Windows 10 スリープ設定方法 - オン・オフ切り替え手順 | 復帰・解除のやり方も

最終更新日: 公開日:
Windows 10でスリープにする、または自動でスリープにさせないようにする設定や、スリープ時のパスワード入力を省略する方法、そして復帰・解除手順といった、Windows 10におけるスリープ設定に関する手順ついてまとめました。
Windows 10 スリープ設定方法 - オン・オフ切り替え手順 | 復帰・解除のやり方も

Windows10 スリープ設定方法

Windows10に限らず、シャットダウンするよりもスリープ状態にすると起動が速いため、少し離席するだけであればスリープ状態にしている、したい方も多いと思います。スリープにする方法は次の3つです。

  • 自動で画面(ディスプレイ)スリープする設定
  • 自動でPCをスリープする設定
  • 手動で即座にスリープにする設定

それぞれの手順を解説していきます。

画面(ディスプレイ)スリープする設定

Windows 10で画面のスリープをする場合、次の手順で設定しましょう。

1.スタートメニューから「設定」をクリック

2.「システム」をクリック

3.「電源とスリープ」に進む

4.「画面」項目からスリープ状態にするまでの時間を設定

スリープ時間を「なし」に設定すると自動でスリープ状態にならなくなります

もしもスリープまでの時間を設定したいのであれば、時間を設定すると指定した時間が経過するとスリープ状態になります。

PCをスリープする設定

PCのスリープもスタートメニューから「設定」→「システム」→「電源とスリープ」から設定します。

「スリープ」の項目からPCをスリープ状態にするまでの時間を設定でき、「なし」にすると自動でスリープに入ることはなくなります。

即座にPCをスリープ状態にする方法【手動】

手動でPCをすぐにスリープ状態にする方法も存在します。少しの間離席するのであれば、こちらの手順でスリープにしましょう。

1.スタートメニューの電源アイコンをクリック

2.表示メニューから「スリープ」を選択すればPCがスリープ状態に入る

また、電源オプションからスリープ状態の設定もできます。「電源とスリープ」の項目にある「電源の追加設定」をクリックしてください。

「電源ボタンの動作を選択する」をクリック

「電源とスリープボタンの設定」の「電源ボタンを押したときの動作」を「スリープ状態」にして変更の保存をクリック

この操作によって、PCの電源ボタンを押すとスリープ状態になります。

電源オプションでスリープが表示されない場合の設定方法

PCの設定によっては、電源オプションでスリープが表示されないケースもあります。

その場合は、上述のように「設定」→「システム」→「電源とスリープ」まで進み、右側にある「電源の追加設定」まで進んでください。

「電源ボタンの動作を選択する」を選択して、さらに「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックしてください。

すると「シャットダウン設定」が操作可能になるので、「スリープ」にチェックを入れて変更の保存をクリックすればOKです。

Windows10で自動スリープにさせない設定

音楽や動画を再生しているとき、上記の設定だけでは勝手にスリープになってしまいます。また、「システム無人スリープタイムアウト」という設定のせいで、勝手にスリープ状態になることもあります。

こちらに記載している手順で、自動にスリープにさせない設定にしておきましょう。

音楽・動画再生中に勝手にスリープにさせない設定

1.「設定」→「システム」→「電源とスリープ」から「電源の追加設定」をクリック

2.「お気に入りのプラン」の「バランス」あるいは「省電力」のどちらか選択されている方の「プラン設定の変更」を選択

3.「詳細な電源設定の変更」をクリック

4.「マルチメディアの設定」を展開

5.「メディア共有時」を展開して「設定」から「アイドリングがスリープ状態になるのを回避する」を選択

これで「OK」あるいは「適用」ボタンをクリックすれば設定が完了します。

「システム無人スリープタイムアウト」設定も確認しよう

スリープまでの時間を設定したにもかかわらず、すぐにスリープしてしまう現象がWindows 10で報告されています。主にノートPCで確認されており、システム自体の不具合ということも考えられますが、多くの場合「システム無人スリープタイムアウト」の設定に原因があるようです。

同機能はシステムが何らかのイベントでスリープから起動した場合に、再び一定時間後(あるいは自動で)スリープ状態になるというものです。

スリープ設定にかかわらず、勝手にPCがスリープ状態になってしまう場合は、次の手順にしたがって「システム無人スリープタイムアウト」の設定を確認・変更してみましょう。

