人生100年時代とは?日本社会の変化・対応と生き抜くための対策まとめ

最終更新日: 公開日:
リンダ・グラットン氏共著「ライフシフト」や、政府の人生100年時代構想会議によって認知されるようになった「人生100年時代」という言葉。キャリアプランニングや働き方、そして学び直しはもちろんのこと、長寿化を見越した健康や人とのつながりなどを重視した生き方へのシフトなど、さまざまな変化が想起させられます。具体的にどのような働き方や生き方になるのか、詳しく解説します。
人生100年時代とは?日本社会の変化・対応と生き抜くための対策まとめ

人生100年時代とは

「人生100年時代」とは、英国ロンドンビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏が長寿時代の生き方について述べた著書「ライフシフト」で提唱した概念です。グラットン死は寿命が延びて100歳を超えるようになれば、これまでの生き方は覆されると考えており、その後の対策が必要であると述べています。

これまでは60歳で定年になり、その後の余生を過ごすというライフプランが一般的でした。しかしいま長寿化が進み、70歳や80歳になっても働き続ける「人生100年時代」が訪れようとしています。これまでよりも自律的なキャリアプランニングが求められるでしょう。

アクサ生命が実施した「人生100年時代に関する意識調査」によると、人生100年時代をポジティブに捉えているのは20代と60代で、ネガティブに捉えがちなのは30代〜40代でした。また、人生100年時代における老後の生活についても、悲観的なのは30代〜40代です。

働き盛りのミドル層ほど、人生100年時代への抵抗感が強いことが伺えますが、避けては通れそうにない人生100年時代に向けてどのような準備をするべきなのでしょうか。具体的な対策について詳しく解説します。

日本は世界で先駆けて「人生100年時代」に突入する

日本でもライフシフト日本発売と時期同じくして2016年10月、小泉進次郎氏はじめ自民党若手議員らが立ち上げた2020年以降の経済財政構想小委員会から、「人生100年時代の社会保障へ」という提言が発表されました。

この提言では、雇用形態に関わらず企業で働く人全員が入れる社会保険制度、ライフスタイルにあった柔軟な年金制度、健康に対する自助努力を促す医療介護制度、3つのポイントを明示。若手政治家だからこそ「人生100年時代」をリアルに感じたのかもしれません。

一方、日本政府も、2017年9月には「人生100年時代構想会議」を開催し、有識者議員としてグラットン氏を招いています。日本は、世界のどの国よりも急速に高齢化社会を迎えるといわれています。人生100年時代を迎える日本がどのように舵取りをして行くのか、働き方改革などの施策にも注目が集まっています。

加速する日本社会の長寿化

日本の長寿化は加速しており、2065年には、約2.6人に1人が65歳以上、約3.9人に1人が75歳以上になるといわれています。将来の平均寿命についても2065年には、男性84.95年、女性91.35年となり、女性は90年を超えると考えられています。

日本は世界一の長寿社会?

こうしたデータに加え、「日本では2007年に生まれた子どもの半数が107歳より長く生きる」という推測もあり、日本は健康寿命が世界一の長寿社会になっていくと考えられているのです。

このような長寿社会においては教育を受け、働き、定年を迎えた後余生を送るといった単線的な3ステージ型のライフプランは通用せず、マルチステージで人生を考えていく必要があると指摘されるようになりました。