リモートワークとは?意味、導入のメリット・デメリット、在宅ワークとの違い

最終更新日: 公開日:
近年働き方の多様化によりリモートワークが注目を集めています。今後、リモートワークという働き方が徐々に社会に浸透していくでしょう。そこで本記事ではリモートワークの意味、導入するメリット・デメリット、テレワークや在宅ワークとの違いも解説します。
リモートワークとは?意味、導入のメリット・デメリット、在宅ワークとの違い

リモートワークとは

リモートワークとは、従業員が場所に囚われず自由なところで働ける働き方のことを指します。IT技術によって出社しなくてもパソコンさえあれば働ける仕事が増加しました。リモートワークは、育児や介護と仕事の両立や、地方でリモートワーカーとして暮らすことなど、多様な働き方や多様な人材の活躍につながるのではないかと注目を集める働き方です。

また、企業も人材確保難によって、決められた就業時間出社するだけではなく、優秀な人材ならば必ずしも出社という形に拘らないようになりました。

世界のビジネスマンの7割、週1日はリモートワーク

リージャス・グループが2018年1月に行った働き方に関する調査によると、世界中のビジネスマンの3分の2以上が少なくとも週1日はオフィス以外の場所でリモート勤務をしているといいます。さらに、週の半分以上リモート勤務をする人は世界のビジネスマンの半数以上、週5日、オフィス以外の場所で勤務している人は世界で10人に1人にのぼるといいます。

近年、このようにオフィス以外の場所で働く「リモートワーク」を導入する企業が増えてきています。

リモートワークの種類

一口にリモートワークと言っても、その中にはさまざまな働き方が含まれています。リモートワークを4種類に分類してみていきましょう。ハイブリット型、フルタイム型、アウトソース型、テンポラリー型、一口にリモートワークといっても、働き方は人それぞれです。

  • ハイブリット型リモートワーク
    まず、リモートワークの中で一番導入しやすいのがハイブリッド型です。会社の規定によって、労働時間にオフィスで働く時間と、オフィス以外で働いても良い時間を設定する、リモートワークとオフィスワークのハイブリッド型の働き方です。

  • フルタイム型リモートワーク
    オフィスで勤務しなければならない勤務時間を設定せずに完全にリモートで仕事をするタイプの働き方をフルタイム型リモートワークと呼びます。出勤はしませんが、会社に正規雇用されています。

  • アウトソース型リモートワーク
    フルタイム型のように、業務を遠隔で行いますが、会社に正規雇用されていない人材が働く場合はアウトソース型リモートワークと呼びます。

  • テンポラリー型リモートワーク
    たとえば、育児中などが原因でオフィスでの勤務できない場合に一時的にリモートでの勤務を許可するのがテンポラリー型です。育児や介護で一時離脱している社員が職場復帰しやすくなる効果が期待できます。

リモートワークとテレワーク・在宅ワークとの違い

リモートワークと類似の概念としてテレワークや在宅ワークという言葉があります。どちらの言葉もほぼ同義ですが若干違ったニュアンスが含まれていることがあります。

総務省の定義するテレワークは雇用型やアウトソース型だけではなく、自営業者が遠隔で仕事をする自営型も含まれています。リモートワークはどちらかと言えば、社員の働き方を指し、自営業者がクライアントから遠隔で仕事をすることをリモートワークとは呼びません。これがリモートワークとテレワークの最も大きな違いです。

また、在宅ワークは働く場所が家となりますが、リモートワークは必ずしも家で働くわけではありません。サテライトオフィスやコワーキングスペース、カフェなどで勤務することも可能なリモートワークと在宅ワークとでは、主に働く場所について違います。