{{ message }}
Article square balloon green
2016-09-27
会員限定記事

ベンチャー企業とは?中小企業との違い | 意味・特徴

実は知らないベンチャー企業の意味・定義を徹底解説!|スタートアップ企業との違いは?|ベンチャー企業の特徴や有名ベンチャー企業の例から、ベンチャー企業に向いている人の特徴を分析しました!ベンチャー企業への就職や転職を考えている方、ぜひご一読ください。
Large

ベンチャー企業とは何か?

「ベンチャー企業」とは、革新的なアイデアや技術をもとにして、新しいサービスやビジネスを展開する企業を意味します。規模としては、小規模~中規模であることがほとんど。”新興企業”の意味でもこの呼び方が使われます。

ベンチャー企業と呼ばれるための明確な基準や定義はありません。
一般的には、

  • 成長過程にある企業
  • ベンチャーキャピタル(VC)など、投資機関から資金援助を受けている企業
  • ベンチャー指定を受けている

という企業のことをベンチャー企業と言います。

特に2000年以降、IT技術の進化や規制緩和に後追されてベンチャー企業の設立が増えています。最初は小規模で始めても、上場して規模を拡大するベンチャー企業も少なくありません。

ベンチャー企業の特徴

ベンチャー企業は、あらたなビジネスを育てている状態。将来的には大きく化ける可能性があっても、現段階では財政的に厳しく、投資機関から援助を受けていることが多いです。

また、大企業と違って、企業のネームバリューや福利厚生ではなく、やりがいやビジョンに共感する人を中心に求人・採用する傾向があります。いわゆる大企業とは求める層も、適する層も異なるので、ベンチャー企業専門の求人・採用サイトもあるほどです。また、スタートアップ時期には縁故採用(友人の紹介など)による人員補充も多いです。人材への投資も大きく、優秀な人を集めるために大企業よりもお給料が多いことも。それを目当てに就職・転職をする人も居ますね。

安定した事業ができると確約はされていませんが、自分の能力を活かして、会社の成長に貢献できる割合が多いため、向上心の強い人が集まる職場です。

スタートアップの上場準備に必要な「勤怠管理」の整備、進め方と成功のポイント | ボクシルマガジン
主にスタートアップ企業の上場(IPO)準備に必要な事柄の説明や、そのなかでも特に重要となる勤怠管理や労務管理の体制...

会員限定の次のページではベンチャー企業とスタートアップ・中小企業の違いをわかりやすくご解説します。また、有名ベンチャー企業の例もご紹介しますのでぜひ、あわせてご覧ください。

Article whitepaper bgS3 0
eラーニング(システム)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
セレブリックス、株式会社ジージー、Mogic株式会社、株式会社manebi、株式会社Gifted
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