コピー完了

記事TOP

工数管理ツールおすすめ比較!無料から使えるプロジェクト管理ツール

最終更新日時:
記事の情報は2021-12-16時点のものです。
おすすめの工数管理ツール・プロジェクト管理ツールを比較!フリーツールから無料で試せるツールまで紹介します。クラウドであれば初期費用が抑えられるので、無料のサービスと合わせて中小企業には特におすすめです。

工数管理ツールは非常に数が多く、ツールによって機能もさまざまです。そのため「プロジェクト管理にどれを使うのがベストだろうか」「ツール導入でどれくらい効果が得られるのかわからない」と悩んでいる方も多いでしょう。

この記事ではそんな方に向けて、工数管理ツールの特徴や料金を比較しおすすめのツールを紹介していきます。工数管理ツールの導入を検討する際は、ぜひ参考にしてください。

工数管理ツールとは

工数管理ツールとは、プロジェクトの作業量と担当する従業員の人数を計算し、工数を管理するツールです。工数管理の主な目的は、必要な作業を整理し生産量を高めること。工数管理はプロジェクトの課題を発見できたり問題を解決しやすくなったりと収益改善に役立ちます。

工数を管理する手法の一つとしてExcelが挙げられます。しかし、Excelによるプロジェクト管理・工数管理に限界を感じている方も多いでしょう。そんなときにおすすめなのが、プロジェクト管理ツール・工数管理ツールです。

工数管理ツールの機能

多くの工数管理ツールには次のような機能が実装されています。

  • ガントチャート機能
  • プロジェクト、工数管理
  • レポート機能、工数実績
  • 工数予算、原価管理
  • 勤怠管理

その他、ツールによって工数管理に役立つ機能が備わっています。問題を解決するために必要な機能がある工数管理ツールを選ぶことで、業務効率を改善できます。

工数管理ツールのメリット

工数管理ツールを使うメリットは、次の5つがあります。

  • 進捗報告の手間を削減できる
  • プロジェクトの進捗状況を視覚的に確認できる
  • 作業工程を見える化し、業務改善に役立てられる
  • 組織に合わせてカスタマイズできる
  • 当事者意識を育める

進捗報告の手間を削減できる

工数管理ツールを使えば、進捗報告の無駄を削減できます。

タスク管理ツールを使っていない場合、タスクの進捗をメールやチャットで報告しなければなりません。その際、1つ1つ文面を考えなければならず、手間がかかります。しかし工数管理ツールを使えば、プロジェクトの全体像をチームで共有可能。必要なタスクを事前に登録しておけば、チェックリストを完了にするだけで、メンバーに通知できます。

このように、工数管理ツールの導入によって、進捗報告に費やしていた手間や時間を削減し、本質的な活動に使える時間を増やせます。

プロジェクトの進捗状況を視覚的に確認できる

工数管理ツールを活用することで、プロジェクトの進捗状況を視覚的に確認できます。

チェックリストによるタスク管理では、どの工程にどれくらい時間を使って良いのか把握できません。また、進捗状況が悪くなったときに、どれくらい後ろに倒れる予定なのか、見積もりも立てられません。工数管理ツールであれば、全体像を素早く確認できるため、スケジュール調整が容易です。とくにガントチャートのように、各工程の開始予定日と終了予定日がわかるツールであれば、複雑なプロジェクトも管理しやすくなります。

作業工程を見える化し、業務改善に役立てられる

工数管理ツールを使うメリットに、業務を改善しやすくなる点があります。

たとえば、納期が遅れがちなプロジェクトやチームがあった場合、根本的な原因を見つけなければ、いつまでも苦しい状況が続きます。工数管理ツールを導入すれば、各工程にかかった時間や日数を明確にできます。どの工程で進捗が悪くなるかを明らかにできれば、次から適切に対応できるはずです。

このように工数管理ツールを使うことで、作業工程を見える化し、業務改善を促進できます。

組織に合わせてカスタマイズできる

工数管理ツールによっては、組織に合わせてカスタマイズ可能です。ひとくちに工数管理と言っても、業界や業種によって必要な機能は異なります。

たとえば、プロジェクトの進捗の把握だけでなく、コミュニケーションも取りたい場合、2つの機能を兼ね揃えたツールが必要です。Excelの場合、進捗管理はできますがコミュニケーションは取れません。そのため、コミュニケーションを取るためには別のツールを導入する必要があります。しかし、カスタマイズ性の高い工数管理ツールであれば、使用目的に合わせて柔軟に仕様を変更可能。会社やチームごとに最適化した状態で使えます。

