経費精算システムの口コミ数・満足度ランキング | 価格とプランも

経費精算システムとは、非常に煩雑で時間の掛かる経費精算業務を大幅に効率化し生産性を向上させるサービスです。
承認や管理が非常に容易で細かな作業時間も削減できます。また、振込まで自動化することが可能なサービスもあります。
続きを読む
経費精算システムのサービス資料27件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
楽楽精算
TOKIUM経費精算
マネーフォワード クラウド経費
ジョブカン経費精算
MOT経費精算
Concur Expense
ネクストICカード

経費精算システムのランキング

HRMOS経費(旧eKeihi)
販売開始から22年の実績をもつ経費精算システムのパイオニア。基本プランに含まれる機能を豊富に備え、電子帳簿保存法に完全対応。インボイス制度にも対応予定です。経理実務や法改正に精通した担当者が、お客様の運用に合った導入をサポートします。
料金プラン
29,000円-/月
無料トライアルあり
条件を指定して絞り込む
38
並び順
楽楽精算
累計導入社数10,000社※の経費精算システム「楽楽精算」。 自由度の高い設定&充実サポート&頻繁な機能アップデートで、ずっと長く使える。 電子帳簿保存法にも対応、テレワークに最適です! ※2022年4月時点
料金プラン
30,000円-/月
無料トライアルあり
freee経費精算
面倒な経費精算から、稟議・承認・管理のワークフローまで、freeeで全部解決。
料金プラン
500円-/ユーザー
無料トライアルあり
Concur Expense
【中堅中小企業向けStandard版は業界最安水準!】経費精算に関わる業務負荷やコストの大幅削減、従業員の生産性向上、経費の見える化、不正経費の防止を実現します。国内売上No.1(ITR調べ)、8,000万人以上が利用し、多言語、多通貨に対応した世界標準の経費精算クラウドです。
料金プラン
30,000円-/月
無料トライアルあり
マネーフォワード クラウド経費
【リモートワーク対応】出張や購買等の電子ワークフロー、交通費や出張旅費などの立替申請・承認、支払(FB)データの自動作成、会計ソフトへの仕訳連携、請求書(受領)の電子処理まで一括対応。電子帳簿保存法対応のシステムなので帳簿の電子化も可能
料金プラン
500円-/ユーザー
無料トライアルあり
ジョブカン経費精算
「ジョブカン経費精算」は、経費精算申請・承認といった経理業務をすべて自動化・クラウド管理できる業界No.1の経費精算システムです。仕訳データ・FBデータの自動作成ができ、振込にかかる工数も大幅に削減します。
料金プラン
350円-/ユーザー
無料トライアルあり
TOKIUM経費精算
TOKIUM経費精算は、電子帳簿保存対応の完全ペーパレスクラウド経費精算システムです。申請者・経理担当者両方の負担を減らし、経費精算業務を飛躍的に改善します。スマホで申請から承認まで簡単!現場も経理も楽になります。(トキウム経費精算)
料金プラン
10,000円-/月
無料トライアルあり
駅すぱあと旅費交通費精算Web
面倒な交通費精算業務から解放します!「駅すぱあと旅費交通費精算Web」は交通費の精算業務に特化したサービスです。高機能かつ低価格で気軽に導入できます。
料金プラン
-
無料トライアルあり
HRMOS経費(旧eKeihi)
販売開始から22年の実績をもつ経費精算システムのパイオニア。基本プランに含まれる機能を豊富に備え、電子帳簿保存法に完全対応。インボイス制度にも対応予定です。経理実務や法改正に精通した担当者が、お客様の運用に合った導入をサポートします。
料金プラン
29,000円-/月
無料トライアルあり
経費BANK
初めてのシステム化も安心の使いやすいシンプルなUIと専任担当の徹底サポート。ICカードやクレジットカード連携による申請効率化や仕訳・支払データ作成など経理業務を自動化する機能が充実しています。
料金プラン
1,500円-/月
無料トライアルあり
駅すぱあと 通勤費Web
運賃改定にともなう通勤費の申請・管理業務の面倒を解決 。人事・総務の「業務効率化」と「社員の利便性」の両立を実現!「駅すぱあと」の機能・データを活用し、「公平性に配慮した通勤費支給」を支援します。
