Windows10ダウングレード方法 | 削除して元のOS 7/8.1に戻すやり方

最終更新日: 公開日:
Winodws 10へアップグレードすると、端末の利用環境によっては使用できないアプリケーションが多発したり周辺機器が機能しない場合もあります。インストールしてから1か月以内ですが、ダウングレードして元のOSに戻す方法について解説していきます。
Windows10ダウングレード方法 | 削除して元のOS 7/8.1に戻すやり方

ダウングレードできる期間は1か月

Winodws 10へアップグレードしたものの使用できないアプリケーションが多発したり周辺機器が機能しない。色々な対処法を試してみたけど改善しない。端末の利用環境によってはそんな状況も十分にあり得ます。

そしてもしこの記事を読んでいる方でそんな状況に悩まされているのなら、諦めないでください。
Windows 10の無償アップグレードサービスは、アップグレードから1か月以内ならばアンインストールして元のOSに戻すダウングレードができます。

※手順はいたって簡単ですが、本当にもとのOSに戻してもいいのかしっかりと考えてからこれから紹介する手順を踏んでWinodws 10をダウングレードしてください。

Winodws 10 ダウングレード手順

Win102

スタートメニューの「設定」をクリック

「更新とセキュリティ」をクリック

「回復」をクリック

「Windows8.1(もしくは7)に戻す」項目が表示さるので、「開始する」をクリック

OSを元に戻す理由を選択し、「次へ」をクリック

注意点が表示されるので「次へ」をクリック

パスワードに関する注意が表示されるので、「次へ」をクリック
※OSを元に戻したあと。サインイン画面にて以前のOSで使用していたパスワードを入力する必要がります

「Windows8.1(もしくは7)に戻す」をクリックし、復元作業が開始

Windows 10ダウングレードが完了!

以上がWindows 10をダウングレードする手順です!非常に簡単ですね。
OSを元にもどしたらサインイン画面でパスワードの入力を求められますが、Windows 10アップグレード以前に使用していたパスワードが求められます。

アップグレードした後にパスワードを変更している場合、誤ってアップグレード後のパスワードを入力しないように。
パスワードを何回か間違えるとサインインできなくなり、OSをクリーンインストールしなければならないはめになります。

Windows 10アンインストール前にしておくこと

1.バックアップを取っておく

Windows 10のアンインストールはアップグレード同様、パソコン内のデータが保持されたままアンインストールされますが、万が一の場合を想定し重要なデータは必ずバックアップを取っておいてください。
OSを丸ごとバックアップ取る必要はないので、手持ちのUSBフラッシュメモリや無料で使えるオンラインストレージなどを活用してください。

2.プロダクトキーを確認しておく

実はWindows 10は一度アップグレードしライセンス認証を済ませると、2016年7月29日の無償アップグレード後も無償でアップグレードできるという話があります。

しかしパソコンの構成を変更すると別のパソコンと識別され、プロダクトキーが認識されない可能性もあります。そのためにWindows 10をダウングレードする前にプロダクトキーの確認をしておきましょう。

以下の記事にプロダクトキーの確認方法があるので参考にしてください↓

Windows 10をダウングレードして元のOSに戻す方法 まとめ

Windows 10への無償アップグレードは一度行えばまたいつでも無償でアップグレードきますが、ダウングレードはアップグレードから1カ月以内でなければできません。

Windows 10を利用していて少しでも不憫を感じるのであれば、すぐにアンインストールして利用環境が安定するのを待ってみてもいいかもしれませんね。

アップグレードから1か月を経過してしまった場合、残念ながら元のOSをクリーンインストールする意外方法はないようです。

今さら聞けないWindows10の使い方徹底解説【完全ガイド】

Windows10にアップデート!手順と情報まとめ

Windows10の便利機能使い方一覧

知っておきたい便利設定まとめ