コピー完了

記事TOP

在宅ワークおすすめ求人サイト徹底比較 | 注意点・求人の見つけ方も紹介

最終更新日:
最近では在宅でできる内職や副業の需要が高まっています。自宅にいながらできる仕事(バイト)を紹介し、実際にどのようなサービスを使って求人や案件を見つければいいのか、探す際の注意点も合わせて紹介します。

在宅ワークの求人を探せるおすすめサイト【大手】

こちらは在宅の仕事を探せるサイトの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多い転職サービスTOP3です。

1位 リクルートエージェント 2位 パソナキャリア 3位:ワークポート
転職後の年収アップ率60%以上の実績がある大手転職エージェント 転職支援実績25万人、16,000社以上の取引がある豊富なサポート実績 転職決定人数No.1(※1)に選ばれた50万人の利用実績をもつ転職エージェント

※1:ワークポート公式サイト参照

最近では主婦を中心に在宅ワークの需要が急上昇しています。それに合わせて、多くの企業が在宅ワークでの求人を一般募集するようになりました。AppleやAmazonといった大企業も在宅ワークを募集しています。

そんな在宅ワークの求人について紹介し、実際に在宅ワークの求人を探すためのサービスについて紹介します。もし今後お小遣い稼ぎのために、在宅ワークを探したいと思っている方は必見です。

在宅ワーク探しにおすすめの転職サービスTOP3

テレワークや在宅勤務の流れから、在宅ワークを扱う求人サイトも増えています。在宅ワークの求人を多く扱う転職サービスに登録して希望の求人を見つけましょう。

1位:リクルートエージェント

■Point1:実績No.1。転職成功者累計32万人
年間23,000人以上の転職支援を行っており、転職成功実績は累計32万人に上ります。

■Point2:業界トップクラスの非公開求人を保有
リクルートエージェントでは登録者限定で紹介される非公開求人を業界トップクラスとなる20万件以上も保有しています。求人数が多く希望の求人に出会える確率が高くなっています。

■Point3:業界に精通したアドバイザーが徹底サポート
アドバイザーは業界や企業情報に精通しており、ニーズにあった企業を見つけやすくなっています。キャリアカウンセリングを行い、プロのアドバイザーから適性の高い企業を紹介してもらえます。

リクルートエージェントの評判・口コミ|サービスの詳細と特徴はこちら

2位:パソナキャリア

■ポイント1: 1万6,000社以上の求人
パソナキャリアは、1万6,000社以上という非常に多くの求人があります。求人数も4万件以上と豊富に用意されています。

■ポイント2:オリコン顧客満足調査で2年連続総合1位を獲得(※)
オリコン顧客満足満足度調査の「転職エージェント部門」で2年連続総合1位を獲得した実績があります(2019年・2020年)。

■ポイント3: 専任アドバイザーによるサポートで年収アップ率が67.1%
専任アドバイザーによる親身なサポートで、転職者の67.1%が年収アップしているデータ(※)もあります。年収アップしたい人にもおすすめです。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

※パソナキャリア公式サイトを参照

3位:ワークポート

■ポイント1:総合型の転職エージェントながらITに強い
ワークポートは、もともとIT業界に特化して転職サービスを提供していたこともあり、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を取り揃えています。IT業界の求人数は約2万5,600件以上です。

■ポイント2:プロのスタッフが豊富な求人から紹介
経験豊富な担当者が、希望に合う求人を厳選して紹介してくれ、IT業界に精通した転職コンシェルジュによる手厚いサポートが特長です。転職相談実績は50万人以上を誇ります。

■ポイント3:システムやツールでのきちんとした管理
転職管理の「e-コンシェル」や、面談予約システムなど便利なツールで転職活動を管理でき、初めてワークポートを使う方や、転職未経験の方でもわかりやすいシステムになっています。

ワークポートの評判・口コミ|総合評価とサービスの特徴こちら

在宅ワーク探しにおすすめなクラウドソーシングTOP5

在宅ワークを探せるサイトには大手のクラウドワークス、主婦向けのママワークスなどがあります。

1位:クラウドワークス

■ポイント1:会員登録数100万人超
クラウドワークスは、会員登録数100万人超のクラウドソーシングの代表的なサイトです。自分のスキルや経験に応じて仕事を探せるので、無理なく在宅ワークを始められます。