料金プラン
-
ジンジャー経費
ジンジャー経費は経費精算のクラウドシステムです。交通費や経費等の申請から承認までPCとスマホで対応。面倒な仕訳や入力工数を削減し、経費管理のオペレーション効率化を実現します。
料金プラン
500円-/ユーザー
無料トライアルあり
NI Collabo 360
NI Collabo 360は、低価格でさまざまな機能を活用できるグループウェアです。スケジュールやメールや文書管理だけでなく、ワークフローや経費精算、日程調整、安否確認も標準搭載です。
料金プラン
360円-/月
無料トライアルあり
J'sNAVI NEO
国内・海外の出張を知り尽くしたJTBだからできる、「出張手配システム」と「経費精算システム」を統合したシステムです。出張経費の削減はもちろんのこと、近隣交通費精算にも使えて、経費精算に関わるすべての経理業務を大幅に軽減します。
料金プラン
30,000円-/月
無料トライアルあり
rakumoケイヒ
rakumo(ラクモ)ケイヒとは、スケジューラーと連携することでより効率的に経費入力できるようになったクラウド型経費精算ソリューションです。
料金プラン
300円-/ユーザー
無料トライアルあり
ネクストICカード
交通ICカードで勤怠管理と交通費精算ができる業界最安クラスのクラウドサービス。どちらかの利用のみでも可!サポートや初期設定費用は0円なので、最短即日で導入可能です。
料金プラン
5,000円-/月
無料トライアルあり
駅探BIZ
専用アプリにICカードをかざすだけ!【業界初・特許取得済】利用経路を自動で推定し、最適経路運賃との差分を自動でチェック!交通費精算特化型のクラウドサービスです
料金プラン
-
無料トライアルあり
らくらく旅費経費.net
出張や日々の業務で発生する経費の仮払いや精算を、「駅すぱあと」による検索エンジンとのシステム連携、交通費のパターン登録、ICカード連携により、数分で申請書作成が可能。 60日間無料トライアル提供開始‼高機能低価格、安心のサポートがついた経費精算システム
料金プラン
9,000円-/月
無料トライアルあり
MAJOR FLOW Z KEIHI
MAJOR FLOW Z KEIHIは経費精算に関する課題を解決! 煩雑な業務を劇的に変えることができる経費精算システムです。
料金プラン
30,000円-/月
無料トライアルあり
BIZUTTO経費
BIZUTTO経費は、経費精算業務の問題点を「ペーパーレス・キャッシュレス・オペレーションレス」で解決し、経費精算の新定番となるクラウド経費精算サービスです。使いやすさと業務効率化機能、無駄のない価格体系が特長です。
料金プラン
100円-/月
無料トライアルあり
Spendia
Spendiaは、スマートフォンでの経費精算の完結を目的として、開発された次世代型経費精算システムです。 スマートフォンで、いつでもどこでも各種経費の申請や承認、経理部の作業もできる為、社員が経費精算作業にのために時間を浪費することなく、コア業務に集中できる環境を提供します。
料金プラン
600円-/月
無料トライアルあり
経費精算システムのサービス資料27件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
楽楽精算
TOKIUM経費精算
マネーフォワード クラウド経費
ジョブカン経費精算
MOT経費精算
Concur Expense
ネクストICカード
経費精算システムのお役立ちガイド
資料の続きを閲覧するには
何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドでは会計ソフト(財務会計)請求書発行システム連結会計システム管理会計システム予算管理システム債権管理システム電子契約システム出張管理システム(BTM)決済代行(BtoB)契約書レビュー固定資産管理システム請求書受領サービス契約書管理システムまで含めた一連の経費精算システムのサービスについてまとめています。

経費精算システムの基礎知識

1
経費精算システムとは
経費精算システムとは、その名のとおり、社内の経費精算を自動化・効率化するためのシステムです。社員の交通費や出張での宿泊費、仮払いの経費などの清算を簡略化し、経理担当者のみならず、社員一人ひとりの負担を軽減できます。

