Windows10のシャットダウンショートカット作成方法とコマンド | デスクトップから電源オフを

最終更新日: 公開日:
Windows10ではスタートメニューにあるアプリケーションアイコンをドラッグ&ドロップでデスクトップに移動させ、簡単にショートカットを作成できます。シャットダウンのショートカット作成方法や、便利なシャットダウンの方法について解説していきます。
Windows10のシャットダウンショートカット作成方法とコマンド | デスクトップから電源オフを

従来の方法でもさほど手間ではありませんが、「少しでも時短」と考えている方にはぜひ試してほしい方法です。

本記事ではWindows 10のシャットダウンについて、デスクトップショートカットの作成方法を含め、さまざまな方法を解説します。

Windows 10 シャットダウンする方法

Windows 10ではアプリケーションだけでなく「シャットダウン」のデスクトップショートカットを作成できます。

スタートメニュー>電源オプション>シャットダウン

シャットダウンは上記の手順で行うのが一般的だとは思いますが、デスクトップショートカットに設定することでワンクリックシャットダウンが可能になります。

また、Windows 10をシャットダウンするには、次の方法があります。

  • スタートメニューからシャットダウンする方法
  • ショートカットキーでシャットダウンする方法
  • キーボード操作でシャットダウンする方法
  • ショートカットファイルを作成してシャットダウンする方法
  • タイマー設定でシャットダウンする方法
  • 電源ボタンでシャットダウンする方法
  • 検索ボックスからシャットダウンする方法
  • スライドしてシャットダウンする方法
  • サインアウトした後にシャットダウンする方法

それぞれ解説していきます。

スタートメニューからシャットダウンする方法

もっとも一般的なのは、スタートメニューからシャットダウンする方法で、「スタート」ボタンをクリックして「電源」をクリックするだけです。

ショートカットキーでシャットダウンする方法

デスクトップ画面をワンクリックしてから「Altキー+F4キー」を同時押しするとシャットダウン画面が開きます。「OK」をクリックするとシャットダウンできます。

また、「Ctrlキー+Altキー+Deleteキー」を同時押しすると、「ログオフ」などの項目がある画面が表示されます。画面右下にある電源マークをクリックするとシャットダウンできます。

キーボード操作でシャットダウンする方法

キーボード操作のみでシャットダウンもできます。「Windowsキー+Xキー」→「Uキー」→「Uキー」の順に入力すればOKです。

ショートカットファイルを作成してシャットダウンする方法

シャットダウンのためのショートカットファイルを作成する方法もあります。

Windows10でのシャットダウンのショートカット作成方法

まずデスクトップ上を右クリックして「新規作成」から「ショートカット」をクリックします。

「ショートカットの作成」ウィザードが表示されるので「項目の場所を入力してください」の欄に、次のコマンドを入力します。

shutdown /s /t 0 /hybrid

入力したら「次へ」をクリックしましょう。

「ショートカットの名前を入力してください」と求められるので、好きな名前をつけてください。デフォルトでは「Shutdown」になります。

名前を入力したら「完了」をクリック、これでシャットダウンのデスクトップショートカットが作成されます。

実際に作成されたデスクトップショートカットをクリックして実践してみましょう。

ちなみに、作成されたデスクトップショートカットを右クリックし「スタート画面にピン留めする」をクリックすると、スタートメニューにシャットダウンのタイルを張り付けることも可能です。

なお、スタートメニューのカスタマイズについては、次の記事で解説しています。参考にしてください。

タイマー設定でシャットダウンする方法

タイマーを設定してシャットダウンすることもできます。シャットダウンまでの時間を指定して、コマンドプロンプトや「ファイル名を指定して実行」からシャットダウンが可能です。

たとえば、10秒後にシャットダウンさせたい場合、まずコマンドプロンプトを起動します。検索ボックスに「command」や「コマンドプロンプト」と入力して選択するなど、起動方法はいろいろあります。

10秒後にシャットダウンさせる場合は「shutdown /s /hybrid /f /t 10」と入力してEnterキーを押します。
※最後の「t (数字)」の部分が10進数での秒数を表す

これで10秒後にシャットダウンします。ちなみに、すぐにシャットダウンさせる場合は「shutdown /s /hybrid /f /t 0」と後ろの秒数を0にして実行すればOKです。

なお、「Windowsキー+Rキー」で「ファイル名を指定して実行」からシャットダウンもできます。

電源ボタンでシャットダウンする方法

パソコン本体の電源ボタンの動作をシャットダウンにすることも可能です。次の手順にしたがってください。

1.スタートボタンを右クリックして「電源オプション」を選択

2.「電源の追加設定」をクリック

3.「電源ボタンの動作を選択する」をクリック

4.「電源ボタンを押したときの動作」を「シャットダウン」に設定して「変更の保存」をクリック

これで電源ボタンを押すとシャットダウンが実行されるようになります。

検索ボックスからシャットダウンする方法

デスクトップショートカット作成のために使用したコマンド「shutdown /s /t 0 /hybrid」を検索ボックスに入力し、検索結果として表示された「shutdown /s /t 0 /hybrid」をクリックすることでシャットダウンすることも可能です。

スライドしてシャットダウンする方法

画面を下にスライドすることでシャットダウン可能にする方法もあります。Windowsが搭載されたモバイル機器や、タブレットモードなどで便利です。

まず「C:\Windows\System32」のフォルダにある「SlideToShutDown.exe」を探します。

これを実行すると「スライドしてPCをシャットダウンします」と表示され、マウスや指(タッチパネル対応の場合)で下にスライドすることでシャットダウンできます。

この機能を使ってすぐにシャットダウンした場合はショートカットを作成しておくと便利です。

さらにこれを「スタートメニューにピン留め」しておくと、タブレットモードで実行しやすくなります。

タブレットモードへの切り替えや設定については、次の記事で記載しています。

サインアウトした後にシャットダウンする方法

サインアウト画面を経由してシャットダウンする方法もあります。サインアウト状態からシャットダウンするには、次の手順にしたがってください。

1.スタートボタンを右クリックして一覧から「シャットダウンまたはサインアウト」を選択して「サインアウト」をクリック
※「Windowsキー+Xキー」で一覧表示してもOK

2.ロック画面が表示されるのでクリックするかEnterキーを押す

3.サインイン画面が表示されるので右下にある電源アイコンをクリックして「シャットダウン」を選択

これでサインアウト状態からシャットダウンが可能です。

完全にシャットダウンする方法は?

Windows 10のシャットダウン方法は意外と多岐にわたります。より便利に感じるシャットダウン方法を選択してWindows 10の利便性を高めましょう。

なお、Windowsのシャットダウンには通常シャットダウンと完全シャットダウンの2種類があります。
通常シャットダウンではシャットダウンの後に「高速スタートアップ」の準備を行うため、次回の起動が早くなります。

一方、完全シャットダウンでは、システム情報の一部を保存する通常のシャットダウンとは違い、次回起動する際にすべての設定を読み直すことになります。メモリ増設などの際にはWindowsを完全シャットダウンしなければなりません。

Windowsを完全にシャットダウンするには、スタートから「電源」アイコンをクリックして「Shiftキーを押しながら再起動をクリック」してください。

すると「オプションの選択」が表示されるので、ここから「PCの電源を切る」を選択すればOKです。

なお、高速高速スタートアップについては、次の記事でも解説しています。参考にしてください。

今さら聞けないWindows10の使い方徹底解説【完全ガイド】

Windows10にアップデート!手順と情報まとめ

Windows10の便利機能使い方一覧

知っておきたい便利設定まとめ