Google(グーグル)検索履歴を削除する方法 | 表示する・表示しない方法

最終更新日: 公開日:
Google(グーグル)の検索履歴は個人の趣味嗜好を表す重要な情報のため、できれば他人に知られたくないという人も多いのではないでしょうか。そこで知っておきたいのが、検索履歴を管理する方法です。本記事ではパソコン、スマートフォンそれぞれで、検索履歴を削除する方法と、表示/非表示の切り替え方法について解説します。
Google(グーグル)検索履歴を削除する方法 | 表示する・表示しない方法

Googleの検索履歴

Google検索では、入力したキーワードの履歴(検索履歴)が保存されます。検索履歴を見ると、その人がなにを調べたかや趣味嗜好がわかってしまうため、重要な個人情報のひとつと言っていいかもしれません。

この記事では、そんなGoogleの検索履歴を削除する方法や、表示する・しない方法を解説します。

Google(グーグル)検索履歴の管理の重要性

Googleでは、検索精度を高める目的でユーザーの検索履歴を保存しています。Chromeはもちろん、Google マップやYouTubeで見た動画の履歴も保存されるため、検索履歴を見ればその人のさまざまな情報がわかってしまいます。

しかも、同じGoogleアカウントでパソコンやスマートフォンなど複数のデバイスにログインしていると、各デバイスに記録された履歴がGoogleアカウントを通じて他のデバイスにも共有されます。

こうしたGoogleの検索履歴を他の人に見られて恥ずかしい思いをしないためにも、検索履歴の管理方法をきちんと知っておくことが重要です。

ただし、検索履歴の削除や表示/非表示の方法は、パソコンとAndroidスマートフォン、iPhoneでそれぞれで異なります。本記事では、そんなデバイス別に検索履歴の管理方法を解説していきます。

Googleの検索履歴を削除する方法

まずは、Googleの検索履歴を削除する方法をパソコン、Android、iPhoneにわけて解説します。

グーグルの検索履歴をパソコンで削除する

Googleの検索履歴をパソコンにて削除する方法を解説します。同じGoogleアカウントを使っているスマートフォンの履歴も一緒に消えますのでご注意ください。

1. Googleアカウントのアイコン > 「Googleアカウントを管理」をクリック

Google Chromeの検索画面を開くと右上にGoogleアカウントが表示されます。アカウントのアイコンをクリックし「Googleアカウントを管理」をクリックします。

Google アイコンと「Googleアカウントを管理をクリック」

2. 「データとカスタマイズを管理」をクリック

Googleアカウントの管理画面を開き中央の「プライバシーとカスタマイズ」から「データとカスタマイズを管理」を選択してください。

Google アカウント管理

3. 「マイ アクティビティ」をクリック

ページを下にスクロールして「アクティビティとタイムライン」内の「マイ アクティビティ」をクリックします。

マイ アクティビティを選択

4. 「…」>「アクティビティを削除する基準」をクリック

検索窓の右側に「…」があるのでクリック。プルダウンにて表示される「アクティビティを削除する基準」を続けてクリックします。

アクティビティを削除する基準の選択

5. 削除したい期間を選択

[アクティビティの削除]に指定したい期間を選びます。画像では例として「全期間」を選択しています。

削除する期間を選択 アクティビティの削除は1時間以内〜

6. 「削除」をクリック

削除されるアクティビティを確認したら右下の「削除」をクリックします。

次のアクティビティの削除の確認をします すべてのアクティビティが完全に削除されます

グーグルの検索履歴をスマホ(Android)で削除する

続いて、Androidスマートフォンで検索履歴を削除する方法について解説します。まずGoogle Chromeで検索画面を開きます。

画面左の「≡」から「設定」をタップします。

Google ≡から設定

検索の設定から検索履歴の「管理」をタップします。パソコンと同様に削除の方法は2通りあります。

1つ目は下写真のように日付ごとに「削除」を選択する方法、もう1つは「アクティビティを削除する」から日付や期間を指定して削除する方法です。

Google 検索の設定から検索履歴の管理

グーグルの検索履歴をiPhoneで削除する

iPhoneやiPadでグーグルの検索履歴を削除する方法について説明します。

  1. iPhoneまたはiPadでChromeのアプリを開く
  2. 右下にある「その他」から履歴をタップ
  3. 一番下にある「閲覧履歴データを削除」をタップ
  4. 一番下の「閲覧履歴データの削除」をタップ
  5. 表示されたポップアップにて「閲覧履歴データの削除」をタップ

iPhoneでもパソコンやAndroidと同じように、日付ごとに「削除」を選択する方法と「アクティビティを削除する」から日付や期間を指定して削除する方法があります。