■ポイント2:仕事の種類は246種類
仕事の種類が246種類と豊富にあり、資格やスキル不要の仕事もあるため、自分にあった仕事を選んで働けます。

■ポイント3:「事前仮払い」の安心報酬システムあり
契約が成立時点で、クライアント側はクラウドワークスに報酬を支払うことが決められているため、仕事を完了させたのに報酬が支払われないといった心配がありません。

2位:ココナラ

■ポイント1:簡単なお願いを500円で発注・受注
ココナラは、知識・スキルを売り買いできるオンラインマーケットです。500円から利用でき、ちょっとしたタスクを依頼・販売が可能です。

■ポイント2:匿名で受注・発注
実名を出さずに受注および発注ができます。副業をバレたくない方は実名を出さずに受注すれば安心して利用できます。

■ポイント3:サイトを介してのやり取りで安心・安全
受注者・発注者の間にはココナラが仲介します。決済や売上はココナラが保証してくれるので未払いのトラブルでもめる心配がありません。

3位:ママワークス

■ポイント1:動画でわかりやすく在宅ワークを解説
ママワークスは、初めての在宅ワーカーの人でも安心して仕事をスタートできるように、わかりやすく在宅ワークについて解説している動画があります。

■ポイント2:初心者在宅ワーカーでも安心
在宅ワークを行う際に必要になる、確定申告の方法を解説していたり、未経験OKの求人が豊富だったりと初心者の在宅ワーカーの方でも安心して利用ができます。

■ポイント3:キャリアカウンセラーに相談ができる
自分の適性や希望がはっきりしない場合にはキャリアカウンセラーに相談が可能です。不安な方は、結果を踏まえて求人に応募するのがよいでしょう。

4位:ランサーズ

■ポイント1:日本最大級のクラウドソーシング
ランサーズは、日本最大級のクラウドソーシングです。これまでの依頼総額は約2,100億円(2019年4月現在)となっており、依頼件数は約210万件(2019年4月現在)となっています。

■ポイント2:277ジャンルの仕事を掲載
277ジャンルもの多彩な仕事を掲載しているため、自分のスキルや適正にあった仕事がきっと見つかります。

■ポイント3:仕事に集中できる
ランサーズで仕事をする際には、請求書などを作成する必要がないため自分の仕事に集中できます。

5位:シュフティ

■ポイント1:初心者歓迎の案件あり
シュフティは、会員登録無料のクラウドソーシングサイトで、スキル不要で初心者歓迎の案件を多数扱っているため、はじめて在宅ワークをする方でも安心して利用できます。

■ポイント2:自分にあった仕事を見つけやすい
作業時間が10分以内の仕事や、スキル不要の仕事など、業務内容によってカテゴライズされているので、自分に合った仕事を見つけやすいのが特徴です。

■ポイント3:運営がしっかりしている
報酬の未払いを防ぐ「仮払いシステム」や、クライアントと連絡が取れなくなった場合には即対応してくれるなど、運営のサポートがしっかりしています。

在宅ワークのおすすめ求人サイトTOP5

在宅ワークを検討している方におすすめな、CMでもおなじみのバイトルanIndeed(インディード)などの5つの求人サイトを紹介します。

自分の働き方に合ったサイトがあったらぜひ登録しましょう。
123//">レバテックフリーランスの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

1位:バイトル

■ポイント1:高収入・短期・日払いなど、人気条件の求人が満載
バイトルは、さまざまな人気条件から仕事を探せます。もちろん「在宅ワーク」「内職」といった項目もあるので、在宅ワークをしたい方にもおすすめです。

■ポイント2:在宅ワークの求人が豊富
他のサイトでは紹介されていないような、覆面調査員やウェブライターなどの案件も扱っているので、他のウェブサイトで自分のやりたい在宅ワークを見つけられなかった方もバイトルなら見つかるでしょう。

