コピー完了

記事TOP

経費精算システムの費用相場と料金比較・おすすめソフト

最終更新日:(記事の情報は現在から137日前のものです)
この記事では、経費精算システムの費用相場について紹介しています。料金比較やおすすめのソフトなどわかりやすく解説しています。導入する経費精算システムを探している方はぜひ参考にしてみてください。

【厳選】おすすめ経費精算システムをまとめてチェック!
経費精算システムの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめ経費精算システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的な経費精算システムを含むサービスを徹底比較しています。ぜひ経費精算システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

クラウド型経費精算システムの費用相場

クラウド型の経費精算システムの費用相場は初期費用が0円〜15万円です。1ユーザーあたりの場合に月額利用料は200円〜500円、1企業あたりの場合に月額利用料は3,000円〜3万円です。いずれももっとも安いプランの場合であり、機能やオプションをカスタマイズする際にはさらにコストがかかるので注意しましょう。

内訳 料金詳細
初期費用 0円〜15万円程度
月額利用料 1ユーザーあたり200円〜500円程度。または、1企業あたり3,000円〜3万円程度

クラウド型の経費精算システムを導入する際には、初期費用や月額利用料が大きく異なるケースがあります。初期費用は、システム移行を自社で行う場合や導入サポートを受けない場合は安価に抑えられるものの、システム移行を依頼したり導入サポートを受けたりする際は高額になりやすいです。

またクラウド型はオンプレミス型と異なって月額利用料が発生し、この利用料はプランやユーザー数によって変動します。費用はシステムによって異なるので、導入前には必ず見積もりを取るようにしましょう。

オンプレミス型経費精算システムの費用相場

オンプレミス型の経費精算システムの費用相場は、従業員数が100名の場合100万円〜150万円程度です。基本的には従業員数とオプションの有無によって料金が決まるため、従業員数を参考にあたりをつけるのがよいでしょう。

内訳 料金詳細
導入費用 100万円〜150万円程度(従業員数100名程度の場合)

オンプレミス型経費精算システムを導入する場合に導入費用にあたるのは、自社で用意したサーバにシステムをインストールする買い切り型のシステムです。そのためオンプレミス型の初期費用は一般的に数十万円から数百万円程度と高くなる傾向にあります。

またオンプレミス型は基本的に月額利用料が発生しないものの、保守運用を依頼するとその費用はかかるため注意が必要です。以上の点を踏まえ、導入前には必ず見積もりを取り自社に合ったシステムを選びましょう。

経費精算システムの費用・料金比較表

【特典比較表つき】『経費精算システムの資料14選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『経費精算システムの資料14選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

費用が安いおすすめ経費精算システム15選

経費精算システムの中で費用対効果の高いおすすめツールを紹介します。各サービスの料金プランについても解説しているので経費精算システム選びの参考にしてみてください。

楽楽精算 - 株式会社ラクス

楽楽精算
楽楽精算
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

楽楽精算は経費精算や交通費精算はもちろん、請求書処理、予算管理といった関連業務まで効率化してくれる経費精算システムです。また、電子帳簿保存法に対応しており、自動仕訳、会計ソフト連携などの便利な機能も充実しています。

楽楽精算の価格は、初期費用100,000円+月額料金30,000円という価格であるため、一定以上の従業員数のいる中小企業であれば、費用対効果の見合うサービスでしょう。

楽楽精算の料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額費用(税抜)
100,000円 30,000円〜

ジョブカン経費精算 - 株式会社DONUTS

ジョブカン経費精算
ジョブカン経費精算
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

ジョブカン経費精算は、シンプルな機能ながら電子帳簿保存法やインボイス制度に対応した経費精算システムです。勤怠管理やワークフロー、給与計算、会計などの機能も別途提供しており、必要に応じて追加導入が可能。

基本的なサポートであれば無料であるうえ1人あたり400円と低価格なため、予算をあまり割けない従業員数の少ない企業にもおすすめです。

ジョブカン経費精算の料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額費用(税抜)
ジョブカン経費精算 0円 400円/1ユーザー

