海外発のプロジェクト管理ツールです。

PayPalやAmazonなど海外の有名な企業で導入されている実績あるサービスで、5ユーザーまでなら機能は限定されますが無料でも使えます。

タスク管理やファイル共有といった基本的な機能から、有料版では非常に洗練されたガントチャートの作成や、タスクにかかった時間を測定できるタイムトラッキングなど生産性を高めるための強力な機能が満載です。

ガントチャートを作成するためのプロフェッショナルプランは1ユーザーあたり月額9.80ドルからとなります。

Redmine(レッドマイン)

ソフトウェア開発など、IT企業のエンジニアの方の間で特に多く利用されている印象のある"オープンソースの"プロジェクト管理ツール。

無料で利用できる上に、自社に合わせてカスタマイズができる点も評価が高くIT企業で好まれている要因となっているようです。

ガントチャートの作成はもちろん、ここのタスクに費やしている時間など細かい進捗把握もできますし、Wiki機能などもあって非常に充実しています。

がんすけ

非常にシンプルでオーソドックスなダウンロードタイプのガントチャート作成サービスです。

海外のサービスには抵抗があるという方や、あまりごちゃごちゃしておらずシンプルにスケジュール管理だけができるツールを求めている方には合っているのではないでしょうか。

フリーウェアのがんすけに加えて、2,160円で使用できるパワーアップ版のがんすけ2も提供されています。

GANTTplanner(ガントプランナー)

スケジュールの管理や共有にGoogleカレンダーを使っているという方も多いのではないでしょうか?

そんな方は必見なのがGoogleカレンダーに登録している予定をガントチャートの形に変えてくれるGANTTplanner。

海外のサービスのため日本語対応していないのが残念な点ではありますが、Googleカレンダーユーザーであればガントチャート作成の手間も少なく非常に使いやすいサービスです。料金は月額19ドルから。

Tom's Planner(トムズプランナー)

世界的に多くのユーザーを抱えるプロジェクト管理ツール「Tom's Planner」。

このサービスもシンプルな操作でガントチャートを作れますが、最大の特徴は豊富なテンプレートが用意されていること。初めてガントチャートを作るという場合や、急にガントチャートが必要になったという場合にもこのテンプレートを活用することで質の高いチャートがすぐに作れます。

Project Canvas(プロジェクトキャンバス)

非常にオーソドックスなダウンロードタイプのガントチャート・工程表作成ツールProject Canvas。5000以上の事業者に導入されている実績があります。

国内初のサービスのため英語に抵抗があるという方でも心配いりません。オンラインマニュアルやサポートもしっかりとされているので、webサービスに不慣れな方でも使いやすいのではないでしょうか。

Elegantt(エレガント)

先ほどGoogleカレンダーと連携して使うGANTTplannerを紹介しましたが、こちらのEleganttはプロジェクト管理ツールとしておなじみのTrello(トレロ)と連携して使うChromeの拡張機能です。

インストールとTrelloとの連携作業は非常に簡単。すでにTrelloを使っている方はこれまで登録したタスクをガントチャート形式で見える化できるので是非試してみてはいかがでしょうか?

GanttProject(ガントプロジェクト)

少々ハードルが高めではありますが、無料でかつ高性能なガントチャート作成ツールを探している方に紹介したいのがGanttProject。

ガントチャートの作成やタスク管理、進捗管理などチームで仕事をする際に必要な機能が一通りそろっており、複数のファイル形式でエクスポートも可能です。

ガントチャートでプロジェクト管理を効率化

ガントチャートツールと言っても非常にたくさんのものがあります。現在の状況やチームメンバーの特徴に合わせて適切なツールを選んでいただければと思います。ガントチャートを有効活用して、プロジェクトを成功に導いてくださいね!

下記の記事ではガントチャートを取り入れることでより効率化する、プロジェクト管理のサービスを幅広く紹介しています。

プロジェクト管理の機能・価格比較表

こちらでは各プロジェクト管理の機能と料金の比較表を掲載しています。スケジュール・進捗管理、タスク管理等といったポイントがひと目で分かるようになっています。ぜひご活用下さい。

また、ボクシルではプロジェクト管理のサービス資料を一括でダウンロード可能。気になられた方は次のボタンからダウンロードしてください。

プロジェクト管理の機能比較表

ツールによって対応している機能がちがう印象です。どの機能が必要なのかを明確にしてツールを選択するかが、導入成功の鍵になるのではないでしょうか。

スケジュール・進捗管理 タスク管理 コスト管理 ソーシャル ファイルデータの保存・共有
TimeCrowd × × ×
クラウドERP ZAC × -
JIRA - -
Brushup - - -
Wrike - -
Jooto -
Teamoffice ×
Time Krei -
みんなでガント ×
clarizen
Backlog -
My Redmine - -
GroupCamp Project -
HelpBoard - - -
MA-EYES × ×
Sciforma 7.0 ×
TimeTrackerFX ×
InnoPM ×
Project Canvas × ×
Genie Frame ×
Plaza-i × -
FCタイムレポート × × ×
SynViz S2 × × ×
SI Object Browser PM
CA PPM - - -
BeingManagement3 × ×

プロジェクト管理の価格比較表

TimeCrowdは初期費用が0円で、利用料も500円からと、お手頃な料金で利用できます。無料で利用できるものから、それなりの費用を伴うものまで様々です。ツールを選ぶ際に機能を重視するのはもちろんですが、予算と照らし合わせて適切なものを選択するのも大切です。ぜひこの比較表を参考にして下さい!

