年収300万円の手取りと生活レベル | 貯金や税金周り・住宅ローンの目安

最終更新日: 公開日:
年収300万円の手取り額や貯金額、家賃の相場について紹介しています。住宅ローンの目安や所得税額など気になる生活水準について徹底調査しました。結婚した場合の生活費はどうなるのかも解説します。
年収300万円の手取りと生活レベル | 貯金や税金周り・住宅ローンの目安

←年収200万円 年収300万円 年収400万円

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
転職後の年収アップ率60%以上の実績がある大手転職エージェント 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>年収アップを実現する転職エージェントおすすめランキングはこちら

年収300万円の手取りと税金

年収300万円の場合、手取り金額は240万円〜250万円程度です。

年収が300万円あったとしても、丸々300万円が手元に入るわけではありません。実際に手にできるのは、給与から税金などが差し引かれた金額になります。

雇用されている場合、収入から社会保険や税金などが差し引かれて手元に残るのが「手取り額」になります。

手取り=年収−税金(社会保険料・所得税・住民税)

年収300万円で差し引かれる税金と保険料

  • 所得税:約5.6万円
  • 社会保険料:約42万円
  • 住民税:約16.2万円

年収300万円の場合、住民税など差し引かれると手取り額にして平均月収は20万円程度になります。

年収300万円の所得税と住民税

所得税は「累進課税」という制度により、収入の額に応じて税率が決まってきます。年収300万円〜330万円の場合だと、税率は10%になり30万円です。そこから、所得税の控除額(年収330万円以下の所得税の控除額は97,500円)を引いて年間所得税額は20.25万円です。

次いで、住民税は都道県民税と市町村税を足したものです。住んでいる地域によって多少変動がありますが、年収300万円台の住民税は16.2万円~22.8万円が目安になります。

年収300万円の貯金は月に2〜3万円程度

一般的な貯金額の目安は年収の10%〜20%となっています。ただし、あくまで目安であり年齢や生活スタイルなどにより月々必要となる金額は異なるため、無理のない範囲で貯金を行うことが大切です。

年収300万円の場合だと、月に2〜3万円程度なら無理なく貯金できるでしょう。

年収300万円の生活水準

年収が300万円の場合、同じ額であっても、都心と地方では物価が異なるため、生活レベルも異なってきます。

年収300万円だと、どのくらいの生活費や家賃を捻出できるのか、生活水準について解説していきます。

世帯年収が300万円の生活

年収300万円は労働者人口全体の20%〜40%が属する年収です。単純計算で月給に換算すると毎月25万円の収入となり、物価が安い地方のエリアでは普通に生活を送れます。

しかし、都心で生活するとなると物価や家賃が高いため、同じ300万円の年収であっても一人暮らしでぎりぎり生活できる程度の金額です。

家賃や光熱費など生活していくうえで必要となってくる固定費を差し引くと、貯金や自由に使えるお金がほとんど残らず、趣味や外食に多くの金額は割けないでしょう。

>年収アップにつながる転職エージェントのおすすめをチェック

年収300万円の平均家賃

家賃の目安は「収入」ではなく「手取り金額」の3分の1程度の金額に設定するのが望ましいと言われています。

年収300万円の場合、手取り金額に換算すると平均月収は20万円程度となるため家賃の目安は6万円〜7万円です。

都内であれば、年収300万円に属するのは一人暮らしの若者が多くなっており、家賃6万円〜7万円だと1Kの住居を選ぶことが多くなっています。

また、地方は物価が安いため家賃を3万円〜5万円ほどに抑えて住居を探すことも可能です。

年収300万円の結婚について

結婚するとなると一人暮らしに比べて必然的に必要となるお金は増えるものです。年収300万円で結婚する場合、どのような結婚生活を送れるのか詳しく紹介していきます。

年収300万円の結婚生活

年収300万円台は全体の収入階層の中でもっとも割合が多い層となっていますが、2人で生活していくには十分な収入とは言えず、収入を理由に結婚に悩む方が多くなっているのも事実です。

もちろん年収300万円であっても共働きであれば十分に家計は支えられ、結婚することは可能です。

結婚すれば女性は家庭に入るのが普通だと考えられていた時代もありましたが、今では結婚後も働き続ける女性も珍しくありません。

また、生活費を確保するために、日々節約を心がけることも大切です。

一人暮らしとの違い

一人暮らしの場合、年収が300万円あれば生活に支障が生じることはありません。ただし、余裕のある暮らしができる年収ではないため、贅沢はせずに節約を行うことが生活をしていくうえで重要です。