当事者意識を育める

工数管理ツールを導入すれば、従業員の当事者意識を育めます。基本的に、現場の従業員は、自分の仕事がプロジェクト全体にどのような影響を与えているのかを把握できません。

その結果、進捗への意識が甘くなったり、自分のタスクだけに意識が向いてしまったり、「言われたことだけする社員」が育ってしまいます。しかし工数管理ツールを導入すれば、自分のタスクがどのように全体に影響を与えるのか一目瞭然。そのため、自分のタスクだけでなく、プロジェクト全体に意識を向けられる人材が育ちます。

工数管理ツールの選び方・比較ポイント

工数管理ツールを比較するときに大切なポイントは次の5つです。

  • クラウド型かオンプレミス型か
  • ツールの操作性やUIの見やすさ
  • プロジェクトに必要な機能があるか
  • 料金はどのくらいかかるのか
  • 無料プランやお試し期間はあるか

工数管理ツール選びに迷った際は次の選び方を参考にしてください。

工数管理ツールの選び方まとめ
案件やプロジェクト別で収支の可視化を重視したいなら「ZAC」がおすすめ
操作性やタスク管理の見やすさ重視なら「Jooto」がおすすめ
業務レポートや損益グラフの使いやすさを重視するなら「クラウドログ」がおすすめ

クラウド型かオンプレミス型か

工数管理ツールにはクラウド型とオンプレミス型があります。それぞれ特徴があるので、企業にあったタイプを選びましょう。

クラウド型の工数管理ツール

クラウド型は、インストール不要の工数管理システム。パソコンにソフトウェアをインストールする必要がなく、インターネット上でツールを利用します。インターネット環境さえあれば、パソコンはもちろん、スマートフォンからも利用できるため、場所にとらわれません。

導入時に専門知識は必要ないため、初めて工数管理ツールを導入する場合でも安心です。導入コストも低く、まずは気軽に使ってみたい方におすすめです。

オンプレミス型の工数管理ツール

オンプレミス型は、サーバーへソフトをインストールしパソコンを通じてインストールされたソフトへアクセスする方法です。クラウド型と異なりインターネット環境がなくてもツールを利用できます。

しかし、設定には専門知識が必要で、運用や保守も行わなければなりません。システム導入から運用までに時間がかかり、運用中の管理負担は大きいです。システムエンジニアの不足している企業では、扱いづらいでしょう。

ツールの操作性やUIの見やすさ

工数管理ツールを導入する際、ツールの使いやすさや画面の見やすさは重要です。

工数管理ツールは、プロジェクトに関わるすべての人材が、毎日利用します。そのため、操作性の悪いツールを導入してしまうと、機能を使いこなすまでに時間がかかったり、余計な手間が増えてしまったり、業務効率に悪影響が出てしまいます。

また、画面が見づらかったり、ボタンがわかりにくかったり、UIに問題があると細かなストレスが溜まり、一人ひとりの生産性が下がりかねません。

そのため、フリープランや無料のお試しを活用し、チームメンバーに使い心地を聞いてから、導入するようにしましょう。

プロジェクトに必要な機能があるか

工数管理ツールによって、備わっている機能は違います。そのため、プロジェクト管理に必要な機能を明確にし、欲しい機能が揃っているツールを導入しましょう。

同じガントチャートでも、工場の現場とソフトウェア開発の現場では、必要な仕様は違います。目的にあったツールを選ばなければ、導入によって現場を混乱させてしまうこともあるため、十分に検討してから決めるようにしてください。

また、レポートによる分析機能や、ルーティンタスクの自動化など、ツールによって対応しているサービスは異なります。導入目的によって、必要な機能は違ってくるため、目的をしっかりと検討したうえで、ツールを選ぶようにしてください。

料金はどのくらいかかるか

工数管理ツールを導入する際に発生する費用についても確認しておきましょう。

一般的に、工数管理ツールで発生する費用は「初期費用」「月額料金」の2つです。クラウド型であれば、初期費用が発生しないツールも多いため、導入コストを抑えたい場合は、クラウド型を選ぶと良いでしょう。

また、月額料金プランは「利用人数」によって料金が変動するタイプと、「機能や容量」によって料金が決まるタイプの2種類があります。さらに利用人数によって料金が変動するタイプには、「1人ごとに費用がかかるタイプ」と「10人プラン、100人プラン」と、ボリュームによって変動するタイプがあります。

