離職票とは?書き方・記入方法や発行手続きの注意事項 | 退職証明書との違い

公開日: 最終更新日:

離職票とは、ハローワークで失業手当の給付手続きをするために必要な書類です。離職票がなければ失業手当を受け取れません。離職票の書き方・記入方法や退職証明書との違い、発行手続きの流れといった離職票に関する知識を網羅的に解説します。※初回公開日:18/09/21

離職票とは?書き方・記入方法や発行手続きの注意事項 | 退職証明書との違い

離職票は、退職者が失業給付(いわゆる失業保険)を受け取る際に必要な重要書類です。

会社側は退職者から離職票の交付を求められた場合、それに応じる義務があります。

退職の際に次の会社が決まっている場合でも、万が一内定取り消しや転職先の倒産などで就職できない可能性があるので、離職票は受け取っておいた方が良いでしょう。

この記事では、失業手当給付に必要な離職票の書き方や注意点について解説します。

>>>【転職者必見】人気の転職エージェントランキングTOP3をチェックする

離職票とは

離職票は、社員が離職したことを証明する公的な書類です。

離職票は元の勤務先が退職する際に発行してくれて、退職者が失業給付(いわゆる失業保険)の支給をハローワークで申請する際に必要になる書類です。

離職票が必要になるのは基本的に失業給付をもらうときだけなので、退職後すぐに転職して働いている場合、特に離職票を提出する義務はありません。

ちなみに離職票は、離職票1と離職票2の二種類の書類で構成されます。

離職票1には失業給付の振り込み希望先、離職票2には退職者が勤めていた会社が、離職日前に支払われていた賃金情報が書かれています。

離職票2で失業給付の支給額が決定され、離職票1の口座に振り込まれます。失業給付を申請する際は、両方の書類が必要です。

退職証明書との違い

離職票と似たような名前の書類に、退職証明書があります。しかし、両者は似て非なるものです。

離職票はハローワークに提出する書類でフォーマットがきちんと決まっていますが、退職証明書は公的手続きで必要になることはありません。

退職証明書を利用するケースは、たとえば転職にタイムラグが発生して国民保険に加入したいが離職票が届かないという場合でしょう。

退職した証明を退職証明書で行ったり、転職先の企業の求めに応じていつ退職したかを証明したりするために使う書類です。

>>>【転職者必見】人気の転職エージェントランキングTOP3をチェックする

離職票発行手続きの流れ

退職時に、どのようなフローで離職票を発行してもらうのでしょうか。手続きの流れを説明します。

(1)離職票2を記載する

通常、会社に退職の意思を伝えると、退職した直後までどこかのタイミングで離職票2が渡されます。

退職者は、その離職票2に必要事項を記入します。ちなみに、離職票2は離職証明書とも呼ばれています。

(2)離職票2を会社に返す

必要事項を記入したら、離職票2を会社側に提出します。

退職前に渡された場合、そのまま人事部などに持って行っても良いですし、退職した後で手続きする場合、返信用封筒などを一緒に渡されているはずなので郵送で提出しても構いません。

(3)会社がハローワークで手続きを行う

退職者から離職票2が送られてくると、会社はハローワークで手続きを行います。

手続きが終わると、ハローワークから処理済みの離職票2が会社に返され、離職票1もその際に発行されて会社に渡されます。

ちなみに、会社はこの他にも退職者が発生した場合、退職日翌日から10日以内に雇用保険被保険者資格喪失届などをハローワークに提出して退職の手続きを行う必要があります。

この手続きについては退職者側で行う作業は無いので気にする必要はありません。

(4)会社から離職票1と離職票2が郵送される

会社がハローワークで離職票に関する手続きを行うと、会社から離職票1と離職票2が郵送されてきます。

もし、退職時に手続したのに、退職後10日以降経っても会社から離職票が送られてこない場合、一度会社に対して問い合わせした方が良いでしょう。

(5)ハローワークに行き、手続きを行う

最後にハローワークに行き、失業保険の手続きを行います。ちなみに、離職票は失業給付を申請するときに必要な書類であって、転職の際に転職先の会社に見せるものでもありません。

よって、失業給付を申請する以外に特に使い道はありません。厚生年金保険から国民保険への切り替えを行う場合、退職した事の証明として使うこともできます。

失業給付を受ける場合、離職票の他にも雇用保険被保険者証、証明写真、マイナンバーを証明する書類、本人確認書類、印鑑や通帳などを持って行く必要があります。

>>>【転職者必見】人気の転職エージェントランキングTOP3をチェックする

離職票の書き方・記入方法

では、失業給付を申請する場合、ハローワークに提出する離職票には何を書けば良いのでしょうか。具体的な書き方を説明します。

離職票1の書き方

(出典:ハローワークのWEBサイトより抜粋)

まず、離職票1の上部の被保険者番号や離職者氏名は手元に届いた時点で埋まっています。

事前に退職者が記入する必要があるのは、下3分の1の「求職者給付等払渡希望金融機関指定届」の部分です。

欄内の「金融機関による確認印」については、本人名義の振込先口座の通帳をハローワークに持っていき手続きする場合、金融機関から確認印をもらう必要はありません。

「個人番号」の部分はハローワークに行ってから記載します。後の部分は必要に応じてハローワーク側で埋めてくれます。

離職票2の書き方

(出典:ハローワークのWEBサイトより抜粋)