■ポイント3:応募状況がわかる
応募パラメーターがあり、今現在どれくらいの人が求人に応募しているかがわかるようになっています。

2位:an

■ポイント1:全国掲載数40万件以上
anは、日本最大級のアルバイト情報サイトで、その掲載数はなんと40万件にもなります。

■ポイント2:「在宅・内職」で検索が可能
「在宅・内職」で検索が可能で、2500件以上(2019年4月現在)の豊富な求人の中から自分にあった在宅ワークを探せます。

■ポイント3:短期から長期まで選べる
一日限定の短期のアルバイトから長期まで、幅広く扱っているので、自分の働き方に合わせて選択が可能です。

3位:Indeed(インディード)

■ポイント1:キーワードで簡単検索できる
Indeed(インディード)は、とてもシンプルなデザインのウェブサイトで、グーグルの検索エンジンのような使用感です。

■ポイント2:豊富な在宅ワーク
簡単なデータ入力から、プログラミングの代行、チャットカウンセラーなど在宅ワークの種類が豊富なため、自分にあった仕事がきっと見つかります。

■ポイント3:新着求人があったらお知らせをしてくれる>
ジョブアラートをあらかじめ設定することによって、自分の希望に合った新着情報があった場合にメールにてすぐ知らせてくれます。

4位: マイナビバイト

■ポイント1:大手就職・採用情報サイトだからこその案件数
マイナビバイトは、大手就職・採用情報サイトマイナビが運営するアルバイト紹介サイトです。大手ならではの豊富な求人を扱っており、高時給なウェブライターから、ニッチなアンケートモニターまで幅広く求人を扱っています。

■ポイント2:スマートフォン用のアプリが充実
標準のマイナビバイト公式アプリの他に、「高校生版」「大学生版」といった年代別のアプリもあるため、より自分にあった仕事を選びやすくなっています。

■ポイント3:未経験者でも応募可能な求人が豊富
経験がなくてもできるアンケートモニターなどの求人が豊富なため、特別なスキルがない人でも簡単に始められます。

5位:タウンワーク

■ポイント1:全国掲載数約80万件
タウンワークは求人の掲載数が全国で80万件と、とても豊富です。

■ポイント2:高報酬の在宅ワーク
日給30,000円などの高単価の案件もあり、業界内でも少し特殊な案件を紹介しています。

■ポイント3:働き方を紹介したコラムが充実
職種に関する内容や、面接の仕方、履歴書の書き方など、アルバイトに関する情報をホームページ上で詳しく紹介しています。

主婦を中心に在宅ワークの需要が増えている理由

一体なぜ主婦を中心に在宅ワークの需要が増えているのでしょうか。

その理由は、インターネットが普及したことによって、だれでも家にいながら仕事をできるようになったからです。これまで主婦は家から出ることが困難な状況であれば、仕事をすることを諦めざるを得ませんでした。

しかし、現在ではインターネットやスマートフォンを利用してできる仕事が増えたため、在宅ワークを利用して仕事をする人が増えました。

在宅ワークの求人を見つける方法

在宅ワークの求人を見つけるには、求人サイトを経由する方法とクラウドソーシングで探す方法の2パターンがあります。

求人サイト経由

一つ目の在宅ワークを探す方法として、求人サイト経由で探す方法があります。一般的な求人サイトのカテゴリにある「在宅ワーク」から見つけられます。

おすすめの求人サイトは後述するので、ぜひそちらを参考にして探してみてください。

クラウドソーシング経由

二つ目はクラウドソーシング経由で探す方法があります。

大手クラウドソーシングサイトであるランサーズが発表したデータによると、現在の日本にはフリーランスとして活動している方が1,000万人以上いるという統計データがあります。

そのため、現在では多くの個人がクラウドソーシング経由で仕事を受注しています。おすすめのクラウドソーシングサイトも求人サイトと同様に後述します。

在宅ワークの求人を探す際の注意点

在宅ワークの求人を探す際の注意点について紹介します。安心して在宅ワークをするためにも、ぜひ参考にしてください。

報酬と時間の関係性

アルバイトやパートタイムであれば、基本的に時給〇〇円というのが一般的ですが、在宅ワークの場合には時給でない求人も多いので、報酬形態がどのようになっているかを明確にしておく必要があります。

