コピー完了

記事TOP

在宅ワークの種類と人気業務とは | 仕事を選ぶ際の注意点 - 記事作成・電話対応など

最終更新日:
働く場所にとらわれない在宅ワークに注目が集まっています。記事作成や電話対応、種類や人気業務などを紹介し、仕事の特徴や注意点まで解説していきます。

在宅の仕事を探せるおすすめサイトTOP3

在宅の仕事を探せるサイトの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。

1位 クラウドワークス 2位 ココナラ 3位 ママワークス
会員登録数100万人超え
資格・学歴・スキル不要
出品数3万件・取引数350万件超え。スキル売買できるオンラインマーケット 主婦特化の在宅仕事多数
在宅ワーク講座を無料視聴可

近年、政府の働き方改革の推進もあって、多様な働き方が注目されています。

特に2020年の東京オリンピックに向けたテレワークデイには、多くの企業が在宅での勤務を実践し、多様な働き方のメリットについて理解が広がりました。

その流れを受けて、オフィスワークの枠に捉われない在宅ワークがいっそう注目を集めています。

これまで主婦を中心に家庭にいる人が始めることが多かった在宅ワーク。近年は、主婦に限らず副業として在宅ワークを始める人も増加傾向にあります。

今後ますます人気になるであろう在宅ワークについて、その種類や代表的な業務を紹介します。

在宅ワークとは?

在宅ワークとは、その名のとおり自宅で仕事することをいいます。

オフィスに出社して仕事をする会社員や、レストランなどでアルバイトをするスタイルとは違い、家にいながら仕事をしてお金を稼げる業務全般を指すことが多いです。

かつて、在宅での仕事といえば、袋詰めやシール貼りといった内職がほとんどでしたが、インターネットの定着によって、パソコンを使ったデータ入力といった仕事も増え、さまざまな種類の仕事があります。

在宅ワークのほとんどは、好きな時間に好きなだけ働けるもので、これまで外出しての仕事が難しかった主婦または夫、子育て・介護中の人も従事できる仕事として人気を集めるようになりました。

注目される6種類の在宅ワーク

それでは代表的な在宅ワークについて、6種類の仕事を紹介します。本記事で紹介している在宅ワークの求人はこちらで紹介しているので、あわせて参考にしてください。

データ入力・文字起こし

在宅ワークといえば、データ入力業務をまずイメージする人が多いでしょう。実際、数ある在宅業務の中で案件数が最も多いといわれています。

データ入力業務は、クライアントから提供されたファイル内のテキストや数字を別のデータに入力したり、紙に印刷された状態のデータをデジタルデータに変換したりといった作業がメインになります。タイピングができれば誰でもできる案件が多く、未経験者が在宅ワークを始めるきっかけにすることも多いです。

また、インタビューなどの音声データをテキスト化する文字起こし作業もデータ入力業務の一種といえるでしょう。

在宅ワーク「データ入力」の仕事内容 | 収入・特徴・コツを解説はこちら

記事制作・ライティング

主にインターネット上にアップされるブログや情報サイトの記事をライティングする業務です。最近は企業がオウンドメディアを運営することが増えており、そこに掲載する記事を在宅ワーカーに依頼するケースも増えています。

書いた文字数に応じて報酬がもらえる案件もあれば、あらかじめ1記事あたりの報酬が決まっているものもあります。Webサイトの制作やアプリの開発といった専門知識と技能が必要なものに比べると報酬は低めになりますが、クオリティの高い記事を書いてクライアントに認めてもらえれば、高収入を得ることも可能です。

サイト制作・コーディング

Webサイトの制作業務も在宅ワークの定番といえます。HTMLの基本的な知識だけなく、CSSやJavascriptに関する知識やコーディングのスキルが必要なものが多いため、仕事を請けられるようになるまで、それなりの時間がかかります。

ただし、サイトを作成すること以外にも、たとえばクライアントのネットショップの運営を手伝うような案件もあるので未経験者にも仕事はあります。Web制作業者がマンパワー不足を補うために、作業の一部を外注するケースも多いです。

DTP

DTPとは「デスクトップパブリッシング(Desktop Publishing)」の略であり、パソコンを使って印刷物を作成することをいいます。PhotoshopやIllustrator、InDesignといった専用ソフトを使ってテキストや写真、イラストなどのレイアウトをするDTPデザイナーや、そのデータをもとに修正・加工を施して印刷可能な状態にするDTPオペレーターといった分類があります。