1か月の生活費は14万円までに納めるのが理想的で、この目安を守れれば毎月貯金が可能であり、将来に向けて結婚資金を作ることも可能です。

生活費の内訳としては家賃と食費で50%、残りの50%を通信費や光熱費、交際費などに振り分けると良いでしょう。

>年収アップにつながる転職エージェントのおすすめをチェック

年収300万円の割合

年収300万円はもっとも多くの方が属する収入階層といわれています。

正社員や性別の割合はどのようになっているのでしょうか。年収が300万円の全体の割合や男女比について紹介します。

男女別

全体 男性 女性
年収300万円の割合 25% 27.9% 22.6%

民間給与実態統計調査によると正社員で働いている人の中で年収300万円を稼いでいる人の割合は25%となっており、正社員の4分の1と非常に大きな割合となっています。

また、性別で比較して見ると男性が27.9%、女性が22.6%と男性の割合は女性よりも5%ほど高くなっています。

年代別

年代 割合
20代 38.4%
30代 26.4%
40代 19.0%
50代 14.6%

年齢別の割合を見てみると、もっとも多いのが20代であり、社会人になって間もない20代では年収が300万円ほどの方が多いことがわかります。

年齢が高まるに連れて、年収300万円の方の割合は下がっていく傾向も見て取れます。

>年収アップにつながる転職エージェントのおすすめをチェック

年収300万円の住宅ローン

年収300万円で住宅ローンを組む場合の借入額や返済額の目安など、住宅ローンを組む際のポイントについて紹介します。

住宅ローンの頭金の準備

年収300万円でも問題なく住宅ローンを組めます。住宅ローンの申し込み条件は、一部金融機関では年収制限が設けられている場合もありますが、一般的には年収制限は設けていないことが多いようです。

ただし、借り入れ可能額には年収が反映されるため年収が低いほど限度額も低くなり、審査に落ちる可能性は高まります。

審査を通りやすくするためには頭金を用意することが重要です。頭金が多ければ多いほど借入額は少なくて済むため、少ない限度額でも審査に落ちる可能性は低くなります。

住宅ローンの目安と限度額

年収300万円の貸与額は1,800万円が目安になってくるようです。金融機関が貸与してくれる住宅ローンは年収の約6倍が目安といわれています。

ただし、限度額まで借り入れるのは危険です。ローンの返済は1年や2年の短期間で終わるものではないため、将来のことも考えながら無理のない借り入れを行う必要があります。

返済負担率は25%以内が望ましいとされているので、目安を参考に適切な借り入れを行いましょう。

月々の負担が少ない返済額

住宅ローンを組む際は、負担なく返済を行えるように借入額を設定することが重要です。借入額は年収の5倍の金額が望ましいとされており、年収300万円の場合は300万円×5で1,500万円が理想的な金額となります。

また、ひと月の返済金額は6万円のプランが理想的です。年収300万円の方の平均家賃は6万円〜7万円となっているため、平均家賃と同額の6万円であれば無理なく返済を行いやすいでしょう。

毎月6万円の返済であれば25年以内に返済が可能です。20代〜30代のうちにローンを組めば定年前には完済が可能で、老後の資金づくりを行う時間も十分に残されています。

年収アップなら転職エージェントに頼る手も。おすすめの転職エージェントTOP3

年収300万円は結婚できない収入ではありません。ただし、自分の力だけで家族を養っていくのはとても大変なことであり、パートナーにも働いてもらって共働きで家計を支えてもらう必要があるかもしれません。

しかし、将来的に子供を授かったときに女性は一時的でも働くことは困難です。さらに家や車の購入なども考えた場合、収入が多いに越したことはありません。

もし、収入に不安を抱いているのであればキャリアアップを目指して転職してみましょう。企業との交渉をやってくれる転職エージェントであれば年収アップも十分に期待できます。

1位:リクルートエージェント

■Point1:業界トップクラスの求人数
求人は非公開求人だけで20万件もあり、業界でも屈指の求人数を誇っています。求人の質も期待できます。

■Point2:経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍
経験豊富で業界に精通したキャリアアドバイザーが担当についてくれます。履歴書の書き方、面接の受け答え、退職交渉の進め方など、さまざまな面でサポートしてくれます。