TOKIUM経費精算 - 株式会社TOKIUM

TOKIUM経費精算
TOKIUM経費精算
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

TOKIUM経費精算は基本的な経費精算の機能をおさえつつ、TOKIUM電子帳簿保存やTOKIUMインボイスによってペーパーレス化も進めやすい経費精算システムです。紙の領収書を専用ポストに投函すれば申請データとの突合、一定期間の保管などをしてもらえます。

電子帳簿保存法に対応したビジネスプラン、IPアドレスをはじめとしたセキュリティ要件に強いエンタープライズプランのいずれも従業員数に制限がないため、従業員数の多い企業に特におすすめです。

TOKIUM経費精算の料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額費用
ビジネスプラン 要問い合わせ 1万円〜
エンタープライズプラン 要問い合わせ 10万円〜

バクラク経費精算 - 株式会社LayerX

バクラク経費精算
バクラク経費精算
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

バクラク経費精算は多様な経費精算にまつわる機能を搭載したうえで、同社ほかサービスにて経費精算から法人カードでの支払い、仕訳、保管まで対応可能なサービスです。スマートフォン対応や会計ソフト連携のような使いやすさも兼ね備えています。

料金は初期費用0円、月額費用2万円からのため機能に興味をもった企業は問い合わせてみるのがおすすめです。サポートのみならずヘルプページおよびウェビナーと多面的に導入を支援してくれるのもポイント。

バクラク経費精算の料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額費用(税抜)
0円 2万円〜

freee支出管理 経費精算Plus - フリー株式会社

freee支出管理 経費精算Plus
freee支出管理 経費精算Plus
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

freee支出管理 経費精算Plusは、freee会計との連携により経理業務全体を改善できる経費精算システムです。ほかの経費精算システムは会計ソフトを他社とAPI連携するのが多いなか、freee内で経費精算から会計ソフトまで連携できる点はがポイント。

会計だけでなく人事労務領域のサービスも別途展開しているため、バックオフィスを広くサポートしてくれます。

freee支出管理 経費精算Plusの料金プラン・価格

要問い合わせ

J'sNAVI NEO - 株式会社JTBビジネストラベルソリューションズ

J'sNAVI NEO
J'sNAVI NEO
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

J'sNAVI NEOは旅費交通費に強い経費精算システムです。規定チェックやICカードのデータ連携を基本としつつ、オプションにてチケット手配とそのアラートをつけられるため、外回りや出張の多い企業にておおいに役立つでしょう。

料金は50名以内であれば月額3万円からで、比較的人数の多めな企業のほうが費用対効果が高くなりやすいです。ただしチケット手配まで連携してくれるサービスは多くないため、企業の体制によっては中小企業でも十分に検討を考えられるでしょう。

J'sNAVI NEOの料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額費用(税抜)
50名以内 要問い合わせ 3万円〜
50名以上 要問い合わせ 要問い合わせ

WAVE225旅費・経費精算/稟議 - 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・ウェーブ

WAVE225旅費・経費精算/稟議
WAVE225旅費・経費精算/稟議
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

WAVE225旅費・経費精算/稟議は、大企業ないし中堅企業におすすめしたい経費精算システムです。オンプレミスでの導入も可能なため親会社の方針によって導入形態を制限される場合も問題ありません。

最安のプランであってもユーザー数300人未満からなため、導入できる企業はやや限定的。ただグループ会社で共通利用できる点を踏まえると大企業にはメリットのあるサービスといえます。

WAVE225旅費・経費精算/稟議の料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額費用(税抜)
Type S ユーザー数 〜299 20万円
Type M ユーザー数 300〜999 29万円
Type L ユーザー数 1,000〜1,999 35万円
Type XL ユーザー数 2,000〜3,999 59万円