こういった業務の一部を在宅ワークとして請け負う場合もあれば、デザイン会社と契約して間接的に仕事をもらえることもあります。

電話対応・在宅経理業務

オフィス内で働くスタッフに代わって、在宅で顧客や取引先からの電話に対応したり、経理業務を行ったりする仕事もあります。企業と直接的に契約する場合もあれば、クラウドワークスなどの仲介業者を通じて取引するケースもあります。

最近は在宅秘書を利用する経営者も増えており、これまで企業のオフィスが普通だった業務でも、在宅ワークとして外注されることが増えています。

以下の記事では、パソコンを使った在宅ワークのコツや継続するための方法を解説しています。ぜひご覧ください。

アプリ制作・運用

スマホアプリの開発や、その作業の一部を在宅で請けられることもあります。専門知識と技術を要するので、他の在宅ワークと比較すると受注単価は高くなります。プロジェクトの一環として依頼されるケースもあり、他の在宅ワーカーと協力して作業をすることも多いです。

その他の在宅ワーク

  • アンケート
  • せどり
  • ティッシュの広告入れ
  • 写真撮影
  • WEBデザイナー
  • シール貼り
  • 翻訳/通訳
  • 添削
  • 宛名書き
  • 覆面調査
  • 市場調査
  • 袋詰め
  • 裁縫
  • 小物作り
  • カプセル詰め
  • 在宅秘書
  • 集計
  • 文書の電子化やアーカイブ
  • eラーニングのチューター
  • プログラミング
  • システム設計/構築
  • イラスト/グラフィックデザイン
  • 動画編集
  • 写真撮影
  • DTP

在宅ワークの選び方と注意点は?

在宅ワークの大きな特徴は、都合の良い時間に自分のペースで働けるところです。

個人事業主として働いている人は当然のこと、たとえ企業に雇用されている在宅ワーカーであっても、始業時間や終業時間を自分で決められることが多いようです。

たとえ時間が決められていたとしても、オフィスに出勤して仕事をする会社員に比べればそこまで厳密ではありません。

しかしながら自由な仕事環境が手に入り、一見不自由がなさそうな在宅ワーカーにも、以下のようなデメリットがあります。

  • 希望の仕事を受注できるとは限らない
  • 納期厳守のため、自由に仕事ができるわけではない
  • 仕事を行う環境を整えなければならない
  • 守秘義務をはじめとした管理が必要
  • 税金の申告は自身で行う必要がある
  • 仕事が長時間になりがち

以上の点を踏まえて、在宅ワークの選び方を知っておきましょう。

在宅ワークの種別・報酬を確認する

在宅ワークには報酬形態がいくつかあります。代表的な種別は、自分がこなした案件に応じて対価をもらう成果報酬型です。

成果報酬型の業務は、ただ成果物を納品するだけでなく、それをクライアントに受け入れてもらう必要があります。依頼元の要求する成果を生み出さなければ報酬が支払われません。

そのため、働いた時間に応じて報酬が支払われる時給制よりも厳しいイメージがありますが、成果物を生み出すための時間の使い方に関しては、ある程度コントロールできます。

単価(時給)を計算する

在宅ワークに従事していると、つい目の前の作業を盲目的にこなすことに集中してしまいがちです。

しかし、今自分がやっている作業がどれぐらいの収入に結びつくのかを理解しておかないと、本来は割に合わないような仕事でも深く考えずに請け負ってしまう可能性があります。自分の仕事の適正時給を考え、引き受ける案件をしっかり選ぶようにしましょう。

そして、仕事の案件管理はすべて自分の責任となりますから、だらだら行うと単価の割に合わなくなるためしっかりと計画を立てて確実にこなす自己管理能力も求められます。

依頼元が信頼できるかどうか確認する

クライアントが信頼できるかどうか確認が必要です。不当に安い単価で仕事を依頼してきたり、何の連絡もなく突然連絡がつかなくなったりするような取引先も皆無ではないので、一人の事業主として、クライアントが信頼できるか調べておきましょう。

現在はほぼなくなりましたが、1990年後半から2000年代にかけて、自宅で大きな収入が得られると偽り、高額のセミナーや研修を持ちかける悪徳商法が横行した時期がありました。

上述のサービスなどでは、そうしたことが起こりにくい仕組みなっており、ワーカーからの通報も可能となっているため、安心して在宅ワークに取り組めますが、現在でも同様の手口を使う業者が存在するという報告もあり、充分な注意が必要です。

継続案件を選ぶ

在宅ワークはさまざまな種類の案件があるものの、単発で終わってしまうスポットの案件ではなかなか収入が安定しません。そのため、来月以降も収入が見込める継続案件を請けるようにしましょう。