具体的には成果報酬として、納品した時点で報酬が発生するケースもあるので、事前に確認をすることが必要です。

雇用契約か請負契約かを明確にする

在宅ワークの場合には、実際に「雇用契約を結ぶケース」や「業務委託のケース」など種類があります。

そのため、求人内容が雇用契約なのか請負契約なのかを事前に理解してから応募することが必要です。ここを曖昧なままにしてしまうと、仕事の期間がはっきりしないため、明確にするようにしましょう。

次の記事では、業務委託契約について詳しく解説しているので、契約を結ぶ可能性がある方は見ておきましょう。

在宅ワークの詐欺に注意

最近では在宅ワークに関する詐欺が流行っています。

具体的には、仕事を遂行し納品をしたにもかかわらず、報酬が支払われないという悪質なもので、契約書をきちんと取りかわさないことが原因で起こってしまいます。

そのため、企業と個人でやりとりをするのであれば、仕事を受ける前には、きちんと契約書を取り交わし、トラブルを未然に防ぐようにしましょう。

知っておきたい在宅ワークでも必要な「確定申告」

在宅ワークはじめて一定の収益を得ると、1年間の売上をもとに税金の額を計算し確定申告の手続きが必要な場合があります。

もし確定申告が必要な方が放置し続けた場合、「無申告加算税」「利子税」「不納付加算税」が新たに課されてしまう可能性があるので、在宅ワークや副業をはじめる前に最低限の準備をすませるのをおすすめします。

freeeなど、フリーランスや個人事業主向けの確定申告ソフトは、確定申告を経験したことがない方や、面倒な書類作成が苦手な方でも、フォームに沿って入力するだけで簡単に作業が完了できます。

「クラウド会計ソフトシェアNo.1(2016年8月デジタルインファクト調べ)」の会計ソフトであるfreeeは、税額診断をすることで確定申告が必要かどうかも簡単に判断できます。

freee(フリー)

freee - freee株式会社

freeeは「クラウド会計ソフトシェアNo.1(2016年8月デジタルインファクト調べ)」の会計ソフト。AppStoreのレビュー数が9,000件以上、平均点は4.4点と高評価です(2018年9月30日時点)。費用は11,760円/年(1,180円/月。税抜)ですが無料お試し利用もできます。

副業での確定申告については以下の記事で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてください。

在宅ワークの求人の種類は豊富にある

以上、在宅ワークの求人についてと、実際に在宅ワークの求人を探すためのサービスについて解説してきました。

きっとこれまで在宅ワークに興味はあったけれど、実際に調べたことがなかった方にとっては、現在の在宅ワークのハードルの低さに驚いたのではないでしょうか。

インターネットが普及したことによって、在宅で仕事をすることが容易になり、今では多くの求人が出ています。ぜひ自分のライフスタイルにあった在宅ワークを探してみてはいかがでしょうか。

副業おすすめランキング|サラリーマンや主婦・スマホで仕事 【2019年版】はこちら

在宅ワークに関連するおすすめ人気記事

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
おすすめ副業・在宅ワークの最近更新された記事
在宅ワークおすすめ求人サイト7選 | 仕事の種類 - スマホ・大学生でも稼げる?
在宅勤務の求人サイト9選 | メリット・デメリットや種類 - どこに登録すべき?
パソコンを使った在宅ワークのコツ | 種類やメリット・継続するためのポイントについて解説
副業禁止は絶対か | 会社の就業規則と法律の関係・懲戒の可能性は?
在宅ワークの種類と人気業務とは | 仕事を選ぶ際の注意点 - 記事作成・電話対応など
【社会人向け】趣味おすすめ17選と探し方 | アウトドア・インドア - 充実したプライベートが仕事に良い影響に?
副業アルバイト求人のおすすめサイトと探し方 - ダブルワークは会社にバレる?
在宅勤務とは|メリット・デメリット - 場所を気にしない「イマドキ」な働き方
副業とは - 兼業・Wワーク・複業の違いと意味
FREENANCE(フリーナンス)とは|評判・口コミからわかるメリット・デメリットを解説