初期費用 利用料 月額/ユーザー 無料お試し期間あり 無料プランあり
TimeCrowd 0円 500円〜 -
クラウドERP ZAC ソフトウェアライセンス費用(利用人数×利用機能)+導入支援機能(支援内容毎に変動) 50,000円〜 50,000円/月〜 × ×
JIRA - $10〜 $10/月〜 ×
Brushup(ブラッシュアップ) - 3000円〜 - -
Wrike 0円 0円 0円/月~ ×
Jooto 0円 980円〜 0円/月~ ×
Teamoffice 0円 2,000円〜 2,000円〜
Time Krei Time Krei本体(グループウェア機能・プロジェクト管理機能)、50ユーザーライセンス、導入支援、初年度年間利用料 - - ×
みんなでガント 0円 0円 0円/月~ ×
clarizen 0円 6,000円/年~ 6,000円/年〜 ×
Backlog 0円 2,000円〜 2,000円〜 ×
My Redmine 0円 8,000円〜 8,000円〜 ×
GroupCamp Project 0円 $49/月〜 $49/月〜 ×
HelpBoard 100,000円 50,000円/月〜 50,000円/月〜 ×
MA-EYES - - - ×
Sciforma 7.0 - - - ×
TimeTrackerFX - 180,000円〜 - ×
InnoPM 0円 5,000円/月〜 5,000円/月〜 ×
Project Canvas - - 4,320円/年〜 ×
Genie Frame - 2,480円/月〜 2,480円/月〜 ×
Plaza-i - - - × ×
FCタイムレポート - - - × ×
SynViz S2 - - - × ×
SI Object Browser PM - 504,000円/年(20ライセンス)〜 504,000円/年(20ライセンス)〜 × ×
CA PPM - - - ◯(英語) ×
BeingManagement3 - - - × ×

プロジェクト管理・工数管理に関連する記事紹介

チームで簡単共有!シンプルで簡単なプロジェクト・タスク管理サービスまとめ

仕事をしていると、タスク管理やチームのプロジェクト管理って意外と面倒だったりしますよね。
そんなみなさんに、「シンプルに簡単なプロジェクト・タスク管理サービス」を紹介します。

ちょっとしたコミュニケーションも取れちゃう機能もあって、仕事がはかどりそうです。

ToDo管理ツール・アプリ15選!ToDoリスト管理はクラウドで!無料あり

ひと昔前は、付箋やエクセルで、ToDoリスト(やることリスト)を作成していた人も多いでしょう。しかし今は、クラウドTodo管理ツールが数多く登場しています。

Todo管理ツールとは、スマホやPCで簡単にやることリストを作成し、更新できるサービスのこと。

今回はiPhoneなどのスマホやPC両方でチェックできるものから、クラウドでメンバーと共有できるものまで、目的別にToDo管理ツール15選を紹介します。

時間管理アプリ・ツール12選!タイムトラッキングツールを使った時間管理術

皆さんは、日々のあらゆるタスクをどのように処理していますか?時間に追われて、複数の業務をこなすことに難しさを感じている方も多いのではないでしょうか。
時間管理ツールは、そんな悩みを解決してくれる、作業効率を上げるのに欠かせないツールです。複数のタスクにかかる時間を同時に管理したり、記録に残したりすることができます。このツールを活用することで、タスクに優先順位をつけ、何をすべきかを可視化することができるのです。

そんな便利な時間管理アプリ・ツール(タイムトラッキング)12個をご紹介します。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

プロジェクト管理・工数管理
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
この記事で紹介されたサービス
プロジェクト管理・工数管理の最近更新された記事
Asanaの使い方・登録・料金・Slackタスク連携方法 | 無料でプロジェクト管理を
進捗管理とは | プロジェクトを計画通りに進めるコツ・失敗例と解決策
BPM(ビジネスプロセスマネジメント)とは | 目的と活動・特徴・メリット・おすすめサービス
タスク管理とは?方法・やり方・必要性 - コツや注意点も
タイムマネジメントとは | 成功させる6つのコツ・意味・方法
【無料】Googleスプレッドシートを最強プロジェクト管理ツールにする方法【裏技】
プロジェクトマネージャー(プロマネ)とは?意味 - 良いPMになるための役割・条件・スキル・資格
プロジェクトマネジメントとは?プロジェクトを管理する代表的な手法を解説
プロジェクト管理ツール比較おすすめ20選|無料プランあり・テレワークに最適
時間管理ツール比較9選 | 機能・特徴・活用ポイント【スマホ・PC】