従業員数の少ない企業なら、利用人数で料金が変動するタイプが良いでしょう。「10人プラン、100人プラン…」と、料金が増えていくものよりも、1人増えるごとに料金が増えていくタイプの方が、お得に利用できます。

一方、社員規模が多い場合、1人ごとに料金が変わるプランだと、従業員の出入りによって無駄な手間が発生してしまいます。そのため、人数ではなく機能や容量で料金が決まるツールを選んだほうが、コストを抑えられます。

無料プランやお試し期間はあるか

工数管理ツールは本格導入する前に、お試しで使ってみるのがおすすめです。公式サイトや資料だけでは実際の使用感を掴みきれず、いざ使ってみたら「思っていたのと違う」と後悔する可能性もあります。さらに、ツールによっては初期費用や解約金などの無駄なコストが発生してしまいます。

そのため、できるかぎり無料プランやお試し期間を利用して、使用感を確認し、納得したうえで本格導入を決めましょう。

なお、人数で料金プランが変わる工数管理ツールには、少人数なら無料で利用できるものもあります。小規模チームで使うなら、「〇人まで無料」のフリープランを選ぶのもおすすめです。

工数管理ツールおすすめ比較

工数管理、プロジェクト管理におすすめのツールを紹介します。また、ボクシルでは、プロジェクト管理ツールの口コミや機能、価格をまとめて比較できます。

【厳選】おすすめプロジェクト管理・工数管理ツールをまとめてチェック!
プロジェクト管理ツールの比較表
\DL特典【完全版】機能・価格比較表/

プロジェクト管理ツール・工数管理ツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。進捗の可視化、スケジュール管理、収支のモニタリングなど、さまざまな目的で導入されるサービスの比較にお役立てください。

ZAC - 株式会社オロ

ZAC
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

ZACは、業界ごとに最適化したシステムを使える工数管理ツールです。工数管理はもちろん、経営状態の把握や勤怠管理など、業務効率改善に必要な機能を幅広く揃えています。それに加え、ZACは必要な機能だけ選んで使えるため、無駄なコストが発生しません。さらに、ログの保存やワークフローの設定も可能でIPOに向けた社内統制にも活用できます。

特徴

  • ベンチャーから大手まで800社の導入実績
  • バックオフィス業務の一元管理に対応
  • スマートフォン対応

料金

  • 初期費用:0円〜
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※出典:オロ「クラウドERP ZAC」(2022年1月17日閲覧)

楽楽販売 - 株式会社ラクス

楽楽販売
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

楽楽販売は、作業進捗から売上、請求、入金、支払、受発注まで一元管理できるシステムです。情報の一元管理をすることで進捗状況が“見える化”されるほか、拠点間のメールやExcelのやり取りを簡易化でき、対応漏れや作業の属人化防止、人為的ミスの軽減につながります。項目やプロセスを柔軟にカスタマイズできるため、自社に沿った業務フローを構築できます。

特徴

  • 進捗状況を“見える化”し漏れや属人化防止へ
  • 拠点間のデータ共有もスムーズ
  • 自社仕様に沿ったカスタマイズが可能

料金

  • 初期費用:150,000円(税抜)
  • 月額料金:60,000円(税抜)
  • 無料トライアル:あり

monday.com - 株式会社ギャプライズ

monday.com
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

monday.comは、操作性に優れ、さまざまな職種・部署で使用できるプロジェクト管理ツールです。豊富なテンプレートから組織にあったワークフローを構築可能で、カスタマイズにも対応。さらに、タスクに関するやり取りはmonday.com上のチャットで完結できます。ExcelやSlackなどの外部ツールと連携するれば、情報の一元管理も見込めるでしょう。

特徴

  • 125,000以上のチームへ導入された実績
  • 視覚的にわかりやすくカスタマイズ可能なテンプレート
  • 繰り返しの作業を自動化

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:0円〜
  • 無料トライアル:あり(14日間)

※出典:monday.com「制限なしで働く」(2022年1月17日閲覧)

Microsoft 365 (旧称 Office 365) - 日本マイクロソフト株式会社

Microsoft 365 (旧称 Office 365)
BOXIL SaaS AWARD 2022 コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Microsoft 365に含まれるMicrosoft Plannerは、タスクベースの管理に役立つ工数管理ツールです。かんばんボードを作成し、タスクを登録することで進捗状況を可視化します。タスクベースの管理には向いていますが、より細かくスケジュールを調整する必要があるプロジェクトには向いていません。そのような場合、Microsoft Projectにアップグレードすることで、動的スケジュールや詳細のレポートなどを利用できます。

