年収800万円の手取り額・貯金・割合を徹底調査 - 生活水準

最終更新日: 公開日:
年収800万円の手取りは600〜620万円になります。その割合は労働人口の0.5%しかおらず、貯金額や車・住宅ローンの目安はいくらになるのでしょうか。住民税や所得税などの税金、結婚事情も含め、生活水準について詳しくまとめました。
年収800万円の手取り額・貯金・割合を徹底調査 - 生活水準

年収700万円 年収800万円 年収1,000万円

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
転職後の年収アップ率60%以上の実績がある大手転職エージェント 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>年収アップを実現する転職エージェントおすすめランキングはこちら

年収800万円の手取り額

年収800万円の場合、手取り額の目安は603万円~620万円程度です。月収に換算すると67万円程度となります。

具体的にどのような費用が給料から差し引かれるのか、貯金額はどのくらいなのか解説していきます。

年収800万円の税金・住民税

実際に受け取れる手取り額は、年収から社会保険料や税金などが差し引かれており、次の費用が年収より差し引かれます。

【給与から引かれるもの】

  • 住民税
  • 所得税
  • 健康保険料
  • 介護保険
  • 厚生年金
  • 雇用保険

引かれる費用として特に割合が多いのは、所得税が69万円程度、住民税だと56.9万円程度です。引かれる金額は、家族構成によっても異なります。

ただし、日本の場合は累進課税といって、所得が高くなるほど課税率が高くなっていきます。ふるさと納税やふるなびなどを利用して節税すれば、相対的に税の負担感は軽減します。

年収800万円の貯金額

年収800万円の平均貯金額は毎月10万円~20万円程度です。あくまでも目安であって、独身の場合、ぜいたくをしなければ20~30万円程度の貯金が可能でしょう。

家族がいる場合は、何かと出費が多く10万円の貯金でも大変かもしれません。

家賃は家計において大きな割合を占めており、都心か田舎か、どのくらいの広さの家に住むかによっても大きく上下します。

毎月の貯金額を増やしたい場合は家賃を見直した方が良いかもしれません。

>年収アップにつながる転職エージェントのおすすめをチェック

年収800万円の割合

民間給与実態統計調査によると年収800万円の割合は全体で0.5%です。男女別では、男性0.4%、女性0.5%となっています。

年齢によっても年収800万円を超えている人の割合は異なり、下の表が年代別の年収800万円以上の方の比率です。

50代以上になると3人に1人が年収800万円を超えている計算になるため、将来的には目指せる年収であるといえるでしょう。

年代 800万円~900万円未満 800万円以上
20代 0.3% 0.6%
30代 2.4% 4.9%
40代 5.1% 13.0%
50代 8.0% 28.9%

年収800万円の住宅費用

年収800万円の場合、住宅ローンはどのくらい借りられるのでしょうか。また、家賃はどのくらいが妥当なのか、住まいと年収の関係について説明します。

年収800万円の住宅ローンの目安と限度額

1年間の住宅ローンの返済額は年収の25%までが上限と言われています。25年前後のローンを組むとすれば4,000万円〜4,500万円程度は借りられるでしょう。

ただし、長期間のローンになると、リストラや病気の休職による収入減によって支払いがきつくなる可能性があるので、限度額までは借りない方が良いです。

年収の5倍程度で、できれば月々の支払いが家賃よりも安くなるように設定する方がいいでしょう。

年収800万円の家賃相場

年収800万円の家賃相場は10万円~15万円です。実際の家賃相場は家族構成やライフスタイルなどによっても異なります。

たとえば、都会の一人暮らしの場合、少し良い1LDKに住めるでしょう。一方で家族がいて3LDK以上に住む場合は、相場どおりか少し足りないかもしれません。地方なら独身でも家族でもかなり良い物件に住めると考えられます。

ただし、毎月の出費において家賃は高い割合を占めるため、住宅選びは慎重になった方が良いです。

>年収アップにつながる転職エージェントのおすすめをチェック

年収800万円を稼げる職業

年収800万円以上を目指せる職業はどのようなものがあるか、女性でも年収800万円を目指せるのかについて説明します。

年収800万円の職業の特徴

労働人口の中でも年収800万円を超えるのは少数であり、年収800万円の職業は限られています。

独占業務を持った国家資格の職業や大企業だと年収800万円を超える可能性が高いです。また、フリーランスで年収800万円を超える方もいます。

代表的な職業は次のとおりです。

  • 大学教授
  • 公認会計士
  • 弁護士
  • 歯科医師
  • 大企業の社員(役職者)
  • 国家・地方公務員
  • 金融業
  • 車、住宅、保険のようなインセンティブのある営業職
  • 電気、ガスなどライフラインのインフラ系職

