1,000万人を超えたフリーランスが抱える「社会的信用」問題の背景とは

1,000万人を超えたフリーランスが抱える「社会的信用」問題の背景とは

副業・兼業も含めると、フリーランスとして働く人は1,000万人を超え、市場規模は拡大を続けている。しかしフリーランスで働く人の多くが「社会的信用」を得にくいという課題を抱えているという。国内初の「ITフリーランス専用クレジットカード」の提供開始を発表したPE-BANKの取り組みとともに、この問題の背景について考えていこう。

2018.11.27 12:41
Wi-Fiルーター選び方ガイド | 自宅用から海外でも使えるモバイルルーターまで

Wi-Fiルーター選び方ガイド | 自宅用から海外でも使えるモバイルルーターまで

インターネットを無線化でき、高速なデータ通信が行える「Wi-Fi(無線LAN)ルーター」。最近では家庭用のホームルーターだけでなく、外出先で使うモバイルルーターも人気を集めています。本記事では、そんなWi-Fiルーターを導入するメリットや種類、選び方、おすすめ製品まで解説します。

2018.11.27 11:02
ダイバーシティ(多様性)とは?成功事例と組織における偏見をなくすために必要なこと

ダイバーシティ(多様性)とは?成功事例と組織における偏見をなくすために必要なこと

ダイバーシティとは日本企業では人材の多様性と言われ重要視されており、性別、年齢、人種などさまざま違いを持った人材がお互いに尊重し合って働ける環境のことを指します。そのためには偏見なく、公平性、客観性を持って従業員の一人ひとりがお互いの同僚を取り扱う必要があります。ダイバーシティの意味や推進するメリット、課題と対策、事例などについて説明します。

2018.11.27 08:00
PayPay、AmazonPayなど大手参入で急成長、QRコード決済市場は2023年8兆円へ

PayPay、AmazonPayなど大手参入で急成長、QRコード決済市場は2023年8兆円へ

日本能率協会総合研究所は11月9日、日本国内のQRコード決済市場規模を推計した。2018年はPayPayやAmazonPayなど、大手が実店舗での運用・実証実験などをスタートし、〇〇Payの乱立状態となった。同調査によれば、2023年のQR決済市場は8兆円と推計され、東京五輪のインバウンド需要や政府の後押しもあり、市場は拡大するという。

2018.11.26 14:59
インスタグラムの位置情報で自宅がバレるって本当? | 設定・変更削除・非公開方法を解説

インスタグラムの位置情報で自宅がバレるって本当? | 設定・変更削除・非公開方法を解説

インスタグラムの位置情報をご存知でしょうか?写真を投稿する際にスポット情報を付与し、同じ場所で写真を投稿したほかの人々とのエンゲージメントを高め、多くのユーザーからのフォローを集められる有効な機能です。一方では自宅の場所が特定されやすいリスクもあり、設定の確認には充分な注意が必要です。それではインスタ位置情報を有効活用するにはどうしたら良いのでしょうか?Facebookチェックインからのスポット作成方法、位置情報の削除方法など設定詳細や位置情報が持つメリット・デメリットを解説します。

2018.11.26 11:58
ページ読み込みは「2秒以内」に - 3秒待てないモバイルユーザー、画像圧縮で表示速度改善を

ページ読み込みは「2秒以内」に - 3秒待てないモバイルユーザー、画像圧縮で表示速度改善を

リッチコンテンツ化によりWebページが肥大化している。表示に必要なデータが増えればページ表示速度は遅くなる。グーグルによると、モバイルサイトの読み込みに3秒以上かかると53%が閲覧を止めて離脱し、時間が長いほど直帰率も高くなる。モバイル検索順位の決定基準としてグーグルがスピードアップデートを採用した今、ページ表示速度への配慮もSEO対策に不可欠だ。

2018.11.25 10:30
ノマドという働き方のメリット・デメリット、必要な持ち物から節約術まで紹介

ノマドという働き方のメリット・デメリット、必要な持ち物から節約術まで紹介

オフィスなどの決まった勤務先を持たずに好きな場所で仕事をする働き方を、決まった家を持たずに生活する遊牧民になぞらえてノマドと呼んでいます。特定の仕事場所を持たないワークスタイルを表した用語です。ノマドとして働くために必要な持ち物やメリット・デメリットにはどのようなものがあるのか、また必要とされる節約術について説明します。

2018.11.25 01:39
「なんとAIの、広い、深い。」ビッグデータ解析から生まれた2018年を象徴する広告コピー、2万6000件を分析

「なんとAIの、広い、深い。」ビッグデータ解析から生まれた2018年を象徴する広告コピー、2万6000件を分析

「なんとAIの、広い、深い。」ーー広告コピー約2万6,000件を解析し、使用頻度の高かった言葉から生まれた“2018年を象徴する広告コピー”だ。東京コピーライターズクラブ (TCC)が発表した。何かと話題になったAIは、増加率19倍と広告コピーにも多く使われたようだ。

2018.11.24 15:00