1.スタートメニューからコマンドプロンプトを起動(※検索ボックスに「cmd」と入力し、選択しても可)

2.コマンドプロンプトで次のコマンドを実行

powercfg -attributes SUBSLEEP 7bc4a2f9-d8fc-4469-b07b-33eb785aaca0 -ATTRIBHIDE

3.電源オプションでスリープの項に「システム無人スリープタイムアウト」が表示されているのを確認する

4.数字の部分をクリックして任意の時間に設定してOKをクリック

これでタイムアウトの設定時間を変更できます。Windows 10のPCが勝手にスリープ状態になってしまう場合は試してみましょう。

Windows 10 スリープからの復帰・解除方法

スリープ状態からの復帰方法は、パソコンの種類によって少し違いがあります。

  • デスクトップPCの場合:電源ボタンを素早く押すことで復帰
  • ノートPCや一体型PC(スリープボタン搭載のもの):スリープボタンを押すことで復帰

また、PCの種類に限らず、基本的にキーボードの任意のキーを押すか、マウスを操作してもスリープ状態から復帰できます。

スリープからの復帰が遅いのは「ハイブリッドスリープ」が原因かも

スリープからの復帰が遅い場合、ハイブリッドスリープが原因となっている可能性があります。

ハイブリッドスリープとはスリープと休止状態を組み合わせたような機能で、PCを低電力状態にしてすぐに再開できる状態です。これによって突然電源が切れてしまった場合にも、復帰がスムーズにできるようになっています。

しかし、高スペックのPCの場合、逆にスリープからの復帰が遅くなってしまうケースがあります。復帰が遅いと感じたら、ハイブリッドスリープをいったんオフにしてみましょう。次の手順にしたがってください。

1.「設定」→「システム」→「電源とスリープ」→「電源の追加設定」と進む

2.「プラン設定の変更」→「詳細な電源設定の変更」をクリック

3.電源オプションが開くので「スリープ」項目の「ハイブリッドスリープを許可する」の設定をオフに

スリープから復帰できない、解除できない場合の対処法

スリープ状態から復帰できなかったり、解除できなかったりする場合、次の対処方法を試してみましょう。

  • 電源ボタンやマウス・キーボード操作で解除できないかチェックしてみる
  • パソコンを強制終了する
  • 音楽アプリを含めオーディオ再生中のものを停止する
  • 周辺機器を外してみる
  • 必要なプログラムを最新にする
  • PCを放電する
  • BIOSの初期化を行う

原因はさまざま考えられますが、もっとも多いのは単純にマウスやキーボードなどのデバイスに問題があってスリープが解除できない状況です。マウス・キーボードの操作で反応しない場合は、電源ボタンを押すといった他の方法を試してみましょう。

Windows10でスリープ解除のパスワード入力を無効化する設定

スリープ状態から復帰するとき、通常はパスワードの入力を求められます。些細なことですがこのパスワード入力がちょっとした手間であり、「どうにかして簡略化できないか」と悩む方も多いと思います。

スリープ解除時のパスワード入力を無効化するには「設定」→「アカウント」→「サインインオプション」から設定します。

「ロックしない」にするとパスワードの入力が不要となり、「PCのスリープを解除する時間」にするとスリープ復帰時にロック画面となり、パスワードの入力が必要となります。

また、上記に関連してサインイン時のパスワードを無効化する方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

Windows 10 スリープ設定でバッテリーの節約にも

何かと面倒なスリープ解除からのパスワード入力無効化、およびスリープの設定方法。ビジネスシーンではセキュリティのためパスワード入力無効化は設定しない方が無難です。

スリープにしておけば、離席中のバッテリー節約にもつながるため、上手く設定をコントロールして利用しましょう。

より長時間使わないなら休止状態もおすすめ

スリープは仕事中に離席するなど、一定時間使用しない場合に有効な機能です。電源は入れたままで長時間使用しない場合は、スリープよりも休止状態にする方がよいケースもあります。

休止状態は主にノートPC用の機能であり、スリープよりも電力消費が抑えられるため、バッテリーを長く持たせられるでしょう。ノートPC使用している方は積極的に活用するとよいでしょう。

Windows10に関するTipsを紹介した記事