もともと多くの社員を抱える大企業が率先して導入していましたが、近年は事業規模が小さめの企業の導入事例も増えている状況で、いまや経費精算にかかる問題・課題の解消に必要なシステムとして認知されています。

また、経費精算システムに限らず、近年はさまざまな管理システムがクラウドで提供されており、パソコンのみならずスマートフォンやタブレット端末から手軽にアクセス可能です。

とりわけ経費精算の場合、社員が営業先や出張先で交通費をはじめ、各種経費を一時的に負担するケースが多いため、クラウド型の管理システムの導入が欠かせません。

交通系のICカードと連携することで、公共の交通機関を利用した場合の交通費や、移動区間を自動入力できるシステムも少なくありません。
2
経費精算システムはなぜ必要か?
【経費精算業務の無駄の削減に欠かせない】

経費精算システムは、経理担当者の経費精算業務の無駄やムラの削減に欠かせないシステムです。

特に中小企業の場合、エクセルをはじめとした管理シートで経費精算をしている場合や、アナログ的な管理手法を踏襲しているケースが珍しくありません。

エクセルや紙ベースでの精算業務の場合、情報の入力作業や確認が必要になり、どうしても非効率な部分が出てきてしまいます。業務フローが煩雑になりがちで、経理担当者はもちろん、経費精算をする社員にも負担がかかっているのが実態です。

そこで経費精算システムを導入することで、社員の交通費や出張費の精算を簡略化し、さらに経理担当者の入力業務を削減することで、組織全体の経費精算にかかる負担を軽減させる企業が増えてきました。

【経費の計算ミスや精算業務の作業漏れの防止に必要】

精算業務プロセスの簡略化・効率化に加えて、経費の計算ミスや作業漏れなどの防止にも、経費精算システムは欠かせません。

従来の経費精算のやり方では、手作業での情報入力や転記作業が多いため、計算の間違いや作業漏れがどうしても発生していました。

計算ミスや作業漏れが見つかると、経理担当者はもう一度同じ作業を繰り返さなければいけません。また、アナログ的な管理手法では、社員の経費精算の申請が遅れてしまったり、申請内容に誤りがあったりする場合も多くなります。

そこで経費精算システムを導入し、社員による経費の申請を簡略化するとともに、情報の入力・転記作業を一部自動化することにより、経費精算にかかる業務全般を効率化できます。
3
経費精算システムを導入するメリット
【経理担当者の業務生産性を向上できる】

経費精算業務をシステム上で完結できるので、経理担当者の業務負担の軽減と生産性の向上を実現できます。

社員の経費申請の内容がそのままシステムに反映されるので、情報の入力・転記作業の多くを省略できるのは、経理担当者の負担軽減だけでなく、作業ミスの防止にもつながります。

申請された情報の自動入力が可能なシステムも多いので、情報の確認作業だけで済むのは、経理担当者にとって大きなメリットといえるでしょう。

【社員の経費申請にかかる時間と手間の削減が可能】

社員は経費精算システムを通じて、出先から簡単に経費の報告と精算申請が可能です。わざわざオフィスに戻る必要はなく、その場で必要な申請ができるので、特に外回りの営業担当者や社員の出張が多い企業は、得られる恩恵が大きいでしょう。

社員が立て替え払いをしたレシートや領収書などを、スマートフォンで撮影・送信するだけで申請ができるシステムも多く、交通系ICカードとの連携で、正確かつスムーズな交通費申請が可能です。

社員の不正な経費申請を防止できる

経費に関する情報をシステムで管理するようになれば、社員の不正な申請も防止できます。

交通費や宿泊費など、社員が申請した経費の金額や妥当性について、経理担当者がシステム上ですぐ確認できるため、経費として通らない申請に関しては、すぐに社員にアラートが出せるので便利です。