また、一つのクライアントではなく、複数のクライアントの案件をバランスよく請け負うことも重要です。なぜなら、一つの仕事がなくなっても他の案件の受注を増やすことで、収入を安定させられるからです。

特に在宅ワーク以外に収入のない人は、その点に注意する必要があります。

在宅ワーク探しにおすすめなサービスTOP3

在宅ワークを探せるサイトに、手軽に仕事の受注/発注をできるようにしたクラウドソーシングサイトがあります。

大手のクラウドワークス、主婦向けのママワークスなど、クライアントが発注した仕事をサイトに掲載し、ワーカーが希望の仕事を探して申し込むという形式になっており、在宅ワークの受発注でもっとも活用されています。

気になる報酬の支払い/受け取りですが、サイトが仲介して行われる場合が多くなっており、ワーカー/クライアントともに、安心して受発注できる仕組みづくりも行われています。

1位:クラウドワークス

■ポイント1:会員登録数100万人超
クラウドワークスは、会員登録数100万人超のクラウドソーシングの代表的なサイトです。自分のスキルや経験に応じて仕事を探せるので、無理なく在宅ワークを始められます。

■ポイント2:仕事の種類は246種類
仕事の種類が246種類と豊富にあり、資格やスキル不要の仕事もあるため、自分にあった仕事を選んで働けます。

■ポイント3:「事前仮払い」の安心報酬システムあり
契約が成立時点で、クライアント側はクラウドワークスに報酬を支払うことが決められているため、仕事を完了させたのに報酬が支払われないといった心配がありません。

2位:ココナラ

■ポイント1:簡単なお願いを500円で発注・受注
ココナラは、知識・スキルを売り買いできるオンラインマーケットです。500円から利用でき、ちょっとしたタスクを依頼・販売が可能です。

■ポイント2:匿名で受注・発注
実名を出さずに受注および発注ができます。副業をバレたくない方は実名を出さずに受注すれば安心して利用できます。

■ポイント3:サイトを介してのやり取りで安心・安全
受注者・発注者の間にはココナラが仲介します。決済や売上はココナラが保証してくれるので未払いのトラブルでもめる心配がありません。

3位:ママワークス

■ポイント1:動画でわかりやすく在宅ワークを解説
ママワークスは、初めての在宅ワーカーの人でも安心して仕事をスタートできるように、わかりやすく在宅ワークについて解説している動画があります。

■ポイント2:初心者在宅ワーカーでも安心
在宅ワークを行う際に必要になる、確定申告の方法を解説していたり、未経験OKの求人が豊富だったりと初心者の在宅ワーカーの方でも安心して利用ができます。

■ポイント3:キャリアカウンセラーに相談ができる
自分の適性や希望がはっきりしない場合にはキャリアカウンセラーに相談が可能です。不安な方は、結果を踏まえて求人に応募するのがよいでしょう。

知っておきたい在宅ワークでも必要な「確定申告」

在宅ワークはじめて一定の収益を得ると、1年間の売上を基に税金の額を計算し確定申告の手続きが必要な場合があります。

もし確定申告が必要な方が放置し続けた場合、「無申告加算税」「利子税」「不納付加算税」が新たに課されてしまう可能性があるので、在宅ワークや副業をはじめる前に最低限の準備しておくことをおすすめします。

無料からはじめられるfreeeなど、フリーランスや個人事業主向けの確定申告ソフトは、確定申告を経験したことがない方や、面倒な書類作成が苦手な方でも、フォームに沿って入力するだけで簡単に作業が完了できます。

freee(フリー)

freee - freee株式会社

freee(フリー)は「クラウド会計ソフトシェアNo.1(2016年8月デジタルインファクト調べ)」の会計ソフト。AppStoreのレビュー数が9,000件以上、平均点は4.4点と高評価です(2018年9月30日時点)。費用は1,180円/月(税抜)~ですが無料でお試し利用もできます。

在宅ワークを探す際の注意点は以下の記事で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてください。

在宅ワーク4つのメリット

在宅ワークをする主な4つのメリットについて解説しておきます。

自分にとって都合の良い時間帯に仕事ができる

在宅ワークの多くは自分にとって都合の良い時間帯に自分のペースで仕事ができます。空いた時間を組み合わせて作業できるので、仕事以外で忙しい人や子育て、介護でまとまった時間を取りにくい人でも仕事ができます

特に主婦の多くは、仕事と家庭の両立を目指して在宅ワークを始めており、働く時間と休む時間を自分で決めて仕事をしています。

リラックスした状態で集中して仕事ができる

自宅で一人きりで作業をすることの多い在宅ワークでは、自分がリラックスする空間を自由に作れます。休憩の取り方も自由なので、自分が最も集中できる方法で仕事をできます

最近では、仕事のしやすい環境作りに注目が集まっており、企業の経営者や管理職のなかには、わざわざ自分だけの部屋を借りて仕事場にしている人もいます。それだけ生産性の高い仕事ができる可能性が高いのです。

