葉月とは | 意味と読み方、由来・語源・別名・異称は?

公開日:
葉月(はづき)とは、陰暦(旧暦)の8月を意味し、陽暦(新暦)8月の和風月名として知られています。現代ではまだまだ暑い時期にもかかわらず、秋や紅葉を感じさせる葉月の由来や語源とは?別名・異称とともに解説します。
葉月とは | 意味と読み方、由来・語源・別名・異称は?

←文月  葉月  長月→

葉月とは

明治初頭より陽暦(新暦)を採用した日本では、12か月を1月〜12月の数字で表しています。しかし、それ以前は、季節感がわかるような和風月名で各月を表現しており、その8番目の月を「葉月」としていました。現代では、これを陽暦(新暦)8月に当てはめ、「葉月=和風月名の8月」として用いています。

陰暦の8月は、陽暦の8月と時期が違います。陽暦は陰暦から1か月ほど遅れています。陰暦の8月は、陽暦の8月下旬から10月上旬頃に当たるのです。

葉月の読み方、意味・由来・語源

葉月は「はづき」と読みます。その意味・由来・語源には諸説があるものの、実はどれも根拠には乏しいといわれています。

なかでも有力だとされている説は「葉落ち月(はおちづき)」が「葉月(はづき)」に転じたというものです。現代の9月にあたる葉月は、落葉や紅葉が始まる時期。それが「葉落ち月」と呼ばれるようになったとのでは、といわれています。

ほかにも、シベリアから雁が越冬のために渡ってくる月であるため「初雁月(はつかりづき)」が転じて「はづき」になったという説、稲の穂が張る月である「穂張り月(ほはりづき)」「張り月(はりづき)」が転じたという説があります。

いずれにしても当て字の可能性は否めず、正式な語源は未詳ともいわれています。

葉月の別名・異称

葉月には、別名や異称で表されるさまざまな呼び名があります。そのいくつかを紹介しておきましょう。

仲秋(ちゅうしゅう)

陰暦では、7月から9月が「秋」になります。このため、8月である「葉月」が、秋の真ん中の月になるため「仲秋」とも呼ばれます。

雁来月(がりくづき、がんらいげつ)

シベリアから渡り鳥の雁が来る月であるため「雁来月」とも呼ばれます。

燕去月(つばめさりづき)

燕が南方へ去っていく月であることから、「燕去月」とも呼ばれます。

南風月(はえづき)

南方からの強い風、つまり台風の季節であることから「南風月」とも呼ばれました。

穂張り月(ほはりづき)

稲の穂が大きく育ち、張って来る月であることから「穂張り月」とも呼ばれています。

そのほかの別名・異称

  • 秋風月(あきかぜづき)
  • 観月(かんげつ)
  • 雁来月(かりきづき)
  • 建酉月(けんゆうづき)
  • 壮月(そうげつ)
  • 竹春(ちくしゅん)
  • 月見月(つきみつき)
  • 紅染月(べにそめづき)

葉月のまとめ

陰暦の秋となる葉月は仲秋とも呼ばれており、この時期の十五夜が「中秋の名月」といわれるのはこのためです。月の満ち欠けや、渡り鳥の往来など、自然との関わりが和風月名にも反映される陰暦のなかでも、葉月は特にその色合いが強いように感じられますね。

←文月  葉月  長月→

月の異名一覧