特徴

  • ファイル、チェックリスト、ラベルなどをタスクに追加可能
  • Microsoft Teamと連携し、進捗状況を可視化
  • iOSおよびAndroidに対応

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:1ユーザー540円
  • 無料トライアル:あり(1か月)

HUE Project Board - ワークスアプリケーションズ

HUE Project Board
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

HUE Project Boardは、表計算ソフトのような感覚で扱えるプロジェクト管理ツールです。ガントチャートやかんばんボードなどにより、タスク状況を視覚的に確認可能。ドラッグ&ドロップで進捗を更新できるため、操作も快適です。また、プロジェクトごとの分析ページでは、タスクの完了率や担当者ごとのタスク配分、対応状況、進捗率を把握できます。そのため課題の洗い出しや業務改善に役立ちます。

特徴

  • タスクの最新状況を一目で把握
  • 直感的な操作で扱いやすい
  • プロジェクトの完了率やタスク配分などを分析可能

料金

  • 初期費用:-
  • 月額料金:960円/1ユーザー
  • 無料トライアル:あり(30日間)

クラウドログ - 株式会社クラウドワークス

クラウドログ
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

クラウドログは、工数を可視化し、プロジェクトの進行状況や損益を管理するツールです。Google カレンダーやOutlookのカレンダーと連携するほか、ドラッグ&ドロップで直観的な操作が特徴。また、入力データをもとに自動でレポートやグラフを作成し、働き方を可視化。業務改善のヒントを得られます。その他、メンバー設定や項目設定も細かく変更できるなど、管理機能も充実しています。

特徴

  • 視覚的に進捗を把握し、報告の手間を省く
  • さまざまなツールとの連携が可能
  • スマートフォンで利用でき、多様な働き方に対応

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 無料トライアル:あり

AppSuite - 株式会社ネオジャパン

AppSuite
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

AppSuiteは、業務をシステム化できる「業務アプリ制作サービス」です。紙・メール・Excelで行われている従来の社内業務を、たったの4ステップでシステム化。アプリライブラリから「案件管理、問い合わせ管理、商談記録、契約書管理」など、目的に合ったアプリを選択しカスタマイズします。対応範囲は幅広く、見積書管理や残業管理、在庫管理など多くの業務に対応可能。また、アプリライブラリから選ばずに、完全オリジナルのアプリケーションも作成できます。

特徴

  • 業務を簡単にシステム化
  • 業務を見える化・見せる化
  • 複雑なアプリを構築可能

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:320円/1ユーザー
  • 無料トライアル:あり(30日間)

Jira Software - リックソフト株式会社

Jira Software
BOXIL SaaS AWARD 2021 Autumn コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Jira Softwareは、急激に変化するビジネス環境にも対応できるプロジェクト管理ツールです。プロジェクト内の作業を課題(チケット)として定義し、課題の解決まで進捗を管理できます。かんばんボード形式のダッシュボードでは、課題の数や担当者を確認可能。ドラッグ&ドロップでステータスを更新できるので、操作も簡単。はじめて工数管理ツールを使う人でも迷わず使えます。

特徴

  • メンバーごとにアクセス権限を設定可能
  • 検索機能によりタスクや課題を素早く確認可能
  • 視覚的・直感的なダッシュボード

料金

  • 初期費用:-
  • 月額料金:900円/1ユーザー
  • 無料トライアル:あり(7日間)

Wrike - Wrike Japan株式会社

Wrike
BOXIL SaaS AWARD 2022 コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Wrikeは、カスタマイズ性の高いタスク管理アプリケーションです。ガントチャートやカレンダーなど、プロジェクトに合わせて管理方法を設定できます。また、GoogleやSlackとの連携で情報共有をWrikeに集約できます。レポート作成やメール送信の自動化も可能。ワークフローやタスク依頼フォームを構築すれば、現場に最適化した使い方ができます。

特徴

  • タスクのコメント欄で、連絡やスケジュール調整も可能
  • 承認フローの整備で承認をスピーディーに
  • タスク依頼を効率化する入力フォーム

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:0円~
  • 無料トライアル:あり(14日間)

