リモートワーク導入の企業メリット・デメリットを徹底解説

近年働き方の多様化によりリモートワークが注目を集めています。今後、リモートワークという働き方が徐々に社会に浸透していくでしょう。そこで本記事ではリモートワークについてテレワークや在宅ワークとの違いを含めて解説します。

リモートワーク導入の企業メリット・デメリットを徹底解説

世界のビジネスマンの7割、週1日はリモートワーク

リージャス・グループは2018年1月に行った働き方に関する調査を行いました。

それによると、世界中のビジネスマンの3分の2以上が少なくとも週1日はオフィス以外の場所でリモート勤務をしているといいます。さらに、週の半分以上リモート勤務をする人は世界のビジネスマンの半数以上、週5日、オフィス以外の場所で勤務している人は世界で10人に1人にのぼるといいます。

リモートワークとは、従業員がオフィス以外の場所を含めて、場所に囚われず自由な場所で働ける働き方のことを指します。

近年、このようにオフィス以外の場所で働く「リモートワーク」を導入する企業が増えてきています。

 

リモートワークが注目されている背景

リモートワークが注目をされている背景としては、労働力の確保と多様な働き方に対する理解があります。

IT技術によって出社しなくてもパソコンさえあれば働ける仕事が増加しました。また、企業も人材確保難によって、決められた就業時間出社するだけではなく、優秀な人材ならば必ずしも出社という形に拘らないようになりました。

リモートワークは、育児や介護と仕事の両立や地方でリモートワーカーとして暮らすことなど、多様な働き方や多様な人材の活躍につながるのではないかと注目を集めています。

リモートワークの種類

一口にリモートワークと言っても、その中にはさまざまな働き方が含まれています。リモートワークを4種類に分類してみていきましょう。

  • ハイブリット型リモートワーク
    まず、リモートワークの中で一番導入しやすいのがハイブリッド型です。会社の規定によって、労働時間にオフィスで働く時間と、オフィス以外で働いても良い時間を設定する、リモートワークとオフィスワークのハイブリッド型の働き方です。

  • フルタイム型リモートワーク
    オフィスで勤務しなければならない勤務時間を設定せずに完全にリモートで仕事をするタイプの働き方をフルタイム型リモートワークと呼びます。出勤はしませんが、会社に正規雇用されています。

  • アウトソース型リモートワーク
    フルタイム型のように、業務を遠隔で行いますが、会社に正規雇用されていない人材が働く場合はアウトソース型リモートワークと呼びます。

  • テンポラリー型リモートワーク
    たとえば、育児中などが原因でオフィスでの勤務できない場合に一時的にリモートでの勤務を許可するのがテンポラリー型です。育児や介護で一時離脱している社員が職場復帰しやすくなる効果が期待できます。

テレワークや在宅ワークとリモートワークとの違い

リモートワークと類似の概念としてテレワークや在宅ワークという言葉があります。どちらの言葉もほぼ同義ですが若干違ったニュアンスが含まれていることがあります。

総務省の定義するテレワークは雇用型やアウトソース型だけではなく、自営業者が遠隔で仕事をする自営型も含まれています。リモートワークはどちらかと言えば、社員の働き方を指し、自営業者がクライアントから遠隔で仕事をすることをリモートワークとは呼びません。これがリモートワークとテレワークの最も大きな違いです。

テレワークとは | ノマド・モバイルワーク・在宅勤務との違いや歴史・メリット・事例を紹介 | ボクシルマガジン
テレワークとは会社に出社せずに働くことです。同様の意味を持つノマドワークやモバイルワークとの違い、メリットとデメリ...
国内のテレワーク導入企業は14万社 2022年には29万社へ「在宅型」中心に拡大  | ボクシルマガジン
IT専門調査会社IDC Japanは、国内のテレワーク導入率に関する調査を行い、7月3日にその分析結果および予測を...

また、在宅ワークは働く場所が家となりますが、リモートワークは必ずしも家で働くわけではありません。サテライトオフィスやコワーキングスペース、カフェなどで勤務することも可能なリモートワークと在宅ワークとでは、主に働く場所について違います。

在宅ワークとは | 種類・人気業務・仕事を選ぶ際の注意点 | ボクシルマガジン
働き方改革で在宅ワークに注目が集まっています。在宅ワークの種類や人気業務などを紹介。仕事の特徴や注意点、そして代表...

リモートワークのメリット

では、リモートワークを導入することによってどのようなメリットがあるのか、企業と労働者にわけてメリットを解説します。

企業側のメリット

まず、テレワークの社員が会社で働く場所を確保する必要があります。

固定の席を設けずフリーアドレスにすればテレワークの社員の分だけ、オフィスのフロア面積を圧縮することが可能になります。電気代など従業員が働くためにかかっている間接経費の削減が期待できます。

また、多様な働き方を容認することにより、優秀だけれども通常のオフィスワークで働けない人材を採用できることが期待できます。

従業員側のメリット

従業員はリモートワークにより、通勤に時間を取られませんし、満員電車に乗る必要もありません。従業員の可処分時間が多くなり、心身にかかる負荷が減る効果も期待できます。

あらかじめコミットする仕事量や内容などを決めておけば、仕事の合間に家事や育児などもできて、融通の利いた働き方ができるのです。

リモートワークのデメリット

一方でリモートワークを許可することによってデメリットが発生することも考えられます。

企業側のデメリット

企業側のデメリットとして挙げられるのが、コミュニケーションロスによる生産性の低下です。

オフィス内で働いていれば顔を合わせてコミュニケーションを取ることができます。ツールの進歩によって遠隔のコミュニケーションが容易になっていますが、それでもオフィスで勤務しているよりは不便でしょう。

セキュリティの問題もあります。データの共有や通信の過程で情報漏えいをしないようにセキュリティには注意する必要があります。オフィス外でのパソコンなどモバイル機器の取り扱いについても、従業員のリテラシーを向上させなければ、リモートワークの許可は厳しいでしょう。

リモートワークのパソコンの取り扱いやセキュリティ対策、有事の際のエスカレーションルール、遠隔からどこまでの情報にアクセスを許可するのかなどを事前に決めておくことは多岐に渡ります。

生産性向上のために取るべき4つの手法 | 業務効率化との違いや成功事例を交えて解説 | ボクシルマガジン
日本の労働人口の減少を背景に政府や企業では働き方改革の重要性が叫ばれていますが、生産性向上という言葉だけが先行して...

従業員側のデメリット

リモートワークにより、顔を合わせないのでどうしてもコミュニケーションの密度は薄くなりがちです。この孤独感に耐えられないという人もいるでしょう。

また、セルフコントロールができるのかという問題もあります。遠隔で監視もされていないということで、つい気が緩んで仕事の進捗が遅れたり、クオリティが下がったりしてしまう可能性もあります。逆に、十分に評価されていないのではないかという不安から、会社の預かり知らないところで過重労働に陥ってしまうケースも報告されています。

リモートワークをする働き手にもまた、オフィスと同様に仕事をする自制心や自律性が求められるのです。