労働条件通知書には何が書かれているのか 雇用契約書との違いは?

新卒入社時はもちろん、転職時にも必ず確認しておきたい「労働条件通知書」。そもそも労働条件通知書とは何か、また混同されがちな雇用契約書との違いはどこにあるのかや、労働条件通知書に記載すべき内容などを解説します。

労働条件通知書には何が書かれているのか 雇用契約書との違いは?

労働条件通知書とは

就活や転職をする際に、企業から求人情報が提示されます。求職者はこの求人情報を見て、この待遇・この条件面であれば、その企業で働こう・働きたいと思い、求人に応募します。

そして、内定・採用の段階に来ると企業から、実際に採用された場合には、どのような労働条件・待遇で働くことになるのかを提示されます。

求人情報がその企業が応募者として想定する人に「おおよそこのくらいの給与や待遇で採用しますよ」という情報なのに対して、労働条件通知書では労働者共通の労働条件に加えて、それを受け取る労働者に固有の給与や待遇面も記載されます。

使用者と労働者である一個人との資力・情報量などの力の差を是正するため、労働基準法、パートタイム労働法、労働者派遣法といった労働法規で、使用者は労働者に主要な労働条件を通知しなければならないと定められています。

それゆえ、使用者は内定・採用の段階で労働者に対して、労働条件通知書を交付します。この労働条件通知書の交付は「通知書」という名前のとおり、使用者業から労働者への一方的な通知で足り、契約書のように使用者・労働者双方の合意が必要であったり、署名・押印が必須とされたりするものではありません。

雇用契約書とは

労働条件通知書と似通ったものに雇用契約書があります。

雇用契約書とは、使用者と労働者が雇用契約を結ぶ際に、その契約内容を書面に残す目的で作成されるものです。雇用契約自体は、使用者と労働者の合意で成立するものですが、後に雇用契約の中身について、使用者と労働者とで齟齬が生じないように、その内容を書面でお互いが確認できる形にしたものが雇用契約書です。

先ほどの労働条件通知書の内容が労働法規の要請(使用者の義務)であったのに対して、雇用契約書は労働契約法に基づくものですが、労働契約法では雇用契約は「できる限り書面により確認する」と規定しているにとどまります。

そして、労働法規は主要な労働条件を通知することを求めているため、労働条件通知書と雇用契約書の2つをあわせ持った、つまり労働条件通知書に記載すべき内容を網羅した雇用契約書の控えを労働者に交付することで、両方を兼ねることができます。雇用契約書の内容説明を労働条件通知と兼ねている企業も多いようです。

雇用契約書の書き方と記載事項、作成時の注意事項を解説 | ボクシルマガジン
雇用契約書と労働条件通知書の違いとは何か、正社員・パート・アルバイトの雇用契約書の書き方と記載事項、雇用契約書作成...

労働条件通知書と雇用契約書の“2つの違い”

雇用契約書は、使用者が労働者と雇用契約を結ぶ際、つまりは採用する際に締結するものであり、労働条件通知書の交付時期と極めて近接すること、雇用契約書の内容として主要な労働条件が記載されることが多いため、労働条件通知書と雇用契約書とは、似たようなもの、または、ほぼ一緒という表現をされることがあります。

しかし、当然のことながら違いがあります。それを下記で説明します。

義務と任意

労働条件通知書の記載内容が労働法規に基づいた通知「義務」であるのに対して、雇用契約書の取り交わしそのものは「任意」です。

労働者保護の観点で見ると、労働者が雇用契約を結ぶにあたり必要な労働条件が労働条件通知書で通知されていれば、労働者はそれをもって雇用契約を結ぶかどうか判断できるとされ、あえて雇用契約書の取り交わしまでは労働法規では定められていないのです。

合意の必要性

「通知書」と「契約書」の違いから、労働条件通知書が使用者から労働者へ一方的に交付されるものであるのに対して、雇用契約書では使用者と労働者の合意が必要であり、使用者の一方的な行為ではなしえないという違いがあります。