Jira Work Management - リックソフト株式会社

Jira Work Management
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Jira Work Managementは、チームのワークフロー改善に役立つ工数管理システムです。マーケティングや人事、財務、法務など業種ごとに最適化されたシステムを使用できるため、カスタマイズに時間がかかりません。ボードビュー、タイムラインビュー、カレンダービュー、リストビューの4つのビュー機能により、チームの状況をさまざまな角度から検討可能。プロジェクト管理ツールの「Jira Software」と組み合わせるとさらに有効活用できるでしょう。

特徴

  • 25種類以上の目的別テンプレート
  • ドラッグ&ドロップの簡単操作でタスクのステータス変更が可能
  • 決められた項目に入力するだけでタスクを作成

料金

  • 初期費用:-
  • 月額料金:0円〜
  • 無料トライアル:あり(7日間)

※出典:Atlassian「本質的に使いやすく、デフォルトで強力ビジネス チーム向けに設計された Jira 」(2022年1月17日閲覧)

Backlog - 株式会社ヌーラボ

Backlog 画像出典:Backlog公式サイト

Backlog バックログは1万件以上導入されている国産のプロジェクト管理ツールです。ファイル共有やWiki、バージョン管理など、コミュニケーションを促進する際に役立つ機能が、数多く搭載されています。ガントチャート単体としては少々値が張るものの、多彩な機能を使い一つのツールでプロジェクト管理を完結させたい方にはおすすめのサービスです。

特徴

  • 導入実績1万件以上
  • コミュニケーションを促進する多数の機能
  • リーズナブルな料金設定

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:2,400円〜
  • 無料トライアル:あり(30日間)

※出典:ヌーラボ「プロジェクト管理ツールのBacklog、有料契約数10,000件、国内外ユーザー数170万人を突破。行政団体や製造業など、より幅広い業界へ利用拡大」(2022年1月17日閲覧)

jooto - 株式会社PR TIMES

jooto
BOXIL SaaS AWARD 2022 コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

jooto(ジョートー)は、直感的に使えるシンプルな操作性が特徴の工数管理ツールです。基本操作はドラッグ&ドロップのみ。付箋を貼ったり剥がしたりするような感覚で誰でも簡単に使えます。管理画面には、共有事項やToDoリストといった項目ごとのボードが並び、プロジェクトの進捗を確認可能。プロジェクトごとに管理シートを作成できるため、複数プロジェクトの管理にも対応可能です。

特徴

  • 直感的に使えるシンプルな操作性
  • プロジェクトの進捗が一目瞭然
  • 複数プロジェクトを一元管理

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:0円~/4ユーザーまで
  • 無料トライアル:なし

Asana - Asana Japann 株式会社

Asana
BOXIL SaaS AWARD 2022 コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Asanaは仕事の進捗状況をかんたんに把握できる、多機能なプロジェクト管理・工数管理ツールです。管理画面ではリストビュー、タイムライン、ボードなどの表示方法に切り替えられるためプロジェクトの全体像を把握しやすいのが強み。また、GoogleカレンダーやMicrosoft Outlook、Slackといったさまざまな外部ツールとも連携できます。

特徴

  • シンプルなデザイン、充実した管理機能
  • プロジェクトの全体像を視覚化
  • さまざまな外部ツールと連携可能

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:0円〜
  • 無料トライアル:なし

Redmine - 株式会社イルグルム

Redmine
BOXIL SaaS AWARD 2021 Autumn コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Redmineは、オープンソースの工数管理ツール。魅力は、何といってもプロジェクト管理機能の豊富さです。作業を登録するタイミングで記述する方法や、過去に行った作業を記述する方法などに対応しています。また、過去の実績データと比較しながら予定工数を入力可能。他にも工数を集計する機能や、複数人でプロジェクト進捗状況をシェアする機能なども用意されており、無料ながら十分すぎる機能を使えるプロジェクト管理ツールだといえます。

特徴

  • 大規模プロジェクトでも細かい管理・確認可能
  • 周辺機能が充実
  • Google Docs, Googleカレンダーと連携可能

料金

  • 初期費用:-
  • 月額料金:-
  • 無料トライアル:-

ANDPAD - 株式会社アンドパッド

ANDPAD
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

ANDPAD(アンドパッド)は、建築業向けクラウド施工管理システムです。写真や図面、工程表などの各種情報をクラウドで一元管理。ANDPADでは工数管理だけでなく、チャットによるコミュニケーションも可能です。そのため、現場を移動せずにチームのメンバーと連絡を取り、業務を効率的に進められます。