特に交通費に関しては、社員が利用した交通機関とルートについて、システム上ですぐに確認できる製品・サービスが多くあります。不正な申請があった場合、すぐに当該社員に指摘・修正を求めることが可能です。
4
経費精算システム導入するデメリット
経費精算システムは当然、導入に相応の手間とコストがかかります。導入費用に加えて、経理担当者をはじめ、システムを利用する社員の教育もしなければいけません。

ITリテラシーが低めの社員もいるため、誰にでも使いやすいシステムを導入するのに加えて、使い方の説明や操作マニュアルの整備なども必要です。

これまで別の方法で経費精算をしてきた企業にとっては、新しいシステムに慣れるまで時間がかかるでしょう。

しかし、精算業務プロセスの変更やシステムの運用にかかる手間以上に得られるメリットが大きいので、業界・業種にかかわらず、多くの企業が経費精算システムを導入しています。
5
経費精算システムの比較ポイント
【利用料金と機能のバランスが取れているか?】

まずは導入費用と機能性を確認し、費用対効果の高いシステムか確認しましょう。経費精算システムは多くのベンダーからさまざまな製品・サービスがリリースされています。

導入規模や実装されている機能、オプションサービスなどで大きく費用が変わってくるので、自社の経理体制や経費精算に関する業務の状況を確認し、環境に合った製品・サービスを導入する必要があります。

また、社内にITシステムの管理・運用に強い人材がいない場合は、導入サポートを受けられるベンダーの製品を選ぶことも大事です。機能性と使いやすさ、利用料金、利用できるサポートの4つの観点から導入するシステムを絞り込んでいくとよいでしょう。

【他のシステムとスムーズに連携ができるか?】

給与計算ツールや会計管理システムなど、すでに経理部門で何らかのシステムを導入している企業は多いはずです。それらのシステムとスムーズに連携できる、経費精算システムが望ましいといえます。

公式サイトに連携可能なシステムを掲載しているところも多いので、事前によく確認しておき、簡単に連携できる製品・サービスを選ぶとよいでしょう。デフォルトでの連携ができなくても、APIの導入で連携が可能になる場合もあります。
6
経費精算システムの導入に失敗しない方法は?成功するためのポイント
経費精算システムの導入に失敗しないためには、システムの導入で何を効率化したいのか、どのような効果を得たいのかを明確にしておくことが重要です。

企業によっては、「他社が導入しているから」「何となく便利そうだから」といった理由で、目的を曖昧にしたまま経費精算システムを導入するケースもみられます。

しかし、目的が不明確ならば必要な機能や最適な運用体制が明らかにならないため、割高なサービスや機能性の不十分なシステムを導入してしまう可能性があります。

まずは目的を明確にして、そこから必要な機能やオプションサービスなどを洗い出すことが大事です。経費精算システムは非常に多くの製品・サービスがあるので、導入に迷わないためにも、選択肢を絞り込むための基準を明らかにしておきましょう。

経費精算システムの口コミ

楽楽精算の口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:2件〜10件
投稿日:2023/02/02
5/5
在籍確認
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
承認側として楽楽精算を利用しています。マニュアルがなくともパッと見てすぐに操作ができるので、非常に使いやすいです。経費精算に必要なツールは一通り揃っているかと思います。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
電子帳簿保存法に対応しており、大幅なペーパーレス化が可能になりました。また、インターネットさえ繋がっていればどこからでも操作できるため、在宅勤務にも役立っています。
Ci*X Expenseの口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
メーカー/製造系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:1000件以上
投稿日:2023/01/29
4/5
在籍確認
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
【役立った機能面】 出張時の領収書画像取り込み機能 法人カード請求機能 【操作性・他のサービスとの連携面(カスタマイズ性)】 マニュアルが無くても感覚的に使用出来る。 社内画面から容易にログイン出来る
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
【導入前の課題とサービスでの解決】 出張が重なると、入力がとても大変で、領収書も申請後に添付が必須であったため、コロナで在宅勤務していると、しばらく経費処理が出来ないといった課題があった。このシステムでは、ペーパーレスの為、全て自宅で申請が完了出来た。 【サービスを利用していて実感しているメリット】 通知機能があるため、申請漏れが無くなる。 法人カードにも対応しているため、現金の管理が楽になった。
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。