ナレッジマネジメントツールのサービス比較

今、比較中のサービスを
サービス名
総合評価
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
無料トライアル
無料プラン
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
口コミ・評価
口コミ・評価
チャート
サービス資料
サービス資料
利用条件
最低利用人数
最低利用期間

NotePM

Zendesk

OfficeBot

ACES Meet

ココミテ

KotaMi

shouin+

0
円(税抜)~
情報なし
110,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
350,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
65,000
円(税抜)~
情報なし
330,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
(月)
4,800
円(税抜)~
情報なし
(月)
110,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
(月)
150,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
(月)
50,000
円(税抜)~
情報なし
(月)
22,000
円(税抜)~
情報なし
(月)
55,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
600
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
150
円(税抜)~
情報なし
情報なし
55,000
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
4.0点
ナレッジシェアツールは多種多様あると思いますが、スピーディーに導入しやすく、かつ使いやすいという点で、クライアントにもお勧めできますし。自身でもプロジェクトがあるごとに利用しています。特にチャットアプリと連携できるという点は、すでにチャットアプリを導入している企業にとっては、導入しやすくいいサービスだと思います。 ただ料金設定で1アカウントから契約できればなという点があり、4点にしました。
4.0点
部署により入れ替わりが激しいところでは、引き継ぎのマニュアル作成する時間がなかなか取れずに違う部署がカバーすることもあり、こちらのツールで手間なく簡単に全員で共有が可能だからです。
5.0点
レイアウトも柔軟にカスタマイズでき、階層構造も簡単に作成できるのがよい点。反面、自由度が高い分、操作性が難しいため、慣れるまでには少し時間がかかると思われます。
まだ口コミはありません
5.0点
FAQサイトの中に、質問をする場所があることで そこからお問合せしてくれるお客様が増え、タスク管理の一元化にもつながりました。 また、誰が対応するかを割り振ることができるため、カスタマーサポートチームとしては大変重宝しています。
5.0点
電話、メール、チャットなどカスタマーの問い合わせの流入経路は多岐に渡ります。 それらを最適化し、適切な応答率やKPIを達成し続けるのは簡単ではありませんが、一元管理や効率化をサポートしてくれるツールです。 機能の多さに驚くと同時に、便利さに感激すると思います。
4.0点
取りまとめの部署のため、交換手からの電話が回ってくることもあり、事務タスクをしている時に手を止めて他の部署に回したりするなど時間が取られていました。AI botの導入により、定型の内容は自動的に返答してもらえるようになったことがよかったです。
4.0点
当社のイントラ内で社員が必要な情報を探し出すのに、時間と手間がかかっていたのでOfficeBotを導入しました。 準備にかかる手間があまりかからずに、導入後にすぐに効果が出たことが大変良い点だと感じております。 ちょっとした手間だけで導入でき、今までは人によってバラバラな案内をしていたイントラ内での情報共有がOfficeBotで標準化した案内をすることができ、品質の標準化にもつながりました。
4.0点
ACES Meetの営業サポートは、自社管理で完結できるところが魅力です。営業マンが育たないという課題も、このACES Meetの会議内容の記録からさらに改善へ持ち込むことも可能です。営業チームのPDCAサイクルの補助として活用してます。
5.0点
無料プランでも使える上に、操作方法が簡単でした。さらに、オンライン会議の際に文字起こしをできる機能もあるのでオンライン会議の際の聞き取りずらい、見ずらいが無くなりました。
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
5.0点
導入に至った理由の1つ目は月額の利用料金が安価な点と2つ目は多階層構造のマニュアル作成が実現出来るので、閲覧者にとってストレスのないマニュアル管理〜運用が出来るといった点です。他社も情報収集やトライアルで実際に試して触っていたのですが、マニュアルツール1本で運用を行なっていくというよりはケースに応じて複数サービスを並行して活用していくことを決めていたので、COCOMITE1本で即決しました。
5.0点
ココミテでのマニュアル確認は、更新の都度、すぐに閲覧が可能になっています。社内の重要キーワードや、全従業員の顧客対応品質など、今のアプリケーションを活用して、仕事に活かすことが可能です。
4.0点
部門内のことで分からないことがあったら検索をして、それでも解消できなければ問合せをして、という一連の流れで日々利用しています。問合せ内容はきちんと蓄積されるので、あれ何だったかな?という時にも素早く探すことができています。
4.0点
新入社員が増える度に、似たような質問や問い合わせを受けることが多く困っていましたが、サービスを導入することによって、改善されているように感じます。 デザインも見やすく、操作性も良く扱いやすい印象です。
4.0点
FAQシステムとして優れていると感じるのはやはり検索性能が高いという点です。検索する時のワードは利用者によって必ずしも一致するわけではありませんが、Helpfeel Backdeskでは単語が異なっていても欲しい答えが見つかっている可能性がかなり高く感じます。
4.0点
社内FAQシステムはHelpfeel以外も利用した事がありますが、Helpfeelは初期設定時に必須の入力作業が少なくて楽でした。社内全体での問い合わせが減った事で効率的に他の業務を進められるようになりました。
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
NotePMの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
KnowledgeSh@re ナレッジシェアの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Zendeskの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
OfficeBotの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
ACES Meetの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
ディスカバリーズ エンゲージの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
ココミテの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
KotaMi	の資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Helpfeel Back Officeの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
shouin+の資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
1人
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
1ヶ月
情報なし
1年
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
1年
情報なし
1年
情報なし
3ヶ月
情報なし
情報なし
情報なし