■Point3:面接力向上セミナーの実施
登録者に評判の面接力向上セミナーが無料で受けられます。面接における効果的な受け答えをはじめ、本番に向けてトレーニングできます。

リクルートエージェントの評判・口コミはこちら

2位:マイナビエージェント

■Point1:転職のプロによる手厚いサポート
転職全般について相談から、履歴書の書き方、面接への対応までさまざまなサポートを受けられます。キャリアアドバイザーは業界に詳しく、実績のあるスタッフが多くいます。

■Point2:独占求人や非公開求人が多い
マイナビエージェントでしか紹介されていない独占求人や、登録しないと応募できない非公開求人が多いのも特長です。

■Point3:自分の市場価値の把握
キャリアアドバイザーとのカウンセリングを通して、強みや市場価値を把握できます。個性を活かせる転職につなげられるでしょう。

マイナビエージェントの評判・口コミはこちら

3位:ビズリーチ(BIZREACH)

■Point1:高年収のハイクラス求人が多い
ビズリーチは、年収600万円以上の求人を扱う転職エージェントです。年収1,000万円以上のハイクラス求人も多く扱っています。

■Point2:ヘッドハンターによるスカウト
厳正な審査基準をクリアしたヘッドハンターが、スカウトしてくれます。

■Point3:企業の中核となる人材の求人が豊富
経営層や部課長クラスなど、企業経営の中核を担う求人が多く掲載されています。

ビズリーチの評判・口コミはこちら

順位
サービス名
求人数
得意分野・特徴
1位
リクルートエージェントリクルートエージェント

約20万件
リクルートエージェントは、女性・20代向け求人が多く、サポートが手厚い転職エージェント。
>>>登録はこちら
2位
マイナビエージェントマイナビエージェント

順次増加中
マイナビエージェントは優良中小企業の求人が多く、第二新卒や20代に強い転職エージェント。
>>>登録はこちら
3位
ビズリーチビズリーチ

約5万件
ビズリーチは、年収1,000万越えの求人が1/3を占め、豊富なスカウトが届く転職エージェント。
>>>登録はこちら
4位
dodadoda

10万件以上
dodaは求人数が多く、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートがある転職エージェント。
>>>登録はこちら
5位
type転職エージェントtype転職エージェント

1万件以上
type転職エージェントは、転職者の71%の年収アップを成功させている転職エージェント。
>>>登録はこちら

>>転職サイト・エージェント人気ランキングおすすめ10選はこちら
>>20代向けおすすめ転職エージェント比較はこちら

マンツーマン支援が受けられる「ゲキサポ!転職」

転職エージェントより徹底した転職支援を受けたい方は「ゲキサポ!転職」の利用がおすすめです。目標のキャリアを実現するために、プロのキャリアアドバイザーがマンツーマンで支援してくれます。

ゲキサポ!転職

・専属トレーナーがマンツーマンで支援
・年収150万アップの事例あり
・徹底した自己分析の支援

ゲキサポ!転職は、プロのキャリアアドバイザーが短期集中のマンツーマンで転職を支援してくれるサービスです。「自己分析が苦手」「転職活動がうまく進まない」「キャリア設計がわからない」など転職の悩みを相談できます。

専属トレーナーとのキャリアトレーニングや無制限のチャット相談、独自の自己分析支援などサポート体制は充実です。無料のカウンセリングも実施されているので、まずは相談してみるといいでしょう。





自分の年収、本当に適切?無料の年収診断でチェックしよう

転職するかどうか判断する前に、「今の年収が適切かどうかわからない」「年収が低いと思っているけど市場価値ってどのくらいなの?」というようにお悩みの方もいるかと思います。

そういうときは、転職サイトの無料年収診断サービスを使ってみましょう。サイトに登録し、いくつかの質問に答えるだけで自身の市場価値を算出してくれます。

年収が不安・不満なら副業もおすすめ

年収300万円で「将来に不安がある」「現状の給料に不満があるけど転職はしたくない」という方は、副業を始めてみるのも一つの手段です。

副業を認めはじめている企業も多く存在し、中には数万〜数十万円稼げるものもあります。スキマ時間を活用して副業することも検討してみてください。

クラウドワークス ママワークス サグーワークス
会員登録数100万人超え
資格・学歴・スキル不要
主婦特化の在宅仕事多数
在宅ワーク講座を無料視聴可
記事のライティングや校閲に特化した案件を紹介
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。