文月とは | 意味と読み方、由来・語源・別名・異称は?

公開日:
文月(ふづき、ふみづき)とは陰暦(旧暦)の7月を意味します。暦のうえでは秋となる文月ですが、七夕や短冊などをその語源とする説が有力です。その説に対する疑問を含めた由来の諸説、別名・異称などを紹介していきます。
文月とは | 意味と読み方、由来・語源・別名・異称は?

←水無月  文月  葉月→

文月とは

明治初頭より陽暦(新暦)を採用した日本では、12か月を1月〜12月の数字で表しています。しかし、それ以前は、季節感がわかるような和風月名で各月を表現しており、その7番目の月を「文月」としていました。現在では、これを陽暦(新暦)7月に当てはめ「文月=7月の和風月名」として用いています。

陰暦の7月は、陽暦の7月と時期が違います。陽暦は陰暦から1か月ほど遅れています。陰暦の7月は、陽暦の7月下旬から9月上旬頃に当たるのです。

文月の読み方、意味・由来・語源

文月は「ふづき、ふみづき」と読み、その意味・由来・語源には諸説あります。なかでも、「文被月(ふみひろげづき、ふみひらきづき)」が略されて「文月」に転じたという説は有力です。

この文被月とは、書道の上達を祈って、短冊に歌や願い事などを書く、七夕の行事にちなんだ呼び方だといわれています。しかし奈良時代に中国から伝わった七夕は、古来日本にはなかった行事であり、疑問視する声もあります。

ほかにも、収穫が近づくにつれて稲穂が膨らむことから「穂含月(ほふみづき)」「含月(ふくむづき)」が転じて「文月(ふづき)」になったという説、稲穂の膨らみが見られる月であることから「穂見月(ほみづき)」が転じたという説もあります。

文月の別名・異称

文月には、別名や異称で表されるさまざまな呼び名があります。そのいくつかを紹介しておきましょう。

初秋(しょしゅう、はつあき)

陰暦では、7月から9月が「秋」になります。このため、7月である「文月」が、秋の最初の月になるため「初秋」とも呼ばれます。

親月(おやづき、しんげつ)

陰暦7月の文月にはお盆があります。このため、親の墓参りをする月ということから「親月」とも呼ばれているようです。

涼月(りょうげつ)

文月の終わりには暑さもやわらぎ、涼しい風を感じることもあるため「涼月」とも呼ばれていたようです。

愛逢月(めであいづき)

織姫と彦星が年に一度再会する七夕を含む文月では、お互いが愛して逢う月ということから「愛逢月」とも呼ばれました。

そのほかの別名・異称

  • 女郎花月(おみなえしづき、をみなえしづき)
  • 建申月(けんしんげつ)
  • 七夕月(たなばたづき)
  • 桐月(とうげつ)
  • 七夜月(ななよづき)
  • 蘭月(らんげつ)

文月のまとめ

7月7日が七夕なのにもかかわらず、8月に七夕が催される地域があります。これは陰暦に関係があったのかもしれませんね。陰暦を知っておくと、より季節感を感じられるという良さがあるのではないでしょうか。

←水無月  文月  葉月→

月の異名一覧