Article square balloon green

自分のサイトにサイト内検索機能を付けたい時に便利な方法4選!

サイト制作サイト内検索
Large

サイトの利便性向上は、アクセス数を定着させるために非常に有効な手段です。サイトの利便性を向上させることで、他の類似のサイトからの差別化が出来るし、サイトが使い易ければ使い易いほど、人気は高くなります。サイトの利便性向上のために、この記事では、おすすめのサイト内検索機能を紹介します。

1.yahoo!カスタムサーチ

大手検索サイトyahoo!の提供するサービス「yahoo!カスタムサーチ」です。自分のWebページのソースにサーチ機能のソースを埋め込む形で実装します。Webページ内にサーチボックスを表示させて使います。

類似の方法に、後述もしている「Googleカスタム検索」があります。同じようで意外と仕様が違っていて、Googleカスタム検索では検索結果に、結構なスペースを占有した広告が表示されてしまいます。yahoo!カスタムサーチでは、検索結果に広告の表示は無いので、すっきりとして使い易く、また、印象も悪くありません。

2.Googleカスタム検索

大手検索サイトGoogleの提供するサービス「Googleカスタム検索」です。前述の「yahoo!カスタムサーチ」と同じく、自分のWebページのソースにサーチ機能のソースを埋め込む形で実装します。Webページ内にサーチボックスを表示させて使います。

前述の通り、検索結果画面に、やや大き目な広告が出てしまうのがGoogleカスタム検索の欠点ですが、オートコンプリートや統計データのレポート出力、類義語の指定等、機能面ではこちらの方が多機能になっています。

3.WwwSearch+

CGIの設置場所があり、CGIの設置方法が分かる人は、フリーソフトを利用する手もあります。中でもこのWwwSearch+は設置が容易なのでおすすめです。

統計やトレンドワードの提示等はありませんが、検索されたワードをログに保存することは可能です。

検索に関する機能に特化しているので、非常に軽く動作するので、レスポンス時間を待つストレスが無く、サーバーの負荷も最小限に抑えられるという利点があります。

4.msearch

「WwwSearch+」は検索ごとに、全てのファイルを参照するので、大規模なページでは動作が重くなってしまいます。

こちらは「インデックス」という目次のようなものを参照して検索を行うので、より早く、サーバーへの負荷も軽く検索することが出来ます。

ただ、インデックスは自分で用意しなければならないので、インデックスを用意する手間がかかり、CGIの設置も「WwwSearch+」よりも多少難しくなっています。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事