特徴

  • 社内外を問わずに円滑な情報共有が可能
  • 現場に特化したチャットでスムーズなコミュニケーションを実現
  • 報告書や日報の作成を効率化

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

BeingManagement3 - 株式会社ビーイングコンサルティング

BeingManagement3
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

BeingManagement3は、CCPM(クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント)に対応した、プロジェクト管理ツールです。CCPMとは、プロジェクトに関わるタスクの納期をできるだけ短縮しつつ、明確な優先順位に基づいて進捗管理するプロジェクト管理の手法です。プロジェクトの現状や課題、相談事項、リスク、対策などを記録して共有可能。進捗データと連動しているため、振り返りとして活用することで、プロセス改善にも役立てられます。

特徴

  • 納期の危険度を赤、黄、緑色で明確に表示
  • タスクの遅延理由を記録し、原因を明確にできる
  • プロジェクト内のリソース負荷も把握

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額:要問い合わせ
  • 無料トライアル:-

arata - 株式会社サイダス

arata
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

arata(アラタ)は、テレワークをより効率的に行うためのプロジェクト管理ツールです。管理画面では、誰がどこで何の仕事をしているのか全体の進捗を一目で確認可能。メンバーそれぞれの動きを把握できます。さらに、タスクの対応状況はその都度自動で通知されるため、報告の手間もありません。また、メールやSlackにタスクの進捗状況を自動通知できます。

特徴

  • メッセージツールと連携し、タスク完了を自動報告
  • 誰がどこで仕事をしているのか一目でわかる
  • 一人ひとりの働き方をグラフで可視化

料金

  • 初期費用:-
  • 月額料金:300円/ユーザー
  • 無料トライアル:なし

Lychee Redmine - 株式会社アジャイルウェア

Lychee Redmine
BOXIL SaaS AWARD 2022 コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Lychee Redmineは、操作性と一覧性に優れたプロジェクト管理・工数管理ツールです。「ガントチャート機能」では、ドラッグ&ドロップでタスクのスケジュールを移動可能。「カンバン機能」では、ボード上で付箋を貼ったり剥がしたりするように、タスクの進捗ステータスや優先度を変更できます。フリープランやお試し期間に加えて、デモサイトも用意されているため、十分に使用感を確かめてから導入できます。

特徴

  • ガントチャート機能とカンバン機能を搭載
  • ドラッグ&ドロップで簡単操作が可能
  • 導入企業5,000社突破

料金

  • 初期費用:-
  • 月額料金:0円〜
  • 無料トライアル:あり(30日間)

Lychee Redmine公式サイトより(2022年4月時点)

JECTOR - 株式会社ねこじゃらし

JECTOR
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Jectorはデザイン・映像制作チームに人気のあるプロジェクト推進ツールです。Jectorは国内大手企業や公共団体への導入実績はもちろん、ISO/IEC 27001を取得しているため内部統制が心配な企業におすすめできます。デザインデータや映像ファイル、Officeドキュメントなどは、ダウンロードせずに閲覧可能。プロジェクト上のやりとりは、チャット機能で行えるためコミュニケーションも円滑にできます。クリエイティブなプロジェクトを管理するための機能が充実しているため、デザイン領域のプロジェクト管理に最適です。

特徴

  • 映像制作やデザイン制作などクリエイティブチーム向け
  • 多様なファイルへの対応を可能とする独自システム
  • 直感的な操作性

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:100円/1GB〜
  • 無料トライアル:あり(30日間)

無料プランのある工数管理ツール一覧

上記で紹介しきれなかった、無料プランのある工数管理ツールを一覧で紹介します。有料サービス・有料プランと違い、利用できる人数や機能の制限があるので、まずは少人数で利用開始したい、使用感を試したい方におすすめです。

Chatwork - Chatwork株式会社

Chatwork
BOXIL SaaS AWARD 2022 コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Chatwork(チャットワーク) タスク管理は、コミュニケーションを円滑にするチャットツールです。チャットツールではあるもののタスクの管理も搭載されています。タスクには、担当者や期限の登録が可能。自分に割り当てられたタスクと依頼したタスクは、一覧で管理できるため、関係タスクの進捗をスムーズに確認できます。

特徴

  • タスク管理機能を備えたビジネスチャット
  • タスク設定が簡単で使いやすい
  • 対応漏れを防ぐ管理機能を搭載

料金

  • 初期費用:-
  • 月額料金:0円〜※
  • 無料トライアル:あり(30日間)

Brabio!