女性が年収800万円になる方法

年収800万円以上の女性は労働人口の0.7%しかいないことから、女性が年収800万円を超えるのは並大抵のことではありません。

ただし、大企業で男性と同じように働けば、年収800万円も不可能ではありません。

また、医者や弁護士など国家資格が必要な職業は、年収800万円以上になれる可能性が高いです。

一定のリスクを取れるなら、年収800万円を目指すために副業したり、起業したりするのも良いでしょう。

>>>女性向け転職エージェントおすすめ比較はこちら

年収800万円の生活レベル

日本の平均年収は約420万円なので、年収800万円は約2倍に相当する年収であり、労働者の0.5%しかいません。

独身であれば贅沢な暮らしができ、家庭をもっていても、子供に習い事をさせるなど充分な教育もできますし、家族で定期的に旅行に行ったりと余裕のある生活が可能です。

普通に生活していれば毎月10万円程度は貯金できるはずなので、貯金や資産運用について考えておくことが重要です。

年収800万円で一人暮らし(独身)の場合

一人暮らしで年収800万円の場合、普通よりは贅沢な暮らしができます。家賃は10万円~15万円支払えば、都心でも良いマンションに住めるでしょう。

また、自炊せずともお金を気にすることなく外食ができ、お金のかかる趣味を持っていても続けられると考えられます。

目安として毎月10万程度は貯金できると考えられますが、贅沢をしなければ10万円以上の貯金が可能です。

>年収アップにつながる転職エージェントのおすすめをチェック

年収800万円以上を目指すなら。おすすめの転職エージェントTOP3

年収800万円以上を目指して転職をお考えの方は、年収がさらに上である、1,000万円〜2,000万円以上の管理職や経営層の求人を取り扱うハイクラス向けの転職サイト・エージェントがおすすめです。

1位 リクルートエージェント 2位 ビズリーチ 3位 JACリクルートメント

1位:リクルートエージェント

■Point1:業界トップクラスの求人数
求人は非公開求人だけで20万件もあり、業界でも屈指の求人数を誇っています。求人の質も期待できます。

■Point2:経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍
経験豊富で業界に精通したキャリアアドバイザーが担当についてくれます。履歴書の書き方、面接の受け答え、退職交渉の進め方など、さまざまな面でサポートしてくれます。

■Point3:面接力向上セミナーの実施
登録者に評判の面接力向上セミナーが無料で受けられます。面接における効果的な受け答えをはじめ、本番に向けてトレーニングできます。

リクルートエージェントの評判・口コミはこちら

2位:ビズリーチ(BIZREACH)

■Point1:高年収のハイクラス求人が多い
ビズリーチは、年収600万円以上の求人を扱う転職エージェントです。年収1,000万円以上のハイクラス求人も多く扱っています。

■Point2:ヘッドハンターによるスカウト
厳正な審査基準をクリアしたヘッドハンターが、スカウトしてくれます。

■Point3:企業の中核となる人材の求人が豊富
経営層や部課長クラスなど、企業経営の中核を担う求人が多く掲載されています。

ビズリーチの評判・口コミはこちら

3位:JAC Recruitment(ジェイエイシー リクルートメント)

■Point1:年収600万円2,000万円の求人を保有
転職エージェントの中でも、ミドル・ハイクラスの求人を取り扱っています。

■Point2:外資系企業への転職に強み
高年収を狙える外資系企業への転職もサポートしてくれます。

■Point3:質の高いキャリアアドバイザー
キャリアアドバイザーの質が高く、面接対策をはじめ多くの点でサポートしてくれます。

無料の年収診断でチェックしよう

転職するかどうか判断する前に、「今の年収が適切かどうかわからない」「年収が低いと思っているけど市場価値ってどのくらいなの?」というようにお悩みの方もいらっしゃると思います。

そういうときには転職サイトの無料年収診断サービスを使ってみましょう。サイトに登録し、いくつかの質問に答えるだけで自身の市場価値を算出してくれます。

さらに収入アップを目指すなら資産運用も

年収800万円にもなってくると、さらに収入をアップしたいと考えても給料ダウンを気にして転職に踏みきれなかったり、そもそもの求人がなかったりする場合もあるでしょう。

その際は、貯金額の一部を資産運用にまわしてみるのも一つの手段です。スマホやPCからスキマ時間で運用できます。最近ではカードでたまったポイントを運用するポイント投資など、少額から投資できるものが増えています。

次の記事では資産運用も紹介しているので、こちらを参考に始めてみてはいかがでしょうか。

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。