【Windows10】Windows Defender完全無効化方法!停止手順と注意点 - 重いPCに試してみよう

最終更新日: 公開日:
Windows Defenderはパソコンへの脅威を常にスキャンしているため、動作が重くなる原因になります。このWindows Defenderを完全に無効化する方法を3つのステップに分けて簡単に紹介します。無効化の際に注意しておきたいポイントも解説。
【Windows10】Windows Defender完全無効化方法!停止手順と注意点 - 重いPCに試してみよう

「Windows 10にアップグレードしてから何だか動作が重い」そう感じたとき、高確率でWindows Defenderが影響を与えています。

今回はこのWindows Defenderを完全に無効化する方法を紹介します。
※ウイルスソフトを導入していない方は控えたほうが無難です

Windows Defenderとは

Windows Defenderとは、プリインストールされているセキュリティプログラムであり、リアルタイム保護といってパソコンへの脅威を常にスキャンしてるので動作が重くなります。

特にウイルスソフトをインストールしている場合、作動していなくても問題のないプログラムなので動作を軽くするためには無効にしておきたいものです。

しかしWindows Defenderを開きリアルタイム保護を無効にしても、時間が経つと勝手に有効に切り替わる設定になっています。

「WindowsのPCが重いからWindows Defenderの無効化をしたい」という方は、こちらの記事で紹介している方法もあわせて試してみてください。

Windows Defenderのオンオフ切り替え方法

まずはWindows Defenderのオンオフ切り替え方法を紹介します。

1.「スタート」→「設定」をクリック

2.「更新とセキュリティ 」を選択します

3.「Webセキュリティ」→「Windowsセキュリティを開く」と進みます。

4.「ウイルス驚異の防止」*→ *「Windows Defender ウイルス対策のオプション」をクリックするとオン・オフが切り替えられます。

Windows Defenderを完全に無効化する方法

記事冒頭で述べたように、Windows Defenderは時間が経過すると勝手にオンに切り替わってしまいます。そこで、無効化の方法を紹介します。

  • レジストリエディターを立ち上げる
  • Windows Defenderを開く
  • 追加して値を変更

手順1. レジストリエディターを立ち上げる

「Windowsキー+Rキー」で「ファイルを指定して実行」を立ち上げる

名前欄に「regedit」と入力し「OK」をクリック

管理者権限を求められるので「続行」をクリック

レジストリーエディターが立ち上がる

手順2. Windows Defenderを開く

画面左部の「HKEYLOCALMACHINE」をクリック

「SOFTWARE」をクリック

「Policies」をクリック

「Microsoft」をクリック

「Windows Defender」をクリック

Windows Defenderのレジストリエディターが開く

手順3. 追加して値を変更

画面中央空白の部分で右クリック

「新規」をクリック

「DWORD」をクリック

レジストリが追加されるので名前欄に「DisableAntiSpyware」と入力

新しく作成したレジストリで右クリック

「修正」をクリック

値の編集画面が表示されるので、値のデータ欄に数字の「1」を入力
※値が1で無効、0で有効

Windows Defenderの完全無効化が完了!

これでWindows Defenderの完全無効化が完了しました。

タスクマネージャーからメモリの使用率を確認してみると、だいぶスッキリしたのではないかと思います。Windows Defenderだけで数百MB使用しているときもあるため、オフにしたことによって動作が軽くなったと感じられるかもしれません。

ちなみにレジストリとは各プログラムの情報を格納している場所なので、適当に変更しているとプログラムに支障をきたす恐れがあります。今回紹介した目的以外で知識なく使用するのは控えましょう。

Windows Defenderを完全に無効化する方法(Ver.1709以前)

Ver.1709以前のWindows 10の場合は、次の方法でWindows Defenderを無効化できます。

  1. 「スタート」→「設定」
  2. 「Windowsの設定」画面が開くので「更新とセキュリティ」をクリック
  3. 「Windows Defender」をクリック
  4. 「リアルタイム保護」をクリックするとオン・オフが切り替えられるので「オフ」にすればOK

Windows Defenderを完全に無効化の注意点

大切なことなので最後にもう一度言っておきますが、ウイルスソフトをインストールしていない方はWindows Defenderの無効化は控えておいたほうがいいでしょう。

今後ウイルスソフトをインストールした際は無効にしてしまって構わないので、そのときは今回紹介した方法を実践してみてください。

近年では、ウェブ上でサイバー攻撃から守ってくれるウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)があります。PCを重くしたくないけどセキュリティ面が気になる方はこちらの記事もご覧ください。

▼Windows10の便利設定をまとめのおすすめ本はこちら

できるWindows 10パーフェクトブック 困った! &便利ワザ大全 改訂3版 (できるパーフェクトブックシリーズ)¥ 1,598 パソコンの基本操作もWindows 10の最新機能の解説も収録。初心者から上級者まで、長く使えて頼りになる圧倒的ボリュームの解説書。スマホでも見られる動画解説で設定作業を効率的にできます。