Brabio!
BOXIL SaaS AWARD 2021 Autumn コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Brabio!は、「ガントチャート作るならエクセルの10倍早い」というキャッチフレーズが印象的なクラウド型工数管理ツールです。作成したガントチャートは、Excelファイルとして一括出力できるためレポート作成に便利です。5人までなら無料で使用し続けられるため、少人数のプロジェクトあるいはフリーランスの仕事管理に適したサービスです。

特徴

  • 簡単にガントチャートを作成できる
  • 情報共有や情報管理を簡単にできる
  • 進捗管理を担当者ごとに確認できる

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:0円〜
  • 無料トライアル:なし

GitHub

GitHub
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

GitHubは、ソフトウェア開発で使われるコード管理サービスです。ソースコードの管理に使われるのが一般的ですが工数管理にも使えます。履歴を残しながら編集したり、他のエンジニアが修正を加えたり、プロジェクト管理に必要な最低限の機能がそろっています。また、有料プランでは権限を制限できるため、外部に共有したくないプロジェクトの管理にも使用できます。

特徴

  • 4,000万の開発者、210万の組織が利用
  • 柔軟なアクセス権限を設定可能
  • さまざまなツールと連携可能

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:0円〜
  • 無料トライアル:なし

※出典:GitHub「Github」(2022年1月17日閲覧)

Trello

Trello
BOXIL SaaS AWARD 2022 コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Trelloは、個人でも利用できる「かんばんボード形式の工数管理ツール」です。個人利用はもちろん、チームでの作業にも向いています。タスクカード上には、資料の添付や期日の設定、工数の追加など、工数管理に必要な情報を追記可能。タスクカード上で、コメントによるコミュニケーションもできるため、情報共有にも使えます。SlackやGoogleドライブと連携できるなど、拡張性も良好。さらに、Chormeの拡張機能を使うことで、ガントチャートも作成可能です。

特徴

  • 世界100万以上のチームが利用
  • Mac, Windows, iOS, Androidに対応
  • タイムラインやカレンダーなど表示変更も可能(有料プラン)

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:0円〜
  • 無料トライアル:あり(14日間)

※出典:Atlassian「Trello」(2022年1月17日閲覧)

Zoho Projects - ゾーホージャパン株式会社

Zoho Projects
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Zoho Projects(ゾーホー・プロジェクト)は、クラウド型のプロジェクト管理ツールです。ひとつのプロジェクトにおける、各メンバーの工数をわかりやすく管理可能。ガントチャートも使えます。タスクの期限を自動アラートしてくれるため、手間なくプロジェクトの進行を促進できます。タイムシートでは作業の様子を分単位で記録可能。業務改善に利用できます。無料プランでは、3ユーザー、2プロジェクトまで永久無料で使用可能です。

特徴

  • プロジェクトごとに工数を登録
  • レポートを自動作成
  • 請求対象・非対象工数の分類可能

料金

  • 初期費用:-
  • 月額料金:480円〜
  • 無料トライアル:あり(10日間)

税抜価格

無料プランあり

TimeCrowd(タイムクラウド) - ラフノート株式会社

TimeCrowd(タイムクラウド)
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

TimeCrowdは、時間の記録と見える化に特化した、業務管理システムです。リアルタイムでチームメンバーの稼働状況を把握できるため、追加指示やフォローアップに役立ちます。蓄積されたで稼働データは、ワーカーの得意分野を把握や稼働時間の計算に役立ちます。さらに、月単位や週単位での自動レポート作成などの機能もあるため、作業の見える化に便利です。

特徴

  • 条件を指定したレポートの自動作成・閲覧が簡単に行える
  • スタートボタンのみで記録を開始し、リアルタイムで状況把握
  • 稼働データを秒単位/1円単位で保存可能

料金

  • 初期費用:-
  • 月額料金:0円〜
  • 無料トライアル:あり(2週間)

Brushup - 株式会社Brushup

Brushup
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

Brushupはデザインチーム向けのプロジェクト管理ツールです。イラストや写真、動画などのデザインに対して、直接コメントを入れられるため効率的な意思疎通が可能。チェックやフィードバックに最適です。直感的な作業ができるので、パソコンでの作業が苦手な方でも安心して扱えます。また、制作過程ごとにタスクの期限を設定できたり、スケジュール管理の機能が備わっていたり、レビューツールとして必要な機能を幅広く備えています。