マネーフォワード クラウド経費 - 株式会社マネーフォワード

マネーフォワード クラウド経費
マネーフォワード クラウド経費
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

マネーフォワード クラウド経費は自社他社ともに連携サービスに強みのある経費精算システムです。2,500を超えるサービスとの連携により多くの入力や確認の作業において自動化を図れます。

従業員数の少ない企業であれば数千円台での導入も可能です。また中堅以上の企業であっても、バックオフィス全般でのサービス提供もあることから、非効率削減のしやすさでパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

※出典:マネーフォワード「マネーフォワード クラウド経費 公式サイト」2024年1月30日閲覧

マネーフォワード クラウド経費の料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額費用(税抜)
スモールビジネスプラン 1〜3名 要問い合わせ 2,980円
ビジネスプラン 1〜5名 要問い合わせ 4,980円
ビジネスプラン 6名〜50名 要問い合わせ 4,980円 + (ユーザー数-5名) × 500円
51名〜 要問い合わせ 要問い合わせ

ジンジャー経費 - jinjer株式会社

ジンジャー経費
ジンジャー経費
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

ジンジャー経費は勤怠管理や労務管理に強いジンジャーが提供する経費精算システムです。比較的シンプルな機能ながら、電子帳簿保存法対応やスマートフォンでのOCR(領収書の文字起こし)といった必要な機能を搭載しているのがポイント。

1ユーザーあたり数百円程度にて利用できるため中小企業にもおすすめです。また、人事労務まわりの他サービスもあわせて刷新したい企業も相性がよいでしょう。

ジンジャー経費の料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額費用
要問い合わせ 要問い合わせ

Concur Expense - 株式会社コンカー

Concur Expense
Concur Expense
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Concur Expenseは、経費申請、承認、請求書処理などを電子化し自動化する経費精算システムです。スマホアプリや外部サービスとの連携によって、経費明細が自動で入力され経理部門の効率化や安全性を支援します。

Concur Expenseは初期費用が無料で、月額費用は3万円台からと中小企業からでも導入しやすいのが特徴です。規模の大きな企業に向けたプランもあるため、必要な機能に応じて選択しましょう。

Concur Expenseの料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額費用
オンリー 0円〜 3万円台〜
エントリー 0円〜 要問い合わせ
ベーシック 0円〜 要問い合わせ
ベーシック+ 0円〜 要問い合わせ

HRMOS経費(旧eKeihi) - イージーソフト株式会社

HRMOS経費(旧eKeihi)
HRMOS経費(旧eKeihi)
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

HRMOS経費(旧eKeihi)は低価格の基本プランであっても連携や自動化によって経理業務をサポートしてくれるサービスです。たとえばスマートフォンを使えるだけでなく領収書のAI-OCRにも対応。Amazonビジネスとの連携のように他社にあまり見られない機能も標準搭載です。

月額29,000円からとなっているものの、電子帳簿保存やIPアドレス制限も含んだ基本プランなので費用対効果の面においては高いといえます。

HRMOS経費の料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額費用(税抜)
0円 29,000円〜

BIZUTTO経費 - アルプスシステムインテグレーション株式会社

BIZUTTO経費
BIZUTTO経費
BOXIL SaaS AWARD Spring 2023 BOXIL SaaS AWARD Spring 2023 カスタマイズ性No.1
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

BIZUTTO経費は経費精算や交通費精算、出張精算といった汎用的な機能を搭載していながら従業員30名以下の場合にかなり低価格なのが特徴の経費精算システムです。電子帳簿保存方やインボイス制度にも対応。

従業員30名以下の企業は初期費用が無料になり月額費用も250円〜と大幅に安くなる、BIZUTTO経費ライトパックがおすすめです。

BIZUTTO経費の料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額費用(税抜)
BIZUTTO経費通常プラン 10万円 400円/ユーザー (100ユーザーの場合)
BIZUTTO経費ライトパック 0円 250円〜/ユーザー

