師走とは | 意味と読み方、由来・語源・別名・異称は?

公開日:
師走(しわす、しはす)とは、陰暦(旧暦)12月のことを指し、陽暦(新暦)12月の和風月名として知られています。一般にいわれている、僧が経をあげるために東西を馳せるという由来は、信憑性のあるものなのでしょうか?師走の別名や異称とともに解説します。
師走とは | 意味と読み方、由来・語源・別名・異称は?

師走とは

明治初頭より陽暦(新暦)を採用した日本では、12か月を1月〜12月の数字で表しています。しかし、それ以前は、季節感がわかるような和風月名で各月を表現しており、その最後の月を「師走」と呼んでいました。現在の日本では、これを陽暦(新暦)の12月に当てはめ「師走=12月の和風月名」として用いています。

陰暦の12月は、陽暦の12月と時期が違います。陽暦は陰暦から1か月ほど遅れています。陰暦の12月は、陽暦の12月下旬から翌年2月上旬頃に当たるのです。

師走の読み方、意味・由来・語源

師走は「しわす、しはす」と読み、その意味・由来・語源には諸説あります。もっとも有名な説は、師匠である僧侶が、お経をあげるために東西を馳せる月という意味の「師馳す(しはす)」だというものです。

この「師馳す」は、平安末期の「色葉字類抄(いろはじるいしょう)」の説明によると民間語源とされ、現代の「師走」は、この説をもとに字が当てられたと考えられています。

ほかにも、年が果てる(終わる)という意味の「年果つ(としはつ)」が「しはす」に変化したという説もあり、万葉集のころから「シハス」と呼ばれていたとの説もあります。

四季の果てる月を意味する「四極(しはつ)」を語源とする説、一年の最後になし終えるという意味の「為果つ(しはつ)」を語源とする説などもあります。

師走の別名・異称

師走には、別名や異称で表されるさまざまな呼び名があります。そのいくつかを紹介しておきましょう。

晩冬(ばんとう)

陰暦では、10月から12月が「冬」になります。このため、12月である「師走」が、冬の最後の月になるため「晩冬」とも呼ばれます。

春待月(はるまちづき)

一年で最後の冬となる師走の次は、春の暦である睦月となります。このため、春を待つ月という意味合いから「春待月」とも呼ばれました。

苦寒(くかん)

陰暦の師走は立春の直前となり、もっとも寒さが厳しい時期です。寒さに苦しむという意味を持つ「苦寒」とも呼ばれました。

三冬月(みふゆづき)

陰暦10月から続く、3番目の冬の月ということから「三冬月」とも呼ばれたようです。

歳極月(としはすづき)

一年の最期、歳の終わりを指して「歳極月」とも呼ばれたようです。同じく、一年の終わりを指して「暮歳(ぼさい)」とも呼ばれました。

そのほかの別名・異称

  • 黄冬(おうとう)
  • 弟月(おとづき)
  • 親子月(おやこづき)
  • 限月(かぎりのつき)
  • 建丑月(けんちゅうげつ)
  • 極月(ごくづき)
  • 暮来月(くれこづき)
  • 氷月(ひょうげつ)

師走のまとめ

陰暦でも陽暦でも、一年の最後の日は「大晦日(おおみそか)」「大晦(おおつごもり)」といいます。晦日(みそか)が、毎月の末日を指すため、年の最後の末日に「大」を付けて大晦日になったというわけです。

一方の「晦(つごもり)」とは、月が隠れる「月隠(つきごもり)」が変化したものであり、こちらも毎月末日となる新月を意味します。陰暦では新月から満月、満月から新月までを1か月としたため、毎月末日には新月で月が見えなかった、隠れたように感じたということでしょう。こうした部分にも、陰暦が月や自然に密着した暦であるとわかりますね。

←霜月  師走  睦月→

月の異名一覧