プライベートを充実させられる

出勤や退社をする必要のない在宅ワークでは、通勤時間を自分のプライベートタイムとして使えます。仕事が終わってすぐに家族と交流することもできますし、子育て中の人は、休憩をとって子供と遊ぶこともできます。

ただ、在宅ワークの多くは成果報酬ですから、請け負っている案件が終わらなければ、夜遅くまで作業しなければならないこともあります。

得意な業務だけに特化できる

副業や個人事業主として在宅ワークをしている場合は、自分の得意な分野の業務だけを選んで請け負えます。成果報酬の場合、作業が遅いとそれだけ収入が少なくなってしまうわけですが、逆に自分の得意な分野で多くの案件をこなせる場合、それだけ高い収入を得られます。

人によっては、得意な案件を組み合わせて受注して、一般的な会社員の月収を大きく超える収入を得ている在宅ワーカーもいます。

在宅ワーク、覚えておきたい基礎知識

在宅ワークをするうえで覚えておきたい、似たような意味を持つテレワークとの違いや雇用形態についても解説していきます。

在宅ワークとテレワークの違い

それでは「在宅で仕事を行う」と同様の意味を持つほかの言葉、特にテレワークと在宅ワークではなにが違うのでしょうか。

テレワークは、離れた場所(Tele)と働く(Work)を掛け合わせた造語であり、そのまま本来の勤務地ではない場所で働くことを意味します。

つまり、在宅ワークはテレワークの一種ともいえますが、一般的には雇用という形で企業に所属しつつ、さまざまな場所で働くことを「テレワーク」、フリーランスとして案件ごとに仕事を請け負う場合は「在宅ワーク」として区別することが多いようです。

雇用型と非雇用型に分けられる

こうした一般的な意味とは別に、離れた場所で働くという意味でのテレワークは、雇用型と非雇用型に分けられ、勤務スタイルや事業スタイルによって、以下のように呼ばれています。

雇用型

  • モバイルワーク:ノートPCなどを携帯し、外回り営業先などで仕事を行う
  • サテライトオフィス:事業所外に設けられた専用のオフィスで仕事を行う
  • 在宅勤務:週何日など、一定の頻度で仕事を自宅で行う

非雇用型

  • 在宅ワーク:個人事業主として仕事を請け負い、自宅などで作業する
  • SOHO:法人格を持った個人事業主が、自宅などで仕事を行う(Small Office Home Office)

在宅ワークはますます浸透していく

在宅ワーク先進国ともいえるアメリカでは、労働者の50%が在宅勤務可能な職業に就いており、全体の20〜25%は一定の頻度で活用しているともいわれています。

日本でも働き方改革の柱ともなる「柔軟な働き方」で推進されており、労働者ばかりでなく、企業からも注目を集めています。

同様の意味合いを持つ言葉には「テレワーク」「リモートワーク」「SOHO」など、さまざまなものが存在し、今後ますます国内で在宅ワークが浸透していくことになるでしょう。

在宅ワークの適正な実施のためのガイドラインも確認しておこう

在宅ワークでのトラブルが少なくない状況から、厚生労働省では「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」を発表しており、文書での契約諸締結やワーカーの労働環境管理などに言及していますので、一読しておくことをおすすめします。

在宅でかんたん副業!おすすめ2選

在宅ワークでもある程度スキルが必要とされ、クライアントから信用を得るにも時間がかかります。

「もっと手っ取り早くお小遣い稼ぎする方法はないかな?」というあなたには、次の2つの方法をおすすめします。

バイセル(不用品買取)

バイセル(ブランド品買取)はCMでも話題の買取サービスです。「フリマアプリで出品するのは面倒…」という方には、電話やWeb申込みだけで買取してもらえるバイセルがおすすめです。

ブランド品」「着物」「切手」など高価買取も期待できるので、まずは無料査定の申込みをしてみましょう(24時間・土日祝も受付)。

THEO+ docomo

THEO+ docomoは、月1万円~で"プロとAIが資産運用"してくれるサービスです。「投資に興味はあるけど、どの商品に投資したらよいかわからない…」という人も多いです。

THEO+ docomoでは5つの質問に答えるだけで、すべてお任せで資産運用をしてくれます。さらに運用しながら自動でdポイントもたまるため、ポイントでお買い物もできます。

在宅ワークに関連するおすすめ人気記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事