Googleの検索履歴を表示する/しない方法

続いて、Googleの検索履歴の表示/非表示設定の切り替え方法について解説していきます。

パソコンでGoogleアカウントの検索履歴を削除するためには、さきほどと同様にまずGoogleアカウントの管理画面を開きます。

Google アイコンと「Googleアカウントを管理をクリック」

Googleアカウントの管理画面を開き中央の「プライバシーとカスタマイズ」から「データとカスタマイズを管理」を選択してください。

Google アカウント管理

データとカスタマイズのうち、「アクティビティ管理」から「アクティビティ管理を行う」をクリックします。

Googleのアクティビティ管理

アクティビティの種類がいくつか表示されるので、削除したい検索履歴を探しボタンをオフにします。「一時停止」の表示が出ていれば停止されています。

アクティビティを一時停止

アクティビティには次のような種類があります。削除したい履歴を探して解消しましょう。

  • ウェブとアプリのアクティビティ
  • ロケーション履歴
  • YouTube の履歴

スマホ(iPhone・Android)の検索履歴を表示/非表示

iPhoneおよびAndrioidスマートフォンにおける検索履歴の非表示方法について解説していきます。

1. Googleアカウントのアイコンをタップ

Googleの検索画面から右上のアイコンをタップします。

右上にGoogleアカウントのアイコン

2. 「同期の管理」をタップ

中央あたりにある「同期の管理」をタップします。

「同期の管理」をタップ

3. 「Google アクティビティ管理」をタップ

下にスクロールして「Google アクティビティ管理」をタップします。

「Google アクティビティ管理」をタップ

4. 「ウェブとアプリのアクティビティ」のボタンをタップ

「ウェブとアプリのアクティビティ」を設定したい場合は、こちらのボタンをタップします。ほかのアクティビティを設定したい場合は、スクロールして「すべてのアクティビティ管理を表示」をタップします。

「ウェブとアプリのアクティビティ」のラジオボタンをタップ

5. スクロールして「一時停止」をタップ

スクロールし注意書きを読んだら、右下の「一時停止」をタップします。一時停止するアカウントに間違いがないか今一度確認するとよいでしょう。

スクロールして「一時停止」

6. 「一時停止」の表示を確認

「ウェブとアプリのアクティビティ(一時停止)」が表示されていれば、一時停止が完了しています。

一時停止の表示を確認して完了

なお、スマートフォンでもグーグルマップや音声、YouTubeの視聴履歴などのオン・オフも切り替えられます。

グーグルマップの検索履歴の削除

グーグルマップの検索履歴の削除の仕方も基本的には普通の検索履歴の削除と同じです。

  1. 各デバイスでグーグルマップのアプリを開く
  2. メニューから設定→マップの履歴をタップ
  3. 一部の履歴を削除する場合→ゴミ箱のアイコンをタップし削除
  4. 全ての履歴を削除する場合→「…」アイコンから「アクティビティを削除する基準」から「全期間」を選択し削除

グーグルマップの履歴を削除しても、保存した場所や共有した場所、口コミの投稿を求められた場所は削除されないので注意しましょう。

Googleの検索履歴を管理しよう

ここまでGoogleの検索履歴の管理方法について説明してきました。パソコンやスマートフォンには個人の情報がたくさん詰まっていますが、Googleの検索履歴もそのひとつと言えるでしょう。

パソコンやスマートフォンで作業をしていると、相手に悪気が無くても画面を見られることがあるので、本記事で紹介してきたように検索履歴はきちんと管理する必要があります。

OSやブラウザのバージョンによっても削除や表示/非表示の方法は若干異なることがありますので、上記の解説をベースに自分が保有しているデバイスの管理方法を確認するようにしてください。

Google Chrome(クローム)の使い方徹底解説【完全ガイド】

Chromeの使い方/基本機能

Chromeの重い動作を軽くする

Chromeの裏ワザ/テクニック