Spendia - TIS株式会社

Spendia
Spendia
BOXIL SaaS AWARD Winter 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Spendiaはカスタマイズがしやすく各企業特有の経費精算をしたい場合に強いサービスです。レイアウトやワークフローを調整しやすいほか、仮払をはじめ細かな設定が可能。旅行手配やレンタカー手配ともAPI連携でき、申請者も使いやすいのが強みです。

Spendiaの料金プラン・価格

要問い合わせ

STAFee - 新日本コンピュータマネジメント株式会社

STAFee
STAFee
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

STAFeeは細かなカスタマイズと経費精算の効率化に注力したシステムです。ワークフローにて経費精算を伴わない申請をしたり仮払い申請をしたり代理申請をしたりと、臨機応変な対応が可能。

料金は25ユーザーの場合と50ユーザー以上の場合で提供されており、それらの人数に近い場合だとコストパフォーマンスが高くなりやすいです。電子帳簿保存法対応やAI-FAQ連携のオプションでも料金が変わるため、比較の際は問い合わせて確認しましょう。

STAFeeの料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額費用(税込)
License pack 25(25ユーザー) 110,000円 22,000円
More license packs(50ユーザー以上) 要問い合わせ 要問い合わせ

経費の獅子 - エス・エー・エス株式会社

経費の獅子
経費の獅子
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

経費の獅子は必要な機能に絞り費用を抑えた、中小企業におすすめの経費精算システムです。経費精算や交通費精算といった基本機能はもちろん、電子帳簿保存法対応、シングルサインオンにも対応しているため低コストながら快適に利用できます。

1ユーザーあたり月額300円からと低価格なのがポイント。さらに勤労の獅子を導入する場合は1ユーザーあたり200円となり、経費精算システムのなかでもかなり価格の抑えられているサービスに該当します。予算の限られている企業は検討するとよいでしょう。

経費の獅子の料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額費用
要問い合わせ 300円/ユーザー

経費精算システム導入時の注意点

導入支援やメンテナンスの追加費用

経費精算システムを導入する際には、費用に関する注意点があります。まず、導入費用がかかることがあります。クラウド型の場合は、初期費用がかからない場合が多いですが、月額利用料が発生することがあります。また、オンプレミス型の場合は、サーバーやネットワーク機器などの購入費用がかかることがあります。さらに、メンテナンス費用やアップグレード費用もかかることがあります。これらの費用については、事前にしっかりと把握しておくようにしましょう。

システムの使い勝手や機能性、セキュリティ

経費精算システムを導入する際には、費用以外にも注意点があります。たとえば、システムの使い勝手や機能性、セキュリティなどです。システムの使い勝手が悪い場合、従業員が使いたがらなくなる可能性があります。また、機能性が不足している場合、経費精算業務の効率化が十分に実現できないかもしれません。さらに、セキュリティが不十分な場合、機密情報が漏えいする可能性があります。これらの点にも注意して、経費精算システムを導入するようにしましょう。

その他の注意点

経費精算システムを導入する際には、その他にも注意点があります。たとえば、システムの導入に伴う教育が必要になることがあります。また、状況によってはシステムのカスタマイズや設定変更が必要です。これらの点にも注意して、経費精算システムを導入するようにしましょう。

費用対効果の高い経費精算システムを導入しよう

経費精算システムには、クラウド型とオンプレミス型の導入費用があります。クラウド型の最低価格は100ユーザーあたり約20,000〜60,000円、1企業あたり約3,000〜30,000円が相場です。オンプレミス型の場合は、数十万から数百万円と導入費用が高くなる傾向にあります。また導入費用以外にもツールの利便性、既存システムとの連携、サポート体制の充実度なども注意すべきポイントです。ニーズや予算に合わせて、無料プランを試してみたり複数のシステムを比較したりして費用対効果の高い経費精算システムを導入しましょう。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

新選び方ガイド:経費精算システム導入ガイド_20240604.pptx (1).pdf
経費精算システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
経費精算システムの最近更新された記事