離職票2の左半分にある会社や退職者の情報、退職直前の給与の支払い状況の部分については、会社側で埋めてくれるので記載は不要です。

ただし、内容が合っているかきちんと確認して左半分の内容が間違っていれば訂正を要求してください。

退職者が記入するべきは右側のページです。

離職票2の右側のページの退職理由にチェックをつけます。離職理由の欄のよこに「離職者記入欄」という項目がありますので、該当する離職理由の部分に丸をつけてください。

また、ここの部分と一緒に下の部分の「具体的事情記載欄(事業主用)」についてもチェックしてください。

離職者記入欄の内容と事業主記入欄の内容が一致していて具体的事情記載欄(事業主用)の欄の内容に意義が無いのならば「具体的事情記載欄(離職者用)」に同上と記載してください。

事業主が説明する退職理由に異議がある場合、その事実は記載してハローワークに提出してください。

最後に、下の欄で事業主が丸をつけた離職理由に異議があるかないかをチェックして、最後に署名と捺印をしてください。

>>>【転職者必見】人気の転職エージェントランキングTOP3をチェックする

離職票発行に関する注意事項

離職票の発行に関しての注意事項を説明します。

離職票は退職日当日にはもらえない

上の手続きでも説明したとおり、離職票は退職者が退職した後に会社側がハローワークで手続きが必要です。

離職票は、会社がハローワークでの手続きを終えてから、退職者に郵送される書類なので、退職日当日にはもらえない点に注意しましょう。

目安として、離職票が退職者の手元に届くまでに1週間から2週間程度と見込んでおきましょう。

離職票が届かない場合には会社に連絡を

離職票がもらえないと失業給付を受け取れませんし、きちんと手続きをしないと失業給付がもらえるタイミングも遅れてしまいます。

離職票がいくら待っても届かない場合、在籍していた会社に問い合わせてください。

ちなみに、離職票が会社から届かない場合、ハローワークに相談すると失業給付の仮手続きができたり、ハローワークから会社に状況を確認してもらえたりする場合もあります。

離職票が交付されないケースを確認する

次のようなケースでは、そもそも離職票が交付されないケースも存在します。

雇用保険に加入していない場合

失業給付は雇用保険に基づくサービスなので、雇用保険に加入していない場合、利用できません。

31日以上の雇用見込みがあり、週20時間以上働いている労働者について事業者は雇用保険に加入させる義務があります。

しかし、週20時間未満しか働かないパートについては雇用保険に加入する義務が無いので、そもそも雇用保険に加入していなくて失業給付が受けられない可能性があります。

離職者が所在不明で交付されない場合

また、退職後に引越しして郵便の転送手続きを行っていない、元に会社に引越し先の住所を伝えていなかった場合、そもそも会社側が書類を送れません。

退職後に引越しする場合、引越し後の住所を会社に伝えましょう。

離職票を理解し、スムーズな手続きを

離職票は失業給付を受けるために非常に重要な書類です。失業給付の手続きに関する知識を身につけて手続きを行う必要があります。

スムーズに失業給付を受け取るためにも、離職票の意味や書き方、発行の手続きといった基礎知識を理解しておきましょう。

転職者必見!人気の転職エージェントランキングTOP3

転職を考えている方向けにおすすめの転職エージェントTOP3を紹介します。

1位:リクルートエージェント

■ポイント1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間2万3000名以上の転職支援を行っています。

■ポイント2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人が約10万件と豊富。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■ポイント3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」というアナタも安心。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

※実績No.1=転職市場定点調査による日本の有料職業紹介事業者の中で転職を実現した実績(2015年10月1日時点)

※累計32万人の成功実績=1977年のリクルートエージェント創業以来、累計転職成功実績約32万5,689名(2014年3月末時点)

2位:マイナビエージェント

■ポイント1:幅広い求人に対応
大手人材派遣会社マイナビが提供する転職エージェントで、国内最大級の転職支援実績をもち、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人に対応しています。

■ポイント2:非公開求人が約8割
マイナビエージェントが紹介する求人の8割以上が非公開求人となっており、直接面談や電話面談によって、それぞれに自分に合った非公開求人を提案してくれます。

■ポイント3:日程調整や条件交渉などすべて任せられる
専任のキャリアアドバイザーに求人への書類応募、面接日程の調整や条件交渉などすべて任せられるため、はじめての転職活動でも安心です。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

3位:ビズリーチ

■ポイント1:年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1
年収600万円以上の転職経験者・検討している413名のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。年収600万円未満でも登録可能となります。

■ポイント2:登録ヘッドハンター数が2,000人以上
2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。

■ポイント3:テレビCMも公開
「ビズリーチ!」のキャッチーなテレビCMで近年知名度が急上昇中。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

※年収600万円以上の方の支持No.1=シード・プランニング社による「転職サイト利用動向調査」より(2016年8月、9月に調査実施)

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。