特徴

  • デザインチーム向け
  • デザインに直接書き込みができる
  • 直感的な作業ができる

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:0円〜
  • 無料トライアル:-

おすすめ工数管理ツールの料金・機能の比較表

シェア率の高い代表的な工数管理ツールの料金や機能を比較表にまとめました。ぜひサービスを選定する際の参考にしてください。

サービス名料金無料プラン連携システム・サービス対応言語個人利用レポート機能テンプレート作成・機能進捗管理・ガントチャート機能スケジュール管理・カレンダー作成スプレッドシート・ExcelのインポートCSVエクスポートアクティビティ・作業履歴の確認
3,480
円/月〜
×
--
--
--
--
--
--
--
--
--
--
--
×
Googleカレンダー
Outlookカレンダー
英語
36,000
円/月〜
×
Salesforce Sales Cloud
--
×
--
--
--
--
--
--
--
--
--
--
1,200
円/月〜
Salesforce Sales Cloud
Dropbox Business
box
Tableau
GitHub
Slack
Trello
OneDrive
Microsoft Teams
Google Workspace
Adobe Creative Cloud
Microsoft 365
Zapier
Okta
Google ドライブ
Gmail
Sharepoint
Outlook
英語
スペイン語
ドイツ語
フランス語
ポルトガル語
2,640
円/月〜
×
Chatwork
Cacoo
Slack
Jira Software
Redmine
Typetalk
Googleカレンダー
Google スプレッドシート
iCal
Outlookカレンダー
Jenkins
英語
0
円/その他〜
Googleカレンダー
0
円/ユーザー〜
Chatwork
Slack
Googleカレンダー
英語
0
円/月〜
Salesforce Sales Cloud
HubSpot
Dropbox Business
box
Tableau
Zendesk
GitHub
Slack
Jira Software
Redmine
OneDrive
Zoom
Microsoft Teams
Google Workspace
Gmail
Googleカレンダー
Googleドライブ
Microsoft 365
Microsoft Outlook
Adobe Creative Cloud
Onelogin
Okta
Active Directory
英語
中国語
韓国語
ほか多数の言語
8,000
円/月〜
×
英語
中国語
韓国語
ほか多数の言語
\ 気になるサービスの特徴を資料でチェック! /

クラウド工数管理ツールでエクセルから脱却!

工数管理ツールには、シンプルなものから豊富な機能を有するものまで、さまざまなものがあります。フリーのツールだけでも実にさまざまな特徴のものがあるので、まずは一度、試しに使ってみるのがおすすめです。

また、個人で利用できる工数管理ツールを探している人も多いでしょう。

ボクシルでは、有料・無料を含めて機能・料金を比較した記事も用意しているので、よろしければそちらもあわせてチェックしてください。より効率的にプロジェクト管理・工数管理をすることで、企業全体の生産性が高まるでしょう。

工数管理ツールの選び方まとめ
案件やプロジェクト別で収支の可視化を重視したいなら「ZAC」がおすすめ
操作性やタスク管理の見やすさ重視なら「Jooto」がおすすめ
業務レポートや損益グラフの使いやすさを重視するなら「クラウドログ」がおすすめ

工数管理ツールの比較に役立つサービス資料は次のボタンよりダウンロードできます。

【2022年】プロジェクト管理ツール比較!おすすめサービスの料金・機能・口コミ
プロジェクト管理ツールを使えば進捗管理、工数・タスク管理、予算管理などを効率化できます。クラウドサービスならフリー...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
プロジェクト管理・工数管理選び方ガイド
プロジェクト管理・工数管理
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
プロジェクト管理・工数管理の最近更新された記事
タスク管理ツールおすすめ比較27選!【無料あり】導入メリットや選び方
【2022年】プロジェクト管理ツール比較!おすすめサービスの料金・機能・口コミ
時間管理ツール比較13選【有料・無料】 - タイムトラッキングを行うべき理由とは
ガントチャートツール無料(フリー)おすすめ3選 | アプリケーションの有無も解説
プロジェクト管理ツールの導入事例|抱えていた課題と導入後の効果まとめ
プロジェクトマネージャー(プロマネ)とは?資格や向いてる人・役割・年収
工数管理とは?おすすめ工数計算ツール比較から導入目的までまとめて解説
Backlog・Redmine・Trello・Asana・Jiraを比較 | 料金や評判
オンプレミス型のプロジェクト管理ツールおすすめ5選!クラウド型との違い
おすすめプロジェクト管理アプリ10選!【無料・個人向けあり】